1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. 調査
  5. 都市圏が人気、医師の勤務地ランキング―勤務地の満足度アンケート(前編)
調査

都市圏が人気、医師の勤務地ランキング―勤務地の満足度アンケート(前編)

2020年8月10日

医師として働く時、何を重視していますか。業務内容や給与だけでなく、勤務地が気になる人も多いのではないでしょうか。今回は勤務地の満足度アンケート(※)を行い、513人の医師から回答を得ました。前編では、医師の勤務地の実態と、人気の都道府県・市区町村ランキングをご紹介します。
※2020年7月4~11日、m3.com会員の医師を対象にエムスリーキャリアが実施

回答医師の7割が都市経験者

今回、これまでに経験した勤務地を調べたところ、「大都市」が69.8%、「地方都市」が76.4%と、多くの医師は都市での勤務経験があるとわかります。都市の医療機関にはさまざまな患者が来院し、医療機器やコメディカルの体制も整っているところが多いため、臨床経験を積むには適していると言えます。他方、「都市郊外・農村部」は4割、「僻地・離島」は1割と大幅に下がることもわかりました。


表1:これまでに経験した勤務地(複数回答)(20~70代の医師513名が回答)

また、これまでの勤務地数(市区町村単位)の平均は4.56でした。これは初期・後期研修、医局人事での異動、自らの意思での転勤など、さまざまな理由が考えられます。年代・男女別の結果は次の通りです。

表2: これまでに経験した勤務地の年代・男女別の平均値

男女ともに30代から40代にかけて、勤務地の増加傾向が見られます。一方、50代では男性が増加、女性は減少という違いが見られました。男性の自由回答には数件ほど「単身赴任」というコメントが見られ、そうした背景があるのかもしれません。

都道府県では東京、市区町村では大阪が1位に

次に、これまでで赴任して良かったと思う都道府県を挙げていただいたところ、北から南まで、さまざまな回答が得られました。一部は「アメリカ合衆国」や「アイルランド」「カナダ」といった、諸外国が良かったという意見も。これまで赴任して良かったと思う都道府県ランキングは次の通りです。

表3:これまでで赴任して良かった都道府県(複数回答可)(20~70代の医師513名が回答)

市区町村別では県庁所在地や人口10万人以上の自治体が上位に入っており、都市部への人気がうかがえました。

表4:これまでで赴任して良かった市区町村(複数回答可)(20~70代の医師513名が回答)

先生が働いたことのある地域はありましたでしょうか。中編では良かったと思う勤務地の具体的なエピソードをご紹介します。

エムスリーキャリアは、より多くの選択肢を提供します

先生方が転職をする理由はさまざまです。

  • 現状のキャリアや働き方へのご不安・ご不満
  • ご家庭の事情や、ご自身の体力面などの事情
  • キャリアアップ、新しいことへの挑戦
  • 夢の実現に向けた準備

など、多様なニーズに応えるために、エムスリーキャリアでは全国から1万件以上の求人を預かり、コンサルタントは常に医療界のトレンド情報を収集。より多くの選択肢を提供し、医師が納得のいく転職を実現しています。

転職すべきかどうかも含め、ご相談を承っています。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. 調査
【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • 調査

    医師の通勤手当で明暗?送迎やタクシー可も!

    医師は勤務先を選ぶとき、通勤時間をどれくらい重視しているのでしょうか?また、通勤に関する手当はどんなものを求めているのでしょう?医師851人が回答したアンケートから勤務先の施設別、年代別に紹介します。

  • 調査

    通勤「有効活用できている」医師の過ごし方は?

    医師は通勤時間をどのように過ごしているのでしょうか?アンケートで医師851人に、通勤時間の過ごし方や、通勤時間を有意義に過ごせているのかを聞きました。

  • 調査

    私の通勤、長すぎかも?医師の半数は30分未満

    先生は通勤にどれくらいの時間をかけていますか?医師851人が回答したアンケートから、通勤時間の理想と現実をご紹介します。

  • 調査

    カメラ目線、手短に発言…医師のウェブ会議トレンド

    医師にウェブ会議ツールの利用実態を聞く本シリーズ。後編では利用しているツールやシーン、利用にあたって注意していることをご紹介します。

  • 調査

    6割が満足!医師のウェブ会議事情

    コロナ禍を受けて、zoomに代表されるウェブ会議ツールの利用が増えてきました。医師の間でも急速に利用され始めていますが、どのような点が評価され、どのような課題があるのか――。医師508名の回答を得たアンケート結果から、前後編に分けて見ていきます。前編では医師の利用実態と満足度をお伝えします。

  • 調査

    患者になって実感「誰もが大病を患う可能性がある」

    m3会員を対象に、医師の病とキャリアについて聞く本シリーズ。後編では、医師357人の医師が回答したアンケート結果に基づき、働き方を変更するにあたり相談した相手、病になってからの仕事観・人生観の変化についてご紹介します。

  • 調査

    医師の本音「ありえないドラマは見たくない」

    m3会員を対象に、医療ドラマについて聞く本シリーズ。後編では、医師455人の医師が回答したアンケート(※)結果に基づき、医療ドラマが現在の職業・仕事観に影響を与えたか、どんな医療ドラマを観てみたいかについてご紹介します。

  • 調査

    通院必要で「働き方変えた」は少数。どう変えた?

    定期的な通院・検査が必要な疾患を抱えていても、働き方を変えた人は少数──。医師の病とキャリアについてm3会員を対象にしたアンケート(※)結果から、上記のことがわかりました。働き方を変えた医師はどのようなワークスタイルにシフトしたのでしょうか。中編では、その具体的な内容についてご紹介します。

  • 調査

    医師の脳裏に焼き付く医療ドラマ、その理由とは

    m3会員を対象に、医療ドラマについて聞く本シリーズ。中編では、医師455人の医師が回答したアンケート結果に基づき、印象的だった医療ドラマとそれを選んだ理由、ドラマにまつわるエピソードについてご紹介します。

  • 調査

    高血圧、喉の渇き、血尿…今思えば「病の予兆」

    日々、患者さんの病と向き合っている医師。しかしながら、医師自身が病を発症する可能性も大いにあります。今回は、m3.com会員の医師を対象に、病とキャリアについてのアンケートを行ったところ、357人の医師から回答を得ました。前編では疾患、それに伴う予兆の有無、具体的な予兆についてご紹介します。

  • 人気記事ランキング