1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. 調査
  5. 通院必要で「働き方変えた」は少数。どう変えた? ―医師の病とキャリア調査(中編)
調査

通院必要で「働き方変えた」は少数。どう変えた? ―医師の病とキャリア調査(中編)

2020年10月15日

定期的な通院・検査が必要な疾患を抱えていても、働き方を変えた人は少数──。医師の病とキャリアについてm3会員を対象にしたアンケート(※)結果から、上記のことがわかりました。働き方を変えた医師はどのようなワークスタイルにシフトしたのでしょうか。中編では、その具体的な内容についてご紹介します。
(※)2020年7月18日~26日、m3.com会員の医師を対象にエムスリーキャリアが実施

通院・検査が必要でも「働き方を変えない」

※「定期的な通院・検査が必要ではない」の回答は除く

定期的な通院・検査が必要になったことに対し、全年代ともに「働き方を変えていない」という回答が多く集まりました。定期的な通院・検査の内容や疾患の進行具合によるものの、ワークスタイルを大きく変更する医師はそこまで多くないことがうかがえます。

ただ少数派ながら、「大いに変えた」「やや変えた」と回答した医師もいました。具体的に、どのような働き方に変えたのでしょうか。

働き方の変更、最多は「当直・オンコールなし」

働き方を「大いに変えた」「やや変えた」と回答した医師は、当直・オンコールなし、勤務日数や残業を減らすというように、身体的負荷を軽減させる働き方にシフトしていることがわかります。その他(フリーコメント)の内容には、「産業医主体にした」「初診を制限した」「診療時間を短縮した」など、いずれも業務負荷を軽減するワークスタイルに切り替えた回答内容が集まりました。

※「定期的な通院・検査が必要ではない」の回答は除く

年代別では、30代は「急性期以外の勤務」、40代・70代以上は「勤務日数を少なくした」、50代は「当直・オンコールなし」、60代は「勤務日数を少なくした」、「当直・オンコールなし」と答えた割合が高い結果となりました。

前述したように、当直・オンコールなし、勤務日数や残業を減らすといった、勤務時間そのものを短くすることが全年代に共通しています。40代以降の医師は「残業を減らす」と回答していますが、20代・30代の医師の回答はゼロでした。若手という立場もあり、残業を減らすという選択肢がないことが推察されます。

今の働き方を変えられないか、とお考えの先生へ

まずは現職でご希望を叶えられないか模索いただくことをお勧めしていますが、もしも転職する以外になさそうであればご連絡ください。

現職では難しくとも、他の医療機関や企業などでなら実現できるケースがあります。

週4日勤務、時短、当直・オンコール免除、複数医師体制、担当業務を抑えるといったことは求人に記載されず、医療機関とのご相談次第なことも少なくありません

エムスリーキャリアにお問い合わせいただければ、先生のご希望をどのように実現できそうかお伝えいたします。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. 調査
【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • 調査

    医師の通勤手当で明暗?送迎やタクシー可も!

    医師は勤務先を選ぶとき、通勤時間をどれくらい重視しているのでしょうか?また、通勤に関する手当はどんなものを求めているのでしょう?医師851人が回答したアンケートから勤務先の施設別、年代別に紹介します。

  • 調査

    通勤「有効活用できている」医師の過ごし方は?

    医師は通勤時間をどのように過ごしているのでしょうか?アンケートで医師851人に、通勤時間の過ごし方や、通勤時間を有意義に過ごせているのかを聞きました。

  • 調査

    私の通勤、長すぎかも?医師の半数は30分未満

    先生は通勤にどれくらいの時間をかけていますか?医師851人が回答したアンケートから、通勤時間の理想と現実をご紹介します。

  • 調査

    カメラ目線、手短に発言…医師のウェブ会議トレンド

    医師にウェブ会議ツールの利用実態を聞く本シリーズ。後編では利用しているツールやシーン、利用にあたって注意していることをご紹介します。

  • 調査

    6割が満足!医師のウェブ会議事情

    コロナ禍を受けて、zoomに代表されるウェブ会議ツールの利用が増えてきました。医師の間でも急速に利用され始めていますが、どのような点が評価され、どのような課題があるのか――。医師508名の回答を得たアンケート結果から、前後編に分けて見ていきます。前編では医師の利用実態と満足度をお伝えします。

  • 調査

    患者になって実感「誰もが大病を患う可能性がある」

    m3会員を対象に、医師の病とキャリアについて聞く本シリーズ。後編では、医師357人の医師が回答したアンケート結果に基づき、働き方を変更するにあたり相談した相手、病になってからの仕事観・人生観の変化についてご紹介します。

  • 調査

    医師の本音「ありえないドラマは見たくない」

    m3会員を対象に、医療ドラマについて聞く本シリーズ。後編では、医師455人の医師が回答したアンケート(※)結果に基づき、医療ドラマが現在の職業・仕事観に影響を与えたか、どんな医療ドラマを観てみたいかについてご紹介します。

  • 調査

    医師の脳裏に焼き付く医療ドラマ、その理由とは

    m3会員を対象に、医療ドラマについて聞く本シリーズ。中編では、医師455人の医師が回答したアンケート結果に基づき、印象的だった医療ドラマとそれを選んだ理由、ドラマにまつわるエピソードについてご紹介します。

  • 調査

    高血圧、喉の渇き、血尿…今思えば「病の予兆」

    日々、患者さんの病と向き合っている医師。しかしながら、医師自身が病を発症する可能性も大いにあります。今回は、m3.com会員の医師を対象に、病とキャリアについてのアンケートを行ったところ、357人の医師から回答を得ました。前編では疾患、それに伴う予兆の有無、具体的な予兆についてご紹介します。

  • 調査

    共感、賛否両論… 医師の心に残る医療ドラマとは?

    今も昔も、様々なテーマで制作・放送されてきた医療ドラマ。実際のところ、医師は“医療ドラマ”についてどのように考えているのでしょうか。今回、m3.com会員の医師を対象に、医療ドラマにまつわるアンケート(※)を行ったところ、455人の医師から回答を得ました。前編では、印象的だった医療ドラマについてご紹介します。

  • 人気記事ランキング