1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 刑務所で働く医師、待遇は?―知られざるニッチキャリアの世界Vol. 1(後編)
事例

刑務所で働く医師、待遇は?―知られざるニッチキャリアの世界Vol. 1(後編)

2019年1月17日


大学の基礎研究者から、矯正医官にキャリアチェンジした岩田要先生。矯正医官になるまでの経緯をまとめた前編、矯正医官の仕事の実際についてうかがった中編に続いて、最終回の今回は、気になる待遇ややりがいなどについてお聞きしました。

ルールに則れば、研究や兼業も可能

――1日の平均的なスケジュールは、どんな感じでしょうか。

朝8:30の定時に始まって、終わるのは17時。7時間45分勤務が、週5日です。朝はミーティングがあって、前日からの申し送りを聞いたり、幹部の打ち合わせがあったりします。その後、9時過ぎから11時過ぎまでが午前の診療、13時から16時ぐらいまでが午後の診療です。診療の合間を縫って、処方箋や紹介状を書いたり、医務的な決裁をしたりもします。

――矯正医官特例法によって、平日の兼業が可能になったそうですが。

はい。勤務時間の内外を問わず、外部の病院などで報酬を得ての兼業が可能です。勤務時間内の兼業は、1週間あたり19時間が上限で、その時間分の給与は減額されます。勤務時間内の研究も可能ですから、大学院生などは働きながら研究もできます。

――先生ご自身は、兼業なさっているのでしょうか。

私は、勤務時間内の兼業はしていません。兼業は、金曜の夜の当直と土曜の日勤をしています。それに加えて、月に1回だけ月曜の夜の当直をしています。このときは、その病院から出勤すると火曜日の朝8時半に間に合わないため、フレックスタイム制を利用して、9時から17時半までの勤務にしています。きちんと届け出をすれば、もちろんルールの範囲内でですが、融通がききますね。

社会を立体的に見られるようになった

――先生は併任のお仕事もなさっているそうですが。

常勤医師が1人しかいない施設に週1日、法務省に週1日行っています。法務省では、全国の矯正施設で散発的に起こる事案に対して、医療的な面からのコメントをしたり、事務官からの疑問に答えたりと、アドバイザー的な仕事をしています。
ずっと理系の、医師や研究者だけの狭い世界で生きて来たので、初めて行政に関わる文系の世界に触れて、視野がとても広がりました。社会を立体的に見られるようになったというか。また、医師や研究者の世界が比較的フラットであるのに対して、刑務官の世界は命令系統のはっきりした縦型です。この違いも新鮮でしたね。今まで知らなかった、さまざまな職種の人と協働できることが、とても楽しいんです。

――お仕事のやりがいは、どの辺りにあるのでしょうか。

矯正医官は表に出ない、裏方の仕事だと私は思っています。したがって地位や名誉、あるいはお金にやりがいを感じる人には、向かないかもしれません。しかし、私にとってはこれまで知らなかった世界を知ること、自分の世界が広がることがモチベーションの源泉になっているので、日々新たな発見と共にやりがいを感じながら仕事をしています。

――プライベートな面では、何か変化があったでしょうか。

いちばんは、働き方改革ですね。17時に終わって、土日は休めるという。「矯正医療で働いて、自分が矯正された」と、言っているんです(笑)。
具体的には、空いた時間で、昔やっていたジョギングを再開しました。そのおかげで体型も元に戻りつつありますし、健康的になりました。家族と過ごす時間も増えましたし。さらに、自治会の活動もできるようになりました。交通安全週間には旗を持って横断歩道に立ったり、お祭りに協力したり、年末の夜警で「火の用心!」と町内を回ったり。プライベートでも世界が広がって、とても楽しいですね。

――矯正医官というお仕事の魅力は?

自分の興味に応じて、さまざまなライフスタイルを作れるところではないでしょうか。私のように、呼びかけに応じて手を挙げることで、通常の病院勤務とは異なる行政関連の仕事を経験することもできます。アフターファイブを充実させることもできますし、文献を読むなど、これまでしたくてもできなかったことを始めることもできるでしょう。
少なくとも私にとっては、とてもいい選択だったことは間違いありません。

【提供:m3.com Doctors LIFESTYLE

従来の価値観に とらわれない働き方をしたい先生へ

先生の「やりたい」を叶えるためには、従来の働き方のままでは難しいとお悩みではありませんか。

  • 医師業と、自分のやりたいことを兼業したい
  • 病院・クリニック以外で医師免許を生かして働きたい

もし上記のようなお考えをお持ちでしたら、エムスリーキャリアのコンサルタントにご相談ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    「自分が理想とする糖尿病診療を追い求めて」開業へ

    小児糖尿病の宣告を受けるも、「糖尿病だってなんでもできる」という医師の言葉をお守りに自らも医師を志すことを決意した南昌江内科クリニック(福岡市)の院長、南昌江先生。現在の糖尿病専門科医院を経営するようになった軌跡を伺います。

  • 事例

    犬猫の脳腫瘍は、一度私に診せてほしい

    医師・獣医師の安部欣博(あべ・よしひろ)先生は、ヒトと動物の脳神経外科医として、両方の臨床を並行して行っています。どちらの臨床も行っているからこそ感じる双方の特徴、相違点や刺激について伺いました。

  • 事例

    小児糖尿病にならなければ、医師の私はいない

    福岡市にある糖尿病専門科医院、南昌江内科クリニックの院長・南昌江先生は、ご自身が中学2年生の際に小児糖尿病を宣告された身の上です。病気を発症した前編に続き、今回は医療への水差し案内人となった医師との出逢いや転機となった出来事について伺います。

  • 事例

    医師と獣医師の世界「常識が違う」

    ヒトと動物の脳神経外科医として、オンリーワンのキャリアを構築している安部欣博(あべ・よしひろ)先生。医局時代、脳神経外科専門医を取得後、動物の脳外科手術も並行して行うようになった現在のワークスタイルのお話に加え、医師・獣医師、どちらの世界も知っている先生が抱いている問題意識について伺いました。

  • 事例

    ウガンダ勤務を経て医師になり、ベンチャー企業に入社したわけ―谷川朋幸氏(株式会社CureApp最高医療責任者)(後編)

    アフリカでの難民支援NGO、東証一部上場企業勤務を経て、医師になった谷川朋幸氏。公衆衛生、国際保健への関心から、聖路加国際病院公衆衛生大学院に進みました。現在は、自宅で治療ガイダンスを受けられる「治療アプリ」を研究・開発する株式会社CureApp の最高医療責任者(CMO)として、治験や薬事申請などを進めています。多彩なキャリアを築く谷川氏が、自身の道を選択する上で重視してきたことは何でしょうか。

  • 事例

    日本初の“治療アプリ”を目指す最高医療責任者の異色キャリア―谷川朋幸氏(株式会社CureApp)(前編)

    日本初となる“治療するアプリ”の薬事承認・保険適用を目指している株式会社CureApp。最高医療責任者(CMO)として、治験や薬事申請などを進めるのは、医師である谷川朋幸氏です。東京大学法学部を卒業後、アフリカでの難民支援NGO、東証一部上場企業経営企画スタッフを経て、呼吸器内科医になった異色の経歴を持っています。どのようなキャリアを描き、医師になったのでしょうか。

  • 事例

    検疫所長が教える、検疫所で働く医師の働き方やキャリアパスとは?(後編)

    国内に常在しない感染症の病原体が海外から持ち込まれることを阻止するために、検疫所で働いている医師がいます。那覇検疫所で所長を務める垣本和宏氏に、検疫所の医師のキャリアパスや働き方、検疫所から見た日本の医療の課題について聞きました。

  • 事例

    50歳を超えた医師が選んだ職場は、エキサイティングな“検疫所”(前編)

    東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催される2020年。国は訪日外国人数の目標に、2015年の倍に値する4000万人を掲げています。訪日客の急増に伴い、高まっているのは、国内に常在しない感染症の病原体が海外から持ち込まれるリスクです。重大な感染症の流入を水際で阻止するために、全国の空港や港にある検疫所で、医師が働いていることをご存じですか。

  • 事例

    患者は受刑者たち。危険はないのか?―知られざるニッチキャリアの世界Vol. 1(中編)

    大学の基礎研究者から、矯正医官にキャリアチェンジした岩田要先生。矯正医官になるまでの経緯をまとめた

  • 事例

    EXILEきっかけで刑務所の医師に―知られざるニッチキャリアの世界Vol. 1(前編)

    刑務所や少年院などの矯正施設で医療を行う「矯正医官」。その業務については、表立って報道されることがほとんどないため、ご存知の方はごくわずかではないでしょうか。『知られざるニッチキャリアの世界vol.1』では、この矯正医官をご紹介します。お話をうかがったのは、全国に8つある矯正管区のうち、東京管区で矯正医官を務める岩田要先生です。大学でがんの基礎研究をしていた岩田先生が、なぜ矯正医官という新たな道を選んだのか。矯正医官の仕事とはどのようなものなのか。待遇ややりがいはどうなのか、等々。その実態に迫ります。

  • 人気記事ランキング