1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 断酒ではなく「減酒」という選択肢を―私の専門外来Vol.4~減酒外来(前編)
事例

断酒ではなく「減酒」という選択肢を―私の専門外来Vol.4~減酒外来(前編)

2018年12月21日

臨床精神医学、アルコール依存症を専門とする湯本洋介先生が、国立病院機構 久里浜医療センターに赴任したのは2014年4月のこと。アルコール依存症の患者さんに寄り添い、回復に尽力されてきた湯本先生は、2017年5月、同センターに新設された「減酒外来」の担当に抜擢されます。前編では、外来立ち上げの経緯やアルコール科との違いについてお話を伺いました。(取材日:2018年12月7日)

アルコールで悩む方に、受診しやすい環境作りを

――長い間、アルコール依存症の治療にあたってきた久里浜医療センターで「減酒外来」を開設された理由について教えてください。

「減酒外来」を開設した理由は、大きく3つあります。

一つは、飲酒について問題を抱えていることはわかっていても、医療機関にかかることのできない方の抵抗感を減らせるのではないか、と考えたためです。簡単に言えば、受診しやすい環境を作るということですね。

二つ目の理由としては、アルコールで問題を起こす方たちの相談先を作るためです。
もともとあったアルコール科は、アルコール依存症の方を対象に治療が行われますから、最終的な目標は断酒になります。一方で、依存症には至らずともアルコールで問題を起こしてしまう――いわば依存症未満の方もたくさんいます。お酒によって体の健康を害してしまうというように、フィジカル面の影響はあるけれども、依存症の特徴的症状はない。また、酔っ払って家族に暴言を吐いたり暴力を振るったり、飲酒運転をしてしまうなど、危険な飲み方をしてしまう方たちです。こういった依存症未満の方たちの相談先は、今までありませんでした。
依存症でなければ、お酒の量を減らすことは意味のあることで、トラブルも未然に防ぐことができます。実は、日本におけるアルコール起因の損害額は、 GDPの数%を占めると言われるくらい大きな問題です。日本はお酒に対して寛容で、何かあっても「お酒の席でのことだから」と言われて見過ごされてきた歴史があります。「減酒外来」を通して、アルコールのトラブルを抱えている方々に介入していければと思っています。

三つ目の理由は、アルコールに対する治療の幅を今まで以上に広げるためです。
アルコール依存症の方は国内におよそ107万人いると言われていますが、そのうちの6%くらいしか治療に訪れていません。多くの方は、受診していないのが現状です。その理由は、アルコール専門の病院に来ると依存症のレッテルを貼られる、「アル中」と言われる、必ず断酒させられる……といったイメージから、敬遠されてしまうためです。
従来は、受診しても断酒を受け入れない患者さんは、再診には至りませんでした。医療者側としても断酒しかあり得ないということで、お酒を止めずに減らしたいという人を排除してきてしまっていました。減酒外来を開設するにあたり、受診に対して何かしらの抵抗感がある方たちが来院しやすくなること、そして、より多くの方にアルコール依存症を克服してもらう期待も込めました。病院に来てくれた患者さんの治療の機会を逃さないためにも、いったん酒量を減らしてから断酒に向かうルートもあることを提案できるようになったことは大きいと思います。医療側もアルコールに対する考え方の幅を広げ、患者さんの受診の抵抗感をなくして、その後につなげていくことが大切ではないでしょうか。

治療の選択肢に「減酒」もある

――従来のアルコール科と減酒外来、それぞれの役割について教えてください。

アルコール科と減酒外来の境目は、お酒を減らしたいのか、アルコール依存症の治療をしたいのか――ご本人がどうしたいかということに尽きます。依存症の診断が出ている、出ていない、ということは問いません。ただ、減酒外来は予約制ですので、待てる人に限ります。現在は初診が1ヶ月待ちの状態です。アルコール科は予約制ではないので、急を要する方は、そちらを受診されたほうがいいかもしれません。

減酒外来はアルコール科とは違い、アルコール依存症未満の方の問題が軽くなったり、依存症に至らなかったりするためのサポートをするのが役割です。アルコール科は依存状態の治療、減酒外来はあくまでもお酒を減らしましょう、という考え方です。
少数ですが、依存症と言われたけれども「量を減らして飲んでいきたい」と相談に来る方もいます。そういった場合、もちろん減酒から始めますが、依存症と診断されている以上、お酒を止めることが一番安全なので、「最終的には断酒しましょうね」と伝えています。治療の途中で、減酒外来からアルコール科に変わることはありません。アルコール科は断酒が基本なので、どうしても断酒したくなければ、そこで治療が終わってしまう。それが今までの問題点でした。しかし、減酒外来を開設したことで、少しずつアルコールを減らしていくという治療の選択肢が増えました。外来を新設した目的通り、アルコールの問題を抱えた新しい患者層の救済につながっているのを実感しています。

従来の価値観に とらわれない働き方をしたい先生へ

先生の「やりたい」を叶えるためには、従来の働き方のままでは難しいとお悩みではありませんか。

  • 医師業と、自分のやりたいことを兼業したい
  • 病院・クリニック以外で医師免許を生かして働きたい

もし上記のようなお考えをお持ちでしたら、エムスリーキャリアのコンサルタントにご相談ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    オリンピック出場を目指す研修医の思い―医師と2足のわらじvol.19(後編)

    初期研修医と世界クラスの山岳ランナーという二つの顔を持つ髙村貴子先生。今シーズンからは山岳スキーも始め、年間を通じて山を駆ける髙村先生は、将来にどんなビジョンを描いているのでしょうか。医師として、山岳ランナーとして目指している場所を伺いました。

  • 事例

    研修病院決定の決め手は「そこに山があったから」―医師と2足のわらじvol.19(中編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    国試の前は地獄…山岳ランナーと医学生の両立―医師と2足のわらじvol.19(前編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    医師の夢“ちょっと医学に詳しい近所のおばさん”――吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・後編

    医師としてフルタイムで働きつつ、地域での社会活動にも尽力している吉住氏。「幅広い世代が集まる場所」をつくろうと、奮闘しています。なぜ、忙しい時間を縫って社会活動をするのか。どのような医師を目指しているのかを伺いました。

  • 事例

    元ヘルパー医師が考える、引き算の医療―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・中編

    臨床検査技師や介護ヘルパーを経て、呼吸器内科医となった吉住直子氏。研修先や診療科を選ぶ際は、常に「理想的な高齢者医療」を念頭においていました。実際に診療を始めると、前職の経験がプラスに作用することがあるとか。また、以前は見えなかった新しい課題も浮き彫りになってきたと語ります。

  • 事例

    2つの職を経た女医が、介護にこだわる理由―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・前編

    「ちょっと医学に詳しい近所のおばさんを目指している」と朗らかに話すのは、医師の吉住直子氏です。医学部に入るまでは、臨床検査技師や介護ヘルパーの仕事をしていて、介護現場に立つうちに医師になろうと決意しました。どのような思いで、医師というキャリアを選んだのでしょうか。インタビューを3回に分けてお届けします。

  • 事例

    不治の病を抱えながら、クリニックの院長へ ―病とキャリアvol.7(後編)

    40代でパーキンソン病を発症し、50歳で医師として働くことを辞めた橋爪鈴男先生。後編では、再び医療の世界に戻った時のエピソードと、病を抱えるようになって変化したことを語っていただきました。(取材日:2020年2月20日 ※インタビューは、資料や文書による回答も交えた形式で実施しました)

  • 事例

    「もう死にたい」動けない医師が光を見出すまで ―病とキャリアvol.7(中編)

    皮膚科医として、順調なキャリアを築いてきた橋爪鈴男先生。しかし、40代でパーキンソン病を発症した後、大学病院を辞すことを決意します。中編では、絶望を救った一つの言葉と仲間の支え、そして新たな治療を経て見つけた生き甲斐についてお話をうかがいました。

  • 事例

    40代でパーキンソン病「医師を続けられない」 ―病とキャリアvol.7(前編)

    順風満帆な生活から一転、晴天の霹靂のごとく襲いかかった難病──。橋爪鈴男先生は、40代でパーキンソン病を発症し、大学病院の助教授(当時)の職を辞すことを決意します。身体機能が衰えていく自分の姿に苦悩し、自殺を考えたこともあったそうです。しかし、生きる意味を見出し、再び医師として復帰するに至りました。前編では、突然の発症から大学病院の辞職を決意するまでのエピソードをお聞きしました。

  • 事例

    エンジニア、研究者を経て“ゴール志向じゃない自分“を肯定―医師と2足のわらじvol.18(後編)

    医学部を卒業後、ゲノム研究者とエンジニアを両立する日々を送っていた鈴木晋氏。「臨床がわからないと研究も深まらない」と考え、スキップしていた初期臨床研修を受けようと決意しました。その後、大学院でのプログラミングを用いた医学研究を経て、「治療アプリ」を研究・開発する株式会社CureAppの創業メンバーに。現在は、臨床を続けながら、同社の最高開発責任者(CDO)として開発全般を指揮しています。実は少し前まで、“ゴール志向”でない自身のキャリア観を肯定できずにいたとか。CDOとして働く現在は、どのように捉えているのでしょうか。

  • 人気記事ランキング