1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. 調査
  5. 転勤で後悔!理想の勤務地で働くには―勤務地の満足度アンケート(後編)
調査

転勤で後悔!理想の勤務地で働くには―勤務地の満足度アンケート(後編)

2020年8月14日

医師にこれまでの勤務先の満足度を聞く本シリーズ。後編では今後働いてみたい勤務地を紹介します。また、転勤、転居を伴う転職の失敗エピソードも聞きました。勤務地の理想と現実にギャップはあるのでしょうか。

都市と地方、医師が働きたいのは?

まずは、今後働いてみたい勤務地についてです。「特になし」「このままでいい」といった意見も多数あった中、働いてみたい地域の上位にランクインしたのは北海道、沖縄県、東京都。各地独自の環境に魅了されていることがわかりました。


同率1位:北海道

  • 田舎の良さと都会の良さを兼ね備えているから。(30代男性、整形外科)
  • ウィンタースポーツがしたいから(40代女性、放射線科)
  • 自然がいっぱいあって楽しそう。(50代男性、内科)
  • 同率1位:沖縄県

  • 暖かくてのんびりしているから。(40代男性、呼吸器科)
  • 旅行で何度も行ってよかった。人が良い。(50代男性、内科)
  • 気候が良い、生活費が安く、老後の生活が楽。(70代女性、眼科)
  • 3位:東京都

  • 勉強する、遊ぶ、文化に触れる、全てにおいて東京が一番。(40代男性、消化器科)
  • 結婚したての頃に勤務していたことがあるが、とても楽しかったので。今度は子どもたちと生活してみたい。(40代女性、小児科)
  • 大都会で働いたことはなかったから。(50代男性、循環器内科)
  • 4人に1人が転居で失敗

    次に、転勤や転居を伴う転職で「失敗した」「こうすれば良かった」と思ったことはあるか尋ねたところ、半数以上が「なかった」と回答。一方で、27%の医師が1回以上、後悔していたことがわかりました。その理由として寄せられたコメントは、プライベートでの一大事に発展したものも……。


    表1:質問『転勤や、転居を伴う転職で「失敗した」「こうすれば良かった」と思ったことはありますか?』
    (20~70代の医師513名が回答)

    「複数回あった」「1回あった」と答えた医師は、どのようなことが気がかりだったのでしょうか。アンケートの自由回答から一部抜粋してご紹介します。


    複数回あった

  • 地域住民の考え方と同調できないことがあった。(40代男性、呼吸器科)
  • 妊娠出産事情を考え、仕事をセーブしたが、今思えばやりたいことをやれば良かった。(40代女性、小児科)
  • 転居をきっかけに別居が始まり、次の転居で離婚になりました。(50代男性、その他)
  • 生まれてからこれまで海外を含めて17回転居しています。転勤が多いと、勤務期間が短く、まともな退職金をもらったためしがありません。また、転居のたびにごみを捨てるのですが、1~2年でうんざりするほど不用品が増えて、自分の学習能力の低さにほとほと嫌気がさします。(50代男性、心臓血管外科)
  • 医師会がものすごく厳しい土地なのは知っていたが、事前に知り合いのドクターに根回しをしたりするのを怠った。それをしていたら問題は起きなかったと思う。(50代男性、外科)
  • 30代中盤で名古屋にマンションを購入したが、すぐに岐阜県に異動になり、戻ってきてもそのマンションから遠い勤務先だった。(60代男性、外科)
  • 転勤のたびに子どもの友達が変わり、慣れるのに大変だったようで、不登校になってしまったことがある。(60代男性、内科)
  • 転勤に際して休みを取らなかったため、家族が引っ越しで苦労した。(70代男性、小児科)

  • 1回あった

  • 首都圏で勤務したことがあったが電車通勤が身体に合わなかった。(30代男性、放射線科)
  • 僻地のアパートを実際に内覧しないで借りたら、ドレッサーがなかった。(40代男性、消化器科)
  • 今までやってきた疾患の専門性が発揮できない病院に赴任したこと。実家に近くなるからと選んではみたものの、、、(40代男性、呼吸器科)
  • 自らの意思でなく、旦那の仕事の都合で遠方に転居。したいと思うような仕事も見つからず、苦悩の日々でした。(50代女性、小児科)
  • もともと研修していた病院の先生からの紹介で勤務したが、患者数が少ないと「すぐにお辞めください」と言われるような非常にシビアなところだった。しっかりと先に勤務地に関して情報を得る必要がある。(60代男性、内科)
  • 他県勤務の時に契約した賃貸マンションが勤務開始日に完成していなかった。(70代男性、耳鼻咽喉科)

  • コメントから、家族や住まいにまつわるトラブル、赴任先や地域の人たちとのすれ違いなど、それぞれの深刻な状況が浮き彫りになりました。転勤、転居は引っ越し時だけでなく、その後のキャリアや生活にも影響しかねないもの。失敗しないためには、周囲へのケアや情報収集を怠らが大切なようです。

    今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

    医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

    以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

    「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
    「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
    「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

    当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

    エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

    この記事の関連キーワード

    1. ノウハウ
    2. 調査
    【記事特集】医師の転職カルテ
    キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


    ・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
    ・新たな環境で働きたいが、不安
    ・育児や介護、持病との両立はできる?

    【詳しくはこちらから】

    この記事の関連記事

  • 調査

    医師の通勤手当で明暗?送迎やタクシー可も!

    医師は勤務先を選ぶとき、通勤時間をどれくらい重視しているのでしょうか?また、通勤に関する手当はどんなものを求めているのでしょう?医師851人が回答したアンケートから勤務先の施設別、年代別に紹介します。

  • 調査

    通勤「有効活用できている」医師の過ごし方は?

    医師は通勤時間をどのように過ごしているのでしょうか?アンケートで医師851人に、通勤時間の過ごし方や、通勤時間を有意義に過ごせているのかを聞きました。

  • 調査

    私の通勤、長すぎかも?医師の半数は30分未満

    先生は通勤にどれくらいの時間をかけていますか?医師851人が回答したアンケートから、通勤時間の理想と現実をご紹介します。

  • 調査

    カメラ目線、手短に発言…医師のウェブ会議トレンド

    医師にウェブ会議ツールの利用実態を聞く本シリーズ。後編では利用しているツールやシーン、利用にあたって注意していることをご紹介します。

  • 調査

    6割が満足!医師のウェブ会議事情

    コロナ禍を受けて、zoomに代表されるウェブ会議ツールの利用が増えてきました。医師の間でも急速に利用され始めていますが、どのような点が評価され、どのような課題があるのか――。医師508名の回答を得たアンケート結果から、前後編に分けて見ていきます。前編では医師の利用実態と満足度をお伝えします。

  • 調査

    患者になって実感「誰もが大病を患う可能性がある」

    m3会員を対象に、医師の病とキャリアについて聞く本シリーズ。後編では、医師357人の医師が回答したアンケート結果に基づき、働き方を変更するにあたり相談した相手、病になってからの仕事観・人生観の変化についてご紹介します。

  • 調査

    医師の本音「ありえないドラマは見たくない」

    m3会員を対象に、医療ドラマについて聞く本シリーズ。後編では、医師455人の医師が回答したアンケート(※)結果に基づき、医療ドラマが現在の職業・仕事観に影響を与えたか、どんな医療ドラマを観てみたいかについてご紹介します。

  • 調査

    通院必要で「働き方変えた」は少数。どう変えた?

    定期的な通院・検査が必要な疾患を抱えていても、働き方を変えた人は少数──。医師の病とキャリアについてm3会員を対象にしたアンケート(※)結果から、上記のことがわかりました。働き方を変えた医師はどのようなワークスタイルにシフトしたのでしょうか。中編では、その具体的な内容についてご紹介します。

  • 調査

    医師の脳裏に焼き付く医療ドラマ、その理由とは

    m3会員を対象に、医療ドラマについて聞く本シリーズ。中編では、医師455人の医師が回答したアンケート結果に基づき、印象的だった医療ドラマとそれを選んだ理由、ドラマにまつわるエピソードについてご紹介します。

  • 調査

    高血圧、喉の渇き、血尿…今思えば「病の予兆」

    日々、患者さんの病と向き合っている医師。しかしながら、医師自身が病を発症する可能性も大いにあります。今回は、m3.com会員の医師を対象に、病とキャリアについてのアンケートを行ったところ、357人の医師から回答を得ました。前編では疾患、それに伴う予兆の有無、具体的な予兆についてご紹介します。

  • 人気記事ランキング