1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 医療的ケア児とその家族のために 医師10年目の挑戦 ―押谷知明氏(NPO法人ジャパンハート/済生会兵庫県病院)
事例

医療的ケア児とその家族のために 医師10年目の挑戦 ―押谷知明氏(NPO法人ジャパンハート/済生会兵庫県病院)

2019年7月5日

小児循環器内科の専門研修を修了後、NPO法人ジャパンハート長期ボランティアに参加した押谷知明氏。帰国後は同科のスペシャリストとしてさらなる研鑽を積むのかと思いきや、プライマリケア医へと方向転換しました。約半年間悩んで出したキャリア転換という答えの背景には、ある思いがありました。(取材日:2019年5月10日)

「子ども×海外」でジャパンハート長期ボランティアに参加

―海外医療に興味を持った理由から教えてください。

10代の頃から将来の仕事のテーマは「子供に関わる」と「海外」でした。そのため職種として小児科医か教師という選択肢で悩みました。自分の技術をもって海外に出やすいこと、医学部であれば教員免許も取得できることを知り、欲張って医学部を選びました。

大学ではラグビー部に入部し、学生時代は部活漬け。海外医療に真剣に触れる機会を全くつくることなく気づけば大学卒業が目前に。その時「忙しくなる研修医の前の今、動かなければ、海外医療に一生触れずに終わってしまうかもしれない……」と思ったのです。そこで大学6年最後の1週間、NPO法人ジャパンハートのスタディーツアーに参加しミャンマーを訪れました。医師が海外へ行く場合、最先端の医療を学ぶために先進国へ留学することが主流かもしれません。しかしわたしは学生時代に、たびたび旅行で東南アジアを訪れた経験から、彼らの人懐っこさや文化にとても好感を持っていました。そんな中、医療で東南アジアの人達や発展途上の国と関わりたいという思いが自然に込み上げていたのかもしれません。

参加前に代表・吉岡秀人の本を読んでいましたが、直接本人に会って聞きたいことがたくさんありました。自分がどんな形で国際医療に関わればいいのか悩んでいたんですね。
現地で座談会が開かれ、そこでわたしは吉岡に自分の思いと質問をぶつけました。すると吉岡は「自分の幸せに直結する場が、僕の場合には、たまたまここだっただけ。自分がしたいと思うこと、それが誰かのためになっているのであれば、誰も悲しませないのであれば迷うことはない、自分に正直にやればいい。だから自分のために来なさい」といった内容のことを話されました。いろいろと悩んでいたわたしには、この言葉がすーっと心の奥に落ちてきて、染み込んでいったのを覚えています。

国際協力は、人のために自分を犠牲にして支援するというイメージが強いかもしれませんが、相手との協調の中で実現される自己表現の1つだという吉岡の率直な姿に共感と興奮を覚え、必ずいつかまたここに戻って来ようと決意しました。

―ジャパンハートの長期ボランティアには、いつ参加されたのですか。

医師9年目です。小児循環器内科の専門研修を修了して、2018年4月から半年間、カンボジアでの長期ボランティアに参加しました。
具体的な活動内容は、子どもだけでなく成人も含めた診療や保健活動など。ちょうど「カンボジア・ジャパンハートこども医療センター」の立ち上げ準備中だったので、同センター開院に向けた業務にも携わりました。

それこそ病棟の面会時間は何時から何時にするのか、警備員はどのように配置するのか、どのくらいの塩素を入れた水を提供すればいいのか――など、病院を運営していくにあたり必要なことを、小さなことから全て決めなければならず、その量も膨大でした。また、約6割の人員が現地の医療者だったのですが、中には小児を診たことがない医療者も一定数いたので、彼らに子どもの診方や小児科の役割を教えていました。
日本にいる家族の体調不良もあり、同センターが6月にオープンして軌道に乗ったのを見届け、2018年11月に帰国しました。

小児循環器内科医から、プライマリケア医へ

―帰国後のキャリアを教えてください。

帰国から約半年間、その後のキャリアについてずっと悩んでいたんです。小児循環器内科の専門性をさらに高めて、その技術を持って再びカンボジアに行き、心臓病の子どもの治療プロジェクトの立ち上げにつなげていくか。はたまた、プライマリケア医として新たなキャリアを歩むか――。

悩んだ挙げ句、プライマリケア領域へ舵を切ることを決めました。成人内科などの研修を改めて受けてから、父が開業した医院で小児科も含めたプライマリケアや、小児在宅医療を展開していく予定です。

―ずいぶん大きな方向転換をしましたね。

昔から小児科医を志していた一方で、医師になった頃から「町医者」として地域に密着し、赤ちゃんからお年寄りまでの患者さんやその家族に寄り添い、その人たちの幸せに焦点を当てた医療スタイルに憧れを抱いていました。国際医療の現場での経験も後押しとなりましたね。限られた医療資源と患者さんの経済的制限の中、何が本質的にその患者さんと家族にとって幸せなことなのかを考える場面が多かったです。地域コミュニティの中でそういった部分にもしっかりフォーカスした医療を構築していきたいと感じています。

また、小児循環器内科で研修を重ねる中で、医療的ケアが必要な子どもたちとそのご家族に接する機会が多くあり、日本の社会では、まだまだ医療的ケア児とそのご家族を受け入れる体制が十分ではないと感じてきました。
最先端の医療を提供するのであれば、治療と同じ力量で「医療的ケア児と家族を支える医療」も提供すべきではないでしょうか。しかしながら、日本の小児医療はその2つがアンバランスなまま発展してきたと感じています。決してその過程を否定するわけではなく、これからは後者にも目を向けて取り組む医師が増え、体制を整えていければいいと思っています。そしてわたしは、その1人になりたいと考えるようになりました。

そう考えていくうちに、「プライマリケア医×小児在宅医療」というキャリアが最適なのではないかと思ったのです。小児循環器内科医としてのキャリアも捨て難かったですが、本質的に自分自身が幸せを感じられるのはどちらかを考えた時に、本当にわずかな差で「プライマリケア医×小児在宅医療」の方だと思い、キャリア転換を決意しました。

プライマリケア医として、海外医療にも関わり続けたい

―将来的には、再び国際支援に戻ることも考えているのですか。

このまま継続的に関わり続けたいと思っています。わたしは、ジャパンハートのボランティアは医師のキャリアアップにつながると感じています。なぜなら日本は、最先端の医療を提供し続ける時代から、人の幸せは何かにスポットを当て、バランスのとれた医療へと変化している過程にあるのではと考えているからです。一方、途上国の医療では、さまざまな制約の中で何が幸せなのかを集中して考えることが多く、日本とは異なるバランスの環境に身を置くことで学ぶことは多いのではないかと思います。また高額な検査結果ばかりではなく、臨床所見やコストがあまりかからないモダリティでも、しっかりとした診断や治療に結びつける能力を、実体験や現地で長期活動するスタッフから学ぶことができます。また、チームで医療することの大切さ、普段医師がどれだけ周囲のスタッフに支えられているかを身にしみて感じます。こういったものは、日本に持ち帰って医師としての大切な糧になると思います。

しかしながら、海外医療に興味を持っているものの、経済面や家庭事情がネックとなって諦めている医師がたくさんいるのも実情です。

それもあって、帰国からの半年間、海外医療に興味や想いのある小児科医とジャパンハートが提供できる素晴らしいコンテンツをつなげる試みを進めてきました。母校である大阪市立大学小児科に協力いただき、医局員が籍を残したまま、海外医療ボランティアに参加できる体制ができました。また、小児科学会でジャパンハートの活動をPRしたり、同学会国際協力部門の担当者と、小児科研修プログラムの一環として、カンボジア・ジャパンハートこども医療センターで研修できるシステム構築に向けて話を進めたりしています。

これまでジャパンハートに関わる医師は現地での活動で精一杯で、国内でこのような活動にまで踏み込むことが困難でした。現地で活動する医師に比べると微力な活動ですが、海外医療を経験した日本のプライマリケア医として、海外医療への関わり方を見出せればと思っています。

地域医療にご興味のある先生へ

各地で奮闘する先生お一人おひとりのご活躍によって、日本の医療は支えられています。
この記事をお読みになって、もしも「地方での勤務に興味はあるが、なかなか踏み出せない」とお考えでしたら、一度コンサルタントにご相談いただけないでしょうか。

先生のご懸念やご事情を伺った上で、地方の実情や待遇、サポート体制など正直にお伝えし、前向きな気持ちで次のキャリアに踏み出せるように最大限のご支援をしたいと考えております

先生の決断が、地域を、医療を変えるかもしれません。新天地でのご勤務・転職をお考えでしたら、ぜひお問い合わせください。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例
【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • 事例

    1年限定のつもりが…在宅診療所で院長を続ける理由

    千葉県鎌ケ谷市にある「くぬぎ山ファミリークリニック」の院長・細田亮(ほそだ・とおる)先生は、2015年、1年間限定のつもりで同クリニックの院長を引き受けました。ところが、院長のまま6年目を迎え、現在はクリニックの新築移転も計画中です。今もなお院長を続ける理由とは――?

  • 事例

    医師の夢“ちょっと医学に詳しい近所のおばさん”――吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・後編

    医師としてフルタイムで働きつつ、地域での社会活動にも尽力している吉住氏。「幅広い世代が集まる場所」をつくろうと、奮闘しています。なぜ、忙しい時間を縫って社会活動をするのか。どのような医師を目指しているのかを伺いました。

  • 事例

    元ヘルパー医師が考える、引き算の医療―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・中編

    臨床検査技師や介護ヘルパーを経て、呼吸器内科医となった吉住直子氏。研修先や診療科を選ぶ際は、常に「理想的な高齢者医療」を念頭においていました。実際に診療を始めると、前職の経験がプラスに作用することがあるとか。また、以前は見えなかった新しい課題も浮き彫りになってきたと語ります。

  • 事例

    2つの職を経た女医が、介護にこだわる理由―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・前編

    「ちょっと医学に詳しい近所のおばさんを目指している」と朗らかに話すのは、医師の吉住直子氏です。医学部に入るまでは、臨床検査技師や介護ヘルパーの仕事をしていて、介護現場に立つうちに医師になろうと決意しました。どのような思いで、医師というキャリアを選んだのでしょうか。インタビューを3回に分けてお届けします。

  • 事例

    南海トラフ巨大地震に備えて、医師にできること ――森本真之助氏(三重県 紀南病院)

    森本氏は専門医取得を目指すことに加え、「災害に強いまちづくり」の活動をさらに広げています。診療にとどまらず、地域の大きな課題に取り組む森本氏に、これまでのキャリアと活動を伺いました。

  • 事例

    運営休止した銚子市立病院で、60代医師が働きたいと思った理由―蓮尾公篤氏(銚子市立病院)

    大学病院、神奈川県の公的病院にて長年、外科医として勤務してきた蓮尾公篤先生。医師になったときから思い描いていたキャリアを実現させるべく、60歳を過ぎてから転職活動をスタートします。さまざまな選択肢の中から転職先に選んだのは、かつて運営休止に追い込まれてしまった銚子市立病院でした。蓮尾先生が銚子市立病院に入職を決めた経緯、今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    地元・山口に還元する家庭医が描く夢―玉野井徹彦氏(山口大学総合診療部)

    現在、山口大学総合診療部にて臨床・教育・診療体制の改善に取り組むのは、家庭医の玉野井徹彦(たまのい・てつひこ)氏。もともと同氏が医師を志した理由は、地元・山口県の環境保護に取り組むためというユニークなものでした。そんな玉野井氏が思う、山口県の抱える課題と将来実現したい夢とは――。

  • 事例

    町医者に憧れ、被災地で学び、家庭医として地元へ還元する―遠藤貴士氏(モミの木クリニック)

    現在、モミの木クリニック(福島県郡山市)で家庭医として勤務している遠藤貴士(えんどう・たかし)氏。初期研修時、「良い意味で“ごちゃまぜ”」な家庭医に魅力を感じ、家庭医療の道を志します。その後、被災した石巻市での活動を経て、東北地方に当時はなかったGIMカンファレンス(全国各地の有志が開く総合内科の勉強会)を立ち上げます。遠藤氏のこれまでの活動や今後の展望を取材しました。

  • 事例

    「ならば自分が」医師不足に心痛めて薬剤師から医師に ―佐藤英之氏(坂総合病院)

    薬剤師から医師へ異色のキャリアチェンジを果たした佐藤英之氏。鹿児島県の調剤薬局で働いた経験などから、地方医療における医師不足や、これに伴う患者の選択肢の少なさについて危機感を抱いていました。これまでの経験を活かし、佐藤氏が歩もうとしている道とは──。

  • 事例

    救急医療改革で、より多くの患者さんを救える日本へ――安藤裕貴氏(一宮西病院)

    安藤裕貴氏は、日本の救急医療に課題を見出し、MBAを取得。2018年からは、ビジネススクールで学んだマネジメントの知識を生かし、一宮西病院(愛知県一宮市)で総合救急部救急科部長として救急改革に取り組んでいます。さらに、改革の輪を全国に広げようと、若手医師の育成にも尽力。安藤氏が思い描く理想の救急医療の姿と、理想の実現に向けた取り組みを聞きました。

  • 人気記事ランキング