1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 永寿総合病院に、世界からバレエダンサーが集まるわけ―私の専門外来Vol.2バレエ外来(前編)
事例

永寿総合病院に、世界からバレエダンサーが集まるわけ―私の専門外来Vol.2バレエ外来(前編)

2018年12月5日


東京・上野にある永寿総合病院・整形外科は1994年より国内初となるバレエダンサーを対象とした専門外来を開設し、足部や足関節などに起こるダンサー特有の傷害を約四半世紀にわたって診療し続けています。
同外来を開設したのは、当時バレエダンサーのケガや障害の第一人者だった故小川正三医師。その後、体調を崩された小川医師に代わって98年に後を継いだのが、元整形外科主任部長の平石英一医師です。日本整形外科学会認定専門医、日本足の外科学会評議員、日本靴医学会評議員を務める足部や足関節の整形外科疾患を専門とし、日本人ダンサーの健康、QOL、トレーニング、パフォーマンスの向上を目指す日本ダンス医科学研究会の理事の1人でもあります。この20年間、原則週1回の専門外来で年間約170人前後のダンサーたちの治療にあたってきました。今回は、世界から日本人バレエダンサーが集まるようになった外来の軌跡について取材しました。

バレエダンスとケガ・故障は隣り合わせ

日本は世界有数のバレエ大国で、バレエ人口は40万人もいると言われています。 “お稽古事”として習う人もいれば、プロのダンサーを目指して海外のコンクールでの上位入賞、さらに留学して本場である欧米などで活動するなどレベルはマチマチですが、練習などによって足などのケガや故障と隣り合わせであることは共通しています。

特定非営利活動法人芸術家のくすり箱が2012年、プロフェッショナルなバレエ団16団体を対象に調査した結果によると、バレエによるケガや故障で治療経験のある人は、95%に上っています。特にバレエでは、トウシューズを履いたときのつま先立ちや180度の開脚など無理な体勢が祟って足関節、股関節などのケガや故障が多く発生します。

「データをとると足首や足でだいたい65%で、次いで股関節や膝が多く、ほかにも腰椎や胸椎、肩などもありますが、8割以上が股関節からの下肢に集中しています」と平石医師。さらにバレエ特有の動きに加え、「疲労」や「オーバーユース(使いすぎ)」など、過度な練習が原因で徐々に障害が進行していくケースが多いといいます。

「当外来に来る方も、1時間半くらいのレッスンを週5回くらい行っている人が多いですね。コンクール前になると土日も練習ということも珍しくありません。練習の積み重ねで身体のどこかに負担がかかり、痛みが生じてくるわけです」と平石医師は説明します。

足の外科を診る医師が少ない


いわば、足のケガや故障はバレエダンサーにとって“職業病”ともいえますが、なかでも多いのが足関節後方インピンジメント症候群や、足の疲労骨折です。

足関節後方インピンジメント症候群は、踵を上げ足の指全体で体重を支えるデミ・ポアントや、トウシューズを履き、つま先で立ったポアント姿勢など、足関節を強く底屈させたときに、足関節後方の踵骨や距骨、軟部組織がインピンジ(衝突・挟まる)して痛みが生じます。足関節後方に過剰骨の1つである三角骨や距骨後突起の骨折や骨挫傷等で痛みが誘発されることもあり、三角骨障害では同時に足の親指を曲げる腱(長母趾屈筋腱)の障害を起こすことも少なくありません。

また、疲労骨折は身体の一部に継続的に負荷がかかることによって生じる骨折であり、バレエで好発するのは、足の甲の部分の第2中足骨の疲労骨折。フェッテやピルエットなどの回転やジャンプなどによって繰り返し衝撃が加わることで骨に亀裂が生じたりする障害です。疲労骨折は脛骨でも多く発生するほか、稀に腓骨でも足関節よりやや近位に発生し、膝周辺の腱障害、半月板損傷もジャンプを繰り返すなどの過度の負担で発症します。

小川医師がバレエダンサーの専門外来を立ち上げたのは、こうした医療機関が当時、ほとんどなかったからです。「小川先生自身、バレエが好きで、著名なバレエダンサーも診療していました。多くのダンサーたちを診るなかで、足の整形外科の分野を開拓し、ひっぱってこられたと思います」(平石医師)。

先述のNPO法人の調査では、ケガや故障などの際にどのようなことに困っているかを尋ねていますが、治療やリハビリでは「良い医師やトレーナーがわからない」「治療内容に不満・治療効果がでない」「医師のバレエの動き・活動への理解不足」などが数多く挙げられ、ダンサーたちの治療などへの不満や不安が浮き彫りになっています。小川医師から平石医師に引き継がれても、同外来はダンサーたちの数少ない拠り所となり、その活動を今なお支えているのです。

【提供:m3.com Doctors LIFESTYLE

従来の価値観に とらわれない働き方をしたい先生へ

先生の「やりたい」を叶えるためには、従来の働き方のままでは難しいとお悩みではありませんか。

  • 医師業と、自分のやりたいことを兼業したい
  • 病院・クリニック以外で医師免許を生かして働きたい

もし上記のようなお考えをお持ちでしたら、エムスリーキャリアのコンサルタントにご相談ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    オリンピック出場を目指す研修医の思い―医師と2足のわらじvol.19(後編)

    初期研修医と世界クラスの山岳ランナーという二つの顔を持つ髙村貴子先生。今シーズンからは山岳スキーも始め、年間を通じて山を駆ける髙村先生は、将来にどんなビジョンを描いているのでしょうか。医師として、山岳ランナーとして目指している場所を伺いました。

  • 事例

    研修病院決定の決め手は「そこに山があったから」―医師と2足のわらじvol.19(中編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    国試の前は地獄…山岳ランナーと医学生の両立―医師と2足のわらじvol.19(前編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    医師の夢“ちょっと医学に詳しい近所のおばさん”――吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・後編

    医師としてフルタイムで働きつつ、地域での社会活動にも尽力している吉住氏。「幅広い世代が集まる場所」をつくろうと、奮闘しています。なぜ、忙しい時間を縫って社会活動をするのか。どのような医師を目指しているのかを伺いました。

  • 事例

    元ヘルパー医師が考える、引き算の医療―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・中編

    臨床検査技師や介護ヘルパーを経て、呼吸器内科医となった吉住直子氏。研修先や診療科を選ぶ際は、常に「理想的な高齢者医療」を念頭においていました。実際に診療を始めると、前職の経験がプラスに作用することがあるとか。また、以前は見えなかった新しい課題も浮き彫りになってきたと語ります。

  • 事例

    2つの職を経た女医が、介護にこだわる理由―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・前編

    「ちょっと医学に詳しい近所のおばさんを目指している」と朗らかに話すのは、医師の吉住直子氏です。医学部に入るまでは、臨床検査技師や介護ヘルパーの仕事をしていて、介護現場に立つうちに医師になろうと決意しました。どのような思いで、医師というキャリアを選んだのでしょうか。インタビューを3回に分けてお届けします。

  • 事例

    不治の病を抱えながら、クリニックの院長へ ―病とキャリアvol.7(後編)

    40代でパーキンソン病を発症し、50歳で医師として働くことを辞めた橋爪鈴男先生。後編では、再び医療の世界に戻った時のエピソードと、病を抱えるようになって変化したことを語っていただきました。(取材日:2020年2月20日 ※インタビューは、資料や文書による回答も交えた形式で実施しました)

  • 事例

    「もう死にたい」動けない医師が光を見出すまで ―病とキャリアvol.7(中編)

    皮膚科医として、順調なキャリアを築いてきた橋爪鈴男先生。しかし、40代でパーキンソン病を発症した後、大学病院を辞すことを決意します。中編では、絶望を救った一つの言葉と仲間の支え、そして新たな治療を経て見つけた生き甲斐についてお話をうかがいました。

  • 事例

    40代でパーキンソン病「医師を続けられない」 ―病とキャリアvol.7(前編)

    順風満帆な生活から一転、晴天の霹靂のごとく襲いかかった難病──。橋爪鈴男先生は、40代でパーキンソン病を発症し、大学病院の助教授(当時)の職を辞すことを決意します。身体機能が衰えていく自分の姿に苦悩し、自殺を考えたこともあったそうです。しかし、生きる意味を見出し、再び医師として復帰するに至りました。前編では、突然の発症から大学病院の辞職を決意するまでのエピソードをお聞きしました。

  • 事例

    エンジニア、研究者を経て“ゴール志向じゃない自分“を肯定―医師と2足のわらじvol.18(後編)

    医学部を卒業後、ゲノム研究者とエンジニアを両立する日々を送っていた鈴木晋氏。「臨床がわからないと研究も深まらない」と考え、スキップしていた初期臨床研修を受けようと決意しました。その後、大学院でのプログラミングを用いた医学研究を経て、「治療アプリ」を研究・開発する株式会社CureAppの創業メンバーに。現在は、臨床を続けながら、同社の最高開発責任者(CDO)として開発全般を指揮しています。実は少し前まで、“ゴール志向”でない自身のキャリア観を肯定できずにいたとか。CDOとして働く現在は、どのように捉えているのでしょうか。

  • 人気記事ランキング