1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 【事例:製薬会社への転職】研究開発部門で、世界標準の新薬を日本に―グラクソ・スミスクライン開発本部長 高橋希人氏 Vol.1
事例

【事例:製薬会社への転職】研究開発部門で、世界標準の新薬を日本に―グラクソ・スミスクライン開発本部長 高橋希人氏 Vol.1

2014年6月26日

製薬企業MD_高橋先生vol1

新薬候補の化合物の研究開発を推し進め、患者のもとに新薬を提供する-。その過程で、製薬会社で働く医師(メディカルドクター=MD)はどんな業務を担い、そこでどんなやりがいを見いだすのでしょうか。今回は、循環器内科医としてのキャリアを積んだ後、製薬会社の研究開発部門で多数の新薬の研究開発・上市に携わった高橋希人先生(現グラクソ・スミスクライン開発本部長)に伺いました。

悩み抜いて製薬会社に転職

-グラクソ・スミスクライン(GSK)に入社される前から、複数の製薬会社で研究開発に携わってこられたと伺いました。そもそも、製薬会社でのキャリアを選ばれた経緯を教えてください。

日本で医師として診療・研究をしていましたが、1987年からアメリカで6年ほど研究を行いました。

その時、アメリカに本社を持つ製薬会社が日本法人で働く医師を採用しているという求人情報を頂きました。大学で研究を続けるか、そちらに入社するかは非常に悩みましたが、最終的にはその製薬会社に入社することを決めました。

-製薬会社に転職する上で、どんなことに悩みましたか。

製薬企業MD高橋先生略歴

「企業に入ると、これまで医師・研究者として積み上げたものが活かせないのではないか」「もう臨床はできないのではないか」という漠然とした不安がありました。医師・研究者としてのそれまでのキャリアから、とても大きな路線変更だったので、採用通知をいただいてから入職に至るまで、数か月間、考え抜きました。

入職を決意できたのは、アメリカ本社の雰囲気を見学させてもらったことが大きかったですね。アメリカでは、大学の教授レベルのMDが違和感なく製薬会社に転職していて、製薬会社でのキャリアも、医師・研究者の次のステップになりえるのだと分かりました。

臨床開発部のリーダーとして新薬開発に没頭

-1992年、初めて製薬会社に入社されて、どんな業務に携わりましたか。

製薬企業MD_高橋先生vol2私が入った製薬会社では当時、アメリカ本社にはMDが多数いたものの、日本法人ではわたしと上司のみがMDでした。アメリカでの一定期間の経験を経て、日本法人に臨床開発部のリーダーとして配属され、20ほどの新薬開発プロジェクトを担当しました。わたしの使命は、日本法人の開発機能をアメリカ本社並みにすること。当時は、「どうしたら各プロジェクトがうまくまわるか」「どうしたら能力の高い若手社員がもっと活躍できるか」など、いつも考えていました。

ほかにMDがいない状況ではあったものの、経営トップに「MDが持つ知見を活用しよう」という意識があった分、非常に働きやすかったですね。

国際共同治験に対応するための組織改革も

1992年に入社してから、2-3年は臨床開発部の業務だけでなく、安全対策など開発業務全般に携わっていました。1995年ころには国際共同治験に日本が参加できる機会があり、日本法人も海外と同時に臨床試験を進められるように、体制を整えて行きました。

日本法人の臨床開発部が国際標準に合わせられず、海外で当たり前に使われている医薬品が日本でだけ使用できなくなってしまうような事態は絶対に防ぎたいと思いました。そのために、アメリカ本社から担当者を招き、国際治験を進める上で何を変える必要があるのか、社員教育を行いつつ、国際共同治験のプロトコルにも参加しました。

もちろん、臨床試験に携わるのは臨床開発部門だけではありませんから、組織としての対応力を高めていかないと、国際共同治験には参加できません。臨床試験のモニタリングを行うオペレーション部門、副作用情報を管理する安全性部門、規制当局への対応を行う薬事部門-。国際共同治験への対応を行ったことで、これらの各部門の体制が国際基準で見直され、果たすべき機能がより明確になっていったことを覚えています。

そのほか、人材の登用にも力を入れ、95年以降は、MDの採用にも力を入れるようになりました。入職したMDには、まずは研究開発に携わっていただきながら、あらゆる部門をローテートしてもらうようにしました。当時一緒だった多くMDたちが現在製薬業界などで活躍しているのを見ると、とてもうれしいですね。

―2011年からはGSKの日本法人で開発本部長を務めていらっしゃる。

はい。社風も各社異なるので、全てが同じというわけではありませんが、開発部門のトップとしての仕事の根本は、以前とあまり変わりません。日本の患者さんが世界標準の医薬品を使用できるように体制を整えることや、海外とのコミュニケーションを良くするといったことに力を入れています。

わたしの本部だけでも数百人の社員がおりますが、社員一人ひとりが飛躍していく姿を見ていけるというのは、大きなやりがいとなっています。

エムスリーキャリアでは、希少性の高い社医求人も扱っています

エムスリーキャリアでは、産業医、社医、製薬企業MD、自由診療など、希少な求人もお預かりしています。
ご興味はあっても、以下のような疑問をお持ちではないでしょうか。

「具体的にどんな業務や求人があるのだろう」
「興味はあるけど、勤務医を辞めてもキャリアが台無しにならないだろうか」
「仮に転職して戻りたくなった場合、臨床医/保険医に戻れるだろうか

コンサルタントが疑問をお答えしますので、お気軽にお問い合わせください。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    オリンピック出場を目指す研修医の思い―医師と2足のわらじvol.19(後編)

    初期研修医と世界クラスの山岳ランナーという二つの顔を持つ髙村貴子先生。今シーズンからは山岳スキーも始め、年間を通じて山を駆ける髙村先生は、将来にどんなビジョンを描いているのでしょうか。医師として、山岳ランナーとして目指している場所を伺いました。

  • 事例

    研修病院決定の決め手は「そこに山があったから」―医師と2足のわらじvol.19(中編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    国試の前は地獄…山岳ランナーと医学生の両立―医師と2足のわらじvol.19(前編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    医師の夢“ちょっと医学に詳しい近所のおばさん”――吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・後編

    医師としてフルタイムで働きつつ、地域での社会活動にも尽力している吉住氏。「幅広い世代が集まる場所」をつくろうと、奮闘しています。なぜ、忙しい時間を縫って社会活動をするのか。どのような医師を目指しているのかを伺いました。

  • 事例

    元ヘルパー医師が考える、引き算の医療―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・中編

    臨床検査技師や介護ヘルパーを経て、呼吸器内科医となった吉住直子氏。研修先や診療科を選ぶ際は、常に「理想的な高齢者医療」を念頭においていました。実際に診療を始めると、前職の経験がプラスに作用することがあるとか。また、以前は見えなかった新しい課題も浮き彫りになってきたと語ります。

  • 事例

    2つの職を経た女医が、介護にこだわる理由―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・前編

    「ちょっと医学に詳しい近所のおばさんを目指している」と朗らかに話すのは、医師の吉住直子氏です。医学部に入るまでは、臨床検査技師や介護ヘルパーの仕事をしていて、介護現場に立つうちに医師になろうと決意しました。どのような思いで、医師というキャリアを選んだのでしょうか。インタビューを3回に分けてお届けします。

  • 事例

    不治の病を抱えながら、クリニックの院長へ ―病とキャリアvol.7(後編)

    40代でパーキンソン病を発症し、50歳で医師として働くことを辞めた橋爪鈴男先生。後編では、再び医療の世界に戻った時のエピソードと、病を抱えるようになって変化したことを語っていただきました。(取材日:2020年2月20日 ※インタビューは、資料や文書による回答も交えた形式で実施しました)

  • 事例

    「もう死にたい」動けない医師が光を見出すまで ―病とキャリアvol.7(中編)

    皮膚科医として、順調なキャリアを築いてきた橋爪鈴男先生。しかし、40代でパーキンソン病を発症した後、大学病院を辞すことを決意します。中編では、絶望を救った一つの言葉と仲間の支え、そして新たな治療を経て見つけた生き甲斐についてお話をうかがいました。

  • 事例

    40代でパーキンソン病「医師を続けられない」 ―病とキャリアvol.7(前編)

    順風満帆な生活から一転、晴天の霹靂のごとく襲いかかった難病──。橋爪鈴男先生は、40代でパーキンソン病を発症し、大学病院の助教授(当時)の職を辞すことを決意します。身体機能が衰えていく自分の姿に苦悩し、自殺を考えたこともあったそうです。しかし、生きる意味を見出し、再び医師として復帰するに至りました。前編では、突然の発症から大学病院の辞職を決意するまでのエピソードをお聞きしました。

  • 事例

    【事例:製薬会社への転職】なぜ研究開部門に医師が必要なのか―グラクソ・スミスクライン開発本部長 高橋希人氏 Vol.2

    製薬会社の研究開発分野で活躍する医師(メディカルドクター=MD)には、どんな素養が求められるのでしょうか。20年以上にわたって研究開発に携わってきた高橋希人先生(グラクソ・スミスクライン開発本部長)に伺いました。

  • 人気記事ランキング