1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 「国際保健×地域医療」で双方の課題を解消する―吉田修氏(さくら診療所)
事例

「国際保健×地域医療」で双方の課題を解消する―吉田修氏(さくら診療所)

2016年4月14日

osamu_yoshida30

吉田修氏は故郷である徳島県吉野川市でさくら診療所を運営しながら、アフリカはザンビアを中心に、自立支援活動を行うNPO法人「TICO」の代表を務めています。2つの活動を並行して行う吉田氏には、ある考えがありました。

国際保健は地域医療の延長線上にある

-吉田先生は現在、具体的にどのような活動をなさっているのですか。
故郷の徳島県吉野川市でさくら診療所の院長をしながら、NPO法人「TICO」の代表として、ザンビアを中心とした途上国の自立支援活動を行っています。わたしを含め医師3名が在籍する当院では、それぞれ年に2回ほど途上国へ“出張”しています。わたしはザンビアでの活動状況を確認すること、ほかの医師はイラクにある団体「ジャパンイラクメディカルネットワーク」を訪ねることなどが目的です。当院を経て独立した医師とのつながりも強く、助け合いながら国内外での活動に従事しています。

都市部から離れた地域はどこも同じ状況だと思いますが、徳島県でも医師不足が問題になっています。国内外問わず、都市部から離れた地域は、物質不足、人材不足など限られた資源で活動しなければならないという非常に似通った問題を抱えています。また、さまざまな患者さんを診るべく、必要とされる知識やスキルも共通点が多いため、国際保健は地域医療の延長線上にあると考えています。

-国際保健に関わろうと思ったのはなぜですか。
吉野川市_さくら診療所父が医師だったので、物心ついたころから医師を志していました。中学生のときにエチオピアの大干ばつのニュースを見て海外に興味を持つようになり、「将来アフリカに行きたい」と思うようになりました。宮崎大学医学部を卒業後、徳島に戻って7年間医師として研鑚を積んだ後、青年海外協力隊に参加。2年間、アフリカのマラウイで医師として活動しました。病院なのにベッドや医療器具も満足にない状態や、紛争や貧困、干ばつなどの状況を目の当たりにして、世界情勢や環境、格差の問題をこのまま放っておいたら、人々は健康に暮らせないと強く思いました。

アフリカから帰国後、2年ほど徳島県立中央病院で働いていたのですが、途上国支援をしたいという思いが拭えず、国際医療ボランティア団体「AMDA」の創設者である菅波茂先生が運営する菅波内科医院(現・アスカ国際クリニック、岡山県)へ移りました。日本での臨床のかたわら、さまざまな途上国支援―自然災害や紛争地への緊急支援に携わるようになり、国際保健に対する思いがますます強まりました。

健康を守るために、まずは環境から整える

実際に途上国支援をし始めて、目の前の患者さんに薬を処方しているだけでは、本質的な「健康」を守れないということに気づきました。人々の健康を守っていくためには、まずは住環境を整えるべき。次世代まで見据えた、平和で持続可能な社会をつくる必要があります。

この考えは、地域医療にもつながります。現在、当院では太陽光発電システムや自分で割った薪を使うストーブ、廃油回収をバイオディーゼル燃料として再利用する業者へ依頼するなど、エネルギーの自給率を上げる取り組みをしています。最終的には、当院の周辺地域、そしてアフリカへも広げていきたいと思っています。

-今後の展望をお聞かせください。
国際保健の敷居をさらに低くしていきたいです。医師の中には国際的な医療支援に取り組みたいと思う方も多いですが、収入を得ながら活動する方法が少ないため、諦めてしまうケースが少なくありません。そのような志を持つ仲間を集め、当院と途上国で医師が循環できるシステムを構築していきたい。既にそのための取り組みも行っていますが、若手医師には途上国での活動の機会をまだ与えられていないので、ゆくゆくは当院の在籍医師全員が途上国へ出張できる体制をつくりたいですね。

1osamu_yoshida1幸いにもわたしの元には、「国際保健をやりたい」という学生が全国から集まってきます。国際保健を志す医師の収入面を支えるような仕組みがあれば、きっと彼らは徳島県に魅力を感じてくれるはず。それは、医師不足に悩む徳島県にとってもメリットが大きいと思います。そこで徳島県と協力して「県立病院の後期研修医は3か月程度、ザンビアの連携病院で熱帯病や地域医療を学べる」というプログラムが実現しようとしています。まだ公的な制度として実現したわけではありませんが、既につるぎ町立半田病院の医師がザンビアでの研修を経て徳島に戻ってきています。彼は現地での医療提供を通じて多くの学びを得て、再びザンビアに行く決意をしたそうです。

行政とともに動き出せる環境が整いはじめた今、引き続き国際保健の敷居を下げつつ、徳島県の医師不足を解消していきたいと思います。

地域医療にご興味のある先生へ

各地で奮闘する先生お一人おひとりのご活躍によって、日本の医療は支えられています。
この記事をお読みになって、もしも「地方での勤務に興味はあるが、なかなか踏み出せない」とお考えでしたら、一度コンサルタントにご相談いただけないでしょうか。

先生のご懸念やご事情を伺った上で、地方の実情や待遇、サポート体制など正直にお伝えし、前向きな気持ちで次のキャリアに踏み出せるように最大限のご支援をしたいと考えております

先生の決断が、地域を、医療を変えるかもしれません。新天地でのご勤務・転職をお考えでしたら、ぜひお問い合わせください。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    救急医が42歳で選んだセカンドキャリアとは―亀崎真氏

    都立墨東病院(東京都墨田区)で10年以上、救急医としてキャリアを積んできた亀崎真先生。医師18年目、42歳でセカンドキャリアとして地域のプライマリ・ケア医に転身します。

  • 事例

    7割の家事を担う、常勤パパ医師の胸中

    千葉大学病院 脳神経内科で特任助教を務める荒木信之先生は、産婦人科医の妻とともに、2010年からキャリアと家事・育児の両立を試みてきました。お子さんが10歳になった今も、荒木先生は大学病院で働きつつ、家事の7割を担当しています。子持ち医師のプライベートを、夫目線でお話いただきました。

  • 事例

    非常勤も経験 パパ脳神経内科医の処世術

    千葉大学病院 脳神経内科で特任助教を務める荒木信之先生。2010年に子どもが産まれてからは、産婦人科医の妻よりも多くの家事・育児を引き受け、時には非常勤勤務に切り替えるなど、仕事と家庭を両立する働き方を探り続けてきました。医師の研鑽を積みながら、共働き・子育て生活を10年続けて、今思うこととは。

  • 事例

    「深刻な問題だ」救急科新設した30代医師の挑戦―柴崎俊一氏

    医学生時代から、いずれ茨城県内の医療過疎地に貢献したいと考えていた柴崎俊一先生。医師8年目で1人、ひたちなか総合病院に飛び込み、救急・総合内科を新設します。診療科を新設し、病院内外に根付かせるにはさまざまな苦労がありますが、どのように取り組まれたのでしょうか。

  • 事例

    「辞めたら損害賠償」雌伏の末に得た職場は

    ワンマン経営に我慢の限界を感じて転職活動に踏み切ったT先生。年収を重視していたT先生が3つの転職先候補から選んだのは、県外の公的病院でした。後編では新しい職場を中心にお話を伺いました。

  • 事例

    ワンマン経営に「我慢の限界」50代部長の決断

    近畿地方の民間病院で、麻酔科部長として全国トップレベルの症例数を経験してきたT先生。その一方で、勤務先の経営陣の顔ぶれが変わってからは理不尽と感じることが増えていきました。そうした中、コロナ禍での対応方針に我慢の限界を感じて退職を決意。そんなT先生に、今回の転職活動について振り返っていただきました。

  • 事例

    不公平?2児の女性医師が抱える家庭事情

    最近では当たり前になりつつある、夫婦共働き。千葉大学病院脳神経内科准教授の三澤園子先生は出産のタイミングに悩み、34歳、40歳で2児を出産。今も仕事と家庭の両立方法を探り続けています。後編では出産・育児にまつわるエピソードと、共働き夫婦でキャリアアップするための秘訣を聞きました。

  • 事例

    LGBTQs当事者の医師がカミングアウトした理由―吉田絵理子氏

    川崎協同病院(神奈川県川崎市)総合診療科科長の吉田絵理子先生は、臨床医の傍ら、LGBTQs当事者として精力的に活動しています。不安を抱えながらもカミングアウトをし、LGBTQs当事者の活動を続ける背景には、ある強い想いがありました。

  • 事例

    准教授のママ医が、常勤にこだわる理由

    最近では当たり前になりつつある、夫婦共働き。特に医師は、仕事の頑張り時と出産・育児の時期が重なりがちです。医師23年目の三澤園子先生は、仕事と家庭の両立に悩みながらもフルタイム勤務を続け、現在は千葉大学病院脳神経内科の准教授と2児の母、2つの顔を持ちます。前編では、三澤先生のキャリアについて伺いました。

  • 事例

    院長のラブコール「帰ってこい」Uターン医師の新たな挑戦―光田栄子氏

    お看取りのあり方に課題を感じ、介護士から医師に転身した光田栄子先生。諏訪中央病院を経て、現在、岡山市内のベッドタウンにある有床診療所「かとう内科並木通り診療所」に勤めています。地元にUターンした光田先生がこれから取り組んでいきたいことについて、お話を伺いました。

  • 人気記事ランキング