1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. 調査
  5. 共感、賛否両論… 医師の心に残る医療ドラマとは?―医療ドラマ調査(前編)
調査

共感、賛否両論… 医師の心に残る医療ドラマとは?―医療ドラマ調査(前編)

2020年10月10日

今も昔も、様々なテーマで制作・放送されてきた医療ドラマ。実際のところ、医師は“医療ドラマ”についてどのように考えているのでしょうか。今回、m3.com会員の医師を対象に、医療ドラマにまつわるアンケート(※)を行ったところ、455人の医師から回答を得ました。前編では、印象的だった医療ドラマについてご紹介します。
(※)2020年8月29日~9月6日、m3.com会員の医師を対象にエムスリーキャリアが実施

医療ドラマを最も見ているのは40代

「医療ドラマで、印象的なものはありますか」という質問に対して、約8割の人が「ある」と回答しました。

世代別で見てみると、「印象的なドラマがある」(89.2%)と答えた割合が最も多かったのは40代でした。

また、40代は印象的なドラマの有無にかかわらず、97.6%が何かしらの医療ドラマを見ていて、これも全世代で1位でした。一方で、20代・30代は医療ドラマを見たことのある人が9割を下回っており、他世代よりも医療ドラマに馴染みのないようです。それでも、あらゆる世代で一定以上の視聴経験があり、医師にとっては医療ドラマは気になるものと言えます。

さて、「印象的なドラマがある」と答えた方は、具体的にどのドラマが印象的だったのでしょうか。全世代・世代別に、回答数が多かったものを紹介していきます。

※ER緊急救命室、Dr.HOUSEはいずれも日本放送年

「白い巨塔」は唐沢寿明主演版(2003年10月~2004年3月放送)にも票が集まりましたが、田宮二郎主演版(1978年6月~1979年1月放送)を印象的なドラマに挙げる医師が多い結果となりました。特に田宮二郎主演版は、放送中に田宮二郎が亡くなり、彼の遺作となったことから社会的にも注目を集めました。中編、後編でも触れますが、このドラマを観て医師の世界に興味を持った、医師になろうと思った、という声が一定数あり、影響力の強さもうかがえます。

「ER緊急救命室」は救急医療をリアルに描いた内容に引き込まれた、日本のドラマには少ないリアルな設定・シーンがよい、と評価する意見が多く集まりました。放送元となったNHKの「NHK放送史」によると、初期のセットは廃墟となった病院を買い取り、70万ドルをかけて再現したものだそうです。緊急救命室に勤務する医師が演技指導にあたるほか、役者に交じって現場で働く看護師も配されていたそうです。

「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」は主題歌(Mr. Children「HANABI」)、山下智久、新垣結衣など出演者が良かったとドラマ以外の要素を印象的だったと挙げる回答もありました。「ドクターX ~外科医・大門未知子~」は賛否両論あるものの、ありえない設定だからこその面白さが印象的という声がありました。

世代別でみると、下記のような結果となりました。

30代以上が「白い巨塔」を印象的と回答しており、「白い巨塔」がいかにインパクトを与えたドラマだったかがよくわかります。30代は唐沢寿明主演版、田宮二郎主演版の「白い巨塔」が同じ回答数となっています。「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」、「ドクターX ~外科医・大門未知子~」は、シリーズもので放送期間も長いためか、ほとんどの世代が印象的なドラマとして挙げています。「ベン・ケーシー」は70代以上のみランクインしており、世代を感じる結果となりました。

出典:NHK「NHK放送史」

https://www2.nhk.or.jp/archives/search/special/detail/?d=drama018

同テーマの記事シリーズはこちら

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. 調査

この記事の関連記事

  • 調査

    医師の4割が都道府県またぐ転居に前向き

    医師は、ホワイトカラーに比べると勤務地の候補が多く、住む地域も選びやすい職種です。医師455人から回答を得たアンケートから、他都道府県への転居に対する意識と、勤務先として人気の都道府県を紹介します。

  • 調査

    地方に住みたい!医師が都会を離れる理由

    COVID-19流行をきっかけに、ホワイトカラーではテレワークの普及に伴い、社会全体で地方移住への関心が高まりつつあります。それでは、医師の地方志向はどうでしょうか。医師455人から回答を得たアンケートから、医師の地方転居や移住への興味、検討する上での条件を探ります。

  • 調査

    医師7割弱「補助ある」…研鑽=労働には賛否

    「医師の働き方改革」では、自己研鑽が労働時間に含まれるか否かなどが議論されてきました。2019年7月には厚生労働省から、上司の指示の有無によって労働時間に含まれるかどうかを判断する旨の通知が出ましたが、現場の医師たちはどう受け止めているのでしょうか。

  • 調査

    50歳過ぎても医師が研鑽を続ける理由

    キャリア形成や子育てがひと段落し、第二の人生も考え始める50代以降。いつ医師を引退するかは個人差があり、年齢を重ねても自己研鑽を続ける人は多くいます。今回は自己研鑽をテーマにしたアンケートから50~70代の医師421名の回答を抜き出し、ベテラン医師の自己研鑽の実態をお伝えします。

  • 調査

    人生100年時代に備える!40代に必要な学び

    知識・経験ともに臨床スキルが高まり、チームマネジメントや若手の教育を担う40代。働き盛りにあたる40代の中堅医師は、どのような自己研鑽を行っているのでしょうか。自己研鑽をテーマにしたアンケートから40代医師114名の回答を基に、実態をお伝えします。

  • 調査

    週10時間が当たり前?若手医師の研鑽事情

    一人前の医師になるため、さまざまなことを学び、吸収していく20~30代。医師人生の中でも、最も集中的な自己研鑽が求められる世代と言えそうですが、その実態はどうでしょうか。

  • 調査

    実力?運?医師の出世に必要なこと

    医師の出世や役職について考察する本シリーズ。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、医師が出世するために必要なことや、最終的に就きたい役職、そこへ向けての出世の進捗についてご紹介します。

  • 調査

    「感謝どころか文句」4割の医師が出世に後ろ向き

    価値観が多様化し、出世して役職を得ることにこだわらない人も珍しくありません。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、医師が「出世したいと思わない」理由や、出世して困ったエピソードをご紹介します。

  • 調査

    医師の出世、目的を実現できる割合は?

    実力はもちろん、時に運やタイミングにも左右される出世。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、医師が出世したいと思う理由や、出世して良かったことをご紹介します。

  • 調査

    40代が分かれ目?医師が出世する意義

    キャリアアップの一つの指標に、出世して役職を得ることが挙げられます。働き方の価値観が多様化する中、医師の出世や役職へのこだわりはどうなっているのでしょうか。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、現在の役職やそのやりがい、出世への意向についてお伝えします。

  • 人気記事ランキング

    この記事を見た方におすすめの求人

    常勤求人をもっと見る