1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 福島と東京の2拠点で働き、個人の繋がりの力で世界に発信―谷本哲也氏(公益財団法人ときわ会常磐病院/医療社団法人鉄医会ナビタスクリニック)
事例

福島と東京の2拠点で働き、個人の繋がりの力で世界に発信―谷本哲也氏(公益財団法人ときわ会常磐病院/医療社団法人鉄医会ナビタスクリニック)

2017年8月2日

鳥取県米子市出身の谷本哲也氏が福島県いわき市の常磐病院に勤めるきっかけとなったのは、東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故。谷本氏は同病院で5年以上にわたって地方都市の地域診療に従事しつつ、東京都立川市のJR立川駅エキナカにあるナビタスクリニックで鉄道網に着目した大都市型の医療提供にも携わるという2拠点型の勤務を続けています。その傍ら、地域の診療経験から発想した最先端の課題を取り上げ、アメリカの『NEJM(ニューイングランド医学誌)』やイギリスの医学誌『ランセット』などに発表。さらに、中国やフィリピン、ネパールなどアジア圏での国際共同研究にも取り組んでいます。世代や専門分野、所属組織や国籍を超えた個人の繋がりの力を重視するという、谷本氏の働き方を取材しました。

転機は、東日本大震災後のひとつの論文

―常磐病院に勤務されるまでのキャリアについて教えてください。
九州大学卒業後、内科の医局に入局し、約10年間西日本にある大学病院や市中病院、国立がん研究センターなどで血液内科を中心に勤務してきました。臨床医としてのキャリアに一区切りがついたとき、違った角度から医療に携わってみたいと思い、医薬品の安全性や有効性を審査するPMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)の審査専門員になったんです。そこに所属して4年が経った時に東日本大震災が起こりました。

―東日本大震災がキャリアの転換点になったということですか。
そうです。福島第一原子力発電所が被災し、放射線被ばくの不安が福島県民をはじめ国内外に広がっていました。何か自分にできることはないかと考えた末に、血液内科医として行ってきた放射線治療や造血幹細胞移植の経験に基づいて、大量放射線被ばく事故が発生した場合どう対処したらいいのかをテーマに論文を書いたのです。それが英国医学誌『ランセット』に掲載され世界中にプレスリリースされる、ということがありました。

その後、机上の論理を振り回すばかりでなく、医師として実際の診療現場に立たなければとの思いがあり、多くの原発作業員が滞在しているいわき市の常磐病院で内部被ばく検査の立ち上げに関わるようになりました。いわき市は深刻な医師不足に陥っていましたし、わたし自身も行政的な仕事よりも臨床現場に戻りたい気持ちが強くなり、2011年9月から常磐病院の非常勤医として勤務を始めました。

―現在は、どのような働き方をしているのですか。
常磐病院と東京都立川市の大規模な駅ターミナル施設内にあるナビタスクリニック立川という、2つの医療機関を行き来しながら、主に外来診療を担当しています。ナビタスクリニック立川は、PMDAの職員だった時から週1回勤務をしており、都市生活者に効率的かつ円滑に医療を提供する理念を掲げながら、非常に多くの患者さんを診療しています。週の前半はナビタスクリニックで、週の後半は常磐病院で内科を担当しています。常磐病院にも2016年に血液内科が開設されましたが、医師不足地域ということもあって、基本的には一般内科医としての診療が主体ですね。また、東京と福島のどちらでも「谷本勉強会」という会合を主催しています。

地域の診療経験から見つかる最先端の課題を世界に向けて発信する

―「谷本勉強会」について詳しく教えてください。
所属組織や専門分野にかかわらず、医学論文を書きたい人が集まり、日々の診療や社会の出来事からテーマを考え、論文執筆を進める勉強会です。東京と福島の両拠点で週1回ずつ、診療時間外に開催しており、学生や初期研修医だけでなく、50歳前後のベテラン医師や看護師などのコメディカルも含め、十数名の幅広い参加者と一緒に行っています。また、直接の参加者だけでなく、西日本や海外の参加者ともSNSやスカイプで連絡をとりながら進めています。

先端医療を行う大学病院などでは閉じたピラミッド型組織の中で、それなりの研究費や設備がないと出来ない大規模臨床試験や基礎研究といったトップダウン型の研究を行う事例が多いと思います。一方、わたしたちは個人のフラットな繋がりを重視し、組織に頼らない開かれたネットワークを通じて、地域医療を実践しながら最先端の課題をボトムアップ型で見つけていく方法をとっています。その課題について英語で執筆し、アメリカの『NEJM(ニューイングランド医学誌)』や『JAMA(米国医師会雑誌)』、イギリスの医学誌『ランセット』や科学誌『ネイチャー』など世界レベルの専門誌で発表しています。論文のテーマや種類はさまざまですが、2017年は半年で既に20本以上を発表できるまでに成長してきました。

本勉強会は2012年から始めましたが、数年前からは、福島原発事故に興味を持ってくれた中国やネパール、フィリピン、イギリスの留学生も参加して共同執筆を進めることができています。

―地域での診療から発想して雑誌掲載に至った論文は、具体的にどのようなテーマがありますか。
例えば2017年2月に立川市などで、学校給食に出た「刻みのり」で集団食中毒が起こった事件がありましたよね。感染した患者さんの多くがナビタスクリニック立川を受診されたので、それをもとに、「乾燥したのりでも食中毒が起こる」という論文を執筆したところ、イギリスの感染症専門誌に掲載されました。これは刻みのりによる集団食中毒発症が、初めて英語論文で報告された事例となりました。

また、日々のニュースを敏感にキャッチし、テーマにすることがあります。北朝鮮の金正男氏が殺害された事件を受けて、地下鉄サリン事件の経験も踏まえテロ事件にどう対処したらいいかを議論してまとめた論文は、マレーシアの医学雑誌に受理されました。その他、難民の増加、カトリックと避妊、医療IT、といったテーマについて、イギリスやフィリピン、バングラデシュからの留学生と共同執筆してイランの医療政策専門誌に載ったこともあります。上海の復旦大学とは共同研究を長年進めており、最近は公衆衛生上問題となる側彎症に関する研究を実施しました。ネパールの医療問題についてもイギリスの医学誌『ランセット』、『ランセット•グローバル•ヘルス』で共同発表しています。

このように、わたしたちの勉強会で出てくるテーマは多岐に渡ります。もちろん大学などで行うトップダウン型の研究も大切ですが、地域のクリニックや中小病院にも埋もれている課題はたくさんあるので、それらを見つけ出し世界に向けて発信していくことは大変意義があると考えています。

専門分野や組織に縛られず、フラットな繫がりを重視

―東京と福島を行き来するライフスタイルは忙しそうにも映りますが、ご自身にとってどうですか。
常磐病院では、わたしのように東京といわきを行き来して働いている方は結構多いです。東京からいわきまでは、特急で片道2時間半ほど。通勤できない距離ではありませんし、わたしの場合、移動時間に執筆やSNSでの勉強会メンバーとのやりとり、課題を探るための情報インプットなどができるので、大きなメリットになっています。また、いわき市と立川市の両方を拠点にしていると、年齢をはじめ、社会的背景や価値観が異なる幅広い層の患者さんを診察できるので、自分の知識や経験の幅は各段に広がりました。

わたしは鳥取県出身なので、原発事故が起こらなければ福島県の病院に勤務することは恐らくなかったと思います。しかしながら福島県は、震災や原発事故がなかったとしても、医師が少ない地域。『ランセット』に掲載された論文をきっかけに内科医として関わることができたので、可能な限り勤務を続けたいですね。

また、インターネットやSNSが発達した世の中なので、大学や有名なブランド病院といった大組織に所属していなくても、一流の海外医学誌で発表することが以前よりも容易になってきています。わたしたちのような地域での学術活動は、出世や昇給などの現世利益には必ずしも直結しませんが、人的資本(ヒューマン•キャピタル)や社会関係資本(ソーシャル•キャピタル)を形成し、成長させるためには重要な意義があるのではないでしょうか。

世代や専門分野、所属組織や国籍を超えたフラットな個人の繋がりから生まれる力を重視し、見つけた課題を世界に発信する手法をキャリアの軸の一つに据え、今後も30年、40年と活動を続けたいと考えています。


この地域の求人情報
・ 東京都の常勤医師求人情報を検索する

地域医療にご興味のある先生へ

各地で奮闘する先生お一人おひとりのご活躍によって、日本の医療は支えられています。
この記事をお読みになって、もしも「地方での勤務に興味はあるが、なかなか踏み出せない」とお考えでしたら、一度コンサルタントにご相談いただけないでしょうか。

先生のご懸念やご事情を伺った上で、地方の実情や待遇、サポート体制など正直にお伝えし、前向きな気持ちで次のキャリアに踏み出せるように最大限のご支援をしたいと考えております

先生の決断が、地域を、医療を変えるかもしれません。新天地でのご勤務・転職をお考えでしたら、ぜひお問い合わせください。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    南海トラフ巨大地震に備えて、医師にできること ――森本真之助氏(三重県 紀南病院)

    森本氏は専門医取得を目指すことに加え、「災害に強いまちづくり」の活動をさらに広げています。診療にとどまらず、地域の大きな課題に取り組む森本氏に、これまでのキャリアと活動を伺いました。

  • 事例

    運営休止した銚子市立病院で、60代医師が働きたいと思った理由―蓮尾公篤氏(銚子市立病院)

    大学病院、神奈川県の公的病院にて長年、外科医として勤務してきた蓮尾公篤先生。医師になったときから思い描いていたキャリアを実現させるべく、60歳を過ぎてから転職活動をスタートします。さまざまな選択肢の中から転職先に選んだのは、かつて運営休止に追い込まれてしまった銚子市立病院でした。蓮尾先生が銚子市立病院に入職を決めた経緯、今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    地元・山口に還元する家庭医が描く夢―玉野井徹彦氏(山口大学総合診療部)

    現在、山口大学総合診療部にて臨床・教育・診療体制の改善に取り組むのは、家庭医の玉野井徹彦(たまのい・てつひこ)氏。もともと同氏が医師を志した理由は、地元・山口県の環境保護に取り組むためというユニークなものでした。そんな玉野井氏が思う、山口県の抱える課題と将来実現したい夢とは――。

  • 事例

    町医者に憧れ、被災地で学び、家庭医として地元へ還元する―遠藤貴士氏(モミの木クリニック)

    現在、モミの木クリニック(福島県郡山市)で家庭医として勤務している遠藤貴士(えんどう・たかし)氏。初期研修時、「良い意味で“ごちゃまぜ”」な家庭医に魅力を感じ、家庭医療の道を志します。その後、被災した石巻市での活動を経て、東北地方に当時はなかったGIMカンファレンス(全国各地の有志が開く総合内科の勉強会)を立ち上げます。遠藤氏のこれまでの活動や今後の展望を取材しました。

  • 事例

    「ならば自分が」医師不足に心痛めて薬剤師から医師に ―佐藤英之氏(坂総合病院

    薬剤師から医師へ異色のキャリアチェンジを果たした佐藤英之氏。鹿児島県の調剤薬局で働いた経験などから、地方医療における医師不足や、これに伴う患者の選択肢の少なさについて危機感を抱いていました。これまでの経験を活かし、佐藤氏が歩もうとしている道とは──。

  • 事例

    救急医療改革で、より多くの患者さんを救える日本へ――安藤裕貴氏(一宮西病院)

    安藤裕貴氏は、日本の救急医療に課題を見出し、MBAを取得。2018年からは、ビジネススクールで学んだマネジメントの知識を生かし、一宮西病院(愛知県一宮市)で総合救急部救急科部長として救急改革に取り組んでいます。さらに、改革の輪を全国に広げようと、若手医師の育成にも尽力。安藤氏が思い描く理想の救急医療の姿と、理想の実現に向けた取り組みを聞きました。

  • 事例

    北海道の若手医師のために、道外へ飛び出した総合内科医のビジョン―小澤 労氏(国立病院機構栃木医療センター)

    北海道出身の総合内科医・家庭医、小澤労氏が初期研修を経て感じたのは、「北海道では、自分のなりたい医師にはなれない」ということでした。尊敬する医師の言葉に背中を押され、道外へと踏み出します。小澤氏が思う、北海道が抱える総合内科教育の課題と、若手医師を救うためのビジョンを取材しました。

  • 事例

    医師の働き方改革、若き離島医が抱える想い―砂川惇司氏(大原診療所)

    将来は故郷に貢献したいと考え、医師を志した宮古島出身の砂川惇司氏。離島研修が受けられる沖縄県立中部病院で研さんを積み、2017年より沖縄県西表島の診療所に赴任し、専攻医として日々診療にあたっています。「医師の働き方改革」の渦中にもいる砂川氏に、離島医としての想いや今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    診療への悶々とした思いが一転 国内留学で得た衝撃とは ―河南真吾氏(徳島県立海部病院)

    河南真吾氏は医学生のときに同行した訪問診療の衝撃から、徳島大学卒業後に母校の総合診療部に入局します。総合診療部で日々診療する中で、ある悶々とした思いを抱き始めます。そんな折、亀田ファミリークリニック館山への国内留学をきっかけに、30代半ばにして自らの役割を見出しました。それまでの気持ちの変化や現在の活動拠点である徳島県立海部病院での取り組みを伺いました。

  • 事例

    市中病院から大学病院に入局した理由―近藤猛氏(名古屋大学医学部附属病院)

    学生時代、ある勉強会に参加したことを機に、将来の展望が大きく変わった近藤猛氏。市中病院で研鑽を積んだ後、名古屋大学医学部附属病院の総合診療科に入局し、現在は院内外で「教育」に携わっています。教育を通してどのようなことを実現しようとしているかを伺いました。

  • 人気記事ランキング