1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 医療の情報格差を「漫画」で補う―医師と2足のわらじvol.5(前編)
事例

医療の情報格差を「漫画」で補う―医師と2足のわらじvol.5(前編)

2018年12月26日


内視鏡のエキスパートとして複数の医療機関で働きながら、特技の漫画を駆使して一般の方に正しい医療情報をわかりやすく伝えている近藤慎太郎先生。前編では、漫画家になる夢を持ちながら医学の道に進んだ経緯などについて伺いました。(取材日:2018年11月8日)

夢は漫画家だが、医師にも魅力を感じた

-ご自身で描いた漫画を用いて医療情報を伝える著書が評判を呼んでいる近藤慎太郎先生。現在、医師そして漫画家としてご活躍されていますが、幼い頃になりたかった職業とは。

小学生のころから漫画家になりたいと思っていました。中学・高校時代にはSF漫画を描いて、週刊少年ジャンプと月刊少年ジャンプ(当時)が主催する手塚賞に3回くらい投稿しました。当時の作品はいろんな漫画の寄せ集めだったので、今思えば通るわけがなかったと思います。

-漫画家になる夢を持ちながらも、医学部に進んだのはなぜですか。

漫画家になりたい一方で、医師という職業にも同じくらい興味があったんです。というのも、医師志望だった父にその道を勧められていたこと、叔父が医師として働いていたからです。
漫画を投稿しても編集部から連絡が来るわけではないし、漫画家は夢であっても自分の職業として現実的ではないことはわかっていました。高校時代に、父の友人から「医者は2回人生を生きられる」、「医者になれば後から自分がやりたいこともできるよ」と言われたことにも影響を受けていますね。何より、産まれてから死ぬときまで、常に誰かから必要とされる魅力的な仕事だと感じていました。

-中・高時代同様、大学時代も漫画を描いていたのでしょうか。

部活、アルバイト、ボランティアなどで忙しかったこともあって、大学時代はほとんど描いていませんでした。けれども、いずれプロの漫画家になりたいという夢は持ち続けていたし、漫画のアイデアを思いついたらメモしていましたね。当時は「今は部屋にこもって漫画を描くよりも、いろんな経験を積む時期だ」と思っていたこともあります。仮に漫画家になれても、社会のことを知らなければ続かないとも考えていました。

1998年に北海道大学を卒業後、東京の日本赤十字医療センターで研修医、勤務医としてお世話になりました。消化器内科を選んだのは、叔父がその科目だった影響もあったかもしれません。もともと内視鏡が好きだったこと、消化器内科として止血ができないと不安だと思ったこともあり、研修医のころから「内視鏡のスペシャリスト」を目指そうと思っていました。その後、視野を広げるために2002年に東京大学の大学院に入って研さんを積みました。それと同時に、漫画を描くことを再開したのです。

難しい医療の話をわかりやすく伝えるには


―なぜでしょうか。

漫画家を目指すのであれば、何かしら行動しないと年齢的にもそろそろ厳しいと思ったからです。いろいろ忙しかったのですが、研修医ほど拘束されませんし、時間をつくって漫画を描くことを自分に課しました。出版社に持ち込みをするようになったのは、30代後半のとき。今とは違って、SFやミステリーを描いては小学館の「ビッグコミック」や「ビッグコミックオリジナル」の方に読んでもらっていました。掲載には至りませんでしたが、編集者に「描き続けてください」と言われて、少し自信も出てきましたね。
「片手間で医療をしている」と思われたくなかったので、職場では漫画を描いていることは一切話さなかったですね。漫画家としてデビューできたとしても、好きでやってきた医師という仕事を辞めるという選択肢はありませんでした。

-SF・ミステリーから離れて、現在のような医療系漫画を描き始めた経緯を教えてください。

医師と漫画家を両立させる方法を考えたとき、最初の第一歩として「漫画で医療の話を描くこと」が一番スムーズかつ無理がないと思ったためです。
わたしは昔から「わかりにくい話」が大嫌いなんです。高校時代は授業がつまらなくて、最後まで話をきちんと聞くことができなかった。ところが、浪人時代に駿台予備校で秋山仁先生のようなカリスマ講師に習うと、面白い話は聞くことができ、理解できることに気付きました。それ以来、わたしにとって「わかりやすく説明すること」がすごく大切なことになっているんです。
医療の説明は、患者さんにきちんとわかってもらえなければ意味がありません。医師として一般の方に接するたびに、医療の情報格差がとても大きいことに問題意識を持ち、「漫画を使えば、難しい医療の話もわかりやすく説明できるのではないか」と考えるようになりました。もともと持っていた漫画を描きたいという気持ちに、このような問題意識が重なって、今のスタイルができたのです。ちなみに、SF・ミステリー時代とは絵柄も違います。今は余白を多くして学習マンガ的なテイストも入れた、わかりやすさ優先の絵柄にしています。

―医療系漫画を描き始めてから、何か変化はありましたか。

まず、勤務医からフリーランスになったこと。いろいろな所から「来てくれないか」というお話はいただいたのですが、漫画や文章を書くためには、どうしても時間的な余裕が必要で――。会議が長引いたり夜中に呼び出されたりすると、執筆の時間が取れません。一生フリーランスでやっていくかどうかはわかりませんが、「医師・漫画家」という2足のわらじのスタイルを確立するまでは、フリーランスでやっていこうと思ったんです。

近藤 慎太郎
内視鏡専門医 / 漫画家

1972年、東京都生まれ。北海道大学医学部、東京大学医学部医学系大学院卒業。山王メディカルセンター内視鏡室長、クリントエグゼクリニック院長などを経て、2016年からフリーランスに。年間2000件以上の内視鏡検査・治療を手がける。著書に『がんで助かる人、助からない人』(旬報社)、『医者がマンガで教える 日本一まっとうながん検診の受け方、使い方』(日経BP社)がある。

従来の価値観に とらわれない働き方をしたい先生へ

先生の「やりたい」を叶えるためには、従来の働き方のままでは難しいとお悩みではありませんか。

  • 医師業と、自分のやりたいことを兼業したい
  • 病院・クリニック以外で医師免許を生かして働きたい

もし上記のようなお考えをお持ちでしたら、エムスリーキャリアのコンサルタントにご相談ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    オリンピック出場を目指す研修医の思い―医師と2足のわらじvol.19(後編)

    初期研修医と世界クラスの山岳ランナーという二つの顔を持つ髙村貴子先生。今シーズンからは山岳スキーも始め、年間を通じて山を駆ける髙村先生は、将来にどんなビジョンを描いているのでしょうか。医師として、山岳ランナーとして目指している場所を伺いました。

  • 事例

    研修病院決定の決め手は「そこに山があったから」―医師と2足のわらじvol.19(中編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    国試の前は地獄…山岳ランナーと医学生の両立―医師と2足のわらじvol.19(前編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    エンジニア、研究者を経て“ゴール志向じゃない自分“を肯定―医師と2足のわらじvol.18(後編)

    医学部を卒業後、ゲノム研究者とエンジニアを両立する日々を送っていた鈴木晋氏。「臨床がわからないと研究も深まらない」と考え、スキップしていた初期臨床研修を受けようと決意しました。その後、大学院でのプログラミングを用いた医学研究を経て、「治療アプリ」を研究・開発する株式会社CureAppの創業メンバーに。現在は、臨床を続けながら、同社の最高開発責任者(CDO)として開発全般を指揮しています。実は少し前まで、“ゴール志向”でない自身のキャリア観を肯定できずにいたとか。CDOとして働く現在は、どのように捉えているのでしょうか。

  • 事例

    保険適用アプリ開発までに模索した、医師兼エンジニアの道―医師と2足のわらじvol.18(前編)

    病気を治療するアプリ”の保険適用に向け、日本で治験が進められていることをご存知ですか?「治療アプリ」の研究開発を行う株式会社CureAppで、最高開発責任者(CDO)としてアプリ開発を牽引するのは、現在も臨床を続ける医師であり、エンジニアでもある鈴木晋氏です。独学でプログラミングを始めたのは、医学部在学中。その後、エンジニアとしての腕を磨きつつ、ゲノム研究者としての道を歩み始めました。鈴木氏はそのユニークなキャリアをどのように模索し、治療アプリの開発にたどり着いたのでしょうか?

  • 事例

    「外科医に未練なし」バーテン医師の決意―医師と2足のわらじvol.17(後編)

    外科医兼バーテンダーの江原悠先生。医師としてのキャリア観に加えて、お店に来るお客さん、診療する患者さんに向き合う際に気を配っていることについても伺いました。

  • 事例

    30代で常勤医から離脱 バーテンダーの道へ―医師と2足のわらじvol.17(前編)

    東京都杉並区に2019年5月、「BAR Hoya」というお店がオープンしました。オーナー兼バーテンダーは、外科医でもある江原悠先生。30代で常勤医のキャリアから離れ、自分のバーを始めた経緯や、現在のワークスタイルについて伺いました。

  • 事例

    「アニサキス」も曲に メタル女医の徹底ぶり ―医師と2足のわらじvol.16(後編)

    形成外科医と医療系メタルバンドのボーカルという二足の草鞋を履くババロア先生によると、医学部とメタルには、意外な親和性があるそうです。医師とバンドマン、双方のプロとして多忙な毎日を送る先生に、今後の展望を伺いました。

  • 事例

    メタルバンド女医「人一倍頑張ってきた」―医師と2足のわらじvol.16(前編)

    形成外科医であるババロア先生のもう一つの顔は、医療系メタルバンド「Anatomy」のボーカリスト。3月にリリースしたミニアルバムが、発売週にディスクユニオンヘヴィメタルチャートで1位を獲得するなど、バンドの注目度も上がっています。医師兼バンドマンというユニークなキャリアを歩み始めたババロア先生に、医師を志したきっかけやバンド活動への思いを伺いました。

  • 事例

    視点の“ズレ”はむしろアドバンテージ―医師と二足のわらじvol.15(後編)

    産業医・スポーツドクターとして活動する傍ら、テニスプレーヤーとしてもトップを目指し研鑽を重ねている岩井勇策先生。先生が自分自身に実践している“整形外科的集学的治療”とは、一体どのようなものなのでしょうか。医療とテニス、どちらにも全力で向き合う原動力を教えてくれました。

  • 人気記事ランキング