1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 【事例:製薬会社への転職】なぜ研究開部門に医師が必要なのか―グラクソ・スミスクライン開発本部長 高橋希人氏 Vol.2
事例

【事例:製薬会社への転職】なぜ研究開部門に医師が必要なのか―グラクソ・スミスクライン開発本部長 高橋希人氏 Vol.2

2014年6月26日

製薬企業MD_高橋先生vol3

製薬会社の研究開発分野で活躍する医師(メディカルドクター=MD)には、どんな素養が求められるのでしょうか。前回に引き続き20年以上にわたって研究開発に携わってきた高橋希人先生(グラクソ・スミスクライン開発本部長)に伺いました。

医師としてのマインドセットを製薬会社でどう活かせるか

-製薬会社の研究開発部門で活躍するためには、どんなスキルが必要だと思いますか。

「きちんと英語で論文が書ける」「研究成果を元に論理的な議論を行える」など、医師・研究者としての基本的な能力さえあれば、製薬会社に入るための特別なトレーニングは必要ないと思っています。

専門の診療科目も、製薬業界全体を見渡すと、内科系、外科系問わず、様々なようです。もちろん、もともと専門としていた診療科や研究分野に応じて業務内容が割り振られることもありますが、精神科出身のMDが整形外科領域の開発に携わるような場面も見たことがあるので、一概には言えないようです。

知識やスキル以上に大切なのは、「患者さんに貢献したい」というマインドセットを持って行動ができるかどうかではないでしょうか。これは、単に「医師としてのプライド、医学知識を持って命令ができる」ということではありません。必要な行動をチームメンバーと一緒に考えて、チームとして力を発揮できなければなりません。

また、企業ではビジネスに関する知識が問われる場面もありますが、製薬会社に入社後に学ぶこともできます。最近では経営学修士(MBA)を持っているMDも珍しくはないと思います。

努力の成果が「医薬品」という形になる

-研究開発に携わってきて、やりがいを感じた出来事はありますか。

これまで、かなりの数の新薬上市に立ち会ってきましたが、あるとき、「このお薬のおかげで、運動できなかったわが子が運動できるようになりました」と、お手紙をもらったことがあります。「自分が携わった製品が、社会に貢献したのだ」と実感できた、とてもうれしい出来事でした。

製薬会社でMDが活躍する場としては、開発部門のほか、安全対策部門、メディカルアフェアーズ部門などが代表的です。この中で、開発部門は努力の成果が医薬品という具体的な形となり、社会に流通していきます。自分が携わった製品が社会の役に立っているという手ごたえが得られやすいというのは、大きな魅力だと思います。

もちろん、すべての研究開発がうまく上市にまでこぎつけるとは限りません。しかし、研究開発の過程では、世界的に有名な医師とも議論ができますし、グローバルな環境で仕事ができるので、そうしたことに興味のある方には良いと思います。

研究開発にMDが携わる意義

-研究開発部門にMDが携わる意義は何だと思いますか

製薬企業MD_高橋先生vol4製薬会社がなぜ、MDを求めているのか。それは、MDが患者さんのことをよくわかっているからです。製薬会社の使命は、単に「規制に沿って、化合物を研究開発すること」ではありません。「未だ満たされていない医療ニーズ(アンメットメディカルニーズ)を満たすこと」ですよね。

では、アンメットメディカルニーズを満たすには、まず何をしたらいいのでしょうか。これまでは生活習慣病など、患者さんが多く、医療ニーズが明らかで開発しやすい領域で、ブロックバスターを目指した開発が多く、アンメットメディカルニーズを満たすことは特に社内にMDがいなくても比較的簡単であったと思います。

しかし、さまざまなニーズに応える医薬品が多数上市され、新薬候補の化合物も見つけづらくなったとされる今、これまでの方法が必ずしも功を奏するとは限りません。国際共同治験も一般的になり、グローバルな動向を日本の臨床現場の事情に照らし合わせつつ、スピーディに研究開発を進めなければならないという、時代の要請もあります。

製薬会社で働くMDは、一般的には診療こそしませんが、アンメットメディカルニーズがどこにあるのかという現場の感覚を持っています。さらに外部の医学専門家とも高度な議論が可能で、実際の日本の患者さんの実情を踏まえて、新薬候補の化合物が持つメリット、副作用の重篤性、適正使用の方法などを検討できる。そうしたところに、存在意義があるのではないかと思います。このような社内のMDと外部の医学専門家との医学・科学的議論は、新薬の意義を高めるために最近は益々重要になっており、開発だけでなく、メディカルアフェアーズにMDの存在意義が認められるようになっています。

エムスリーキャリアでは、希少性の高い社医求人も扱っています

エムスリーキャリアでは、産業医、社医、製薬企業MD、自由診療など、希少な求人もお預かりしています。
ご興味はあっても、以下のような疑問をお持ちではないでしょうか。

「具体的にどんな業務や求人があるのだろう」
「興味はあるけど、勤務医を辞めてもキャリアが台無しにならないだろうか」
「仮に転職して戻りたくなった場合、臨床医/保険医に戻れるだろうか

コンサルタントが疑問をお答えしますので、お気軽にお問い合わせください。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    オリンピック出場を目指す研修医の思い―医師と2足のわらじvol.19(後編)

    初期研修医と世界クラスの山岳ランナーという二つの顔を持つ髙村貴子先生。今シーズンからは山岳スキーも始め、年間を通じて山を駆ける髙村先生は、将来にどんなビジョンを描いているのでしょうか。医師として、山岳ランナーとして目指している場所を伺いました。

  • 事例

    研修病院決定の決め手は「そこに山があったから」―医師と2足のわらじvol.19(中編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    国試の前は地獄…山岳ランナーと医学生の両立―医師と2足のわらじvol.19(前編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    医師の夢“ちょっと医学に詳しい近所のおばさん”――吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・後編

    医師としてフルタイムで働きつつ、地域での社会活動にも尽力している吉住氏。「幅広い世代が集まる場所」をつくろうと、奮闘しています。なぜ、忙しい時間を縫って社会活動をするのか。どのような医師を目指しているのかを伺いました。

  • 事例

    元ヘルパー医師が考える、引き算の医療―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・中編

    臨床検査技師や介護ヘルパーを経て、呼吸器内科医となった吉住直子氏。研修先や診療科を選ぶ際は、常に「理想的な高齢者医療」を念頭においていました。実際に診療を始めると、前職の経験がプラスに作用することがあるとか。また、以前は見えなかった新しい課題も浮き彫りになってきたと語ります。

  • 事例

    2つの職を経た女医が、介護にこだわる理由―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・前編

    「ちょっと医学に詳しい近所のおばさんを目指している」と朗らかに話すのは、医師の吉住直子氏です。医学部に入るまでは、臨床検査技師や介護ヘルパーの仕事をしていて、介護現場に立つうちに医師になろうと決意しました。どのような思いで、医師というキャリアを選んだのでしょうか。インタビューを3回に分けてお届けします。

  • 事例

    不治の病を抱えながら、クリニックの院長へ ―病とキャリアvol.7(後編)

    40代でパーキンソン病を発症し、50歳で医師として働くことを辞めた橋爪鈴男先生。後編では、再び医療の世界に戻った時のエピソードと、病を抱えるようになって変化したことを語っていただきました。(取材日:2020年2月20日 ※インタビューは、資料や文書による回答も交えた形式で実施しました)

  • 事例

    「もう死にたい」動けない医師が光を見出すまで ―病とキャリアvol.7(中編)

    皮膚科医として、順調なキャリアを築いてきた橋爪鈴男先生。しかし、40代でパーキンソン病を発症した後、大学病院を辞すことを決意します。中編では、絶望を救った一つの言葉と仲間の支え、そして新たな治療を経て見つけた生き甲斐についてお話をうかがいました。

  • 事例

    40代でパーキンソン病「医師を続けられない」 ―病とキャリアvol.7(前編)

    順風満帆な生活から一転、晴天の霹靂のごとく襲いかかった難病──。橋爪鈴男先生は、40代でパーキンソン病を発症し、大学病院の助教授(当時)の職を辞すことを決意します。身体機能が衰えていく自分の姿に苦悩し、自殺を考えたこともあったそうです。しかし、生きる意味を見出し、再び医師として復帰するに至りました。前編では、突然の発症から大学病院の辞職を決意するまでのエピソードをお聞きしました。

  • 事例

    【事例:製薬会社への転職】研究開発部門で、世界標準の新薬を日本に―グラクソ・スミスクライン開発本部長 高橋希人氏 Vol.1

    製薬会社で働く医師(メディカルドクター=MD)はどんな業務を担い、そこでやりがいを見いだすのでしょうか。今回は、循環器内科医としてのキャリアを積んだ後、製薬会社の研究開発部門で多数の新薬の研究開発・上市に携わった高橋希人先生(現グラクソ・スミスクライン開発本部長)に伺いました。

  • 人気記事ランキング