1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職ガイド
  4. その他
  5. 産業医への転職事例。病院への転職とどう違う?―医師の転職カルテvol.8
その他

産業医への転職事例。病院への転職とどう違う?―医師の転職カルテvol.8

2018年10月3日

企業の従業員の健康を守り、近年では企業の健康経営の担い手としても期待される産業医。臨床以外のキャリアを考える医師に、以前から人気のある働き方です。企業と医療機関とでは、転職活動の流れや入職後のポジションが異なります。医師人材紹介会社のコンサルタントが、実際の事例を交えながら解説します。

2~3次面接も当たり前。同時に応募する医師も多い

医師人材紹介会社を利用して医療機関へ転職する場合は、コンサルタントが匿名のキャリアシート(経歴書)を応募先に提出し、募集するターゲットと大枠合致していれば面接の流れとなります。通常、面接は1回で、この時点で内定が決まることがほとんどです。一般的には、同じタイミングで応募する医師はいないか、いても2~3人と少数。医師を選別する面接というより、人柄を確認して条件などをすり合わせる“面談”の場であることが多いのが現状です。

一方、産業医として企業へ転職する場合は、この流れが少し異なります。まず、匿名ではなく実名を記載した履歴書を企業に提出し、書類選考で通過すると、その後の面接は2~3次まであるのが普通です。1次面接は就業する事業所で現場担当者が面接を行い、2次面接以降は本社のある地域(東京など)で役員や経営層の面接となることが多いようです。
同時期に応募する医師も多く、通常は3~5人ほど。都心部で人気の高い企業では10人前後になることもあります。その中から、企業が自社に適した医師を選別します。医療機関と異なり、面接にコンサルタントが同席できないことも少なくありません。そのため、医師自身がこれまでのキャリアや志望動機、今後のビジョンについて説明する必要があります。
「企業の面接では、人柄やコミュニケーション能力、職場にうまく適応できそうかなどが重視されます。また、医師であってもほかの従業員とポジションは並列です。医療機関のように医師をトップとしたヒエラルキーはないことを、あらかじめ理解しておく必要があります」(コンサルタント)

これまでの経験が歓迎され、現在は統括産業医に

以下は、実際に産業医に転職した医師の事例です。

Case1. 大学勤務→専属産業医(メーカー) 50代の男性医師
大学に役職付で勤務しながら、非常勤で産業医を務めた経験があった。50代になって今後のキャリアを考えた時、教育と臨床以外に選択肢があるのかを知りたくなり、医師人材紹介会社に相談。コンサルタントから産業医を提案され、興味を持った。
応募先の企業は、通常、現場→部長→役員クラスの流れで3回の面接を行う。しかし、このケースの医師は、非常勤で産業医を務めた経験や知識、現在のポジションを考慮され、1次面接から部長、2次面接に現場、3次面接に役員クラスという変則的な面接となった。
現在は統括産業医として活躍している。従業員が重い疾患にかかった時には、医師がこれまでに培ってきたコネクションを活かして医療機関を紹介し、感謝されている。

家族との時間を確保するため、未経験で産業医に転職

Case2. 一般病院勤務→専属産業医(製造業) 40代の男性医師
長年、外科医として一般病院に勤務していたが、離れて住む母親が体調を崩したことから、実家近くへ転居することにした。しかし、外科医のまま医療機関に転職しても、勤務時間が長いことが予想され、母親をサポートしにくい。そのため、オンオフが明確な産業医になることを考えた。
すでに日本医師会の認定産業医は取得していたが、実務経験はなかった。医師人材紹介会社に相談すると、実家近くで未経験可の求人を紹介された。
1次面接は統括産業医が面接官で、ほかの産業医のバックグラウンドや勤務内容などを説明された。統括産業医も外科系の出身だったため、自身の転職経験談を詳しく聞くことができた。企業側は「産業医として未経験でもよいが、長く働いてほしい」と慎重な姿勢で、「臨床に戻りたくならないか?」を重点的に聞かれた。2次面接は部長クラスが面接官で、1次面接の内容を前提に話が進んだ。結果、無事に内定を得ることができた。

Case2の医師は、日本医師会の産業医講習を修了されていましたが、資格証の交付が入職日までに間に合いそうにありませんでした。そこで、医師会および労働局に事情を説明し、資格証を入職後に提出することで理解を得ました。日医の産業医講習を修了しても、すぐに資格証の申請をしない医師は意外といらっしゃるようです。発行には最長で3カ月程度かかることもあるため、産業医を希望する医師は早めに申請しておくとよいでしょう。

産業医としてのキャリアをご検討中の先生へ

エムスリーキャリアでは産業医専門の部署も設けて、産業医サービスを提供しています。

「産業医の実務経験がない」
「常勤で産業医をやりながら臨床の外勤をしたい」
「キャリアチェンジをしたいが、企業で働くイメージが持てない」

など、産業医として働くことに、不安や悩みをお持ちの先生もいらっしゃるかもしれません。

エムスリーキャリアには、企業への転職に精通したコンサルタントも在籍しています。企業で働くことのメリットやデメリットをしっかりお伝えし、先生がより良いキャリアを選択できるよう、多面的にサポートいたします。

【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • その他

    開業医に迫る「コロナ閉院」で勤務医へ

    新型コロナによる収入減は、医師も他人事ではありません。中でも開業医は建物・設備の固定費、スタッフの人件費に多大な費用がかかるため、コロナ禍の経営難を機に閉院し、勤務医に戻るという人が出てきています。閉院という開業医最後の大仕事を全うしつつ、転職活動を進めるにはどうしたらいいのか――。今回は医師人材紹介会社を活用して、開業医から勤務医に転職した事例をご紹介します。

  • その他

    円満に退局したい…タイミングや切り出し方は?―医師の転職カルテvol.19

    大学医局からの転職を考える医師にとって、円満退局できるかが転職の成否を分けます。実際、医局との退局交渉がうまくいかず、内定が出ていた医療機関への転職がとりやめになるケースもあります。医師転職支援会社のコンサルタントに、転職に伴う退局の事例と、円満退局のためのアドバイスを聞きました。

  • その他

    「数年後に転職したい」動くべきタイミングは?―医師の転職カルテvol.17

    転職はしたいが、事情があって入職時期は2~3年先になってしまう――。このように長期的なスパンで転職を考える医師は少なくありません。どのタイミングで転職活動を開始すべきか悩ましいところですが、医師人材紹介会社のコンサルタントは「入職時期が数年先でも、早めに動いておいた方がいい」と話します。この理由について、実際の転職事例を交えて解説します。

  • その他

    パートナー都合で転職することになったときに、気を付けたいこと――医師の転職カルテvol.16

    もし、パートナーが転勤を命じられたり、転居を伴う転職をすることになったりして、自分自身も転職せざるを得なくなったら──。馴染みがない土地で、新しい職場をどのように探せばよいのでしょうか。今回は、パートナー都合による転居を伴った医師の転職事例と転職活動時のチェックポイントについて、医師人材紹介会社のコンサルタントにお聞きしました。

  • その他

    介護でUターンする医師の転職事情とは―医師の転職カルテvol.14

    故郷に住む親の介護をどうするか――。医師としてキャリアを積み、仕事が波に乗ってきた頃に浮上する悩みです。急に親が倒れてやむを得ずUターン転職、というケースもありますが、数年後を見据えて早めに転職する医師も多いようです。医師人材紹介会社のコンサルタントに、実際の事例と、転職時のポイントを聞きました。

  • その他

    子育て中の女性医師が、転職に踏み切る理由―医師の転職カルテvol.13

    女性医師のキャリアは、出産や子育てによって少なからず変動します。以前であれば、出産を機に医療現場から離れるケースがよくありました。しかし、最近は子育て中であっても常勤で活躍したり、非常勤から常勤に復帰したりする女性医師が珍しくないようです。医師人材紹介会社のコンサルタントが、事例に基づいて解説します。

  • その他

    60歳以上の医師の転職事情とは?―医師の転職カルテvol.11

    「生涯、医師であり続けたい……」。そう思いつつも、定年後のセカンドキャリアを具体的にイメージしていない医師は少なくありません。60歳以上の医師の転職市場と、定年後に転職を果たした医師の事例について、医師人材紹介会社のコンサルタントに聞きました。

  • その他

    グループ病院にまつわる“ノルマ”は本当か?―医師の転職カルテvol.9

    「グループ病院」と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。売り上げノルマがある、離職率が高い……そうしたイメージがあるとしたら、誤解かもしれません。グループ病院で働くメリットやデメリット、実際の転職事例について、医師人材紹介会社のコンサルタントが語ります。

  • その他

    転職を機に、自由診療領域に挑戦した医師たち―医師の転職カルテvol.7

    医師の働き方の一つとして、自由診療があります。病気を治すことを目的とする保険診療とは異なり、自由診療はゼロからプラスを作る領域とも言われます。抵抗感を示す医師が多い一方で、関心が高い医師がいるのも事実です。

  • その他

    「医療ステージ」を変えるキャリアチェンジ―医師の転職カルテvol.6

    転職を機に、医療ステージ(勤務先の医療機能)を変える医師がいます。多くは、急性期医療から回復期や慢性期などに移りますが、高度急性期から急性期、あるいは研究職から在宅医療へと移るケースもあります。いずれも思い切った選択ですが、これまでとは違うやりがいを感じる医師も多いようです。具体的な事例を紹介しましょう。

  • 人気記事ランキング