1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 長文インタビュー
  5. 医師インタビュー企画 Vol.17 山本雄士
長文インタビュー

医師インタビュー企画 Vol.17 山本雄士

2015年10月7日

病院の外から医療を開拓する山本雄士
臨床の第一線を離れ、起業家として医療への貢献の道を探る医師がいる。山本雄士、日本人医師として初めてハーバード・ビジネススクールでMBA(経営学修士)を取得し、2011年に予防医療ビジネスを展開する株式会社ミナケアを創業した人物だ。日本ではまだ発展途上とも言える予防医療の領域に力を入れる山本。そのルーツは、臨床現場で感じた素朴な思いなのだという。

患者さんにとってうれしいのは、「病気にならないこと」

vol17_1事業コンセプトは、「ヘルスケアを『コスト』から『投資』へ」。

山本が創業した株式会社ミナケアは、健康保険組合(健保組合)などが保有する健康診断・レセプトデータを解析し、保険加入者の健康向上戦略を提案する。病気を未然に防げば、医療費支出の削減にもつながる。従業員はわずか10余名だが、サービス対象者となる保険加入者は、200万人以上。多いようにも見えるが、全人口に換算すると、まだ数パーセント。今後の成長の余地は大きいと見ている。

「患者さんだって、病気を治されるよりも、病気にならない方がうれしいはず」―取り組みの意義を端的に語る一方、山本は、予防医療ビジネスを日本で進める難しさについて、次のように指摘する。

「国民皆保険制度の日本では、病気になっても3割の支払いで済む。そういう状況下で、予防医療のサービスを満額自己負担で利用してもらうのは、簡単ではありません。サービスを広めるには、医療に対する日本人の意識を根本から変えなければなりません。

予防医療ビジネスのファーストプレーヤーとしての重責は感じます。反対の声を押しのけて起業したミナケアが仮に潰れると、『やはり予防はダメだったか』と周囲から言われ、日本では予防医療が根付かないと思われてしまい、予防医療ビジネス全体への評価を下げることにもなりかねない。予防医療がビジネス・政策上のトラウマになってしまうことだけは避けたいと思っています」

きっかけは、研修医時代の疑問

なぜ山本は、予防医療にのめり込むようになったのか。そのきっかけは、研修医時代にさかのぼる。

好奇心旺盛だった山本は、東京大学医学部卒業後、4年で6つもの病院を渡り歩いた。当時は起業するつもりなど全くなく、臨床医としての修練の一環として、とにかくいろいろな病院で経験を積んでみたかったのだという。数々の病院の臨床現場を眺めるうちに、山本の中にある問題意識が膨れ上がっていった。

「いろいろな病院で患者さんと接していて気になったのは、『そもそもなぜ患者さんは、症状が重くなってから病院に来るのか』ということです。

vol17_2なぜ、もっと早い段階で来院してもらえないのか。一方で、医療機関はまるで『重病になったらいらっしゃい』と言わんばかりで後手に回っているようにも見え、危機感がつのりました」

医療機関では病気の診断と治療が中心。しかし、病気になる手前から医学的な介入があれば、個人にとっても、社会にとっても、メリットが大きいのではないか―日本の医療のあり方に対するこうした疑問は、山本の中で次第に大きくなっていった。

「日本の医療はこのままで大丈夫なのか」。その思いを東大病院在籍時の上司に打ち明けたところ、「医療体制そのものに問題意識があるなら、アメリカのビジネススクールでマネジメントを学び、MBAを取得してはどうか」と勧められた。それまで考えもしなかったことだったが、山本は躊躇なく渡米を決め、ハーバード・ビジネススクールへと進んだ。臨床には充実感も感じていたが、「問題意識をもやもやと抱き続けながら働くのは嫌だ」という思いが、山本を動かした。

今求められている医療を「何も考えてこなかった」

vol17_3ハーバード・ビジネススクールに入学した当時、山本は医師7年目。医療業界の価値観に染まり切っていない多感な時期に外の世界に目を向けたことで、一気に視野が広がった。

「ビジネススクールでは、それまで出会ったことのなかったような価値観に数多く出会いました。その度に、いかに自分が『病院の論理』で物事を見ていて、世の中の論理を理解していなかったかを思い知りました。

講義で口酸っぱく教えられたのは、『顧客にどんな価値を届けるか』を徹底的に考えること。『提供するサービスが顧客のニーズに本当に合っているのか』と何度も問いただされたことによって、それまで自分は、『患者さんは常に最高水準の医療を求めている』という前提で動き過ぎていたのだと気づきました。今の時代に必要とされている医療の役割や意義についてほとんど考えてこなかった。そう思うと、非常に衝撃的でした」

ハーバード・ビジネススクールでの“衝撃”から生まれた「山本雄士ゼミ」

帰国後、山本が取り組み始めたのが学生や社会人で医療業界のしくみや組織論、先進的な病院や事業について議論する「山本雄士ゼミ」だ。月1回程度、ハーバード・ビジネススクールで使われる教材を使って、医療保険制度の国際比較や、先進的な医療機関の経営問題などのケーススタディを行っている。ゼミの意義を山本は、次のように語る。

「わたし自身がハーバード・ビジネススクールにまで行ってはじめて『患者さんに必要とされる医療とは何か』と考え始めたように、医学生には、『医療を通じてどんな価値を患者に提供したいのか』を考える機会が少な過ぎる。そして、自分が考える『価値ある医療』を実現するためのマネジメント能力やリーダーシップを学ぶ機会もほとんどありません。ゼミに参加することで、医療業界の基本構造や経済の原理原則、マネジメント手法などを学び、医療業界の改革やそこでのキャリア設計の一助にしてもらえたらと思っています」

起業直前まで自問自答

MBAを取得し、日本に戻った山本の元には、さまざまな依頼が舞い込んだ。「日本人医師がハーバード・ビジネススクールでどんなことを感じたのか聞きたい」「医療とビジネスの両側面を知る立場から、アドバイスをして欲しい」―こうした声に応じているうち、気づけば、国や公的機関の研究職、医療系民間企業のアドバイザーなど、4年間で15の肩書きを持つほど、活動は多岐に渡った。

vol17_4このころには、「病気になる前から医学的介入をすべき」という研修医時代からのテーマに対する解決策も、何となくイメージできるようになっていた。予防医療ビジネスという、ミナケア創業にもつながるアイデアだ。

ただ、実際に起業するまでには、一定の時間を要した。

「いろいろな方に起業を相談すると、背中を押してくれるのはごく少数で、大半が反対意見。ビジネススクールへ入学したとき、反対されても気にしなかったのですが、このときばかりは躊躇しました。

わたしはビジネススクールで経営について学びましたが、実際に経営の現場で働いた経験はありません。だから、アイデアを実現させられる能力が自分にあるのかも信じきれませんでした。端的に言えば、“ビビっていた”のだと思います。

優秀な経営者であれば、他にたくさんいます。だから、『どこかの誰かが事業を始めてくれないかな』という思いもありました。でも、待てど暮らせどそんな気配はない。医療者の間でも、同様の問題意識を持って『改革が必要だ』と主張する声はありましたが、従来の枠組みから外に出てまでして本当に取り組む人はいませんでした」

迷いながらも、最終的に起業した決め手を次のように語る。

「結局、自分がやらなければいけないと思いました。このアイデアを世に出したいという気持ちが勝ったんです」

2011年2月、ミナケアは誕生した。起業から数年、まだまだ先行き不透明な部分はあるものの、日本において予防医療をビジネスとして展開している実例を示せた意義は大きいと語る。vol17_4

「医療を放っておけない、何かしたいと思いながらも、自分に何ができるのか、何をしたらいいのかわからずに立ち止まっている人たちは多いと思います。ミナケアが一つの成功例となって、『医療業界にはチャンスがありそうだ』という雰囲気を醸成できたら、とてもうれしいです」

医療再興に向かって

病気を“治す”医療から、病気に“させない”医療へ。研修医時代に抱いた漠然とした思いは、アメリカ留学や起業を経て洗練され、ゆるぎない信念となった。一途に一つの問題意識に向かい合ってこられたわけを、山本は次のように語る。

「わがままかもしれませんが、自分のアイデアを追求して何か形にしないと、気が済まないんでしょうね。

vol17_5ときどき、『なぜ自分はこんなキャリアを選んでしまったんだろう』と不安になることもあります。臨床医として働き続けていたとしても、充実した日々を送れていたかもしれません。しかし、病院を飛び出してアメリカに渡ったころのわたしは、問題意識をもやもやと抱えながら現場で働き続けることに耐えられませんでした。行政や日本の文化、教育を悪者にして医療業界の現状を嘆いてばかりいるのではなく、『患者にとって必要な医療』をゼロベースで自分なりに考えて、実現させてみたい。重要な意思決定の時にはいつも、そんな思いが勝っていました。

医療にはまだまだ潜在的な力がある。もっと患者さんのニーズを実現できる余地があるというのが、わたしの持論です。あるべき医療の姿を現場の医療従事者はもちろん、行政や企業、さまざまな立場の人たち一人ひとりがゼロから定義し、その実現のために何が足りないのかを、考え、行動していく。そうすればこの国はきっと、もっと良くなるはずです」

山本 雄士
やまもと ゆうじ
株式会社ミナケア 代表取締役

1999年 東京大学医学部卒業
1999年 東京大学医学部附属病院、東京都立広尾病院などに勤務
2006年 マッキンゼー・アンド・カンパニー シリコンバレー支社にてインターンシップ
2007年 ハーバード・ビジネススクール卒業
2007年 独立行政法人科学技術振興機構 研究開発戦略センター フェロー、厚生労働省 楠岡班研究協力者、株式会社キャピタルメディカ メディカルアドバイザー、慶應義塾大学クリニカルリサーチセンター客員准教授などを歴任
2011年 株式会社ミナケア 代表取締役、公益財団法人日本医療機能評価機構 客員研究員、山本雄士ゼミ主宰
2012年 ソニーコンピュータサイエンス研究所 リサーチャー、内閣官房医療イノベーション推進室 企画調査官
2015年現在 株式会社ミナケア 代表取締役、ソニーコンピュータサイエンス研究所 リサーチャー、山本雄士ゼミ主宰、厚生労働省保健医療2035推進参与、21世紀医療フォーラム 代表世話人など

エムスリーキャリアは、より多くの選択肢を提供します

先生方が転職をする理由はさまざまです。

  • 現状のキャリアや働き方へのご不安・ご不満
  • ご家庭の事情や、ご自身の体力面などの事情
  • キャリアアップ、新しいことへの挑戦
  • 夢の実現に向けた準備

など、多様なニーズに応えるために、エムスリーキャリアでは全国から1万件以上の求人を預かり、コンサルタントは常に医療界のトレンド情報を収集。より多くの選択肢を提供し、医師が納得のいく転職を実現しています。

転職すべきかどうかも含め、ご相談を承っています。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 長文インタビュー

この記事の関連記事

  • 長文インタビュー

    医師インタビュー企画 Vol.21 名知仁子

    ミャンマーの医療に全力を捧げる医師・名知仁子。巡回診療、保健衛生指導、家庭菜園指導の3つの活動を通して、ミャンマー人の健康を支える名知仁子。大学病院、国境なき医師団といった最前線の経験を経て行き着いたのは、日常生活からの自立支援だった。とはいえ、名知ははじめから崇高な目標を持っていたわけではない。人生プランに国際医療が加わったのは30歳過ぎ、海外の地に降り立ったのは39歳のときだった。途中、乳がんなどを患いながらも医師として走り続ける理由とは――。

  • 長文インタビュー

    医師インタビュー企画 Vol.20 吉田穂波

    「女性は子どもを産むと戦力外?」当時の前提に疑問を抱いた女性医師「子どもを産むと仕事ができなくなる」のは本当か。

  • 長文インタビュー

    医師インタビュー企画 Vol.19 髙橋昭彦

    障がいを持つかどうかは確率の問題。たまたま障がいを持つ人とその家族が、なぜこんなにも苦しまなければならないのか――。この思いを出発点に2002年から栃木県宇都宮市で「医療的ケア児」と呼ばれる子どもたちを対象にした在宅医療、家族支援をしているのが髙橋昭彦だ。その取り組みが認められ、2016年には日本医師会「赤ひげ大賞」を受賞。採算度外視で我が道を行く髙橋だが、40歳を迎えるまでは自身の生き方に悩んでいたという。髙橋のキャリアを突き動かした出来事とは。

  • 長文インタビュー

    医師インタビュー企画 Vol.18 加藤寛幸

    紛争地帯や災害地域で危機に瀕した人々への緊急医療援助を展開する「国境なき医師団」。その日本事務局会長として、途上国での医療活動に身を投じているのが加藤寛幸だ。医師としてこれまで9回にわたり援助活動に参加してきた加藤。途上国医療の光も闇も目の当たりし、挫折を繰り返してなお活動に身を投じ続けるのには、わけがある。

  • 長文インタビュー

    志水太郎が「愛され指導医」になれたわけ

    東京都江東区の東京城東病院(130床)。同院には、異例の人気を誇る後期研修プログラムが存在する。立ち上げたのは、若くして日本・アメリカ・カザフスタンで医学教育に携わってきた志水太郎だ。志水のノウハウをまとめた著作『愛され指導医になろうぜ』(日本医事新報社)は現在、後進指導に悩む指導医のバイブルとして親しまれている。30代という若さにして、華々しい実績を残しているように見える志水。しかしその裏には、数々の挫折があった。

  • 長文インタビュー

    医師インタビュー企画 Vol.15 新村浩明

    「これ以上の極限状態はないと思った」。東日本大震災が起こった2011年3月を、ときわ会常磐病院(福島県いわき市、240床)の院長代行、新村浩明はこう振り返る。あれから数年、被災地の医療が新たな局面を迎えた今、新村には、この病院で成し遂げたいことがあるという。

  • 長文インタビュー

    医師インタビュー企画 Vol.14 林祥史(北原国際病院脳血管内治療部長)

    カンボジアに日本発の救命救急センターが設立されようとしている。2016年1月からの稼働を目指してプロジェクトを推し進めているのが、林祥史だ。34歳という若さで、北原国際病院の血管内治療部長として診療を続けながら、株式企業KMSI取締役としてカンボジアプロジェクトの指揮を執る。日本式医療を海外に輸出しようとする、その原動力とは―。

  • 長文インタビュー

    医師インタビュー企画 Vol.13 渡邊剛(ニューハート・ワタナベ国際病院 総長)

    「日本の心臓外科医療を立て直す」ために新病院を立ち上げたニューハート・ワタナベ国際病院・渡邊剛総長を特集。心臓外科手術の成功率99.5%を実現し、大学教授にまでなった渡邊総長がいま、大学を飛び出し、新病院を立ち上げた背景とは?渡邊総長の医療、心臓外科、そしてダ・ヴィンチ手術にかける想いを聞いた。

  • 長文インタビュー

    医師インタビュー企画 Vol.12 佐藤賢治

    「“仮想”佐渡島病院構想」に挑戦する佐藤賢治。日本海沿岸に位置する、新潟県の佐渡島。過疎化・高齢化や医療者不足といった、地域医療に共通する課題の先進地域であるこの離島で、2013年4月から、あるプロジェクトが動き出した。

  • 長文インタビュー

    医師インタビュー企画 Vol.11 岡田正人

    人間だから間違っても仕方ないと思わないこと。医師になるとは、患者さんから信頼を得るということです。だから、その患者さんの信頼を裏切らないように、常に『自分は間違っているのでは』と思って、細心の注意を払いながら患者さんを診なければいけません。

  • 人気記事ランキング