1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 「減酒でもいい」 その考えを広めたい―私の専門外来Vol.4~減酒外来(後編)
事例

「減酒でもいい」 その考えを広めたい―私の専門外来Vol.4~減酒外来(後編)

2018年12月21日

2017年5月に国立病院機構 久里浜医療センターに新設された「減酒外来」。その名の通り、お酒を減らす治療方針で患者さんを診る外来です。後編では、立ち上げ時に苦労したこと、具体的な治療内容、今後の展望などについて、外来担当の湯本洋介先生にお話を伺いました。(取材日:2018年12月7日)

治療方針は患者自身の意思を尊重

――減酒外来の具体的な患者層について教えてください。

アルコール依存症には至っていなくてもアルコールに関する問題を抱えていたり、実際に問題を起こしていたりする方が約8割、アルコール依存症の方が約2割いらっしゃいます。

性別でみると男性が圧倒的に多く、この1年で男性が81人、女性が11人受診しています。年齢層としては男性の平均が48.6歳で、男女とも40代がほとんど。いわゆる、働き盛りの年代ですね。数としては男性のほうが断然有病率が高いのがこの病気の特徴でもあります。
アルコール依存症の方は、休職中だったり、無職だったりする方が約3割という統計が出ていますが、減酒外来に訪れる方は、ほとんどみなさん仕事を持っています。アルコール依存症の方は家族に連れられて不本意に来院するのに対して、減酒外来に来る方は、ほとんどお一人です。ご自身で問題意識を持って来る方が多い印象ですね。受診動機で最も多いのが、ブラックアウトといって記憶をなくしてしまうこと。これが頻繁に起こることを自覚して、心配になって訪れるのです。

――具体的な診療内容はどのようなものですか。

まず、診断をつけるところから始まります。アルコール依存症の基準としてはICD10というものがあります(下図参照)。これが6項目のうち3項目該当すれば、アルコール依存症と診断しています。

依存症か依存症未満かを判定して、依存症の方には「最終的に断酒に持っていきましょうね」と話します。それから、目標立てをします。お酒をどうやって減らしたいか、お酒の量をどれくらいにしたいか、飲む頻度・休肝日をどれくらい作るかといった、いわば“減酒計画”を立てるところからスタートします。従来は目標を「断酒」に決めていましたが、減酒外来ではご本人の意志に重きを置きます。
次に、その目標を実行に移す意識変革のために、日記をつけてもらっています。いつ、どれくらい飲んだか、レコーディング方式で記録をつけていくだけでも減酒効果はあります。日々の酒量を客観的にチェックすることが大切なのです。
ただ、どうやってお酒を減らしたらいいかピンとこない方もいますので、お酒の減らし方を書いたリストも配布して説明しています。そのリストの中から、一つ、二つからでもいいので取り入れられそうなことをやっていきましょうと勧めています。そのうえで、2ヶ月に1度くらい来院していただき、飲酒記録をもとに、飲み過ぎにブレーキをかけているのです。(下記参照:実際に配られているシート)

「減酒でもいい」という考えを広げたい

――外来を立ち上げてまだ1年ほどですが、苦労したことはありますか。

アルコール科では、「断酒しかない」というメッセージを込めながら患者さんと向き合うのが当たり前でした。しかし、減酒外来は「減らしてもいい」という今までとは違った治療方法なので、わたしたちの許容度も広げる必要がありました。まず、自分の中での折り合いをつけることが最初の問題でしたね。
ご家族は断酒を望んでいても患者さん本人が減酒を望んでいる、というように、家族内で目的が異なる場合の調整に苦慮することがあります。最終的にはご本人が希望する方向にご家族も変わっていくので、ご本人の意向を尊重しましょうと提案しています。ただ、どんな方にとってもお酒を止めることが健康度としては一番高いので、断酒を目標としながらやっていきましょうという方向になります。「一番いいのは断酒」というメッセージを伝え続けるのがいいと思っています。

――収益面ではいかがでしょうか。

アルコール科も初診と通院両方で行い、特に初診は時間をかけて行っています。減酒外来でも、その方法に変わりはありません。再診や2回目以降の診療も、アルコール科の外来継続治療と変わらないので、負担が増えるものではないと感じています。
もともとのアルコール科への受診数は変わっていませんが、減酒外来を受診する方が増えた分、トータルの来院者数は増えています。今まで病院にかからなかったアルコール依存症未満の方たちが来院することで、減酒外来は収益性を上げるひとつの役割を担えているのではないかと考えています。断酒ができなかった人も「減酒ならできるかもしれない」と来院するようになり、患者さんに対する門戸が広がったように感じています。

――減酒外来の今後の展望をお聞かせください。

「減酒でもいい」というコンセプトが広がればいいと思っています。他の医療機関ではあえて「減酒」と銘打っている外来はありませんが、ニーズはあるはずです。
この考え方が当センターから広まっていって、お酒に対する問題を感じたら、気軽に「病院に相談にいってみようかな」という空気や風潮が自然とできればいいですね。「アルコール問題でも医療機関にかかりやすいんだ」というイメージを持っていただけると、うれしいです。

――最後に、新しい分野の外来を立ち上げたいと考えている医師へのメッセージをお願いします。

立ち上げの話を聞いたとき、批判を受けるのではないか、と思いました。今まで断酒のサポートを求めて来院した方たちにとっては、肩すかしをくらったように捉えられるのではないかと感じたのです。今でも「減酒なんてあり得ない」という声もありますが、「お酒を減らしたいな」という軽いレベルの方たちが一定数いるのも事実。実際に、アルコール起因の事故や怪我などの問題も起きているわけですから、その方たちに介入できるのは社会的にも意味があると思います。
何事も新しく立ち上げるのは賛否があって、批判もあります。けれども、今まで誰にも相談できなかった、医療機関に踏み出せなかったという人たちの救済に、確実につながると思っています。わたし自身、「減酒外来」を担当するようになってみて、今までとは違ったタイプの方たちに会えたり、アプローチ方法を考えたりできています。そんなところに面白さとやりがいを感じています。

従来の価値観に とらわれない働き方をしたい先生へ

先生の「やりたい」を叶えるためには、従来の働き方のままでは難しいとお悩みではありませんか。

  • 医師業と、自分のやりたいことを兼業したい
  • 病院・クリニック以外で医師免許を生かして働きたい

もし上記のようなお考えをお持ちでしたら、エムスリーキャリアのコンサルタントにご相談ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    ウガンダ勤務を経て医師になり、ベンチャー企業に入社したわけ―谷川朋幸氏・後編

    アフリカでの難民支援NGO、東証一部上場企業勤務を経て、医師になった谷川朋幸氏。公衆衛生、国際保健への関心から、聖路加国際病院公衆衛生大学院に進みました。現在は、自宅で治療ガイダンスを受けられる「治療アプリ」を研究・開発する株式会社CureApp の最高医療責任者(CMO)として、治験や薬事申請などを進めています。多彩なキャリアを築く谷川氏が、自身の道を選択する上で重視してきたことは何でしょうか。

  • 事例

    日本初の“治療アプリ”を目指す最高医療責任者の異色キャリア―谷川朋幸氏・前編

    日本初となる“治療するアプリ”の薬事承認・保険適用を目指している株式会社CureApp。最高医療責任者(CMO)として、治験や薬事申請などを進めるのは、医師である谷川朋幸氏です。東京大学法学部を卒業後、アフリカでの難民支援NGO、東証一部上場企業経営企画スタッフを経て、呼吸器内科医になった異色の経歴を持っています。どのようなキャリアを描き、医師になったのでしょうか。

  • 事例

    検疫所長が教える、検疫所で働く医師の働き方やキャリアパスとは?(後編)

    国内に常在しない感染症の病原体が海外から持ち込まれることを阻止するために、検疫所で働いている医師がいます。那覇検疫所で所長を務める垣本和宏氏に、検疫所の医師のキャリアパスや働き方、検疫所から見た日本の医療の課題について聞きました。

  • 事例

    50歳を超えた医師が選んだ職場は、エキサイティングな“検疫所”(前編)

    東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催される2020年。国は訪日外国人数の目標に、2015年の倍に値する4000万人を掲げています。訪日客の急増に伴い、高まっているのは、国内に常在しない感染症の病原体が海外から持ち込まれるリスクです。重大な感染症の流入を水際で阻止するために、全国の空港や港にある検疫所で、医師が働いていることをご存じですか。

  • 事例

    刑務所で働く医師、待遇は?―岩田要氏・vol.3

    大学の基礎研究者から、矯正医官にキャリアチェンジした岩田要先生。最終回の今回は、気になる待遇ややりがいなどについてお聞きしました。

  • 事例

    患者は受刑者たち。危険はないのか?―岩田要氏・vol.2

    大学の基礎研究者から、矯正医官にキャリアチェンジした岩田要先生。矯正医官になるまでの経緯をまとめた前編に続き、今回は矯正医官の仕事の実際について伺いました。

  • 事例

    EXILEきっかけで刑務所の医師に―岩田要氏・vol.1

    刑務所や少年院などの矯正施設で医療を行う「矯正医官」。その業務については、表立って報道されることがほとんどないため、ご存知の方はごくわずかではないでしょうか。『知られざるニッチキャリアの世界vol.1』では、この矯正医官をご紹介します。お話をうかがったのは、全国に8つある矯正管区のうち、東京管区で矯正医官を務める岩田要先生です。大学でがんの基礎研究をしていた岩田先生が、なぜ矯正医官という新たな道を選んだのか。矯正医官の仕事とはどのようなものなのか。待遇ややりがいはどうなのか、等々。その実態に迫ります。

  • 事例

    断酒ではなく「減酒」という選択肢を―私の専門外来Vol.4~減酒外来(前編)

    臨床精神医学、アルコール依存症を専門とする湯本洋介先生が、国立病院機構 久里浜医療センターに赴任したのは2014年4月のこと。アルコール依存症の患者さんに寄り添い、回復に尽力されてきた湯本先生は、2017年5月、同センターに新設された「減酒外来」の担当に抜擢されます。前編では、外来立ち上げの経緯やアルコール科との違いについてお話を伺いました。

  • 事例

    予約が取れない「ネット依存外来」の実情―私の専門外来Vol.3~ネット依存外来

    2011年7月、日本初の「ネット依存治療専門外来」(以下、ネット依存外来)を開設した(独)国立病院機構久里浜医療センター(神奈川県横須賀市)。立ち上げの中心となったのは、同センター院長の樋口進先生です。ネット依存外来を始めた経緯や、実際の診療内容などについて語っていただきました。

  • 事例

    一般患者と何が違う?バレエ外来が目指すもの―私の専門外来Vol.2バレエ外来(後編)

    1994年より国内初となるバレエダンサーを対象とした専門外来を開設した、東京・上野にある永寿総合病院・整形外科。その歩みを紹介した前編に続き、後編では、バレエダンサーを対象にした診療の特徴や今後の展望について、現在同外来を担当している平石英一医師に聞きました。

  • 人気記事ランキング