1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 患者は受刑者たち。危険はないのか?―知られざるニッチキャリアの世界Vol. 1(中編)
事例

患者は受刑者たち。危険はないのか?―知られざるニッチキャリアの世界Vol. 1(中編)

2019年1月16日

大学の基礎研究者から、矯正医官にキャリアチェンジした岩田要先生。矯正医官になるまでの経緯をまとめた前編に続き、今回は矯正医官の仕事の実際についてうかがいました。

犯罪を犯した人たちを、診療する

――市中の病院と、診療に何か違う点はありますか。

受刑者だからといって、体のつくりが違うわけではありませんから、医療行為としては特に違うところはありません。まあ、薬品は後発品がある限り後発品を使う、といったことはありますが。
刑務所はいわば社会の縮図のようなもので、社会が高齢化すれば受刑者も高齢化しますし、外でインフルエンザがはやれば中でもインフルエンザがはやります。今は受刑者も高齢化が進んでいて、糖尿病などの生活習慣病や、腰痛などの整形外科的な病気のある人が増えています。

――受刑者ならではの病気などは、特にないということでしょうか。

受刑者にはさまざまな刑務作業をさせていますから、作業中のケガなどには注意を払って対応しています。時おり受刑者同士のけんかによるケガもあります。また、精神科の先生であれば、依存症の患者が多いといったことがあるかもしれませんが、私は外科系ですから、その辺は正確には把握していません。

――診療中に受刑者から暴行される、といった危険性はないのでしょうか。

軽く手を出された、という話もあることはあるようです。診療の際には必ず刑務官や法務教官が付き添っていて、医師と受刑者の間に立っていますし、准看護師の資格を持つ刑務官も配置されています。何かしようとしても彼らが素早く制圧して、医師には手を出せない体勢が取られているのです。
ただ、たとえば朝のラッシュ時に、ホームの最前列に並んでいたとしたら、後ろから押されないかどうか、誰でも気をつけますよね。でも実際には、押されて線路に落ちるなどということは、滅多にありません。それと同じで、ある程度の注意は必要ですが、神経質になる必要はないと思っています。

人として認め、しかも淡々と

――特に忙しい時期などはあるのでしょうか。

年に1回、受刑者全員の定期健康診断をしますし、対象者のがん検診もしますから、そのときは忙しくなります。業者に見積もりを出してもらって、いちばん安いところに検査を発注して。
刑務所などの矯正施設は、入所するときに必ず健康診断をして、結核などの感染症がないかどうかを調べます。これは矯正施設ならではですが、そのあとの健診は学校や自治体で行なっているものと基本的に同じです。
あとは、インフルエンザがはやる時期は忙しいとか、市中の病院と同じですね。

――診療時の対応の仕方に、コツなどはありますか。

相手を見下さず、かと言って思い入れし過ぎず、適切な距離を保ちながら淡々と診療に当たることでしょうか。「受刑者のために尽くしたい」というようなナイーブな動機で診察にあたると、特定の受刑者に手厚くしてしまったり、相手につけ込まれて籠絡(ろうらく)される危険にもつながりうまくいかないように思います。
また、あらかじめ刑務官から話を聞いて、状態を把握しておくことも大事です。時間の節約にもなりますし、詐病を見抜くこともできますから。「足が痛い」と言っているのに、庭に出て運動していた、とか。その場合も、「嘘をついているんだろう!」と責めたりせず、「まあ、こんな調子でやってみよう」と、穏やかに収めます。

重要なのはコミュニケーション能力

――スタッフには、どのような職種の人たちがいるのでしょうか。

医師のほかに看護師、准看護師、薬剤師がいて、大型の施設には診療放射線技師、臨床検査技師、理学療法士などもいます。医師に関しては、常勤は1人だけのところもあれば、十数名いるところもあります。私は曜日によって、医師が複数名いる施設と1人の施設とで診療していますが、常勤医師1人で管理している施設は、常に気が休まらないという意味で、やはり大変だと思います。

――矯正医官に求められる資質を、どうお考えになりますか。

市中の病院では医療職が大多数ですが、矯正施設では大多数が刑務官で、医療職は少数です。したがって、ほかの職種の人たちといっしょにやっていくための、コミュニケーション能力が非常に大事です。
また、所内で対応できない場合は外の病院に患者を出しますが、ただでさえ「刑務所からの診察依頼?」と敬遠されがちですから、そこでもコミュニケーション能力が要求されます。もちろん、患者である受刑者とのコミュニケーションも重要。矯正医官に欠かせない資質は、コミュニケーション能力だと、私は思っています。

後編では、気になる待遇ややりがいなどについてうかがいます。

【提供:m3.com Doctors LIFESTYLE

従来の価値観に とらわれない働き方をしたい先生へ

先生の「やりたい」を叶えるためには、従来の働き方のままでは難しいとお悩みではありませんか。

  • 医師業と、自分のやりたいことを兼業したい
  • 病院・クリニック以外で医師免許を生かして働きたい

もし上記のようなお考えをお持ちでしたら、エムスリーキャリアのコンサルタントにご相談ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    オリンピック出場を目指す研修医の思い―医師と2足のわらじvol.19(後編)

    初期研修医と世界クラスの山岳ランナーという二つの顔を持つ髙村貴子先生。今シーズンからは山岳スキーも始め、年間を通じて山を駆ける髙村先生は、将来にどんなビジョンを描いているのでしょうか。医師として、山岳ランナーとして目指している場所を伺いました。

  • 事例

    研修病院決定の決め手は「そこに山があったから」―医師と2足のわらじvol.19(中編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    国試の前は地獄…山岳ランナーと医学生の両立―医師と2足のわらじvol.19(前編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    医師の夢“ちょっと医学に詳しい近所のおばさん”――吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・後編

    医師としてフルタイムで働きつつ、地域での社会活動にも尽力している吉住氏。「幅広い世代が集まる場所」をつくろうと、奮闘しています。なぜ、忙しい時間を縫って社会活動をするのか。どのような医師を目指しているのかを伺いました。

  • 事例

    ウガンダ勤務を経て医師になり、ベンチャー企業に入社したわけ―谷川朋幸氏(株式会社CureApp最高医療責任者)(後編)

    アフリカでの難民支援NGO、東証一部上場企業勤務を経て、医師になった谷川朋幸氏。公衆衛生、国際保健への関心から、聖路加国際病院公衆衛生大学院に進みました。現在は、自宅で治療ガイダンスを受けられる「治療アプリ」を研究・開発する株式会社CureApp の最高医療責任者(CMO)として、治験や薬事申請などを進めています。多彩なキャリアを築く谷川氏が、自身の道を選択する上で重視してきたことは何でしょうか。

  • 事例

    日本初の“治療アプリ”を目指す最高医療責任者の異色キャリア―谷川朋幸氏(株式会社CureApp)(前編)

    日本初となる“治療するアプリ”の薬事承認・保険適用を目指している株式会社CureApp。最高医療責任者(CMO)として、治験や薬事申請などを進めるのは、医師である谷川朋幸氏です。東京大学法学部を卒業後、アフリカでの難民支援NGO、東証一部上場企業経営企画スタッフを経て、呼吸器内科医になった異色の経歴を持っています。どのようなキャリアを描き、医師になったのでしょうか。

  • 事例

    検疫所長が教える、検疫所で働く医師の働き方やキャリアパスとは?(後編)

    国内に常在しない感染症の病原体が海外から持ち込まれることを阻止するために、検疫所で働いている医師がいます。那覇検疫所で所長を務める垣本和宏氏に、検疫所の医師のキャリアパスや働き方、検疫所から見た日本の医療の課題について聞きました。

  • 事例

    50歳を超えた医師が選んだ職場は、エキサイティングな“検疫所”(前編)

    東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催される2020年。国は訪日外国人数の目標に、2015年の倍に値する4000万人を掲げています。訪日客の急増に伴い、高まっているのは、国内に常在しない感染症の病原体が海外から持ち込まれるリスクです。重大な感染症の流入を水際で阻止するために、全国の空港や港にある検疫所で、医師が働いていることをご存じですか。

  • 事例

    刑務所で働く医師、待遇は?―知られざるニッチキャリアの世界Vol. 1(後編)

    大学の基礎研究者から、矯正医官にキャリアチェンジした岩田要先生。最終回の今回は、気になる待遇ややりがいなどについてお聞きしました。

  • 事例

    EXILEきっかけで刑務所の医師に―知られざるニッチキャリアの世界Vol. 1(前編)

    刑務所や少年院などの矯正施設で医療を行う「矯正医官」。その業務については、表立って報道されることがほとんどないため、ご存知の方はごくわずかではないでしょうか。『知られざるニッチキャリアの世界vol.1』では、この矯正医官をご紹介します。お話をうかがったのは、全国に8つある矯正管区のうち、東京管区で矯正医官を務める岩田要先生です。大学でがんの基礎研究をしていた岩田先生が、なぜ矯正医官という新たな道を選んだのか。矯正医官の仕事とはどのようなものなのか。待遇ややりがいはどうなのか、等々。その実態に迫ります。

  • 人気記事ランキング