1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職ガイド
  4. その他
  5. 病気やハンディキャップを抱える医師の転職―医師の転職カルテvol.4
その他

病気やハンディキャップを抱える医師の転職―医師の転職カルテvol.4

2018年9月12日

医療のプロである医師も、時には病気やけがを負います。治療や療養が一区切りつき、再び医療現場に戻る際、これまでと同じ働き方ができるといいのですが、必ずしもそうとは限らないのが現実です。病気やハンディキャップを抱える医師が、納得できる転職をするにはどうすべきか――。医師紹介会社のコンサルタントが、実際のケースに基づいて解説します。

心身の状態によって、適した転職先が変わる

脳梗塞の後遺症で麻痺や言語障害が残った、糖尿病性腎症で人工透析が必要となった、人間関係のストレスからうつ病を発症した――。このような理由で転職を検討する医師は、実は珍しくありません。医療機関側に事情を理解してもらう必要があるため、健康な時よりも転職先探しが難しく、医師紹介会社を利用するケースが多いようです。
医師紹介会社のコンサルタントによると、心身の状況に応じて、紹介する医療機関も異なってきます。

「身体的なハンディキャップがある場合は、療養型病院や慢性期病院の病棟管理、透析管理などをご紹介します。言語障害が残る場合は、訪問診療をご提案することがあります。いずれも、ある程度ゆっくり診療ができるので、ハンディキャップがそれほど影響しないことが多いからです。定期的な人工透析を必要とする場合は、健診センターの非常勤やスポット勤務が適していることがあります」
うつ病など精神面に影響がある場合は、医療機関の種類を選ぶというより、いかに上司となる医師の理解を得るかがポイントです。コンサルタントから詳しい事情を説明したうえで、入職後も面談や電話などのサポートをすることがあります。

必要なサポートや、業務負荷の許容範囲を明確に

病気やハンディキャップがあることを転職先に伝える際は、丁寧な手続きを踏みます。言語障害や麻痺などは個人を特定しかねないため、医師本人の許可を得て、選考段階で医療機関側に氏名を伝えることがあります。うつ病などの場合は、現在の症状だけでなく、これまでの服薬履歴や入院歴の有無についても確認することも。入職後に想定外のことが起きては、医師本人も医療機関側も困るからです。

心身にハンディキャップがあると、少なからず現場のサポートが必要なため、事前のすり合わせが大切です。
「入職した場合は、どの程度の業務負荷が可能で、どのような介助が必要か。出勤後はどのような流れをとるかなどを明確にし、入職後のイメージを膨らませます。看護師や他のコメディカルの理解も大切なため、選考段階でトライアル勤務をしてもらうこともあります」
転職先の年齢構成にも配慮が必要です。年齢が離れている医師が多いと、何かあった時に相談しにくいため、なるべくメンターとなる医師のいる医療機関を選択します。

なお、うつ病などをコンサルタントに打ち明けにくいという医師もいますが、忌憚なく事実を伝えた方が転職活動はスムーズです。面談時の印象や、職務経歴に中断がある場合には、コンサルタントから確認されることもあります。
前出のコンサルタントは、「ご本人が今どういう状況で、これからどういう働き方をしたいか。どこまで努力できて、どこまで譲歩できるかを、一緒に整理していくことが大切です」と言います。

ハンディキャップへの理解を得て、希望に適った転職

実際に、病気などのハンディキャップがある医師の転職事例を紹介しましょう。

Case1 脳梗塞で麻痺が残った医師(50代、男性)

もともとは消化器外科医。脳梗塞を発症後、左手に麻痺が残った。子どもの大学進学を控えているが、専業主婦の配偶者に働いてもらうことに抵抗があるため、約1年のブランクを経て仕事復帰を検討。
本人は外科で手術の介助をしたいと希望したが、条件に合う医療機関はなかなか見つからない。募集の多い療養型病院や老人保健施設などへの入職は希望しなかったため、コンサルタントは精神科病院の内科を提案。精神科患者の内科コンサルを受けたり、職員の体調を診たりするポジジョンである。これまで内科診療は未経験だったが、医療機関側の面談では「消化器外科が専門であれば大丈夫」と言われ、ハンディキャップへの理解も得られた。

Case2 発達障害で休職経験のある医師

一般内科医。過去に仕事で失敗してから職場に行けなくなり、引きこもり経験がある。しかし、医師の仕事を続けたいため、人材紹介会社に相談した。コンサルタントは「ご自身の苦手なこと、得意なことを書き出し、自分自身をしっかり見つめましょう」とアドバイスした。すると、緊張しやすく、コミュニケーションが苦手であることが浮き彫りになった。
履歴書にはこれまでの経歴を偽りなく書き、面接時に伝えたいことを前もって書き出して用意した。面接にはコンサルタントも同席し、医師がうまく伝えられないことを丁寧にフォローした。結果、経営陣や現場医師の理解を得られ、入職が決まった。
その後、一度休職をしたが長い目で見守ってもらえた。現在は復帰し、活躍している。

エムスリーキャリアは、より多くの選択肢を提供します

先生方が転職をする理由はさまざまです。

  • 現状のキャリアや働き方へのご不安・ご不満
  • ご家庭の事情や、ご自身の体力面などの事情
  • キャリアアップ、新しいことへの挑戦
  • 夢の実現に向けた準備

など、多様なニーズに応えるために、エムスリーキャリアでは全国から1万件以上の求人を預かり、コンサルタントは常に医療界のトレンド情報を収集。より多くの選択肢を提供し、医師が納得のいく転職を実現しています。

転職すべきかどうかも含め、ご相談を承っています。

この記事の関連キーワード

  1. 転職ガイド
  2. その他

この記事の関連記事

  • その他

    「数年後に転職したい」動くべきタイミングは?――医師の転職カルテvol.17

    転職はしたいが、事情があって入職時期は2~3年先になってしまう――。このように長期的なスパンで転職を考える医師は少なくありません。どのタイミングで転職活動を開始すべきか悩ましいところですが、医師人材紹介会社のコンサルタントは「入職時期が数年先でも、早めに動いておいた方がいい」と話します。この理由について、実際の転職事例を交えて解説します。

  • その他

    パートナー都合で転職することになったときに、気を付けたいこと――医師の転職カルテvol.16

    もし、パートナーが転勤を命じられたり、転居を伴う転職をすることになったりして、自分自身も転職せざるを得なくなったら──。馴染みがない土地で、新しい職場をどのように探せばよいのでしょうか。今回は、パートナー都合による転居を伴った医師の転職事例と転職活動時のチェックポイントについて、医師人材紹介会社のコンサルタントにお聞きしました。

  • その他

    介護でUターンする医師の転職事情とは―医師の転職カルテvol.14

    故郷に住む親の介護をどうするか――。医師としてキャリアを積み、仕事が波に乗ってきた頃に浮上する悩みです。急に親が倒れてやむを得ずUターン転職、というケースもありますが、数年後を見据えて早めに転職する医師も多いようです。医師人材紹介会社のコンサルタントに、実際の事例と、転職時のポイントを聞きました。

  • その他

    子育て中の女性医師が、転職に踏み切る理由―医師の転職カルテvol.13

    女性医師のキャリアは、出産や子育てによって少なからず変動します。以前であれば、出産を機に医療現場から離れるケースがよくありました。しかし、最近は子育て中であっても常勤で活躍したり、非常勤から常勤に復帰したりする女性医師が珍しくないようです。医師人材紹介会社のコンサルタントが、事例に基づいて解説します。

  • その他

    60歳以上の医師の転職事情とは?―医師の転職カルテvol.11

    「生涯、医師であり続けたい……」。そう思いつつも、定年後のセカンドキャリアを具体的にイメージしていない医師は少なくありません。60歳以上の医師の転職市場と、定年後に転職を果たした医師の事例について、医師人材紹介会社のコンサルタントに聞きました。

  • その他

    グループ病院にまつわる“ノルマ”は本当か?―医師の転職カルテvol.9

    「グループ病院」と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。売り上げノルマがある、離職率が高い……そうしたイメージがあるとしたら、誤解かもしれません。グループ病院で働くメリットやデメリット、実際の転職事例について、医師人材紹介会社のコンサルタントが語ります。

  • その他

    産業医への転職事例。病院への転職とどう違う?―医師の転職カルテvol.8

    企業の従業員の健康を守り、近年では企業の健康経営の担い手としても期待される産業医。臨床以外のキャリアを考える医師に、以前から人気のある働き方です。企業と医療機関とでは、転職活動の流れや入職後のポジションが異なります。

  • その他

    転職を機に、自由診療領域に挑戦した医師たち―医師の転職カルテvol.7

    医師の働き方の一つとして、自由診療があります。病気を治すことを目的とする保険診療とは異なり、自由診療はゼロからプラスを作る領域とも言われます。抵抗感を示す医師が多い一方で、関心が高い医師がいるのも事実です。

  • その他

    「医療ステージ」を変えるキャリアチェンジ―医師の転職カルテvol.6

    転職を機に、医療ステージ(勤務先の医療機能)を変える医師がいます。多くは、急性期医療から回復期や慢性期などに移りますが、高度急性期から急性期、あるいは研究職から在宅医療へと移るケースもあります。いずれも思い切った選択ですが、これまでとは違うやりがいを感じる医師も多いようです。具体的な事例を紹介しましょう。

  • その他

    教授選の影響で転職…覚悟を決めた医師たち―医師の転職カルテvol.3

    医師が転職を考えるタイミングの一つに「教授選」があります。長年、目を掛けてもらっていた教授が退官した、懇意にしていた上級医が教授選で敗れた、新しい教授と折り合いが悪い……。いくつかのパターンがある中から、人材紹介会社のコンサルタントが典型例を紹介します。

  • 人気記事ランキング