1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. コラム
  5. 医師の“真価”は何で問われる?―『ブラック・ジャック』に学ぶキャリアVol.13
コラム

医師の“真価”は何で問われる?―『ブラック・ジャック』に学ぶキャリアVol.13

2020年8月27日

数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられています。『ブラック・ジャック』のストーリーと、現代の医療現場を照らし合わせながら、さまざまな角度で考察する本企画。今回は、エピソード「白い目」より、医師の真価について考えます。

大病院のオペに、異質な医師が参入

今回のストーリーは、権威ある大病院が舞台です。肺塞栓と思われる患者にベテランの酒鬼原医師が手術を行うも、たびたび再発。患者の希望でブラック・ジャックが招かれ、再手術を執刀することになりました。しかし、自分に治せない患者の手術を、無免許のブラック・ジャックに任せることに、酒鬼原医師は忸怩たる思いを抱きます。「最高権威を誇る大病院も モグリの医者も同じ値打ちだというわけか……」と助手の医師たちを前に心情を吐露していました。そのため、酒鬼原医師はブラック・ジャックの手術中にあれこれと口を挟み、助手もそれに同調します。ついには全員が“白い目”を向けてきますが、その時、ブラック・ジャックがとった行動は――。

マンガの詳細、その後の展開はこちらから
※m3.comへのログインが必要です

自分の医療を否定されたら

このストーリーに近いことは、医療現場で少なからず起きているのではないでしょうか。

手術チームにブラック・ジャックのような医師が入ることはないにしても、別のキャリアを歩んできた医師が、ある日、転職というかたちで参入することは珍しくありません。新たな医師が、既存の医師たちと違う診療方針や手術手技を持っていた時、その“真価”はどう判断したらいいのでしょうか。また、上司や周囲の医師が1人の医師に“白い目”を向けた時、あるいは自分自身が“白い目”で見られる側に立った時、どういった身の振り方ができるでしょうか。

この物語の場合、酒鬼原先生は自らの手術スキルに限界を感じながらも、オペでの協調精神を重んじたり、患者のことを第一に考えたりする様子が垣間見えます。一方、ブラック・ジャックは手術スキルに長け、最終的には成功させるものの、終始独りよがりのままオペを進めています。両者ともに真価の高低は断言しづらいでしょう。

また、ストーリーの中盤、ブラック・ジャックは酒鬼原医師が手術をした跡を見て、通常通りのオペではなく、治療法を抜本的に変えなければはならないと気づきます。

その事実を突き付けられた酒鬼原医師の心境は複雑です。酒鬼原医師は患者の安全を第一に思うからこそ、常識外れなオペをしていません。そんな中、ブラック・ジャックの言動を目の前にした時、権威ある大病院の医師というプライドと、自分の医療が否定された悔しさ、加えて「なぜ問題が生じたのか」という探究心とが渾然一体となって降りかかるのです。「もし、自分が酒鬼原医師の立場だったら……」と想像しながら読むと、よりストーリーの深みを感じられることでしょう。

医師の世界は実力勝負でありながら、チームの結束も求められる。相反する要素のバランスの上に成り立っていることを示唆するストーリーでもあります。

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. コラム
【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • コラム

    ガイドラインにない“医師の仕事”実感した日々

    ドクターと医学生の交流を目的とし、将来の選択肢を増やすためのイベント「Doctors’ Style」の代表を務める正木稔子先生。今回は、医師が“命”に寄り添うことについて語ります。

  • コラム

    患者からの怒り、どう受け止める?

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられています。『ブラック・ジャック』のストーリーと、現代の医療現場を照らし合わせながら、さまざまな角度で考察する本企画。今回は、エピソード「復しゅうこそわが命」より、患者から理不尽な怒りをぶつけられた時の対応について考えます。

  • コラム

    しがらみに縛られたキャリアの行方

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられています。『ブラック・ジャック』のストーリーと、現代の医療現場を照らし合わせながら、さまざまな角度で考察する本企画。今回は、エピソード「ふたりのピノコ」より、医師の働く姿勢について考えます。

  • コラム

    医師が円満に引退するコツ

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられています。『ブラック・ジャック』のストーリーと、現代の医療現場を照らし合わせながら、さまざまな角度で考察する本企画。今回は、ストーリー「助っ人」より、医師の引退について考えます。

  • コラム

    今だから思う、研修医が報・連・相できない理由

    ドクターと医学生の交流を目的とし、将来の選択肢を増やすためのイベント「Doctors’ Style」の代表を務める正木稔子先生。今回は研修医時代の失敗から学んだことについて語ります。

  • コラム

    強すぎる自信と正義感が引き起こした大失敗

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられています。『ブラック・ジャック』のストーリーと、現代の医療現場を照らし合わせながら、さまざまな角度で考察する本企画。今回は、エピソード「白い正義」より、多種多様な医療のあり方について考えます。

  • コラム

    よく聞く「優秀な医師」とはどんな人?

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられていることに気づかされます。医師たちが『ブラック・ジャック』を読み返し、さまざまな角度から考察する本企画。今回は、エピソード「ホスピタル」から、優秀な医師のキャリアについて考えます。

  • コラム

    “3分診療”を「良心的、合理的」と語る院長に

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられていることに気づかされます。医師たちが『ブラック・ジャック』を読み返し、さまざまな角度から考察する本企画。今回は、エピソード「流れ作業」から、患者との向き合い方について考えます。

  • コラム

    「K君死んじゃうの?!」旧友が教えてくれたこと ―わたしの女医ライフ

    ドクターと医学生の交流を目的とし、将来の選択肢を増やすためのイベント「Doctors’ Style」の代表を務める正木稔子先生が、「女性医師だからできない」ことではなく、「女性医師だからできる」ことについて語ります。

  • コラム

    コロナ禍だから振り返りたい「扶氏医戒之略」―わたしの女医ライフ

    ドクターと医学生の交流を目的とし、将来の選択肢を増やすためのイベント「Doctors’ Style」の代表を務める正木稔子先生が、「女性医師だからできない」ことではなく、「女性医師だからできる」ことについて語ります。

  • 人気記事ランキング