1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 元ヘルパー医師が考える、引き算の医療―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・中編
事例

元ヘルパー医師が考える、引き算の医療―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・中編

2020年3月30日

臨床検査技師や介護ヘルパーを経て、呼吸器内科医となった吉住直子氏。研修先や診療科を選ぶ際は、常に「理想的な高齢者医療」を念頭においていました。実際に診療を始めると、前職の経験がプラスに作用することがあるとか。また、以前は見えなかった新しい課題も浮き彫りになってきたと語ります。(取材日:2020年1月31日)

高齢者医療の前に、「命にこだわる医療」を知らなければならない

──初期研修を自治医科大学附属病院で受けることにしたのはなぜですか?

ご存じの通り、自治医科大は地域医療に従事する医師を各地に派遣しています。専門分野に縛られず、患者全体を診る医師が多いと見学時に聞いていました。たとえば“神経内科医だけれど胃カメラが得意”というような医師が多い印象を受け、興味を持ちました。

地元の栃木県に貢献したい気持ちも、強く持っていました。先ほどお伝えしたように、中高時代には家庭が困窮しており、周りの方々にたくさん助けていただいた経験があります。自分が医師として地元で働くことで、何らかの恩返しをできれば……という思いがありました。

──どのような気持ちで初期研修にあたっていましたか。

上級医の言うことを決して聞き漏らすまいと必死でした。さまざまな診療科をローテートする中でも、救急やICU、麻酔科などは特に気持ちを引き締めて学びましたね。

私は高齢者を診るために医師になりました。それもあって、ゆくゆくは不要な検査はしない、本人の状況によっては挿管もしないような医療を目指しています。しかし、それは「精いっぱい命にこだわる医療」を知ったうえでできること。一律に、「高齢者だから濃厚な医療はしない」というのではなく、救命のためにいろいろな選択肢があるけれど、「この方にはあえて行わない」といった引き算で判断できるようになりたいのです。それができないうちは、高齢者のお看取りに携わらないと決めていました。

──結論ありきの医療をしないということですね。初期研修を終えて、呼吸器内科に進んだのはなぜでしょうか。

当初は、患者さんの全身を診る総合診療内科か、認知症を診る神経内科を専攻しようと考えていました。しかし、いずれは在宅医療に軸足を置きたい気持ちが、今の診療科を選んだ大きな理由です。呼吸器内科は肺がんが診られますし、感染症による肺炎、アレルギー性の喘息など、高齢者に多い疾患を幅広くカバーしています。また、在宅酸素の取り扱い方を身につけられ、医療用麻薬の免許も取得できます。そして、医療用麻薬の使い方も習得することができます。高齢者医療において直接的に役立つと思い、呼吸器内科に決めました。

元ヘルパーだからこそ、患者にできることがある

──2019年1月からはJCHOうつのみや病院(栃木県宇都宮市)に勤めていますね。臨床検査技師やヘルパーの経験は、現在の診療に生かされていますか。

もちろんです。私は今でも、ヘルパー時代に培った介助スキルを活かして、患者さんの移動や入浴を身体的にサポートすることがあります。これは、自分の強みとして捉えていいと考えています。 以前、歩けないと思われていた患者さんが、私と一緒にトイレまで歩けたことがありました。また、終末期の患者さんが「お風呂に入りたい」と言ったとき、スタッフと協力して入浴の介助にあたったこともあります。どちらのケースも、患者さん、ご家族ともに非常に喜んでくださって、やりがいを感じました。

もう一つ、臨床検査技師やヘルパーから医師に意見することがとても大変だと、身をもって実感していることも、診療に生きています。医療は、医師だけでは回りません。医師が横柄な態度をとっていては周囲が声を掛けにくく、チーム医療が成り立たないと思います。 私は、気軽に声をかけてもらえる医師になりたいので、なるべく自分からコミュニケーションを取るようにして、意見を言いやすい雰囲気をつくるように心掛けています。看護のことは看護師さんが、介護のことはヘルパーさんが一番よく知っているので、私がわからないことはしっかり聞くようにしています。元臨床検査技師、元ヘルパーだったことを伝えると、心理的な垣根が取れるのか、皆さんとても応援してくださいますね。

独居、胃ろう、生活保護──行き場のない多くの高齢者たち

──医師として働く中で、何か課題は感じていますか?

行き場のない高齢者が非常に多いことに、医師になってから気づきました。高齢者施設でも看取りはしない、胃ろうのある方や生活保護を受けている方は入所を断る、といった話をよく聞きます。独居の高齢者は、退院しても自宅では暮らせない、家族がいないために施設入所も難しいというケースが少なくありません。このように、施設側が入所者を選んでいることを、知らなかったのです。 私が以前働いていた介護施設は、生活保護の方もいましたし、胃ろうがあっても、認知症が重くても、特に問題になりませんでした。そういう施設に協力する医師になるつもりですが、そもそも、そうした施設がかなり少ないことに課題を感じています。

一方で、ヘルパー時代には高齢者医療のあり方に問題意識を持っていましたが、当時から10年弱がたち、状況はずいぶん改善したと感じています。疾患ばかり診て患者全体を診ないような医師は、少なくなったのではないでしょうか。医学部教育が変わったのか、ここ数年、在宅医療が盛り上がっているためかはわかりませんが、高齢者医療に対する医師の認識はよい方向に変化していると思います。

従来の価値観に とらわれない働き方をしたい先生へ

先生の「やりたい」を叶えるためには、従来の働き方のままでは難しいとお悩みではありませんか。

  • 医師業と、自分のやりたいことを兼業したい
  • 病院・クリニック以外で医師免許を生かして働きたい

もし上記のようなお考えをお持ちでしたら、エムスリーキャリアのコンサルタントにご相談ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連記事

  • 事例

    「深刻な問題だ」救急科新設した30代医師の挑戦―柴崎俊一氏

    医学生時代から、いずれ茨城県内の医療過疎地に貢献したいと考えていた柴崎俊一先生。医師8年目で1人、ひたちなか総合病院に飛び込み、救急・総合内科を新設します。診療科を新設し、病院内外に根付かせるにはさまざまな苦労がありますが、どのように取り組まれたのでしょうか。

  • 事例

    不公平?2児の女性医師が抱える家庭事情

    最近では当たり前になりつつある、夫婦共働き。千葉大学病院脳神経内科准教授の三澤園子先生は出産のタイミングに悩み、34歳、40歳で2児を出産。今も仕事と家庭の両立方法を探り続けています。後編では出産・育児にまつわるエピソードと、共働き夫婦でキャリアアップするための秘訣を聞きました。

  • 事例

    LGBTQs当事者の医師がカミングアウトした理由―吉田絵理子氏

    川崎協同病院(神奈川県川崎市)総合診療科科長の吉田絵理子先生は、臨床医の傍ら、LGBTQs当事者として精力的に活動しています。不安を抱えながらもカミングアウトをし、LGBTQs当事者の活動を続ける背景には、ある強い想いがありました。

  • 事例

    准教授のママ医が、常勤にこだわる理由

    最近では当たり前になりつつある、夫婦共働き。特に医師は、仕事の頑張り時と出産・育児の時期が重なりがちです。医師23年目の三澤園子先生は、仕事と家庭の両立に悩みながらもフルタイム勤務を続け、現在は千葉大学病院脳神経内科の准教授と2児の母、2つの顔を持ちます。前編では、三澤先生のキャリアについて伺いました。

  • 事例

    院長のラブコール「帰ってこい」Uターン医師の新たな挑戦―光田栄子氏

    お看取りのあり方に課題を感じ、介護士から医師に転身した光田栄子先生。諏訪中央病院を経て、現在、岡山市内のベッドタウンにある有床診療所「かとう内科並木通り診療所」に勤めています。地元にUターンした光田先生がこれから取り組んでいきたいことについて、お話を伺いました。

  • 事例

    「診療科の隙間を埋める」院長の挑戦とは―中山明子氏

    大津ファミリークリニック(滋賀県大津市)院長の中山明子先生。外来、訪問診療をしながら、家庭医として、相談先を見つけにくい思春期の子どもや女性のケアに力を入れています。

  • 事例

    最期まで自分らしく生きる「緩和ケア」を文化に―田上恵太氏

    最期までその人らしく生きるためには、病気や人生の最終段階に生じるつらさを軽減する緩和ケアの普及が必要だと感じた田上恵太(たがみ・けいた)先生。現在は東北大学病院緩和医療科で「緩和ケアを文化に」することを目標に、臨床・研究・社会活動の3点を軸に取り組みを進めています。

  • 事例

    1年限定のつもりが…在宅診療所で院長を続ける理由―細田亮氏

    千葉県鎌ケ谷市にある「くぬぎ山ファミリークリニック」の院長・細田亮(ほそだ・とおる)先生は、2015年、1年間限定のつもりで同クリニックの院長を引き受けました。ところが、院長のまま6年目を迎え、現在はクリニックの新築移転も計画中です。今もなお院長を続ける理由とは――?

  • 事例

    「自分が理想とする糖尿病診療を追い求めて」開業へ

    小児糖尿病の宣告を受けるも、「糖尿病だってなんでもできる」という医師の言葉をお守りに自らも医師を志すことを決意した南昌江内科クリニック(福岡市)の院長、南昌江先生。現在の糖尿病専門科医院を経営するようになった軌跡を伺います。

  • 事例

    小児糖尿病にならなければ、医師の私はいない

    福岡市にある糖尿病専門科医院、南昌江内科クリニックの院長・南昌江先生は、ご自身が中学2年生の際に小児糖尿病を宣告された身の上です。病気を発症した前編に続き、今回は医療への水差し案内人となった医師との出逢いや転機となった出来事について伺います。

  • 人気記事ランキング