1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 「減酒でもいい」 その考えを広めたい ―私の専門外来Vol.4~減酒外来(後編)
事例

「減酒でもいい」 その考えを広めたい ―私の専門外来Vol.4~減酒外来(後編)

2018年12月21日

2017年5月に国立病院機構 久里浜医療センターに新設された「減酒外来」。その名の通り、お酒を減らす治療方針で患者さんを診る外来です。後編では、立ち上げ時に苦労したこと、具体的な治療内容、今後の展望などについて、外来担当の湯本洋介先生にお話を伺いました。(取材日:2018年12月7日)

治療方針は患者自身の意思を尊重

――減酒外来の具体的な患者層について教えてください。

アルコール依存症には至っていなくてもアルコールに関する問題を抱えていたり、実際に問題を起こしていたりする方が約8割、アルコール依存症の方が約2割いらっしゃいます。

性別でみると男性が圧倒的に多く、この1年で男性が81人、女性が11人受診しています。年齢層としては男性の平均が48.6歳で、男女とも40代がほとんど。いわゆる、働き盛りの年代ですね。数としては男性のほうが断然有病率が高いのがこの病気の特徴でもあります。
アルコール依存症の方は、休職中だったり、無職だったりする方が約3割という統計が出ていますが、減酒外来に訪れる方は、ほとんどみなさん仕事を持っています。アルコール依存症の方は家族に連れられて不本意に来院するのに対して、減酒外来に来る方は、ほとんどお一人です。ご自身で問題意識を持って来る方が多い印象ですね。受診動機で最も多いのが、ブラックアウトといって記憶をなくしてしまうこと。これが頻繁に起こることを自覚して、心配になって訪れるのです。

――具体的な診療内容はどのようなものですか。

まず、診断をつけるところから始まります。アルコール依存症の基準としてはICD10というものがあります(下図参照)。これが6項目のうち3項目該当すれば、アルコール依存症と診断しています。

依存症か依存症未満かを判定して、依存症の方には「最終的に断酒に持っていきましょうね」と話します。それから、目標立てをします。お酒をどうやって減らしたいか、お酒の量をどれくらいにしたいか、飲む頻度・休肝日をどれくらい作るかといった、いわば“減酒計画”を立てるところからスタートします。従来は目標を「断酒」に決めていましたが、減酒外来ではご本人の意志に重きを置きます。
次に、その目標を実行に移す意識変革のために、日記をつけてもらっています。いつ、どれくらい飲んだか、レコーディング方式で記録をつけていくだけでも減酒効果はあります。日々の酒量を客観的にチェックすることが大切なのです。
ただ、どうやってお酒を減らしたらいいかピンとこない方もいますので、お酒の減らし方を書いたリストも配布して説明しています。そのリストの中から、一つ、二つからでもいいので取り入れられそうなことをやっていきましょうと勧めています。そのうえで、2ヶ月に1度くらい来院していただき、飲酒記録をもとに、飲み過ぎにブレーキをかけているのです。(下記参照:実際に配られているシート)

「減酒でもいい」という考えを広げたい

――外来を立ち上げてまだ1年ほどですが、苦労したことはありますか。

アルコール科では、「断酒しかない」というメッセージを込めながら患者さんと向き合うのが当たり前でした。しかし、減酒外来は「減らしてもいい」という今までとは違った治療方法なので、わたしたちの許容度も広げる必要がありました。まず、自分の中での折り合いをつけることが最初の問題でしたね。
ご家族は断酒を望んでいても患者さん本人が減酒を望んでいる、というように、家族内で目的が異なる場合の調整に苦慮することがあります。最終的にはご本人が希望する方向にご家族も変わっていくので、ご本人の意向を尊重しましょうと提案しています。ただ、どんな方にとってもお酒を止めることが健康度としては一番高いので、断酒を目標としながらやっていきましょうという方向になります。「一番いいのは断酒」というメッセージを伝え続けるのがいいと思っています。

――収益面ではいかがでしょうか。

アルコール科も初診と通院両方で行い、特に初診は時間をかけて行っています。減酒外来でも、その方法に変わりはありません。再診や2回目以降の診療も、アルコール科の外来継続治療と変わらないので、負担が増えるものではないと感じています。
もともとのアルコール科への受診数は変わっていませんが、減酒外来を受診する方が増えた分、トータルの来院者数は増えています。今まで病院にかからなかったアルコール依存症未満の方たちが来院することで、減酒外来は収益性を上げるひとつの役割を担えているのではないかと考えています。断酒ができなかった人も「減酒ならできるかもしれない」と来院するようになり、患者さんに対する門戸が広がったように感じています。

――減酒外来の今後の展望をお聞かせください。

「減酒でもいい」というコンセプトが広がればいいと思っています。他の医療機関ではあえて「減酒」と銘打っている外来はありませんが、ニーズはあるはずです。
この考え方が当センターから広まっていって、お酒に対する問題を感じたら、気軽に「病院に相談にいってみようかな」という空気や風潮が自然とできればいいですね。「アルコール問題でも医療機関にかかりやすいんだ」というイメージを持っていただけると、うれしいです。

――最後に、新しい分野の外来を立ち上げたいと考えている医師へのメッセージをお願いします。

立ち上げの話を聞いたとき、批判を受けるのではないか、と思いました。今まで断酒のサポートを求めて来院した方たちにとっては、肩すかしをくらったように捉えられるのではないかと感じたのです。今でも「減酒なんてあり得ない」という声もありますが、「お酒を減らしたいな」という軽いレベルの方たちが一定数いるのも事実。実際に、アルコール起因の事故や怪我などの問題も起きているわけですから、その方たちに介入できるのは社会的にも意味があると思います。
何事も新しく立ち上げるのは賛否があって、批判もあります。けれども、今まで誰にも相談できなかった、医療機関に踏み出せなかったという人たちの救済に、確実につながると思っています。わたし自身、「減酒外来」を担当するようになってみて、今までとは違ったタイプの方たちに会えたり、アプローチ方法を考えたりできています。そんなところに面白さとやりがいを感じています。

従来の価値観に とらわれない働き方をしたい先生へ

先生の「やりたい」を叶えるためには、従来の働き方のままでは難しいとお悩みではありませんか。

  • 医師業と、自分のやりたいことを兼業したい
  • 病院・クリニック以外で医師免許を生かして働きたい

もし上記のようなお考えをお持ちでしたら、エムスリーキャリアのコンサルタントにご相談ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    オリンピック出場を目指す研修医の思い―医師と2足のわらじvol.19(後編)

    初期研修医と世界クラスの山岳ランナーという二つの顔を持つ髙村貴子先生。今シーズンからは山岳スキーも始め、年間を通じて山を駆ける髙村先生は、将来にどんなビジョンを描いているのでしょうか。医師として、山岳ランナーとして目指している場所を伺いました。

  • 事例

    研修病院決定の決め手は「そこに山があったから」―医師と2足のわらじvol.19(中編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    国試の前は地獄…山岳ランナーと医学生の両立―医師と2足のわらじvol.19(前編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    医師の夢“ちょっと医学に詳しい近所のおばさん”――吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・後編

    医師としてフルタイムで働きつつ、地域での社会活動にも尽力している吉住氏。「幅広い世代が集まる場所」をつくろうと、奮闘しています。なぜ、忙しい時間を縫って社会活動をするのか。どのような医師を目指しているのかを伺いました。

  • 事例

    元ヘルパー医師が考える、引き算の医療―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・中編

    臨床検査技師や介護ヘルパーを経て、呼吸器内科医となった吉住直子氏。研修先や診療科を選ぶ際は、常に「理想的な高齢者医療」を念頭においていました。実際に診療を始めると、前職の経験がプラスに作用することがあるとか。また、以前は見えなかった新しい課題も浮き彫りになってきたと語ります。

  • 事例

    2つの職を経た女医が、介護にこだわる理由―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・前編

    「ちょっと医学に詳しい近所のおばさんを目指している」と朗らかに話すのは、医師の吉住直子氏です。医学部に入るまでは、臨床検査技師や介護ヘルパーの仕事をしていて、介護現場に立つうちに医師になろうと決意しました。どのような思いで、医師というキャリアを選んだのでしょうか。インタビューを3回に分けてお届けします。

  • 事例

    不治の病を抱えながら、クリニックの院長へ ―病とキャリアvol.7(後編)

    40代でパーキンソン病を発症し、50歳で医師として働くことを辞めた橋爪鈴男先生。後編では、再び医療の世界に戻った時のエピソードと、病を抱えるようになって変化したことを語っていただきました。(取材日:2020年2月20日 ※インタビューは、資料や文書による回答も交えた形式で実施しました)

  • 事例

    「もう死にたい」動けない医師が光を見出すまで ―病とキャリアvol.7(中編)

    皮膚科医として、順調なキャリアを築いてきた橋爪鈴男先生。しかし、40代でパーキンソン病を発症した後、大学病院を辞すことを決意します。中編では、絶望を救った一つの言葉と仲間の支え、そして新たな治療を経て見つけた生き甲斐についてお話をうかがいました。

  • 事例

    40代でパーキンソン病「医師を続けられない」 ―病とキャリアvol.7(前編)

    順風満帆な生活から一転、晴天の霹靂のごとく襲いかかった難病──。橋爪鈴男先生は、40代でパーキンソン病を発症し、大学病院の助教授(当時)の職を辞すことを決意します。身体機能が衰えていく自分の姿に苦悩し、自殺を考えたこともあったそうです。しかし、生きる意味を見出し、再び医師として復帰するに至りました。前編では、突然の発症から大学病院の辞職を決意するまでのエピソードをお聞きしました。

  • 事例

    エンジニア、研究者を経て“ゴール志向じゃない自分“を肯定―医師と2足のわらじvol.18(後編)

    医学部を卒業後、ゲノム研究者とエンジニアを両立する日々を送っていた鈴木晋氏。「臨床がわからないと研究も深まらない」と考え、スキップしていた初期臨床研修を受けようと決意しました。その後、大学院でのプログラミングを用いた医学研究を経て、「治療アプリ」を研究・開発する株式会社CureAppの創業メンバーに。現在は、臨床を続けながら、同社の最高開発責任者(CDO)として開発全般を指揮しています。実は少し前まで、“ゴール志向”でない自身のキャリア観を肯定できずにいたとか。CDOとして働く現在は、どのように捉えているのでしょうか。

  • 人気記事ランキング