1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. インタビュー
  5. 心臓血管外科医が伝授!集中力を保つ術(後編)―医師による、医師のための健康ライフハック Vol.3
インタビュー

心臓血管外科医が伝授!集中力を保つ術(後編)―医師による、医師のための健康ライフハック Vol.3

2019年3月10日

バイパス手術を中心に高度の技術を要する心臓血管手術を年間300件以上もこなし、「心臓手術のスーパードクター」として注目されている、東京女子医科大学の新浪博士先生。国内で一流の外科医として活躍するかたわら、タイやミャンマーでも精力的に医療支援活動を行っています。後編では日本と東南アジアにおける医療の関わりや、日々難しい手術に従事している新浪先生が集中力を保つための秘訣を伺いました。(取材日:2018年11月19日)

医療における、日本と東南アジアの未来

—新浪先生は、国内のみならずタイやミャンマーでも医療支援活動を続けていらっしゃると伺いましたが、具体的にはどんなことをしているのでしょうか。

両国とも、心臓手術の教育に関わっています。

タイは医療先進国なので、首都バンコクと東北部コンケーンを拠点に、毎回2日間で4件、これまでで30件の手術を行っています。基本的な手術ができる医師はタイにもいますが、バイパス手術などの難しいテクニックはまだまだ教育が必要な状況です。

逆に、ミャンマーは医療の発展途上国。心臓手術そのものから教える必要があります。徐々にオーストリアやオーストラリアをはじめ、他国からの支援を受け始めていますが、バイパス手術を教えられる人がいないため、私がサポートしています。バイパス手術は費用が抑えられるので経済的に有効ですし、東南アジアの人は手先が器用なので技術的にも向いていると思います。

—医療における日本と東南アジアの関係は、今後どのように展開されていくのでしょうか。

実は、心臓血管外科医の名医と呼ばれる順天堂大学の天野篤先生と榊原記念病院の高梨秀一郎先生、そして私の3人には共通点があるんです。そのキーワードは「東南アジア」。これからは日本と東南アジアの間で、医師がギブアンドテイクの関係になると私たち3人は期待しています。

というのも、心臓血管外科の患者数と医師数を考えると、日本国内で手術をするにも限界があります。そこで、日本人医師を東南アジアに派遣し、日本の優れた技術を現地の医師に伝える代わりに、日本人医師に手術の機会を与えてもらいたいと考えています。

日本は医療レベルが高いため、アジアの人たちは「医療は日本で」という志向を持っています。だからアジアの医師たちは「医療を教わるなら日本人から」と希望するのです。さらに日本人は謙虚な性格の方が多いので、ジェントルマンだと思って頼りにしてくれますし、日本のことを尊敬してくれる。尊敬されながら仕事をした方が気持ちいいものです。アジアの国に手を差し伸べることは、アジアのリーダーである日本人が率先してやるべきことだと思うんです。私はそういうつもりで支援活動を続けています。

【新浪博士先生からの「集中力」ライフハック術】
自己を管理しながら、やりたいことに集中することの大切さ

—バイパス手術のスペシャリストとして、相当な執刀数をこなしている新浪先生。細かな技術を発揮するために必要とされる集中力を、どのように維持されているのでしょうか。

私は、手術と手術の合間にいつも寝るようにしています。この習慣は、実は天野篤先生から伝授されて。順天堂大学にいた当時の私は40代、緊急処置が必要な患者さんを担当していたので、手術が終わると精神的に相当疲れていました。かなり集中した後なので、テレビドラマの『相棒』を見ながら寝落ちする毎日でした(笑)。

実際、30分寝るだけで頭がスッキリするものです。無理して起きているよりは、カクンと寝てしまった方がいいでしょう。そしてできれば、どこでも寝られた方がいい。他の先生がいようがいまいが、なるべく周りを気にせずに寝て、携帯で呼ばれたら起きればいいんです。こうした休憩だけでなく、毎晩の睡眠もすごく大事。私はショートスリーパーですが、普段頭を使っているのでベッドに横たわるとスコンと寝て熟睡できています。

―日常生活の中では、どのようなことに気を付けていますか。

集中力を使う状況に備えて、リラックスしておくことが大事です。そのためにはストレス解消と体力維持を心がけたほうがいいでしょう。

私は週に数回ジムへ通っていますが、トレーニングに入る前に10分、終わった後に20分のストレッチを必ず行って筋肉痛にならないように工夫しています。家庭ではありがたいことに妻が全てやってくれて、私は仕事だけに集中させてもらっています。家族のサポートがないと、この世界ではやっていけないかもしれません。

—集中力を維持するためには健康が第一だと思います。心臓のスペシャリストとして、心臓病を予防するために日常生活で実践できる事を教えてください。

心臓病は、動脈硬化がキーワード。動脈硬化の原因になるのが高血圧です。私の血圧は120~130を維持していますが、太っていた時は一時的に140まで上がったこともあります。標準体重よりも重いと血圧が上がりやすく、体重を落とすと自然と血圧が下がる人が多いでしょう。

また「血液サラサラがいい」と言われるように、コレステロール値が上がると血液の循環が悪くなるので注意したいところ。特に脂質の過剰摂取が一番よくないので、私はなるだけ和食を食べるようにしています。糖尿病にも気をつけて、糖質制限はかなりやっている方です。

立場上、お呼ばれ会食なども頻繁にあり、脂質や糖質が多い料理を食べざるを得ませんが、妻がしっかりと管理してくれていて会食がない日や週末は野菜中心の食事です。

—ストレスから高血圧になるという話もよく聞きますが、新浪先生のストレス解消法は何ですか。

誰にでもイライラしてしまうことはあるでしょう。実は、私がストレスを解消できる場所は手術室なんです。子供の頃から細かい作業をすることが得意で好きだった私は、ラッキーなことに毎日自分が好きなことをやらせていただいています。

でも仕事が好きではない人は世の中にいっぱいいるはずです。その場合はアフターファイブにやりたいことをする時間を短時間でも持って、リラックスすることをおすすめします。そうすることで健康維持にもつながり、仕事では集中力も発揮できるため、充実した生活が送れるのではないでしょうか。

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. インタビュー

この記事の関連記事

  • インタビュー

    男性医師4人が時短勤務。亀田ファミリークリニック館山院長に聞く“快諾”の理由とは?―パパ医師の時短勤務(3)

    亀田ファミリークリニック館山(常勤換算医師数16人) は、家庭医診療科医長の岩間秀幸先生を皮切りに、家事や育児を理由とした男性医師の短時間勤務が続いています。2020年は、4人目の男性医師の時短勤務が始まる予定です。クリニック管理者として見ると、マンパワーが落ちるという側面も持つ時短勤務ですが、岡田唯男院長は、岩間先生から最初に時短勤務の相談をされたときどのように感じたのでしょうか。社会的にはまだ多いとは言えない男性医師の時短勤務を快諾する理由とは?

  • インタビュー

    社員の4割がリモートワークの会社で、産業医は何をする? ―産業医 尾林誉史先生×企業の語り場 vol.3

    株式会社Kaizen Platformは2013年の創業時から従業員のリモートワークを実施。日々従業員の4割はオフィスに出社していません。そうした環境下で人事・労務スタッフはどのようにアプローチするのでしょうか? HR部部長の古田奈緒氏と、同社の産業医を務める尾林誉史先生に実情を伺いました。

  • インタビュー

    産業医10名を1拠点に集約!産保先進企業の働き方―日立健康管理センタ産業医鼎談(後編)

    産業医歴1年目の若手から経験30年超のベテランまで、常勤医10名ほどが集まる日立健康管理センタの産業医、林先生・渡辺先生・朝長先生の3名へのインタビュー後編。

  • インタビュー

    臨床との違いは?常勤産業医の働き方―日立健康管理センタ産業医鼎談(前編)

    産業医歴1年目の若手から経験30年超のベテランまで、常勤医10名ほどが集まる日立健康管理センタ。医師のキャリアとしては多くない「常勤産業医」の働き方について、同施設の産業医3名に聞きました。

  • インタビュー

    42歳で食事本を上梓し相次ぐ講演依頼、開業へ―医師による、医師のための健康ライフハックVol.4(後編)

    ヒトでのエビデンスに裏打ちされた食事術を解説した本『医師が実践する超・食事術-エビデンスのある食習慣のススメ-』(冬樹舎、2018年)の著者である稲島司先生。後半では、著書の担当編集者である佐藤敏子さんのコメントを交えながら、本を上梓したことで変化したキャリアや今後の目標について語っていただきます。

  • インタビュー

    循環器内科医師が実践、エビデンス重視の食事術―医師による、医師のための健康ライフハックVol.4(前編)

    巷に溢れる数々の「健康的な食事術」。玉石混合な情報が飛び交う中、エビデンスに裏打ちされた食事術を紹介する話題の本があります。その名は『医師が実践する超・食事術-エビデンスのある食習慣のススメ-』。今回は、著者であるつかさ内科院長の稲島司(いなじまつかさ)先生にインタビューを実施しました。

  • インタビュー

    酒好き肝臓専門医が一押しする飲み方(後編)―医師による、医師のための健康ライフハックVol.2

    肝臓専門医として『酒好き医師が教える最高の飲み方』(日経BP社、2017年)を監修し、お酒の飲み方のスペシャリストとしても注目を集めている浅部伸一先生(アッヴィ合同会社)。2017年から外資系製薬会社の開発マネジメントを行うかたわら、地方での訪問診療も精力的に行っている異色かつバイタリティ溢れる医師です。後編では二拠点生活から見えてきた地方と都市の治療の違い、そして健康を維持しながらお酒と付き合うためのポイントを伺いました。

  • インタビュー

    お酒をライフワークにした肝臓専門医(前編)―医師による、医師のための健康ライフハックVol.2

    肝臓専門医として『酒好き医師が教える最高の飲み方』(日経BP社、2017年)を監修し、お酒の飲み方のスペシャリストとしても活躍されている浅部伸一先生(アッヴィ合同会社)。消化器内科としての研さんを積んだ後、国立がんセンターやカリフォルニア留学で肝炎ウイルス・免疫の研究活動を行い、2017年からは外資系製薬会社の開発マネジメント職へ転身しました。前編では、肝臓専門医になった経緯から製薬業界に転出した理由について伺いました。

  • インタビュー

    付加価値を身に着けた心臓血管外科医(中編)―医師による、医師のための健康ライフハック Vol.3

    高度な技術を要する心臓血管手術を年間300件以上もこなし、「心臓手術のスーパードクター」として注目されている、東京女子医科大学の新浪博士先生。海外で心臓血管外科医としての実績を積んだ後、天野篤先生と出会ったことがひとつの転機になります。中編では、天野先生から受けた影響や、ナンバーワン医師として患者と関わる際に大事にしていることを伺いました。

  • インタビュー

    「あいつは臨床ダメ」を覆した仕事術(前編)―医師による、医師のための健康ライフハック Vol.3

    バイパス手術をはじめ、高度な技術を要する心臓血管手術を年間300件以上こなし、「心臓手術のスーパードクター」として注目されている、東京女子医科大学の新浪博士先生。医学部卒業後は大学院で研究活動を続けながら、東京女子医科大学附属日本心臓血圧研究所外科に入局。その後も、アメリカやオーストラリアへ留学し、最先端技術に触れながら心臓血管外科医として腕を磨きます。前編では、心臓血管外科のスペシャリストになるまでの経緯を伺いました。

  • 人気記事ランキング