1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. 調査
  5. モチベーションは給与?それともやりがい?―医師のモチベーションアンケート(前編)
調査

モチベーションは給与?それともやりがい?―医師のモチベーションアンケート(前編)

2020年9月3日

人生の大きな割合を占める「仕事」。どうせやるなら「楽しく、イキイキと仕事をしたい」と思いませんか。そこでバロメーターになるのが仕事に対するモチベーションです。今回はモチベーションアンケート(※)を行ったところ、608人の医師から回答を得ました。前編ではモチベーションの源泉を、年代別にご紹介します。
(※)2020年8月15日~23日、m3.com会員の医師を対象にエムスリーキャリアが実施

意欲的に働く医師が半数以上

はじめに現在の仕事に対するモチベーションについて、5段階(とても高い、やや高い、どちらとも言えない、やや低い、とても低い)で答えてもらったところ、全体の50.7%はモチベーションが「高い」という結果でした。

表1:現在の仕事に対するモチベーション(20~70代の医師608名が回答)

年代別で見てみると、20代でモチベーションが「低い」と答えた人はゼロでした。また、40代と50代では増える傾向が見られたものの、それぞれ20%以下にとどまっており、意欲的に働けている医師が多いことがわかりました。

表2:現在のモチベーション(年代別)(20~70代の医師608名が回答)

若手は「やりがい」だけではないのが本音

次に、モチベーションの源泉を上位3つまで選んでいただいたところ、多かったのは「仕事のやりがい」(43.1%)、「給与」(30.6%)、「職場環境が合っている(労働時間・立地・福利厚生等)」(26.2%)という結果になりました。

表3:現在の仕事へのモチベーション(上位3つまで複数回答)(20~70代の医師608名が回答)

仕事のモチベーションを上下させる変動要因は、内的要因と外的要因に分けられます。内的要因とは「やってみたい」など自らが関心を持つことで、外的要因は給与や評価、人間関係といった外部からの刺激です。上記の結果は、「仕事のやりがい」が内的要因にあたり、「給与」と「職場環境」は外的要因にあたることから、医師にとっても、内的・外的要因の両方が満たされていることがモチベーションの維持・向上に欠かせないことがわかります。

年代別では、全世代に共通して「仕事のやりがい」の水準が高かった一方で、20代は「プライベート・休日の充実」、30代は「仕事仲間からの評価や人間関係」が上位だったのが、若手世代ならではの特徴でした。なお、「給与」を求める割合は40代がピークで、それ以降は「患者からの評価」や「社会貢献」などに分散していくようです。

表4:現在の仕事へのモチベーション(世代別)(20~70代の医師608名が回答)

年代で変わる、モチベーションの拠り所

また、モチベーションを上げてくれる人の存在については「自分自身」と答えた人が28.6%、「患者」と答えた人が25.2%でした。

表5:仕事へのモチベーションを最も上げてくれる人(20~70代の医師608名が回答)

しかしながら、年代別に見ると結果は大きく変わります。

表6:仕事へのモチベーションを最も上げてくれる人(年代別)(20~70代の医師608名が回答)

20代の40.0%が「同僚」と答え、全世代の中で突出して多い結果となりました。医師になりたての頃は学生時代の同級生や、研修先の同期といった存在の大きさがうかがえます。また、「上司・先輩」の割合も20.0%を占めていました。同様に30代も「上司・先輩」の割合が25.6%と、一人前の医師になる前は指導役が重要な役割を担っていることがわかりました。

全体を通して年代が増すごとに、「患者」の割合が増えていくのも特徴です。「上司・先輩」から一通りのことを学んだ後は、自分で自分を奮い立たせながら、患者さんから学ぶことが増えていくのでしょう。

今回、多くの医師がモチベーション高く働けていることがわかりました。ただ、ふとしたことで下がることもあるものです。もしも仕事でモヤモヤすることがあるときは、今の業務・職場環境などを棚卸しして、自身の価値観と合っているか見直すのも一案でしょう。中編では、モチベーションが上がった時、下がった時の詳しいエピソードをお伝えします。

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

<\p>エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. 調査
【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • 調査

    医師の通勤手当で明暗?送迎やタクシー可も!

    医師は勤務先を選ぶとき、通勤時間をどれくらい重視しているのでしょうか?また、通勤に関する手当はどんなものを求めているのでしょう?医師851人が回答したアンケートから勤務先の施設別、年代別に紹介します。

  • 調査

    通勤「有効活用できている」医師の過ごし方は?

    医師は通勤時間をどのように過ごしているのでしょうか?アンケートで医師851人に、通勤時間の過ごし方や、通勤時間を有意義に過ごせているのかを聞きました。

  • 調査

    私の通勤、長すぎかも?医師の半数は30分未満

    先生は通勤にどれくらいの時間をかけていますか?医師851人が回答したアンケートから、通勤時間の理想と現実をご紹介します。

  • 調査

    カメラ目線、手短に発言…医師のウェブ会議トレンド

    医師にウェブ会議ツールの利用実態を聞く本シリーズ。後編では利用しているツールやシーン、利用にあたって注意していることをご紹介します。

  • 調査

    6割が満足!医師のウェブ会議事情

    コロナ禍を受けて、zoomに代表されるウェブ会議ツールの利用が増えてきました。医師の間でも急速に利用され始めていますが、どのような点が評価され、どのような課題があるのか――。医師508名の回答を得たアンケート結果から、前後編に分けて見ていきます。前編では医師の利用実態と満足度をお伝えします。

  • 調査

    患者になって実感「誰もが大病を患う可能性がある」

    m3会員を対象に、医師の病とキャリアについて聞く本シリーズ。後編では、医師357人の医師が回答したアンケート結果に基づき、働き方を変更するにあたり相談した相手、病になってからの仕事観・人生観の変化についてご紹介します。

  • 調査

    医師の本音「ありえないドラマは見たくない」

    m3会員を対象に、医療ドラマについて聞く本シリーズ。後編では、医師455人の医師が回答したアンケート(※)結果に基づき、医療ドラマが現在の職業・仕事観に影響を与えたか、どんな医療ドラマを観てみたいかについてご紹介します。

  • 調査

    通院必要で「働き方変えた」は少数。どう変えた?

    定期的な通院・検査が必要な疾患を抱えていても、働き方を変えた人は少数──。医師の病とキャリアについてm3会員を対象にしたアンケート(※)結果から、上記のことがわかりました。働き方を変えた医師はどのようなワークスタイルにシフトしたのでしょうか。中編では、その具体的な内容についてご紹介します。

  • 調査

    医師の脳裏に焼き付く医療ドラマ、その理由とは

    m3会員を対象に、医療ドラマについて聞く本シリーズ。中編では、医師455人の医師が回答したアンケート結果に基づき、印象的だった医療ドラマとそれを選んだ理由、ドラマにまつわるエピソードについてご紹介します。

  • 調査

    高血圧、喉の渇き、血尿…今思えば「病の予兆」

    日々、患者さんの病と向き合っている医師。しかしながら、医師自身が病を発症する可能性も大いにあります。今回は、m3.com会員の医師を対象に、病とキャリアについてのアンケートを行ったところ、357人の医師から回答を得ました。前編では疾患、それに伴う予兆の有無、具体的な予兆についてご紹介します。

  • 人気記事ランキング