1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. 調査
  5. 新型コロナ禍、仕事とプライベートの満足度は?―2020年前半を振り返るアンケート調査(前編)
調査

新型コロナ禍、仕事とプライベートの満足度は?―2020年前半を振り返るアンケート調査(前編)

2020年7月8日

気付けば2020年も折り返し地点。今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、医療業界はもちろん、社会全体が大きな影響を受けた半年だったのではないでしょうか。医師の皆さんは2020年前半(1~6月)をどう受け止めたのか、アンケート調査の結果をもとに見ていきます。

「とても満足」は数パーセント

m3.comCAREERが医師を対象に実施したアンケート(※)で、2020年前半(1~6月)における仕事とプライベートの満足度を調査したところ、どちらも「とても満足」した人はごくわずかに。そして「まあまあ満足」から「とても不満」と思う人までが、大きな偏りなく分かれました。
(※)20~70代のm3.com医師会員601人が回答。

表1:2020年前半の満足度(仕事)(20~70代の医師601人が回答)

表2:2020年前半の満足度(プライベート)(20~70代の医師601人が回答)

満足度の理由には、仕事とプライベートに共通して新型コロナウイルスの影響をあげる医師が大半を占めました。しかし、この状況をポジティブにとらえるか、ネガティブにとらえるかは個人差があります。アンケート結果からリアルな声を一部抜粋してご紹介します。

満足

  • 新型コロナウイルス流行の少ない地域だったので、患者減はあったものの、仕事の濃度は増えなかった。勤務医のため当面の減収はなくまあまあ。(30代、男性、耳鼻咽喉科)
  • 一般外来の受診者数などは少なく診療実績としては物足りないが、院内感染を防ぐための対策ワーキンググループに属するなどで病院組織としての活動に注力する時間となった。以後の対策も図れたため、ある程度満足している。(40代、男性、小児科)
  • クリニック運営にトラブルもなく、業績も下がらなかったのでまあまあ満足。(40代、男性、泌尿器科)
  • 外来診療時間が減ったため、病棟業務に集中できるようになり、結果早く仕事が終わり、帰れるようになった。飲みに出かけなくなったのはマイナスだが、子供と長くいられたので良かったです。(50代、男性、内科)
  • コロナで、ZOOMでの講演会が増えた。これまでは、東京に行かないと受けられなかった。(50代、男性、内科)

どちらとも言えない

  • コロナのため、婚活含め交友関係拡大ができなかった。(30代、男性、循環器科)
  • コロナによる減収も大きいですが、それ以上に院内の対策などで他スタッフとの対立もできてしまった。色々な意味でコロナの傷ができた前半です。(50代、男性、内科)
  • 出かけたりすることはできなかったが、もともと出不精であったから自宅の片付けやランニングとか時間のかかる自分のやりたいことは結構できた。家族と一緒の時間が長くなんとなく良い感じ。(50代、男性、循環器内科)
  • 趣味の集まりができなくなって日常が乱された。孫が保育園に行けず、孫守にかり出された、これはちょっとうれしかったが、移動が大変だった。(60代、女性、産婦人科)

不満

  • 新型コロナウイルス感染症の感染拡大、緊急事態宣言の発令に伴い、4月と5月の患者数が半減した。4月13日から5月9日まで週休5日という状態だった。(30代、女性、産婦人科)
  • あまりにも直接の診療以外の消毒作業などに時間がかかり、自分の時間がほとんどなかった。(50代、男性、内科)
  • コロナの関係で3月からの学会、講演会、研究会等がすべて中止延期になった。(50代、男性、整形外科)
  • 自粛直前にヨーロッパに渡欧して、現地で非常事態宣言が発令されて何も出来ずあわてて帰って来たこと。(50代、男性、内科)
  • やはり、stay homeのため、レクリエーション(旅行や観劇・コンサートなど)が何もできなかった。(50代、男性、心臓血管外科)

今回は、新型コロナウイルス感染症に見舞われた2020年前半の仕事とプライベートを先生方に振り返っていただき、その満足度を答えてもらいました。「ピンチはチャンス」という言葉がありますが、このコロナ禍はこれまでの過ごし方を見直し、新しいことにチャレンジする機会になるのかもしれません。後編では、今後の働き方や2020年後半の展望に関するアンケート結果をご紹介します。

同テーマの記事シリーズはこちら

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. 調査

この記事の関連記事

  • 調査

    医師の4割が都道府県またぐ転居に前向き

    医師は、ホワイトカラーに比べると勤務地の候補が多く、住む地域も選びやすい職種です。医師455人から回答を得たアンケートから、他都道府県への転居に対する意識と、勤務先として人気の都道府県を紹介します。

  • 調査

    地方に住みたい!医師が都会を離れる理由

    COVID-19流行をきっかけに、ホワイトカラーではテレワークの普及に伴い、社会全体で地方移住への関心が高まりつつあります。それでは、医師の地方志向はどうでしょうか。医師455人から回答を得たアンケートから、医師の地方転居や移住への興味、検討する上での条件を探ります。

  • 調査

    医師7割弱「補助ある」…研鑽=労働には賛否

    「医師の働き方改革」では、自己研鑽が労働時間に含まれるか否かなどが議論されてきました。2019年7月には厚生労働省から、上司の指示の有無によって労働時間に含まれるかどうかを判断する旨の通知が出ましたが、現場の医師たちはどう受け止めているのでしょうか。

  • 調査

    50歳過ぎても医師が研鑽を続ける理由

    キャリア形成や子育てがひと段落し、第二の人生も考え始める50代以降。いつ医師を引退するかは個人差があり、年齢を重ねても自己研鑽を続ける人は多くいます。今回は自己研鑽をテーマにしたアンケートから50~70代の医師421名の回答を抜き出し、ベテラン医師の自己研鑽の実態をお伝えします。

  • 調査

    人生100年時代に備える!40代に必要な学び

    知識・経験ともに臨床スキルが高まり、チームマネジメントや若手の教育を担う40代。働き盛りにあたる40代の中堅医師は、どのような自己研鑽を行っているのでしょうか。自己研鑽をテーマにしたアンケートから40代医師114名の回答を基に、実態をお伝えします。

  • 調査

    週10時間が当たり前?若手医師の研鑽事情

    一人前の医師になるため、さまざまなことを学び、吸収していく20~30代。医師人生の中でも、最も集中的な自己研鑽が求められる世代と言えそうですが、その実態はどうでしょうか。

  • 調査

    実力?運?医師の出世に必要なこと

    医師の出世や役職について考察する本シリーズ。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、医師が出世するために必要なことや、最終的に就きたい役職、そこへ向けての出世の進捗についてご紹介します。

  • 調査

    「感謝どころか文句」4割の医師が出世に後ろ向き

    価値観が多様化し、出世して役職を得ることにこだわらない人も珍しくありません。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、医師が「出世したいと思わない」理由や、出世して困ったエピソードをご紹介します。

  • 調査

    医師の出世、目的を実現できる割合は?

    実力はもちろん、時に運やタイミングにも左右される出世。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、医師が出世したいと思う理由や、出世して良かったことをご紹介します。

  • 調査

    40代が分かれ目?医師が出世する意義

    キャリアアップの一つの指標に、出世して役職を得ることが挙げられます。働き方の価値観が多様化する中、医師の出世や役職へのこだわりはどうなっているのでしょうか。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、現在の役職やそのやりがい、出世への意向についてお伝えします。

  • 人気記事ランキング

    この記事を見た方におすすめの求人

    常勤求人をもっと見る