1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 【事例:製薬会社への転職】なぜ研究開部門に医師が必要なのか―グラクソ・スミスクライン開発本部長 高橋希人氏 Vol.2
事例

【事例:製薬会社への転職】なぜ研究開部門に医師が必要なのか―グラクソ・スミスクライン開発本部長 高橋希人氏 Vol.2

2014年6月26日

製薬企業MD_高橋先生vol3

製薬会社の研究開発分野で活躍する医師(メディカルドクター=MD)には、どんな素養が求められるのでしょうか。前回に引き続き20年以上にわたって研究開発に携わってきた高橋希人先生(グラクソ・スミスクライン開発本部長)に伺いました。

医師としてのマインドセットを製薬会社でどう活かせるか

-製薬会社の研究開発部門で活躍するためには、どんなスキルが必要だと思いますか。

「きちんと英語で論文が書ける」「研究成果を元に論理的な議論を行える」など、医師・研究者としての基本的な能力さえあれば、製薬会社に入るための特別なトレーニングは必要ないと思っています。

専門の診療科目も、製薬業界全体を見渡すと、内科系、外科系問わず、様々なようです。もちろん、もともと専門としていた診療科や研究分野に応じて業務内容が割り振られることもありますが、精神科出身のMDが整形外科領域の開発に携わるような場面も見たことがあるので、一概には言えないようです。

知識やスキル以上に大切なのは、「患者さんに貢献したい」というマインドセットを持って行動ができるかどうかではないでしょうか。これは、単に「医師としてのプライド、医学知識を持って命令ができる」ということではありません。必要な行動をチームメンバーと一緒に考えて、チームとして力を発揮できなければなりません。

また、企業ではビジネスに関する知識が問われる場面もありますが、製薬会社に入社後に学ぶこともできます。最近では経営学修士(MBA)を持っているMDも珍しくはないと思います。

努力の成果が「医薬品」という形になる

-研究開発に携わってきて、やりがいを感じた出来事はありますか。

これまで、かなりの数の新薬上市に立ち会ってきましたが、あるとき、「このお薬のおかげで、運動できなかったわが子が運動できるようになりました」と、お手紙をもらったことがあります。「自分が携わった製品が、社会に貢献したのだ」と実感できた、とてもうれしい出来事でした。

製薬会社でMDが活躍する場としては、開発部門のほか、安全対策部門、メディカルアフェアーズ部門などが代表的です。この中で、開発部門は努力の成果が医薬品という具体的な形となり、社会に流通していきます。自分が携わった製品が社会の役に立っているという手ごたえが得られやすいというのは、大きな魅力だと思います。

もちろん、すべての研究開発がうまく上市にまでこぎつけるとは限りません。しかし、研究開発の過程では、世界的に有名な医師とも議論ができますし、グローバルな環境で仕事ができるので、そうしたことに興味のある方には良いと思います。

研究開発にMDが携わる意義

-研究開発部門にMDが携わる意義は何だと思いますか

製薬企業MD_高橋先生vol4製薬会社がなぜ、MDを求めているのか。それは、MDが患者さんのことをよくわかっているからです。製薬会社の使命は、単に「規制に沿って、化合物を研究開発すること」ではありません。「未だ満たされていない医療ニーズ(アンメットメディカルニーズ)を満たすこと」ですよね。

では、アンメットメディカルニーズを満たすには、まず何をしたらいいのでしょうか。これまでは生活習慣病など、患者さんが多く、医療ニーズが明らかで開発しやすい領域で、ブロックバスターを目指した開発が多く、アンメットメディカルニーズを満たすことは特に社内にMDがいなくても比較的簡単であったと思います。

しかし、さまざまなニーズに応える医薬品が多数上市され、新薬候補の化合物も見つけづらくなったとされる今、これまでの方法が必ずしも功を奏するとは限りません。国際共同治験も一般的になり、グローバルな動向を日本の臨床現場の事情に照らし合わせつつ、スピーディに研究開発を進めなければならないという、時代の要請もあります。

製薬会社で働くMDは、一般的には診療こそしませんが、アンメットメディカルニーズがどこにあるのかという現場の感覚を持っています。さらに外部の医学専門家とも高度な議論が可能で、実際の日本の患者さんの実情を踏まえて、新薬候補の化合物が持つメリット、副作用の重篤性、適正使用の方法などを検討できる。そうしたところに、存在意義があるのではないかと思います。このような社内のMDと外部の医学専門家との医学・科学的議論は、新薬の意義を高めるために最近は益々重要になっており、開発だけでなく、メディカルアフェアーズにMDの存在意義が認められるようになっています。

エムスリーキャリアでは、希少性の高い社医求人も扱っています

エムスリーキャリアでは、産業医、社医、製薬企業MD、自由診療など、希少な求人もお預かりしています。
ご興味はあっても、以下のような疑問をお持ちではないでしょうか。

「具体的にどんな業務や求人があるのだろう」
「興味はあるけど、勤務医を辞めてもキャリアが台無しにならないだろうか」
「仮に転職して戻りたくなった場合、臨床医/保険医に戻れるだろうか

コンサルタントが疑問をお答えしますので、お気軽にお問い合わせください。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    救急医が42歳で選んだセカンドキャリアとは―亀崎真氏

    都立墨東病院(東京都墨田区)で10年以上、救急医としてキャリアを積んできた亀崎真先生。医師18年目、42歳でセカンドキャリアとして地域のプライマリ・ケア医に転身します。

  • 事例

    7割の家事を担う、常勤パパ医師の胸中

    千葉大学病院 脳神経内科で特任助教を務める荒木信之先生は、産婦人科医の妻とともに、2010年からキャリアと家事・育児の両立を試みてきました。お子さんが10歳になった今も、荒木先生は大学病院で働きつつ、家事の7割を担当しています。子持ち医師のプライベートを、夫目線でお話いただきました。

  • 事例

    非常勤も経験 パパ脳神経内科医の処世術

    千葉大学病院 脳神経内科で特任助教を務める荒木信之先生。2010年に子どもが産まれてからは、産婦人科医の妻よりも多くの家事・育児を引き受け、時には非常勤勤務に切り替えるなど、仕事と家庭を両立する働き方を探り続けてきました。医師の研鑽を積みながら、共働き・子育て生活を10年続けて、今思うこととは。

  • 事例

    「深刻な問題だ」救急科新設した30代医師の挑戦―柴崎俊一氏

    医学生時代から、いずれ茨城県内の医療過疎地に貢献したいと考えていた柴崎俊一先生。医師8年目で1人、ひたちなか総合病院に飛び込み、救急・総合内科を新設します。診療科を新設し、病院内外に根付かせるにはさまざまな苦労がありますが、どのように取り組まれたのでしょうか。

  • 事例

    「辞めたら損害賠償」雌伏の末に得た職場は

    ワンマン経営に我慢の限界を感じて転職活動に踏み切ったT先生。年収を重視していたT先生が3つの転職先候補から選んだのは、県外の公的病院でした。後編では新しい職場を中心にお話を伺いました。

  • 事例

    ワンマン経営に「我慢の限界」50代部長の決断

    近畿地方の民間病院で、麻酔科部長として全国トップレベルの症例数を経験してきたT先生。その一方で、勤務先の経営陣の顔ぶれが変わってからは理不尽と感じることが増えていきました。そうした中、コロナ禍での対応方針に我慢の限界を感じて退職を決意。そんなT先生に、今回の転職活動について振り返っていただきました。

  • 事例

    不公平?2児の女性医師が抱える家庭事情

    最近では当たり前になりつつある、夫婦共働き。千葉大学病院脳神経内科准教授の三澤園子先生は出産のタイミングに悩み、34歳、40歳で2児を出産。今も仕事と家庭の両立方法を探り続けています。後編では出産・育児にまつわるエピソードと、共働き夫婦でキャリアアップするための秘訣を聞きました。

  • 事例

    LGBTQs当事者の医師がカミングアウトした理由―吉田絵理子氏

    川崎協同病院(神奈川県川崎市)総合診療科科長の吉田絵理子先生は、臨床医の傍ら、LGBTQs当事者として精力的に活動しています。不安を抱えながらもカミングアウトをし、LGBTQs当事者の活動を続ける背景には、ある強い想いがありました。

  • 事例

    准教授のママ医が、常勤にこだわる理由

    最近では当たり前になりつつある、夫婦共働き。特に医師は、仕事の頑張り時と出産・育児の時期が重なりがちです。医師23年目の三澤園子先生は、仕事と家庭の両立に悩みながらもフルタイム勤務を続け、現在は千葉大学病院脳神経内科の准教授と2児の母、2つの顔を持ちます。前編では、三澤先生のキャリアについて伺いました。

  • 事例

    【事例:製薬会社への転職】研究開発部門で、世界標準の新薬を日本に―グラクソ・スミスクライン開発本部長 高橋希人氏 Vol.1

    製薬会社で働く医師(メディカルドクター=MD)はどんな業務を担い、そこでやりがいを見いだすのでしょうか。今回は、循環器内科医としてのキャリアを積んだ後、製薬会社の研究開発部門で多数の新薬の研究開発・上市に携わった高橋希人先生(現グラクソ・スミスクライン開発本部長)に伺いました。

  • 人気記事ランキング