1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. 調査
  5. 新型コロナの混乱、医師の人生観に影響も―2020年前半を振り返るアンケート調査(後編)
調査

新型コロナの混乱、医師の人生観に影響も―2020年前半を振り返るアンケート調査(後編)

2020年7月8日

年明け早々、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に翻弄された2020年前半。社会が大きく変わるタイミングで、自身の生活を振り返り、優先順位を見直した人もいるのではないでしょうか。後編では、アンケート結果のうち、今後の働き方や2020年後半の抱負について取り上げます。

コロナ禍が医師の働き方を見直すきっかけに

エムスリーが2020年6月に実施した20~70代医師へのアンケート調査によると、回答のあった601人のうち、半数以上の384人(63.9%)が「働き方を見直したいと思った」という結果になりました。

表1:2020年前半を通じて、働き方を見直したいと思ったことはありますか?(20~70代の医師601人が回答)

働き方を見直したいと思った内容やその理由は、新型コロナウイルス感染症が大きく影響したようです。状況の変化を受け、自身なりの”発見”があったという意見が多数ありました。医師のコメントを、アンケートから一部抜粋してご紹介します。

「働き方を見直したいと思った」

  • コロナで過剰になっていた時期だが、患者さんおよび家族への言動など反省すべき点が多数あった。(30代、男性、救急医学科)
  • 今後のオンライン診療継続の可能性も考えて。(30代、男性、内分泌内科)
  • キャリアを積むのに、必ずしも臨床経験を優先させる必要はないと思った。(40代、女性、小児科)
  • どんなに努力しても、症例数が少ない手術等は男性医師にあてがわれ、女性医師は、男性医師の何倍も当直や雑用をこなしても、チャンスはもらえないことがわかった。男性医師が手術、女性医師は外来が割り当てられる風潮のため、これ以上のスキルアップは望めないので、そろそろ引退して自分のプライベートを優先するべきだと感じた。(40代、女性、科目無回答)
  • 今後の生活費の工面について。収入激減でこのままでは厳しい。(50代、男性、眼科)
  • 仕事中心の生き方を、プライベート中心に考えた方が幸せな人生かもと思えるようになった。(50代、男性、外科)
  • 開業の準備や検討をしたが、今の時期では難しいと判断した。(50代、男性、脳神経外科)
  • 仕事が済んでも夜の集まりは無し、外食もできず、家で過ごす時間が増えた。更に新型コロナウイルスに感染して志村けんや岡江久美子が亡くなり、これからの時間をどう使おうかと考えるようになった。(60代、男性、産婦人科)

見直したいと思わなかった医師のコメントもご紹介します。新型コロナウイルスで多忙になった医師もいれば、大きな変化はなかった医師もいましたが、いずれも同じ結論に至りました。

「働き方を見直したいと思わなかった」

  • 新型コロナウイルスで自分たちがこんなに必要とされていると再認識した。(50代、男性、小児科)
  • 新型コロナウイルス感染症対策の当院での最前線にいたので考える余裕はありませんでした。(50代、男性、外科)
  • 田舎なので、診療行為そのものには、あまり影響はない。(50代、男性、内科)
  • 変革を好まない。(60代、男性、耳鼻咽喉科)
  • 働き方自体は余裕ができて満足。(60代、男性、糖尿病科)

2020年後半、「仕事」中心からの脱却も?

2020年前半(1~6月)を踏まえ、2020年後半(7~12月)に最も頑張りたいこととして「仕事」を挙げた人は約35%でした。一方で、「家庭」と「趣味」の両者を合わせても約35%にのぼることから、「仕事」同様に「プライベート」を重視する医師も同等数いることがわかります。
また、「特にない」という人が26%を占めているのは、新型コロナウイルスをめぐる今後の見通しが立たないことも影響しているようでした。

表2:2020年後半(7~12月)に最も頑張りたいこと(20~70代の医師601人が回答)

家庭

  • 家族の受験もあるため,まずは自分が病気にならないよう、体調を壊さないように取り組みたい。(40代、男性、小児科)
  • 意欲を掻き立てるために基本的なことを見直す必要がある。その基礎は家族であり、家族の問題に、もう少し目をやる必要を感じたため。(50代、男性、消化器科)

仕事

  • 新型コロナウイルスで減少した手術件数を取り戻す。(40代、男性、泌尿器科)
  • 新型コロナウイルスの関係で、社会・経済状況も変わった。うつ病などが増えてくるので十分に働きたい。(50代、女性、精神科)
  • 医者にとってこういう時はやりがいを持って仕事ができる時だと感じる。(60代、男性、内科)

趣味

  • 前半十分に体を鍛えられなかったのでそれを行う。(30代、男性、内科)
  • 趣味の山歩きもいつまで出来るかわからないので、せっせと山に出かけたい。(60代、男性、産婦人科)
  • 新型コロナウイルスで激減したプライベートの時間を取り戻したい。(60代、男性、麻酔科)

特にない

  • 自然体で生きていこうかと思った。(50代、男性、精神科)
  • 多分、新型コロナウイルスに振り回されることになると思う。(50代、女性、小児科)

その他

  • 学会・研究会での情報収集:新型コロナウイルス流行後に最新の医療情報・情勢などを入手することが困難となり、置いていかれたような感覚でいるため。(50代、男性、血液透析科)
  • 今後の資金繰り対策:クリニックをつぶさないように必死です。(50代、男性、消化器科)

今回は2020年前半を踏まえたこれからの働き方や2020年後半の抱負をご紹介しました。ご自身の前半6か月はいかがでしたでしょうか。本稿をきっかけに、気持ちも新たに後半を迎えていただければと思います。

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. 調査

この記事の関連記事

  • 調査

    新型コロナ禍、仕事とプライベートの満足度は?

    気付けば2020年も折り返し地点。今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、医療業界はもちろん、社会全体が大きな影響を受けた半年だったのではないでしょうか。医師の皆さんは2020年前半(1~6月)をどう受け止めたのか、アンケート調査の結果をもとに見ていきます。

  • 調査

    医師6割、職場のコロナ対応「勤続意欲に影響」

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が流行し、医療機関ではさまざまな対応を求められています。勤務先の対応を、医師たちはどのように評価しているのでしょうか。医師689人が回答したアンケート調査の概要をお伝えします。

  • 調査

    勤務先のコロナ対応、4割が「満足」

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が流行し、医療機関ではさまざまな対応を求められています。勤務先の対応を、医師たちはどのように評価しているのでしょうか。医師689人が回答したアンケート調査の概要をお伝えします。

  • 調査

    参加必須 芸を披露…医局の親睦会あるある―医局に関するアンケート調査Vol. 5

    いよいよやってくる忘年会のシーズン。宴会芸や幹事経験をした先生も多いのではないでしょうか。医師1000人にご自身の医局について聞いたアンケートをまとめた本シリーズ。最終回は、忘年会をはじめとする医局での親睦会のルールについてご紹介します。

  • 調査

    うちの医局だけ?休暇取得の独自ルール―医局に関するアンケート調査Vol. 4

    m3.comの医師会員1000人に、医局に対する考えを聞く本シリーズ。第4回目となる今回は、休暇のルールや医局外の人に驚かれた慣習についてご紹介します。

  • 調査

    医局人事、出世できる医師の条件は?―医局に関するアンケート調査Vol. 3

    12月から特に活発化していく、医局人事の発表。では実際のところ、どんな条件を満たした医師が異動や昇進、昇格の対象になっているのでしょうか。m3.comの医師会員1000人を対象に実施した調査の概要をお知らせします。

  • 調査

    医局人事確定のピーク 地域によって差―医局に関するアンケート調査Vol. 2

    医師のキャリアにも大きな影響を与えうる、関連病院への異動や教授選。各地の大学医局ではどのようなルールで、こうした医局人事を運用・決定しているのでしょうか。医局に所属した経験を持つ医師1000人に聞いたアンケートを紹介します。

  • 調査

    「上司との相性が勤続に影響」7割 医師が職場に求めること─上司・部下の人間関係に関する意識調査vol.5

    入職や退職に影響するものとして挙げられがちなのが年収や当直・オンコール有無などですが、上司や部下との人間関係も大きな要素になります。m3.com会員の皆様は、直属の上司との相性が離職にどれほど影響すると考えているのでしょうか。

  • 調査

    上司に関する自慢・愚痴、誰に話す?─上司・部下の人間関係に関する意識調査vol.4

    上司・部下の人間関係に関する意識調査vol.1では、m3.com会員の皆様に、直属の上司に続投してほしいかどうかについて回答いただいた結果を紹介しました。今回は、上司に関する自慢や愚痴といった評価を誰に話しているか、調べました。

  • 調査

    「部下は完璧にはなれません」憎まれ上司の条件─上司・部下の人間関係に関する意識調査vol.3

    “憎まれ上司”はいったい、どんな点で不満を持たれているのでしょうか。今回は、直属の上司に続投してほしくないと答えたm3.com会員の皆様から寄せられた、“憎まれ上司”に改善してほしいポイントをご紹介します。

  • 人気記事ランキング