1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 遠隔集中治療を広めたい!一人の医師を起業に駆り立てた“課題感”とは―中西智之氏(株式会社T-ICU)
事例

遠隔集中治療を広めたい!一人の医師を起業に駆り立てた“課題感”とは―中西智之氏(株式会社T-ICU)

2018年5月1日

集中治療室があるものの集中治療専門医がいない病院に対して、24時間365日遠隔モニタリングをすることで、早期に患者さんの治療方針の提案、診療サポートをする「遠隔集中治療」の普及を目指している医師がいます。中西智之氏は心臓血管外科医、麻酔科医として臨床現場でキャリアを積んできましたが、40歳で起業。遠隔集中治療の普及に注力するようになりました。このキャリアチェンジの裏側にある思いを取材しました。(取材日:2018年3月27日)

「現場の課題感」を事業に

―株式会社T-ICUを設立するまでのキャリアを教えてください。

起業前はフリーランスの麻酔科医として働いていましたが、もともとは心臓血管外科医として勤務していました。心臓外科の患者様は、術後管理のために必ず集中治療室に入りますが、ある時、自分がやっている集中治療はごく一部だということに気付いたのです。そこで集中治療に興味を持ち、まずは麻酔科に関わろうと思い、横浜市立大学の麻酔科に入局した経緯があります。麻酔科医の先輩の中には、フリーランスとして全国各地の病院を飛び回っている方がいて、自分もそういう働き方をしてみたいと思い、フリーランスへ転身。これが起業のきっかけになりました。

―フリーランスの麻酔科医になったことが、なぜ起業へつながったのですか。

非常勤の麻酔科医を必要としてくださる病院の多くは、250床前後の中規模病院で、そのような病院には集中治療室はあるものの、集中治療専門医がいない場合が非常に多い。つまり、他の診療科の医師が集中治療を担当しているという状況なのです。このことは、フリーランスの麻酔科医として、さまざまな医療機関と信頼関係を築いていく中で知ったのですが、漠然とした課題感を覚えました。

麻酔科医も少ないけれども、集中治療医もそれ以上に足りていない。この状況を改善できる方法はないのだろうか――そのように考えている時、知り合いの医師から、アメリカでは15年前から遠隔集中治療が普及しているという話を聞いたのです。日本では全く普及していない遠隔集中治療に興味を持ち、情報収集を始め、国内でもそれを普及・実現させるべく、2016年10月に株式会社T-ICUを設立しました。

遠隔集中治療を拡げて、患者も医療現場も助ける

―現在のT-ICUの状況を教えてください。

現在は、システム開発が終わり、遠隔集中治療を導入してくれる医療機関を探したり、口コミで興味を持っていただいた医療機関に出向いてサービスの説明をしたりしている段階です。拠点は兵庫県芦屋市ですが、説明に伺っている医療機関は、岩手県や千葉県、静岡県など全国にあります。

―これから提携先を増やしていく段階にありますが、現在どのような点に課題を感じていますか。

わたしたちは医療機関に遠隔集中治療のシステムを導入してもらい、その契約料をいただくビジネスモデルを考えています。ところが、医療機関側からすると米国でのエビデンスはありますが、日本での実績がまだない中で出費も増えてしまうので、なかなか導入に踏み切っていただけません。これが大きな課題ですね。

先程お伝えしたように、多くの病院では、集中治療の専門ではない医師たちがその分野を担っています。しかし、遠隔集中治療を導入することで専門的なサポートを受けられるため、死亡率やICUの滞在日数、人工呼吸器の装着日数などが短縮されるといった治療成績の向上につながる可能性があります。専門外の集中治療を担当する医師や看護師のストレスや負担を軽減でき、在院日数が減り病床回転率が上がるというように、診療面でも経営面でもメリットがあると考えています。しかしながら、治療成績が上がっても保険点数に反映されるわけではありません。遠隔集中治療を導入していなくても、現場が回ってしまっているので、お金を払ってまで導入しようと決断する医療機関がなかなかないのが現実です。

医師には、多様なキャリアがある

―臨床現場での課題感から、大きなキャリアチェンジをされた中西先生の原動力は。

いくつかの専門医がいない集中治療室を見て、現場がいかに困っているかを痛感しました。専門医がいない中でなんとか回している状態は、医療者にとっても患者さんにとっても、好ましくありません。遠隔集中治療を普及させることは、集中治療のレベルアップになるはず。それを実現してより良い医療提供につなげたいというのが、原動力になっているように思います。

医師として働きながら、遠隔集中治療を事業化するために奔走する――。起業した当初は、医師としてすごく変なことをしているのではないかと思っていました。ところが、ベンチャー企業の代表としてさまざまな場に出ていってみると、同じように起業している医師が大勢いることを知ったのです。医師として臨床以外の働き方をされている方たちに出会ったことで、医師も起業していいんだと思うようになり、自分も頑張ろうとモチベーションを高く保ち続けられています。

―今後の展望について教えてください。

現在、全国には約1100の集中治療室があります。そのうち、集中治療専門医がいる医療機関は約300施設、残りの800施設は集中治療医がいない中で運営されているのです。そのため、まずは集中治療専門医がいない集中治療室全てに、遠隔集中治療システムを導入し、専門医がいなくてもサポートが受けられる状態にしたいですね。一方、集中治療室がなくても、手術数の多い病院は多くあります。そのような病院は、術後の患者さんを病棟で診る医師が少ないので、そこもカバーしていきたいですね。

医師には、多様なキャリアがあると思います。わたしは臨床現場である程度のキャリアを積み、40歳で起業しました。目の前にいる患者さんを助けることはもちろん大事なことですが、遠隔集中治療という少し違った角度から助けることも、大きな意義があると考えています。目の前にある課題に向き合い、医療のさらなる発展に貢献していきたいですね。

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    オリンピック出場を目指す研修医の思い―医師と2足のわらじvol.19(後編)

    初期研修医と世界クラスの山岳ランナーという二つの顔を持つ髙村貴子先生。今シーズンからは山岳スキーも始め、年間を通じて山を駆ける髙村先生は、将来にどんなビジョンを描いているのでしょうか。医師として、山岳ランナーとして目指している場所を伺いました。

  • 事例

    研修病院決定の決め手は「そこに山があったから」―医師と2足のわらじvol.19(中編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    国試の前は地獄…山岳ランナーと医学生の両立―医師と2足のわらじvol.19(前編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    医師の夢“ちょっと医学に詳しい近所のおばさん”――吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・後編

    医師としてフルタイムで働きつつ、地域での社会活動にも尽力している吉住氏。「幅広い世代が集まる場所」をつくろうと、奮闘しています。なぜ、忙しい時間を縫って社会活動をするのか。どのような医師を目指しているのかを伺いました。

  • 事例

    元ヘルパー医師が考える、引き算の医療―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・中編

    臨床検査技師や介護ヘルパーを経て、呼吸器内科医となった吉住直子氏。研修先や診療科を選ぶ際は、常に「理想的な高齢者医療」を念頭においていました。実際に診療を始めると、前職の経験がプラスに作用することがあるとか。また、以前は見えなかった新しい課題も浮き彫りになってきたと語ります。

  • 事例

    2つの職を経た女医が、介護にこだわる理由―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・前編

    「ちょっと医学に詳しい近所のおばさんを目指している」と朗らかに話すのは、医師の吉住直子氏です。医学部に入るまでは、臨床検査技師や介護ヘルパーの仕事をしていて、介護現場に立つうちに医師になろうと決意しました。どのような思いで、医師というキャリアを選んだのでしょうか。インタビューを3回に分けてお届けします。

  • 事例

    不治の病を抱えながら、クリニックの院長へ ―病とキャリアvol.7(後編)

    40代でパーキンソン病を発症し、50歳で医師として働くことを辞めた橋爪鈴男先生。後編では、再び医療の世界に戻った時のエピソードと、病を抱えるようになって変化したことを語っていただきました。(取材日:2020年2月20日 ※インタビューは、資料や文書による回答も交えた形式で実施しました)

  • 事例

    「もう死にたい」動けない医師が光を見出すまで ―病とキャリアvol.7(中編)

    皮膚科医として、順調なキャリアを築いてきた橋爪鈴男先生。しかし、40代でパーキンソン病を発症した後、大学病院を辞すことを決意します。中編では、絶望を救った一つの言葉と仲間の支え、そして新たな治療を経て見つけた生き甲斐についてお話をうかがいました。

  • 事例

    40代でパーキンソン病「医師を続けられない」 ―病とキャリアvol.7(前編)

    順風満帆な生活から一転、晴天の霹靂のごとく襲いかかった難病──。橋爪鈴男先生は、40代でパーキンソン病を発症し、大学病院の助教授(当時)の職を辞すことを決意します。身体機能が衰えていく自分の姿に苦悩し、自殺を考えたこともあったそうです。しかし、生きる意味を見出し、再び医師として復帰するに至りました。前編では、突然の発症から大学病院の辞職を決意するまでのエピソードをお聞きしました。

  • 事例

    エンジニア、研究者を経て“ゴール志向じゃない自分“を肯定―医師と2足のわらじvol.18(後編)

    医学部を卒業後、ゲノム研究者とエンジニアを両立する日々を送っていた鈴木晋氏。「臨床がわからないと研究も深まらない」と考え、スキップしていた初期臨床研修を受けようと決意しました。その後、大学院でのプログラミングを用いた医学研究を経て、「治療アプリ」を研究・開発する株式会社CureAppの創業メンバーに。現在は、臨床を続けながら、同社の最高開発責任者(CDO)として開発全般を指揮しています。実は少し前まで、“ゴール志向”でない自身のキャリア観を肯定できずにいたとか。CDOとして働く現在は、どのように捉えているのでしょうか。

  • 人気記事ランキング