1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. コラム
  5. 医師のヘッドハンティングとは?引き抜かれる医師の条件
コラム

医師のヘッドハンティングとは?引き抜かれる医師の条件

2017年11月30日

医師のヘッドハンティングとは?引き抜かれる医師の条件

ヘッドハンティングとは、医療機関の経営トップや将来の幹部候補、診療科の中核を担うような人材を外部からスカウトし、引き入れること。知り合いのつてでヘッドハントが行われることもあるが、学会での活動や、同業者同士のクチコミが優れた医師の医局に突如、ヘッドハンターから突然、封書が届くようなスタイルも存在する。医療機関の採用担当者や経営者がダイレクトに引き抜きを行うこともあるが、紹介会社に依頼してヘッドハンティングを行う医療機関も多い。

広がる医師のヘッドハンティング市場
背景には2025年に向けた病院経営の難しさも

医療機関の診療内容や経営状況は個々の医師の技術やスキルによって左右される面もあり、他院で実績を積み、評判を集めている医師を引き入れるインパクトは大きい。特に2025年に向かって機能分化を推し進めている現在、医療機関では経営・診療の中核を担うような人材を採用し、差別化を図ろうとするニーズは高まっている。しかし医療機関の立場からすれば、一般の医師採用も簡単ではない中でエース級のスキルを持った人材の採用となると採用の難易度はさらに上がる。ヘッドハンティングを通じた採用活動はこうした中で、医療機関の採用手法として市民権を得ている現状がある。

若手層にもチャンス?引き抜きを受けやすい条件とは?

上記のような背景があるため、従来医療機関がヘッドハンティング対象として選ぶのは、当然ながら際立った臨床スキル、マネジメント能力を持ったベテラン層の医師が中心。また、ヘッドハンティングを通じて入職した医師には、将来的に医療機関の中核となることも期待されるため、経営方針や病院としてのビジョンに対してどこまで共感を示してもらえるかも厳しく見られる傾向がある。

上記に加え最近の傾向として、若手層の医師がヘッドハンティングの対象となることも増え始めている。インターネットメディア等の台頭によって所属や役職、年齢問わず医師個々人の考えや実績が見えやすくなったこと、「若くて体力のある医師に長期に活躍してほしい」というニーズは高まってきていることなどから、30代後半ほどの若手層であってもヘッドハンティングを受けるケースが増えてきていることが背景に考えられる。

ヘッドハンティングは好待遇な反面、慎重な判断を

これまでの実績に対する評価もあって、ヘッドハンターから提示される年収額や待遇は、一般の相場よりも総じて高水準であることが多い。また、30代中盤から40代後半というキャリアに悩み始める年代の医師にとっては、「自分のことを本当に必要に思う医療機関からの申し出であれば」と案件への興味も高いと言える。ただ一方で、医療機関側からはそれ相応の期待もあり、一度入職すると簡単にはやめづらくなるほか、ヘッドハントを受けるほどの医師の場合、現在の患者の引き継ぎや診療体制への影響もありえるため、ヘッドハントを引き受けるか否かには数か月、場合によって数年がかりの判断が求められるケースもある。

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. コラム

この記事の関連記事

  • コラム

    病名告知…誰に、何を、どこまで伝える?

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられています。今回は、エピソード「侵略者」より、患者の「知る権利」「知らされない権利」に医師はどう応えるかについて考えます。

  • コラム

    「なぜ医師に?」キャリア迷子の処方箋

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられています。今回は、エピソード「三者三様」より、自分の意思でキャリアを歩む大切さについて考えます。

  • コラム

    ネコ、赤ん坊、代議士がケガ…誰から救う?

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられています。『ブラック・ジャック』のストーリーと、現代の医療現場を照らし合わせながら、さまざまな角度で考察する本企画。今回は、エピソード「オペの順番」より、トリアージについて考えます。

  • コラム

    エビデンスだけで患者は満足できない?

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられています。『ブラック・ジャック』のストーリーと、現代の医療現場を照らし合わせながら、さまざまな角度で考察する本企画。今回は、エピソード「目撃者」より、患者への寄り添い方について考えます。

  • コラム

    どうする?医療費を払わない患者の懇願

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられています。『ブラック・ジャック』のストーリーと、現代の医療現場を照らし合わせながら、さまざまな角度で考察する本企画。今回は、エピソード「サギ師志願」より、医療費未払い問題について考えます。

  • コラム

    診療拒否が正当化、変わり始めた「応召義務」

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられています。『ブラック・ジャック』のストーリーと、現代の医療現場を照らし合わせながら、さまざまな角度で考察する本企画。今回は、エピソード「曇りのち晴れ」より、医師の応招義務(応召義務)について考えます。

  • コラム

    ガイドラインにない“医師の仕事”実感した日々

    ドクターと医学生の交流を目的とし、将来の選択肢を増やすためのイベント「Doctors’ Style」の代表を務める正木稔子先生。今回は、医師が“命”に寄り添うことについて語ります。

  • コラム

    患者からの怒り、どう受け止める?

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられています。『ブラック・ジャック』のストーリーと、現代の医療現場を照らし合わせながら、さまざまな角度で考察する本企画。今回は、エピソード「復しゅうこそわが命」より、患者から理不尽な怒りをぶつけられた時の対応について考えます。

  • コラム

    しがらみに縛られたキャリアの行方

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられています。『ブラック・ジャック』のストーリーと、現代の医療現場を照らし合わせながら、さまざまな角度で考察する本企画。今回は、エピソード「ふたりのピノコ」より、医師の働く姿勢について考えます。

  • コラム

    医師が円満に引退するコツ

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられています。『ブラック・ジャック』のストーリーと、現代の医療現場を照らし合わせながら、さまざまな角度で考察する本企画。今回は、ストーリー「助っ人」より、医師の引退について考えます。

  • 人気記事ランキング