1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. 調査
  5. 共感、賛否両論… 医師の心に残る医療ドラマとは?―医療ドラマ調査(前編)
調査

共感、賛否両論… 医師の心に残る医療ドラマとは?―医療ドラマ調査(前編)

2020年10月10日

今も昔も、様々なテーマで制作・放送されてきた医療ドラマ。実際のところ、医師は“医療ドラマ”についてどのように考えているのでしょうか。今回、m3.com会員の医師を対象に、医療ドラマにまつわるアンケート(※)を行ったところ、455人の医師から回答を得ました。前編では、印象的だった医療ドラマについてご紹介します。
(※)2020年8月29日~9月6日、m3.com会員の医師を対象にエムスリーキャリアが実施

医療ドラマを最も見ているのは40代

「医療ドラマで、印象的なものはありますか」という質問に対して、約8割の人が「ある」と回答しました。

世代別で見てみると、「印象的なドラマがある」(89.2%)と答えた割合が最も多かったのは40代でした。

また、40代は印象的なドラマの有無にかかわらず、97.6%が何かしらの医療ドラマを見ていて、これも全世代で1位でした。一方で、20代・30代は医療ドラマを見たことのある人が9割を下回っており、他世代よりも医療ドラマに馴染みのないようです。それでも、あらゆる世代で一定以上の視聴経験があり、医師にとっては医療ドラマは気になるものと言えます。

さて、「印象的なドラマがある」と答えた方は、具体的にどのドラマが印象的だったのでしょうか。全世代・世代別に、回答数が多かったものを紹介していきます。

※ER緊急救命室、Dr.HOUSEはいずれも日本放送年

「白い巨塔」は唐沢寿明主演版(2003年10月~2004年3月放送)にも票が集まりましたが、田宮二郎主演版(1978年6月~1979年1月放送)を印象的なドラマに挙げる医師が多い結果となりました。特に田宮二郎主演版は、放送中に田宮二郎が亡くなり、彼の遺作となったことから社会的にも注目を集めました。中編、後編でも触れますが、このドラマを観て医師の世界に興味を持った、医師になろうと思った、という声が一定数あり、影響力の強さもうかがえます。

「ER緊急救命室」は救急医療をリアルに描いた内容に引き込まれた、日本のドラマには少ないリアルな設定・シーンがよい、と評価する意見が多く集まりました。放送元となったNHKの「NHK放送史」によると、初期のセットは廃墟となった病院を買い取り、70万ドルをかけて再現したものだそうです。緊急救命室に勤務する医師が演技指導にあたるほか、役者に交じって現場で働く看護師も配されていたそうです。

「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」は主題歌(Mr. Children「HANABI」)、山下智久、新垣結衣など出演者が良かったとドラマ以外の要素を印象的だったと挙げる回答もありました。「ドクターX ~外科医・大門未知子~」は賛否両論あるものの、ありえない設定だからこその面白さが印象的という声がありました。

世代別でみると、下記のような結果となりました。

30代以上が「白い巨塔」を印象的と回答しており、「白い巨塔」がいかにインパクトを与えたドラマだったかがよくわかります。30代は唐沢寿明主演版、田宮二郎主演版の「白い巨塔」が同じ回答数となっています。「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」、「ドクターX ~外科医・大門未知子~」は、シリーズもので放送期間も長いためか、ほとんどの世代が印象的なドラマとして挙げています。「ベン・ケーシー」は70代以上のみランクインしており、世代を感じる結果となりました。

出典:NHK「NHK放送史」

https://www2.nhk.or.jp/archives/search/special/detail/?d=drama018

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. 調査
【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • 調査

    医師の通勤手当で明暗?送迎やタクシー可も!

    医師は勤務先を選ぶとき、通勤時間をどれくらい重視しているのでしょうか?また、通勤に関する手当はどんなものを求めているのでしょう?医師851人が回答したアンケートから勤務先の施設別、年代別に紹介します。

  • 調査

    通勤「有効活用できている」医師の過ごし方は?

    医師は通勤時間をどのように過ごしているのでしょうか?アンケートで医師851人に、通勤時間の過ごし方や、通勤時間を有意義に過ごせているのかを聞きました。

  • 調査

    私の通勤、長すぎかも?医師の半数は30分未満

    先生は通勤にどれくらいの時間をかけていますか?医師851人が回答したアンケートから、通勤時間の理想と現実をご紹介します。

  • 調査

    カメラ目線、手短に発言…医師のウェブ会議トレンド

    医師にウェブ会議ツールの利用実態を聞く本シリーズ。後編では利用しているツールやシーン、利用にあたって注意していることをご紹介します。

  • 調査

    6割が満足!医師のウェブ会議事情

    コロナ禍を受けて、zoomに代表されるウェブ会議ツールの利用が増えてきました。医師の間でも急速に利用され始めていますが、どのような点が評価され、どのような課題があるのか――。医師508名の回答を得たアンケート結果から、前後編に分けて見ていきます。前編では医師の利用実態と満足度をお伝えします。

  • 調査

    患者になって実感「誰もが大病を患う可能性がある」

    m3会員を対象に、医師の病とキャリアについて聞く本シリーズ。後編では、医師357人の医師が回答したアンケート結果に基づき、働き方を変更するにあたり相談した相手、病になってからの仕事観・人生観の変化についてご紹介します。

  • 調査

    医師の本音「ありえないドラマは見たくない」

    m3会員を対象に、医療ドラマについて聞く本シリーズ。後編では、医師455人の医師が回答したアンケート(※)結果に基づき、医療ドラマが現在の職業・仕事観に影響を与えたか、どんな医療ドラマを観てみたいかについてご紹介します。

  • 調査

    通院必要で「働き方変えた」は少数。どう変えた?

    定期的な通院・検査が必要な疾患を抱えていても、働き方を変えた人は少数──。医師の病とキャリアについてm3会員を対象にしたアンケート(※)結果から、上記のことがわかりました。働き方を変えた医師はどのようなワークスタイルにシフトしたのでしょうか。中編では、その具体的な内容についてご紹介します。

  • 調査

    医師の脳裏に焼き付く医療ドラマ、その理由とは

    m3会員を対象に、医療ドラマについて聞く本シリーズ。中編では、医師455人の医師が回答したアンケート結果に基づき、印象的だった医療ドラマとそれを選んだ理由、ドラマにまつわるエピソードについてご紹介します。

  • 調査

    高血圧、喉の渇き、血尿…今思えば「病の予兆」

    日々、患者さんの病と向き合っている医師。しかしながら、医師自身が病を発症する可能性も大いにあります。今回は、m3.com会員の医師を対象に、病とキャリアについてのアンケートを行ったところ、357人の医師から回答を得ました。前編では疾患、それに伴う予兆の有無、具体的な予兆についてご紹介します。

  • 人気記事ランキング