1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職ガイド
  4. その他
  5. 「雇われ院長」のメリット・デメリット―医師の転職カルテvol.23
その他

「雇われ院長」のメリット・デメリット―医師の転職カルテvol.23

2021年1月12日

クリニックでは院長職や施設管理者、いわゆる「雇われ院長」を募集することがあります。クリニックで働く勤務医になりますが、病院勤務医とは異なるメリット・デメリットがあることをご存知でしょうか。今回は雇われ院長ポジションの特徴とその転職事例について詳しくご紹介します。

一長一短「雇われ院長」の実態

「雇われ院長」とは、クリニックの常勤医師求人で「院長」や「管理医師」、「施設管理者」といったかたちで募集しているポストのことです。雇われ院長を招聘したい医療機関の背景は、経営母体から分院を新規開設する、運営の体制変更に伴い人事を刷新する、現院長が別院開業や退職のため後任を募集する――といったケースが多いようです。

医師にとって、雇われ院長として働くメリット・デメリットは次のような点です。

メリット

  • 開業希望の場合、初期投資不要で経営ノウハウが学べる
  • おおむね、病院勤務医の時より給与は高い
  • 当直、夜間・休日の呼び出しがない
  • 給与や待遇が、来院数の多寡にあまり左右されない

デメリット

  • 行政上の管理責任が生じるため、経営破綻等が起こった場合は責任を負う必要がある
  • 院内設備や医療機器購入の権限、人事権がない場合がある
  • 診療以外の業務(労務管理、医師会への参加等)が増える可能性がある
  • 経営者の方針には従わなければならず、意見が合わないと致命的になる

なお、クリニックにおける雇われ院長の仕事内容は、ほとんどが外来患者の診療です。法人によっては、院長に採用や経営管理などを任せるところもあるようですが、近年は診療に専念できるクリニックが増えています。

その他、病院勤務医との違いとしては、幅広い疾患・患者への一次対応が求められる、医局(休憩室)がない、特定の看護師や事務職とのコミュニケーションが密になることなどが挙げられます。

雇われ院長の転職事例

雇われ院長のメリット・デメリットを踏まえると、どのような医師が、どのようなタイミングで働くのに適しているのでしょうか。以下、医師人材紹介会社を利用してクリニックの雇われ院長に転職した事例を紹介します。

Case1

  • 30代男性
  • 整形外科
  • 医局派遣の関連病院勤務医 → 整形外科・リハビリテーションクリニックの院長
  • 勤務条件:年俸1700万円 週5日/外来/病棟管理 → 年俸2100万円 週5日/外来

医局人事により、1年限定で関連病院に勤めていたが、「今後は勤務時間を固定して外来中心で働きたい」と思い、その勤務が終わるタイミングで退局・転職を検討。COVID-19の影響で、当初、転職活動は難航したものの、最終的には体制強化のために後任の整形外科医を募集していたクリニックへ入職した。(1)既存施設で.看護師や事務職がクリニックの運営方法を理解している、(2)法人理事長(同じく整形外科)が車で駆けつけられる距離に開院している、(3)院長は診療に専念できる――など、安心材料が多いことも決め手になった。

Case2

  • 40代男性
  • 呼吸器内科
  • 呼吸器内科クリニックの院長 → 呼吸器内科クリニックの院長
  • 勤務条件:年俸1800万円 週5日/外来 → 年俸1800万円 週4.5日/外来/検査業務

以前から雇われ院長として働いていたものの、運営法人が変わり、オーナーの意向で新院長の登用が決まったため、やむを得ず転職活動を開始。これまではクリニック経営にも積極的に携わっていたが、今後は診療に集中したい意向があったため、呼吸器内科の専門性が生かせる新規開設クリニックに院長として入職した。新規開設のため、前職で行っていた診療内容や使っていた医療機器の導入など、さまざまな交渉にも柔軟に応じてもらえた。

Case3

  • 40代女性
  • 産婦人科
  • 3次救急を担う医療センターの医長 → 産婦人科クリニックの院長
  • 勤務条件:年俸不明 週3.5日/外来/健診/当直/分娩/新生児対応 → 年俸1900万円 週4.25日/産婦人科の診療全般

未就学児2人の子育てのため、総合病院で週3日勤務。数年以内に分娩と産後ケアができるクリニックを開業する意向があったため、「スタッフの採用や診療内容にある程度の裁量権を持てるなら…」と「雇われ院長」を視野に入れて転職の情報収集を行う。結果、開業意向を正直に伝えた上でバックアップをしてもらえる法人に管理者として入職。この医師の着任により、医師不足によって休床していた産科が再開した。

Case4

  • 30代男性
  • 耳鼻咽喉科
  • 大学病院勤務医 → 耳鼻咽喉科クリニックの院長
  • 勤務条件:年俸1200万円 週5.5日/外来/病棟管理/当直 → 年俸1400万円 週3.5日/外来

卒後から大学病院で勤務。大学での役職が上がって診療以外の業務が増えてきてしまったことと、時期は決まっていないものの将来的には開業したい思いがあって、「一度クリニックで働きたい」と転職活動を開始。結果、現院長が別の地域で開業するため、その後任を募集していたクリニックに応募し、内定した。コメディカルへの教育や、患者数に応じたインセンティブ制度も整っており、「開業自体は応援するが約3年は勤務してほしい」という条件付きで入職。

「臨床に専念したい」「開業意向がある」医師には有効な選択肢

これまでの転職事例で示したように、臨床に専念したい、あるいは開業のために数年修行をしたい医師には、「雇われ院長」はひとつの選択肢になるでしょう。

特に開業意向がある場合、法人によっては診療報酬で収益を上げるための方法、コメディカルの指導方法といった経営ノウハウを教えてくれるところもあります。

「数年後に開業・退職が決まっていると、選考上不利になるのでは」と不安を抱く方がいるかもしれませんが、雇われ院長を募集する法人の中には、診療・経営に対して意識が高い開業意向のある医師を評価し、期間限定という希望を踏まえて採用を決めるところも多くあります。

なお、開業前に雇われ院長として修行を希望するのであれば、30代後半から40代が最適な時期と言われています。自身で開業する場合は何歳でも問題ありませんが、「雇われ」の場合は、法人からの指示に柔軟に対応できるか、組織に馴染めるかも重要なポイントになるからです。自身のタイミングや希望が合い、メリットがデメリットを上回ると納得できるのであれば、「雇われ院長」も検討してみてはいかがでしょうか。

開業を希望する医師のみなさんへ

もし先生が、将来は独立・開業したい、病院経営を担いたいといったお考えをお持ちでしたら、エムスリーキャリアにご相談ください。

●センター新設など、戦略的に事業拡大をしている病院
●経営を学びたい医師を積極的に採用しているクリニック

など、診療技術だけでなく経営やマネジメント能力が身につけられる医療機関をご紹介いたします。

この記事の関連キーワード

  1. 転職ガイド
  2. その他

この記事の関連記事

  • その他

    開業医に迫る「コロナ閉院」で勤務医へ

    新型コロナによる収入減は、医師も他人事ではありません。中でも開業医は建物・設備の固定費、スタッフの人件費に多大な費用がかかるため、コロナ禍の経営難を機に閉院し、勤務医に戻るという人が出てきています。閉院という開業医最後の大仕事を全うしつつ、転職活動を進めるにはどうしたらいいのか――。今回は医師人材紹介会社を活用して、開業医から勤務医に転職した事例をご紹介します。

  • その他

    円満に退局したい…タイミングや切り出し方は?

    大学医局からの転職を考える医師にとって、円満退局できるかが転職の成否を分けます。実際、医局との退局交渉がうまくいかず、内定が出ていた医療機関への転職がとりやめになるケースもあります。医師転職支援会社のコンサルタントに、転職に伴う退局の事例と、円満退局のためのアドバイスを聞きました。

  • その他

    「数年後に転職したい」動くべきタイミングは?

    転職はしたいが、事情があって入職時期は2~3年先になってしまう――。このように長期的なスパンで転職を考える医師は少なくありません。どのタイミングで転職活動を開始すべきか悩ましいところですが、医師人材紹介会社のコンサルタントは「入職時期が数年先でも、早めに動いておいた方がいい」と話します。この理由について、実際の転職事例を交えて解説します。

  • その他

    パートナー都合で転職することになったときに、気を付けたいこと

    もし、パートナーが転勤を命じられたり、転居を伴う転職をすることになったりして、自分自身も転職せざるを得なくなったら──。馴染みがない土地で、新しい職場をどのように探せばよいのでしょうか。今回は、パートナー都合による転居を伴った医師の転職事例と転職活動時のチェックポイントについて、医師人材紹介会社のコンサルタントにお聞きしました。

  • その他

    介護でUターンする医師の転職事情とは

    故郷に住む親の介護をどうするか――。医師としてキャリアを積み、仕事が波に乗ってきた頃に浮上する悩みです。急に親が倒れてやむを得ずUターン転職、というケースもありますが、数年後を見据えて早めに転職する医師も多いようです。医師人材紹介会社のコンサルタントに、実例や転職時のポイントを聞きました。

  • その他

    子育て中の女性医師が、転職に踏み切る理由

    女性医師のキャリアは、出産や子育てによって少なからず変動します。以前であれば、出産を機に医療現場から離れるケースがよくありました。しかし、最近は子育て中であっても常勤で活躍したり、非常勤から常勤に復帰したりする女性医師が珍しくないようです。医師人材紹介会社のコンサルタントが、事例に基づいて解説します。

  • その他

    60歳以上の医師の転職事情とは?

    「生涯、医師であり続けたい……」。そう思いつつも、定年後のセカンドキャリアを具体的にイメージしていない医師は少なくありません。60歳以上の医師の転職市場と、定年後に転職を果たした医師の事例について、医師人材紹介会社のコンサルタントに聞きました。

  • その他

    グループ病院にまつわる“ノルマ”は本当か?

    「グループ病院」と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。売り上げノルマがある、離職率が高い……そうしたイメージがあるとしたら、誤解かもしれません。グループ病院で働くメリットやデメリット、実際の転職事例について、医師人材紹介会社のコンサルタントが語ります。

  • その他

    産業医への転職事例。病院への転職とどう違う?

    企業の従業員の健康を守り、近年では企業の健康経営の担い手としても期待される産業医。臨床以外のキャリアを考える医師に、以前から人気のある働き方です。企業と医療機関とでは、転職活動の流れや入職後のポジションが異なります。

  • その他

    転職を機に、自由診療領域に挑戦した医師たち

    医師の働き方の一つとして、自由診療があります。病気を治すことを目的とする保険診療とは異なり、自由診療はゼロからプラスを作る領域とも言われます。抵抗感を示す医師が多い一方で、関心が高い医師がいるのも事実です。

  • 人気記事ランキング