1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. 調査
  5. 新型コロナの混乱、医師の人生観に影響も―2020年前半を振り返るアンケート調査(後編)
調査

新型コロナの混乱、医師の人生観に影響も―2020年前半を振り返るアンケート調査(後編)

2020年7月8日

年明け早々、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に翻弄された2020年前半。社会が大きく変わるタイミングで、自身の生活を振り返り、優先順位を見直した人もいるのではないでしょうか。後編では、アンケート結果のうち、今後の働き方や2020年後半の抱負について取り上げます。

コロナ禍が医師の働き方を見直すきっかけに

エムスリーが2020年6月に実施した20~70代医師へのアンケート調査によると、回答のあった601人のうち、半数以上の384人(63.9%)が「働き方を見直したいと思った」という結果になりました。

表1:2020年前半を通じて、働き方を見直したいと思ったことはありますか?(20~70代の医師601人が回答)

働き方を見直したいと思った内容やその理由は、新型コロナウイルス感染症が大きく影響したようです。状況の変化を受け、自身なりの”発見”があったという意見が多数ありました。医師のコメントを、アンケートから一部抜粋してご紹介します。

「働き方を見直したいと思った」

  • コロナで過剰になっていた時期だが、患者さんおよび家族への言動など反省すべき点が多数あった。(30代、男性、救急医学科)
  • 今後のオンライン診療継続の可能性も考えて。(30代、男性、内分泌内科)
  • キャリアを積むのに、必ずしも臨床経験を優先させる必要はないと思った。(40代、女性、小児科)
  • どんなに努力しても、症例数が少ない手術等は男性医師にあてがわれ、女性医師は、男性医師の何倍も当直や雑用をこなしても、チャンスはもらえないことがわかった。男性医師が手術、女性医師は外来が割り当てられる風潮のため、これ以上のスキルアップは望めないので、そろそろ引退して自分のプライベートを優先するべきだと感じた。(40代、女性、科目無回答)
  • 今後の生活費の工面について。収入激減でこのままでは厳しい。(50代、男性、眼科)
  • 仕事中心の生き方を、プライベート中心に考えた方が幸せな人生かもと思えるようになった。(50代、男性、外科)
  • 開業の準備や検討をしたが、今の時期では難しいと判断した。(50代、男性、脳神経外科)
  • 仕事が済んでも夜の集まりは無し、外食もできず、家で過ごす時間が増えた。更に新型コロナウイルスに感染して志村けんや岡江久美子が亡くなり、これからの時間をどう使おうかと考えるようになった。(60代、男性、産婦人科)

見直したいと思わなかった医師のコメントもご紹介します。新型コロナウイルスで多忙になった医師もいれば、大きな変化はなかった医師もいましたが、いずれも同じ結論に至りました。

「働き方を見直したいと思わなかった」

  • 新型コロナウイルスで自分たちがこんなに必要とされていると再認識した。(50代、男性、小児科)
  • 新型コロナウイルス感染症対策の当院での最前線にいたので考える余裕はありませんでした。(50代、男性、外科)
  • 田舎なので、診療行為そのものには、あまり影響はない。(50代、男性、内科)
  • 変革を好まない。(60代、男性、耳鼻咽喉科)
  • 働き方自体は余裕ができて満足。(60代、男性、糖尿病科)

2020年後半、「仕事」中心からの脱却も?

2020年前半(1~6月)を踏まえ、2020年後半(7~12月)に最も頑張りたいこととして「仕事」を挙げた人は約35%でした。一方で、「家庭」と「趣味」の両者を合わせても約35%にのぼることから、「仕事」同様に「プライベート」を重視する医師も同等数いることがわかります。
また、「特にない」という人が26%を占めているのは、新型コロナウイルスをめぐる今後の見通しが立たないことも影響しているようでした。

表2:2020年後半(7~12月)に最も頑張りたいこと(20~70代の医師601人が回答)

家庭

  • 家族の受験もあるため,まずは自分が病気にならないよう、体調を壊さないように取り組みたい。(40代、男性、小児科)
  • 意欲を掻き立てるために基本的なことを見直す必要がある。その基礎は家族であり、家族の問題に、もう少し目をやる必要を感じたため。(50代、男性、消化器科)

仕事

  • 新型コロナウイルスで減少した手術件数を取り戻す。(40代、男性、泌尿器科)
  • 新型コロナウイルスの関係で、社会・経済状況も変わった。うつ病などが増えてくるので十分に働きたい。(50代、女性、精神科)
  • 医者にとってこういう時はやりがいを持って仕事ができる時だと感じる。(60代、男性、内科)

趣味

  • 前半十分に体を鍛えられなかったのでそれを行う。(30代、男性、内科)
  • 趣味の山歩きもいつまで出来るかわからないので、せっせと山に出かけたい。(60代、男性、産婦人科)
  • 新型コロナウイルスで激減したプライベートの時間を取り戻したい。(60代、男性、麻酔科)

特にない

  • 自然体で生きていこうかと思った。(50代、男性、精神科)
  • 多分、新型コロナウイルスに振り回されることになると思う。(50代、女性、小児科)

その他

  • 学会・研究会での情報収集:新型コロナウイルス流行後に最新の医療情報・情勢などを入手することが困難となり、置いていかれたような感覚でいるため。(50代、男性、血液透析科)
  • 今後の資金繰り対策:クリニックをつぶさないように必死です。(50代、男性、消化器科)

今回は2020年前半を踏まえたこれからの働き方や2020年後半の抱負をご紹介しました。ご自身の前半6か月はいかがでしたでしょうか。本稿をきっかけに、気持ちも新たに後半を迎えていただければと思います。

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. 調査
【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • 調査

    医師の通勤手当で明暗?送迎やタクシー可も!

    医師は勤務先を選ぶとき、通勤時間をどれくらい重視しているのでしょうか?また、通勤に関する手当はどんなものを求めているのでしょう?医師851人が回答したアンケートから勤務先の施設別、年代別に紹介します。

  • 調査

    通勤「有効活用できている」医師の過ごし方は?

    医師は通勤時間をどのように過ごしているのでしょうか?アンケートで医師851人に、通勤時間の過ごし方や、通勤時間を有意義に過ごせているのかを聞きました。

  • 調査

    私の通勤、長すぎかも?医師の半数は30分未満

    先生は通勤にどれくらいの時間をかけていますか?医師851人が回答したアンケートから、通勤時間の理想と現実をご紹介します。

  • 調査

    カメラ目線、手短に発言…医師のウェブ会議トレンド

    医師にウェブ会議ツールの利用実態を聞く本シリーズ。後編では利用しているツールやシーン、利用にあたって注意していることをご紹介します。

  • 調査

    6割が満足!医師のウェブ会議事情

    コロナ禍を受けて、zoomに代表されるウェブ会議ツールの利用が増えてきました。医師の間でも急速に利用され始めていますが、どのような点が評価され、どのような課題があるのか――。医師508名の回答を得たアンケート結果から、前後編に分けて見ていきます。前編では医師の利用実態と満足度をお伝えします。

  • 調査

    患者になって実感「誰もが大病を患う可能性がある」

    m3会員を対象に、医師の病とキャリアについて聞く本シリーズ。後編では、医師357人の医師が回答したアンケート結果に基づき、働き方を変更するにあたり相談した相手、病になってからの仕事観・人生観の変化についてご紹介します。

  • 調査

    医師の本音「ありえないドラマは見たくない」

    m3会員を対象に、医療ドラマについて聞く本シリーズ。後編では、医師455人の医師が回答したアンケート(※)結果に基づき、医療ドラマが現在の職業・仕事観に影響を与えたか、どんな医療ドラマを観てみたいかについてご紹介します。

  • 調査

    通院必要で「働き方変えた」は少数。どう変えた?

    定期的な通院・検査が必要な疾患を抱えていても、働き方を変えた人は少数──。医師の病とキャリアについてm3会員を対象にしたアンケート(※)結果から、上記のことがわかりました。働き方を変えた医師はどのようなワークスタイルにシフトしたのでしょうか。中編では、その具体的な内容についてご紹介します。

  • 調査

    医師の脳裏に焼き付く医療ドラマ、その理由とは

    m3会員を対象に、医療ドラマについて聞く本シリーズ。中編では、医師455人の医師が回答したアンケート結果に基づき、印象的だった医療ドラマとそれを選んだ理由、ドラマにまつわるエピソードについてご紹介します。

  • 調査

    高血圧、喉の渇き、血尿…今思えば「病の予兆」

    日々、患者さんの病と向き合っている医師。しかしながら、医師自身が病を発症する可能性も大いにあります。今回は、m3.com会員の医師を対象に、病とキャリアについてのアンケートを行ったところ、357人の医師から回答を得ました。前編では疾患、それに伴う予兆の有無、具体的な予兆についてご紹介します。

  • 人気記事ランキング