1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 医師の働き方改革、若き離島医が抱える想い―砂川惇司氏(大原診療所)
事例

医師の働き方改革、若き離島医が抱える想い―砂川惇司氏(大原診療所)

2019年10月24日

将来は故郷に貢献したいと考え、医師を志した宮古島出身の砂川惇司氏。離島研修が受けられる沖縄県立中部病院で研さんを積み、2017年より沖縄県西表島の診療所に赴任し、専攻医として日々診療にあたっています。「医師の働き方改革」の渦中にもいる砂川氏に、離島医としての想いや今後の展望についてお話を伺いました。(取材日:2019年7月13日)

家庭医へ舵を切った理由

──医師を志した理由から教えてください。

わたしは宮古島出身で、将来は島に何かしら貢献したいと思っていました。母が臨床検査技師で幼いころから病院が身近な存在だったので、自然と医師を目指すようになりました。

──現在、家庭医療専攻医の砂川先生。診療科はどのように決めたのですか。

学生時代は、臓器別の診療科に進んで、将来的に宮古島の病院で勤務できたらと考えていました。家庭医へと舵を切った大きなターニングポイントは、離島診療所で実習を受けたことです。

宮古島と石垣島の間には、多良間島という人口1200人程度の小さな島があります。大学5年の終わりに、その島唯一の診療所である多良間診療所で実習する機会がありました。出身地の宮古島は人口5万人超の比較的大きな島であるものの、わたしが育った地域が多良間島の雰囲気にとても似ていたんです。例えば、島の風景や人口密度など物理的に似ている他、私自身の「家族で漁をしたこと」「畜産業を営む家に生まれたこと」など育った環境が、多良間島にもありました。そして、多良間診療所の先生がその地に暮らしながら医療を提供している姿を見て、とても楽しそうだと感じました。日中は外来診療や健康講座を行い、夜は友人が釣ってきた魚を捌いて一緒に夕食を楽しむ──。自分が生まれ育った地域と似たような環境で働いていることがとても魅力的に映り、離島医療に携わりたいと考えるようになったのです。
大学卒業後は、後期研修プログラムの中に離島研修がある沖縄県立中部病院で研さんを積み、離島研修修了終了後も西表島の東部にある大原診療所に勤務しています。

働き方改革の渦中、西表島の診療所に勤務

──西表島で離島医として働いてみて、いかがですか。

県立中部病院での研修中から先輩方に言われていましたが、自分が提供できる医療レベルがそのまま島の医療レベルになります。島の人たちは、わたしができる治療は受けることができますが、わたしができない治療は島の外に受けに行かなければならない――。つまり、わたしのスキルが島の人たちの生活に直結するのです。その責任感の重さを、本島での研修中に頭では理解していましたが、実際に離島の医師として勤務するようになって初めて実感していますね。そのような環境下だからこそ、自分がスキルを磨けば磨くほど、島の人たちに還元することができます。それがやりがいであり、モチベーションになっていますね。

──西表島は2019年7月から、平日夜間の救急患者対応を輪番制にすると発表がありました。(※取材日時点)

これは、西表島に2つの診療所があるからこそ実現したことです。わたしは東部の診療所に勤務していますが、西部にもう1つ診療所(西表西部診療所)があります。昔は道が整備されていなかったため、1つの島に2つの診療所があるという背景があります。片道1時間以上かかるものの、陸路でつながっていて行き来できるので今回の輪番制が実現しました。

──輪番制の背景には「医師の働き方改革」があるそうですが、これについてどうお考えですか。

島の人はみな、それぞれに役割を持っています。例えば、家電を直す人、車の整備をしてくれる人、商店を開いてくれる人──。島の中でわたしは、医療を提供する役割を担っています。自宅の電気が壊れたら電気屋さんに営業時間終了後の17時を過ぎてもちょっと相談させてもらうこともあるように、わたし自身も診療時間を過ぎてもちょっとした相談を受ける──。相談に乗るのは、一住民として医療を提供するわたしの役割だと思うので、それを時間で線引きしてしまうのは、心苦しく感じています。

24時間365日の勤務環境の良し悪しはさておき、そのような環境であることを知った上で自ら希望して勤務していますし、島の人たちの健康管理を任されているのは、働くうえでの責任感と大きなやりがいにもなっています。そのため、東部地区に住んでいる方のことは、常に自分が診ていたい思いもあります。一方で、これからの離島医療や後輩たちのことを考えると、必ずしも24時間365日体制を維持することが良いとは言えないのも事実。1つの島に2つの診療所がある、このような環境下から何か働き方改革をしていかなければいけないとも思っていたので、島の人たちのことを考えると心苦しいですが、当診療所ともう1つの診療所で役割を分ける必要性はあると思っています。

宮古島の家庭医として、何を還元していきたいか

──今後の展望は、どのように思い描いていますか。

どのようにさらなるスキルアップを図っていくかは、現在模索しているところですが、最終的には、宮古島に戻って医師として島に貢献したいと考えています。
今回、西表島で平日夜間の救急外来対応の輪番制が始まったことで、今後他の離島でも、離島医の働き方に少しずつ変化があるかもしれません。環境の変化にかかわらず、わたしは医療を提供することが役割である一住民としてその土地に暮らし、人や宗教、文化、習慣といった患者さんの生活背景を理解したうえで医療を提供し、必要があれば24時間365日いつでも住民の健康を守る存在でありたいと思います。

地域医療にご興味のある先生へ

各地で奮闘する先生お一人おひとりのご活躍によって、日本の医療は支えられています。
この記事をお読みになって、もしも「地方での勤務に興味はあるが、なかなか踏み出せない」とお考えでしたら、一度コンサルタントにご相談いただけないでしょうか。

先生のご懸念やご事情を伺った上で、地方の実情や待遇、サポート体制など正直にお伝えし、前向きな気持ちで次のキャリアに踏み出せるように最大限のご支援をしたいと考えております

先生の決断が、地域を、医療を変えるかもしれません。新天地でのご勤務・転職をお考えでしたら、ぜひお問い合わせください。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    医師の夢“ちょっと医学に詳しい近所のおばさん”――吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・後編

    医師としてフルタイムで働きつつ、地域での社会活動にも尽力している吉住氏。「幅広い世代が集まる場所」をつくろうと、奮闘しています。なぜ、忙しい時間を縫って社会活動をするのか。どのような医師を目指しているのかを伺いました。

  • 事例

    元ヘルパー医師が考える、引き算の医療―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・中編

    臨床検査技師や介護ヘルパーを経て、呼吸器内科医となった吉住直子氏。研修先や診療科を選ぶ際は、常に「理想的な高齢者医療」を念頭においていました。実際に診療を始めると、前職の経験がプラスに作用することがあるとか。また、以前は見えなかった新しい課題も浮き彫りになってきたと語ります。

  • 事例

    2つの職を経た女医が、介護にこだわる理由―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・前編

    「ちょっと医学に詳しい近所のおばさんを目指している」と朗らかに話すのは、医師の吉住直子氏です。医学部に入るまでは、臨床検査技師や介護ヘルパーの仕事をしていて、介護現場に立つうちに医師になろうと決意しました。どのような思いで、医師というキャリアを選んだのでしょうか。インタビューを3回に分けてお届けします。

  • 事例

    南海トラフ巨大地震に備えて、医師にできること ――森本真之助氏(三重県 紀南病院)

    森本氏は専門医取得を目指すことに加え、「災害に強いまちづくり」の活動をさらに広げています。診療にとどまらず、地域の大きな課題に取り組む森本氏に、これまでのキャリアと活動を伺いました。

  • 事例

    運営休止した銚子市立病院で、60代医師が働きたいと思った理由―蓮尾公篤氏(銚子市立病院)

    大学病院、神奈川県の公的病院にて長年、外科医として勤務してきた蓮尾公篤先生。医師になったときから思い描いていたキャリアを実現させるべく、60歳を過ぎてから転職活動をスタートします。さまざまな選択肢の中から転職先に選んだのは、かつて運営休止に追い込まれてしまった銚子市立病院でした。蓮尾先生が銚子市立病院に入職を決めた経緯、今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    地元・山口に還元する家庭医が描く夢―玉野井徹彦氏(山口大学総合診療部)

    現在、山口大学総合診療部にて臨床・教育・診療体制の改善に取り組むのは、家庭医の玉野井徹彦(たまのい・てつひこ)氏。もともと同氏が医師を志した理由は、地元・山口県の環境保護に取り組むためというユニークなものでした。そんな玉野井氏が思う、山口県の抱える課題と将来実現したい夢とは――。

  • 事例

    町医者に憧れ、被災地で学び、家庭医として地元へ還元する―遠藤貴士氏(モミの木クリニック)

    現在、モミの木クリニック(福島県郡山市)で家庭医として勤務している遠藤貴士(えんどう・たかし)氏。初期研修時、「良い意味で“ごちゃまぜ”」な家庭医に魅力を感じ、家庭医療の道を志します。その後、被災した石巻市での活動を経て、東北地方に当時はなかったGIMカンファレンス(全国各地の有志が開く総合内科の勉強会)を立ち上げます。遠藤氏のこれまでの活動や今後の展望を取材しました。

  • 事例

    「ならば自分が」医師不足に心痛めて薬剤師から医師に ―佐藤英之氏(坂総合病院

    薬剤師から医師へ異色のキャリアチェンジを果たした佐藤英之氏。鹿児島県の調剤薬局で働いた経験などから、地方医療における医師不足や、これに伴う患者の選択肢の少なさについて危機感を抱いていました。これまでの経験を活かし、佐藤氏が歩もうとしている道とは──。

  • 事例

    救急医療改革で、より多くの患者さんを救える日本へ――安藤裕貴氏(一宮西病院)

    安藤裕貴氏は、日本の救急医療に課題を見出し、MBAを取得。2018年からは、ビジネススクールで学んだマネジメントの知識を生かし、一宮西病院(愛知県一宮市)で総合救急部救急科部長として救急改革に取り組んでいます。さらに、改革の輪を全国に広げようと、若手医師の育成にも尽力。安藤氏が思い描く理想の救急医療の姿と、理想の実現に向けた取り組みを聞きました。

  • 事例

    北海道の若手医師のために、道外へ飛び出した総合内科医のビジョン―小澤 労氏(国立病院機構栃木医療センター)

    北海道出身の総合内科医・家庭医、小澤労氏が初期研修を経て感じたのは、「北海道では、自分のなりたい医師にはなれない」ということでした。尊敬する医師の言葉に背中を押され、道外へと踏み出します。小澤氏が思う、北海道が抱える総合内科教育の課題と、若手医師を救うためのビジョンを取材しました。

  • 人気記事ランキング