1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. 調査
  5. コロナ禍に職場が忘・新年会を開催…反対?賛成?―医師1037人アンケートvol.1
調査

コロナ禍に職場が忘・新年会を開催…反対?賛成?―医師1037人アンケートvol.1

2020年12月22日

2020年もそろそろ終わり……。年末年始は全国的にCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の流行が収まらないまま迎えることになりそうです。今シーズンの医療機関の忘年会・新年会事情を、医師1037人が回答したアンケート(※)から探ります。
※ 2020年11月28日~12月6日、m3.com会員の医師を対象にエムスリーキャリアが実施

職場の忘・新年会、今シーズン「開催」はわずか3%

今シーズン、職場で忘・新年会を「開催しない」と回答した医師は91.1%で、ほとんどの職場で開催されないことがわかります。内訳は、「昨シーズンは開いた」が72.3%、「昨シーズンも開かなかった」は18.8%です。一方で、開催予定と回答した医師はわずか3.2%でした。

また、忘・新年会を開催しない人に尋ねると、91.7%がその判断にCOVID-19の流行が影響していると回答しました。

開催について、職場で「COVID-19流行に関する議論がなかった」のは47.7%で、「議論があった」の43.8%をわずかに上回りました。「議論するまでもないほど、開催しないのは当然」と判断した職場も少なくなかったことが推察されます。

「忘・新年会開催しない」が最も顕著な職場は?

職場別に、開催判断を見てみましょう。

今シーズン忘・新年会を「開催しない」と回答した医師が最も多かった勤務先は、施設(老健、介護医療院等)で94.4%。「開催する」と回答した医師はゼロでした。COVID-19が重症化しやすい高齢入所者が多いためか、医療機関以上に慎重になっている様子がうかがえます。

クリニックは「開催する」の割合が6.9%と、ほかの施設(0%~1.9%)と比較するとやや高め。職場の規模が小さいことが開催判断に影響しているのかもしれません。

医療機能別にみると、開かない割合はどの医療機能も90%前後と高いものの、「昨シーズンは開いたが今シーズンは開かない」職場については、慢性期の66.1%に対し、高度急性期~回復期は76.1~77.8%。高度急性期~回復期の職場の方が、昨シーズンは開いていた割合が高い分、変化が大きそうです。

医師たちの葛藤…「宴会気分にはなれない」「人数少なく、短時間なら」

医師たちは、職場の忘・新年会の開催について、どのように感じているのでしょうか。 寄せられた声の一部を紹介します。
※一部編集しています

忘・新年会の反対派からは、医療従事者としての責任を重んじる意見が多く寄せられました。


◇医療従事者として
  • COVID-19の院内感染は起こせない
  • COVID19の感染予防が最重要の職務と考えているため
  • 医療関係者は控えるのが正解でしょう
  • この時期に医療従事者が飲み会を開くなど非常識
  • クラスターを発生した病院でもある。また、このご時世、医療従事者として基本を示すべきであり、正直、宴会気分にはなれない
  • どんなに工夫しても3密は防げない。我々医療従事者がCOVID-19に感染し、他の人に感染させることは医療崩壊につながる

◇医療機関として
  • クラスターが起きたら病院運営が難しくなることで、住民に対して申し訳が立たなくなる
  • マスクを外して飲食や会話すること自体が感染リスクとなり、万が一水平伝播した場合には職員の大量離脱につながる
  • 医療機関だけに万全の準備をして行っても結果感染者が出たら信頼を失い、契約している施設や患者様を失うので開催をしない、と言う一択しかない
  • 入院患者に高齢者が多いので院内クラスターが発生したら病院経営も影響が及ぶと思う

◇リスク管理
  • いらぬ心配のもとを作らないこと
  • 流行地域であるから
  • リスクを冒してまで行うべきものではない(非難されることを含め)
  • 仕事の相手が高齢者で基礎疾患がある

◇社会の目
  • このご時世、感染がなかったとしても世間体が悪い
  • この時期には印象としても、感染対策としても開催しない方が良い
  • この状況での開催は社会に受容されないと思います
  • 医療従事者が集団感染するとニュースになるため

◇もともと忘・新年会反対派
  • もともと職場忘年会は無くなってほしいから。
  • もともと忘年会が嫌いだから
  • もともと忘年会には参加したくなかった(アルコールが好きではない)

一方で、「開催してもいいのでは」と考える医師からは、感染対策をして臨むという声が集まりました。


◇感染対策をする
  • クリニックでお店を貸し切り、参加者は普段仕事を一緒にしているスタッフのみなので
  • 人数も少なく、また時間も短いため
  • 気を付けているので過敏にすることはない
  • 毎年外科医の忘年会を自身が幹事となり40人規模で行っていたが、今年は新型コロナウイルス蔓延の恐れがあり行わない。その代わり、各部署の代表格の方々を招いて、5人でしんみりと行う

◇親睦を深め、慰労したい
  • 職員のコミュニケーションに必要。方法を考えればよい
  • 自粛疲れへの癒やし
  • 親睦を深め慰労したい
  • 当地では感染のリスクは小さいため

先生の職場では忘・新年会についての議論がありましたか。

次回は、医師に「もしCOVID-19の流行が起きていなければ、職場の忘年会・新年会は開催してほしいか」と尋ねたアンケート結果をご紹介します。

同テーマの記事シリーズはこちら

エムスリーキャリアは、より多くの選択肢を提供します

先生方が転職をする理由はさまざまです。

  • 現状のキャリアや働き方へのご不安・ご不満
  • ご家庭の事情や、ご自身の体力面などの事情
  • キャリアアップ、新しいことへの挑戦
  • 夢の実現に向けた準備

など、多様なニーズに応えるために、エムスリーキャリアでは全国から1万件以上の求人を預かり、コンサルタントは常に医療界のトレンド情報を収集。より多くの選択肢を提供し、医師が納得のいく転職を実現しています。

転職すべきかどうかも含め、ご相談を承っています。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. 調査

この記事の関連記事

  • 調査

    医師の4割が都道府県またぐ転居に前向き

    医師は、ホワイトカラーに比べると勤務地の候補が多く、住む地域も選びやすい職種です。医師455人から回答を得たアンケートから、他都道府県への転居に対する意識と、勤務先として人気の都道府県を紹介します。

  • 調査

    地方に住みたい!医師が都会を離れる理由

    COVID-19流行をきっかけに、ホワイトカラーではテレワークの普及に伴い、社会全体で地方移住への関心が高まりつつあります。それでは、医師の地方志向はどうでしょうか。医師455人から回答を得たアンケートから、医師の地方転居や移住への興味、検討する上での条件を探ります。

  • 調査

    医師7割弱「補助ある」…研鑽=労働には賛否

    「医師の働き方改革」では、自己研鑽が労働時間に含まれるか否かなどが議論されてきました。2019年7月には厚生労働省から、上司の指示の有無によって労働時間に含まれるかどうかを判断する旨の通知が出ましたが、現場の医師たちはどう受け止めているのでしょうか。

  • 調査

    50歳過ぎても医師が研鑽を続ける理由

    キャリア形成や子育てがひと段落し、第二の人生も考え始める50代以降。いつ医師を引退するかは個人差があり、年齢を重ねても自己研鑽を続ける人は多くいます。今回は自己研鑽をテーマにしたアンケートから50~70代の医師421名の回答を抜き出し、ベテラン医師の自己研鑽の実態をお伝えします。

  • 調査

    人生100年時代に備える!40代に必要な学び

    知識・経験ともに臨床スキルが高まり、チームマネジメントや若手の教育を担う40代。働き盛りにあたる40代の中堅医師は、どのような自己研鑽を行っているのでしょうか。自己研鑽をテーマにしたアンケートから40代医師114名の回答を基に、実態をお伝えします。

  • 調査

    週10時間が当たり前?若手医師の研鑽事情

    一人前の医師になるため、さまざまなことを学び、吸収していく20~30代。医師人生の中でも、最も集中的な自己研鑽が求められる世代と言えそうですが、その実態はどうでしょうか。

  • 調査

    実力?運?医師の出世に必要なこと

    医師の出世や役職について考察する本シリーズ。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、医師が出世するために必要なことや、最終的に就きたい役職、そこへ向けての出世の進捗についてご紹介します。

  • 調査

    「感謝どころか文句」4割の医師が出世に後ろ向き

    価値観が多様化し、出世して役職を得ることにこだわらない人も珍しくありません。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、医師が「出世したいと思わない」理由や、出世して困ったエピソードをご紹介します。

  • 調査

    医師の出世、目的を実現できる割合は?

    実力はもちろん、時に運やタイミングにも左右される出世。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、医師が出世したいと思う理由や、出世して良かったことをご紹介します。

  • 調査

    40代が分かれ目?医師が出世する意義

    キャリアアップの一つの指標に、出世して役職を得ることが挙げられます。働き方の価値観が多様化する中、医師の出世や役職へのこだわりはどうなっているのでしょうか。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、現在の役職やそのやりがい、出世への意向についてお伝えします。

  • 人気記事ランキング

    この記事を見た方におすすめの求人

    常勤求人をもっと見る