1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 地域医療・地域包括ケアの教育拠点を復興の地、石巻から進める―長 純一氏(石巻市立病院開成仮診療所・市包括ケアセンター)
事例

地域医療・地域包括ケアの教育拠点を復興の地、石巻から進める―長 純一氏(石巻市立病院開成仮診療所・市包括ケアセンター)

2016年5月27日

宮城県石巻市の仮設住宅内に開設された、石巻市立病院開成仮診療所所長を務める長純一氏。東京生まれ関西育ちの長氏は「田舎」に強い憧れを持ち、生物科学偏重ではない医療を求め長野県で19年間地域医療に従事。東日本大震災後、長年の経験を活かすべく、石巻に移り住みます。長氏が考える地域医療とは、どのようなものなのでしょうか。

生物科学偏重ではない「医療」を探して

-現在、石巻ではどのような活動をされているのですか。
2012年に開設された石巻市立病院の開成仮診療所と、わたしが提言して市の重要政策となった地域包括ケアを推進するために新設された包括ケアセンターの所長を兼務しています。被災された方はもちろん、全市民の健康を守るため、介護や福祉の面にも注力して、スタッフや行政のみなさんと共に地域復興に取り組んでいます。

-医師になった当初から、地域医療を志していたのですか。
医師を目指したのは、日本のへき地や途上国など、場所を問わず困難を抱えている方の支援をしたいと考えたため。もともと、地域医療に関心はありました。医師を志していたとはいえ、高校時代は当時興味があった社会科学系の本ばかりを読んでいました。浪人中に、「今の医療は生物科学が重視されすぎているのでは?」と感じるようになり、それとは違う形の「医療」がどこかにあるはずだと探し続けていました。信州大学医学部入学後は社会医学や地域医療系の文献を探しては読みあさり、本で知った先生方に手紙を書いたり、会いに行ったりしていました。

自分が思う「医療」を探し続けている中で、「医療の民主化・患者中心の医療」を積極的に行っている先生方に影響を与えているのが、長野県佐久総合病院の若月俊一先生だと気付きました。若月先生については、浪人時代に読んだ本で知っていましたが、直接教えを乞いたいと思い、初期研修先を佐久総合病院に決めました。その後19年間、佐久病院から派遣され、長野県南佐久郡部、特に川上村を中心とした地域医療に従事しました。

地域医療の気付きを被災地で活かす

石巻市立病院開成仮診療所_map-川上村で地域医療に携わり、どのようなことを感じましたか。
社会保障費削減の必要性、医療だけではカバーできない社会的問題―たとえば高齢化や地域崩壊―、それらをカバーするのは住民というようなことが見えやすく、自ら考え、行動しなければならない環境に身を置いていることを強く実感しました。

また、これは川上村を離れて改めて感じたことですが、地域住民が主体的に動くための「種まき」をするのがわたしの役割だということ。外部から有能な人が来て何か優れたことをするのは可能ですが、それには限界があると思います。その地に暮らす住民が能動的に取り組むことで、結果的に地域の質を上げられますし、何より持続性があります。

-東日本大震災後に石巻に行かれたのも、その経験からでしょうか。
そうですね。わたしは臨床医ながら社会科学をかなり勉強していましたし、これまで福祉なども含めて、今の医療にとらわれない「医療」をしてきました。その経験を、地域の全てを失った地で活かしたいと思ったからです。

阪神淡路大震災の継続支援をする一方、災害時医療福祉を自分なりに学んでいたので、コミュニティが健康に寄与している視点を組み込んだ復興のあり方を考えなければならないと思っていました。そのため、地震発生の翌日、出向元である佐久総合病院の院長に「わたしと医療ソーシャルワーカーで行かせてもらいたい」とお願いしましたが、県医療団長として石巻に入ったのはゴールデンウィークでした。その4カ月後に再び石巻市を訪れ、約2000戸の仮設住宅内に診療所を設置することを提案しました。ちょうどその頃、被災した市立病院再建の重要な柱のひとつに在宅診療が掲げられていました。仮設住宅の中に診療所を建てれば、仮設住宅の住民が減っても在宅診療の拠点として利用できること、わたしが長年プライマリ・ケア領域に従事していたことを評価していただき、仮設診療所の設置を受け入れてくださいました。わたしとしては医療というよりも行政の中で命を尊重した復興のあり方を考えていきたいと考え、2012年4月に石巻に移住しました。

junichi_osa03-被災地の中でも、なぜ石巻を選んだのですか。
石巻を選んだのは、若手教育に取り組みたいと考えているからです。東北は医師不足ですが、石巻は震災の影響で「力になりたい」という医師が比較的集まりやすいエリア。被災地の復興が進むにつれて仮設住宅の規模が縮小しますが、石巻の場合は、仮設住宅がなくなっても訪問診療の対象となる周辺には多くの住民が住むため、在宅ができる医師・拠点がより必要となります。ゆくゆくは、この地で育った医師に、より医師不足の地域で活躍してほしい。そのために、この地に若手医師を集めて教育をしたいのです。

教育拠点をつくり、未来へつなげる

宮城県、さらには東北の医師不足を解消するためには、医師の偏在と適正な医療技術の問題を解消しなければなりません。そのためには総合診療医の数を増やすことが得策だと考えています。たとえば、各県の奨学生には、総合診療専門医として地域医療に従事してもらう制度をつくるなど施策を打たなければ、都市部に人材流出してしまいます。

junichi_osa02また、宮城県には研修医教育に実績のある県立病院がないため、石巻市立病院が県の奨学生を育成する役割を担えればと考えています。開成仮診療所には、4年間の離島勤務を経て都立病院のER責任者を務めた医師や、有名家庭医育成拠点で研鑚を積んだ家庭医が2人、後期研修医も3人集まっており、宮城県の総合診療医教育の拠点を目指せると考えています。ゆくゆくは、ここでしっかり育てた総合診療医に指導医を目指していただき、県内外の中小病院で教育プログラムを作れるようになってほしいですね。

-実現したら、東北の医療環境改善にもつながりそうですね。
そうですね。医学生時代、研修医時代、そして今日に至るまで、多くの先輩方にお世話になりました。その精神を引き継ぎ、若い世代を教育することで、先輩方に恩返しできればと思っています。自分なりに勉強したことを伝えていくこと、さらには同じ精神で活動しようとしている若い医師を応援していくことが、将来の医療環境をつくることに繋がると考えています。

地域医療にご興味のある先生へ

各地で奮闘する先生お一人おひとりのご活躍によって、日本の医療は支えられています。
この記事をお読みになって、もしも「地方での勤務に興味はあるが、なかなか踏み出せない」とお考えでしたら、一度コンサルタントにご相談いただけないでしょうか。

先生のご懸念やご事情を伺った上で、地方の実情や待遇、サポート体制など正直にお伝えし、前向きな気持ちで次のキャリアに踏み出せるように最大限のご支援をしたいと考えております

先生の決断が、地域を、医療を変えるかもしれません。新天地でのご勤務・転職をお考えでしたら、ぜひお問い合わせください。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    南海トラフ巨大地震に備えて、医師にできること ――森本真之助氏(三重県 紀南病院)

    森本氏は専門医取得を目指すことに加え、「災害に強いまちづくり」の活動をさらに広げています。診療にとどまらず、地域の大きな課題に取り組む森本氏に、これまでのキャリアと活動を伺いました。

  • 事例

    運営休止した銚子市立病院で、60代医師が働きたいと思った理由―蓮尾公篤氏(銚子市立病院)

    大学病院、神奈川県の公的病院にて長年、外科医として勤務してきた蓮尾公篤先生。医師になったときから思い描いていたキャリアを実現させるべく、60歳を過ぎてから転職活動をスタートします。さまざまな選択肢の中から転職先に選んだのは、かつて運営休止に追い込まれてしまった銚子市立病院でした。蓮尾先生が銚子市立病院に入職を決めた経緯、今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    地元・山口に還元する家庭医が描く夢―玉野井徹彦氏(山口大学総合診療部)

    現在、山口大学総合診療部にて臨床・教育・診療体制の改善に取り組むのは、家庭医の玉野井徹彦(たまのい・てつひこ)氏。もともと同氏が医師を志した理由は、地元・山口県の環境保護に取り組むためというユニークなものでした。そんな玉野井氏が思う、山口県の抱える課題と将来実現したい夢とは――。

  • 事例

    町医者に憧れ、被災地で学び、家庭医として地元へ還元する―遠藤貴士氏(モミの木クリニック)

    現在、モミの木クリニック(福島県郡山市)で家庭医として勤務している遠藤貴士(えんどう・たかし)氏。初期研修時、「良い意味で“ごちゃまぜ”」な家庭医に魅力を感じ、家庭医療の道を志します。その後、被災した石巻市での活動を経て、東北地方に当時はなかったGIMカンファレンス(全国各地の有志が開く総合内科の勉強会)を立ち上げます。遠藤氏のこれまでの活動や今後の展望を取材しました。

  • 事例

    「ならば自分が」医師不足に心痛めて薬剤師から医師に ―佐藤英之氏(坂総合病院

    薬剤師から医師へ異色のキャリアチェンジを果たした佐藤英之氏。鹿児島県の調剤薬局で働いた経験などから、地方医療における医師不足や、これに伴う患者の選択肢の少なさについて危機感を抱いていました。これまでの経験を活かし、佐藤氏が歩もうとしている道とは──。

  • 事例

    救急医療改革で、より多くの患者さんを救える日本へ――安藤裕貴氏(一宮西病院)

    安藤裕貴氏は、日本の救急医療に課題を見出し、MBAを取得。2018年からは、ビジネススクールで学んだマネジメントの知識を生かし、一宮西病院(愛知県一宮市)で総合救急部救急科部長として救急改革に取り組んでいます。さらに、改革の輪を全国に広げようと、若手医師の育成にも尽力。安藤氏が思い描く理想の救急医療の姿と、理想の実現に向けた取り組みを聞きました。

  • 事例

    北海道の若手医師のために、道外へ飛び出した総合内科医のビジョン―小澤 労氏(国立病院機構栃木医療センター)

    北海道出身の総合内科医・家庭医、小澤労氏が初期研修を経て感じたのは、「北海道では、自分のなりたい医師にはなれない」ということでした。尊敬する医師の言葉に背中を押され、道外へと踏み出します。小澤氏が思う、北海道が抱える総合内科教育の課題と、若手医師を救うためのビジョンを取材しました。

  • 事例

    医師の働き方改革、若き離島医が抱える想い―砂川惇司氏(大原診療所)

    将来は故郷に貢献したいと考え、医師を志した宮古島出身の砂川惇司氏。離島研修が受けられる沖縄県立中部病院で研さんを積み、2017年より沖縄県西表島の診療所に赴任し、専攻医として日々診療にあたっています。「医師の働き方改革」の渦中にもいる砂川氏に、離島医としての想いや今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    診療への悶々とした思いが一転 国内留学で得た衝撃とは ―河南真吾氏(徳島県立海部病院)

    河南真吾氏は医学生のときに同行した訪問診療の衝撃から、徳島大学卒業後に母校の総合診療部に入局します。総合診療部で日々診療する中で、ある悶々とした思いを抱き始めます。そんな折、亀田ファミリークリニック館山への国内留学をきっかけに、30代半ばにして自らの役割を見出しました。それまでの気持ちの変化や現在の活動拠点である徳島県立海部病院での取り組みを伺いました。

  • 事例

    市中病院から大学病院に入局した理由―近藤猛氏(名古屋大学医学部附属病院)

    学生時代、ある勉強会に参加したことを機に、将来の展望が大きく変わった近藤猛氏。市中病院で研鑽を積んだ後、名古屋大学医学部附属病院の総合診療科に入局し、現在は院内外で「教育」に携わっています。教育を通してどのようなことを実現しようとしているかを伺いました。

  • 人気記事ランキング