1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. 調査
  5. こんな中途入職者は嫌われる!医師たちのNG言動1位は?―医師283人アンケートvol.1
調査

こんな中途入職者は嫌われる!医師たちのNG言動1位は?―医師283人アンケートvol.1

2020年9月16日

医局人事や転職などによる、新しい職場への中途入職は多くの医師にあることです。入職前は、新しい職場に早く馴染めるか、同僚や上司とうまくやっていけるか――と、心配された先生もいらっしゃるのではないでしょうか。医師283人が回答したアンケート(※)から、中途入職者の「嫌われる」言動をご紹介します。
※2020年7月25日~8月4日、m3.com会員の医師を対象にしたアンケート調査。「『嫌だ』と思った、中途入職者の言動」をテーマにエムスリーキャリアが実施

医師の半数が、中途入職者の言動を不快に感じた経験あり

アンケートに回答した医師の56.2%、実に半数以上が、職場に中途入職してきた上司や同僚医師の言動に「やめてほしい」と思ったことがあると回答しています。

それでは、どのようなことを「やめてほしい」と思ったのでしょうか。 Q1で「『やめてほしい』と思ったことがある」と答えた人に、複数回答で尋ねました。

具体的な言動について複数回答で尋ねたところ、最も多かったのは、「職場のルールや文化を受け入れない」で約半数の47.2%、次点は「不満をよく口にする」で、39.6%です。3位は「求められた仕事をしない」(36.5%)、4位「前の職場と比較する」(32.7%)。5位には「相談せずに自分で進めてしまう」(36.5%)が続きます。

「前の病院ではこうしていたから」はNGワード!

それでは、医師たちは具体的に中途入職者のどのような言動を「嫌」と感じたのでしょうか。 ※記事内で紹介する声は、一部編集しているものもあります。

1位 職場のルールや文化を受け入れない(47.2%)
4位 前の職場と比較する(32.7%)

特に多くの意見が寄せられたのは、職場のルールや文化を受け入れない言動です。前の職場と比較して受け入れないケースも見られるため、ここではまとめてご紹介します。

  • 前の職場のルールをそのまま持ち込む
  • 「前の病院ではこうしていたので、この病院でもそのようにする」と命令口調で言う
  • お産は、病院によってローカルルールがあるもの。しかし「前の病院はNICUもあった病院だから、このやり方でないとダメ」的な態度で、助産師を怒鳴りつけたりする人がいた
  • 〇〇大学ではこう、あそこ(某有名病院)ではこう、文献ではこう、ガイドラインではこう…自分ではできもしないのに…(笑)
  • 自分の専門分野でないところに口出しをする
  • 勤務時間を守らない(遅刻、無断早退、無断欠勤)

2位 不満をよく口にする(39.6%)

1位同様に、前の職場と比較した言葉が多いようです。

  • 「前の職場のやり方の方が良い」と文句を言う
  • 「前の病院と比較してここが酷い」と文句を言う
  • 医師以外のスタッフに不満を言う
  • 「使える」「使えない」と口に出して評価する
  • 「自分のしたい仕事はこんなはずではなかった」など

3位 求められた仕事をしない(36.5%)

コメントからは業務範囲に関する認識の相違や、仕事を減らそうとする言動が見受けられました。

  • on call に応じない
  • ゲームばかりしている
  • 「外来はすることになっていないから」
  • 時間外に及ぶ仕事を拒否
  • とにかく「これはだめ」「これは無理」と言って、初めから受け持ちを拒否しすぎる。やる前からのことなので腹が立つ。何のために医者になったのかと思う。
  • 「前の病院で、ひどく疲れたので、まあ、適当に求められることをやります」というのが、最初の挨拶だった
  • 病棟や外来でスタッフや患者に暴言を吐き、すぐに医局の机に戻り論文を書いていた
  • 病棟仕事をしない
  • 理由をつけて患者の診療を拒む

5位 相談せずに自分で進めてしまう(36.5%)

  • 受診者に「お任せください」と言ってしまう。手技の完遂率に100%はあり得ない。受診者に治療選択の自主性があることを忘れさせてしまう可能性がある危険な言い方だと感じた
  • 職場が対応困難なことも自分の判断で勝手にやってしまう
  • 慢性疾患に「自分が治療すれば治る」と誤解を招く発言をして、改善・治癒せず、責められると、患者さんを捨てる

6位 同僚や上司と対立する(21.4%)

  • 新参者なのに診療科の部長と対立して、部長を追い落とそうとしたが失敗していた
  • 職員に対するパワハラ、SNSでの悪口雑言
  • うまく行かないことがあると、薬剤師などコメディカルにあたりちらす

7位 自慢話が多い(18.9%)

  • いかに自分は論文を多く書いてきて、インパクトファクターが多いかを自慢する

“嫌われる言動”、本人は気づかないまま続けているかも?

中途入職者の言動に「やめてほしい」と感じた経験者に、どのような対応を取ったかを尋ねると、「何もしていない」(51.6.%)が最多でした。本人に伝えたのは29.6%にとどまり、同僚に相談した(18.9%)、上司に相談した(17.0%)という人も2割程度。

中途入職者が相手を不快に思わせる言動をしていても、指摘される人は少なく、気づかないままその言動を続けている可能性があります。

中途入職したばかりの方や、近く職場を変わる予定がある方は、無意識に「嫌われる言動」をしていないか、この機会に振り返ってみるのもいいかもしれません。

vol.2では、「自分が中途入職者の場合、新しい職場に馴染めるように気を付けること」についてのアンケート結果をご紹介します。

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. 調査

この記事の関連記事

  • 調査

    カメラ目線、手短に発言…医師のウェブ会議トレンド

    医師にウェブ会議ツールの利用実態を聞く本シリーズ。(※)後編では利用しているツールやシーン、利用にあたって注意していることをご紹介します。(※)2020年9月12~19日、m3.comの医師会員を対象にエムスリーキャリアが実施

  • 調査

    6割が満足!医師のウェブ会議事情

    コロナ禍を受けて、zoomに代表されるウェブ会議ツールの利用が増えてきました。医師の間でも急速に利用され始めていますが、どのような点が評価され、どのような課題があるのか――。医師508名の回答を得たアンケート(※)結果から、前後編に分けて見ていきます。前編では医師の利用実態と満足度をお伝えします。(※)2020年9月12~19日、m3.comの医師会員を対象にエムスリーキャリアが実施

  • 調査

    患者になって実感「誰もが大病を患う可能性がある」

    m3会員を対象に、医師の病とキャリアについて聞く本シリーズ。後編では、医師357人の医師が回答したアンケート結果に基づき、働き方を変更するにあたり相談した相手、病になってからの仕事観・人生観の変化についてご紹介します。

  • 調査

    医師の本音「ありえないドラマは見たくない」

    m3会員を対象に、医療ドラマについて聞く本シリーズ。後編では、医師455人の医師が回答したアンケート(※)結果に基づき、医療ドラマが現在の職業・仕事観に影響を与えたか、どんな医療ドラマを観てみたいかについてご紹介します。

  • 調査

    通院必要で「働き方変えた」は少数。どう変えた?

    定期的な通院・検査が必要な疾患を抱えていても、働き方を変えた人は少数──。医師の病とキャリアについてm3会員を対象にしたアンケート(※)結果から、上記のことがわかりました。働き方を変えた医師はどのようなワークスタイルにシフトしたのでしょうか。中編では、その具体的な内容についてご紹介します。

  • 調査

    医師の脳裏に焼き付く医療ドラマ、その理由とは

    m3会員を対象に、医療ドラマについて聞く本シリーズ。中編では、医師455人の医師が回答したアンケート結果に基づき、印象的だった医療ドラマとそれを選んだ理由、ドラマにまつわるエピソードについてご紹介します。

  • 調査

    高血圧、喉の渇き、血尿…今思えば「病の予兆」

    日々、患者さんの病と向き合っている医師。しかしながら、医師自身が病を発症する可能性も大いにあります。今回は、m3.com会員の医師を対象に、病とキャリアについてのアンケートを行ったところ、357人の医師から回答を得ました。前編では疾患、それに伴う予兆の有無、具体的な予兆についてご紹介します。

  • 調査

    共感、賛否両論… 医師の心に残る医療ドラマとは?

    今も昔も、様々なテーマで制作・放送されてきた医療ドラマ。実際のところ、医師は“医療ドラマ”についてどのように考えているのでしょうか。今回、m3.com会員の医師を対象に、医療ドラマにまつわるアンケート(※)を行ったところ、455人の医師から回答を得ました。前編では、印象的だった医療ドラマについてご紹介します。

  • 調査

    中途入職医師に求められている支援は〇〇だった

    中途入職者が新しい職場に馴染むために、周りができる支援はないのでしょうか。医師アンケートで、「もしも自身が中途入職したら職場や上司、同僚からどのような支援をしてほしいか」と尋ねました。医師たちが求める支援をタイプ別に見てみましょう。

  • 調査

    中途入職医師が馴染めるよう気を付けていること

    医局人事や転職で中途入職する場合、新しい職場に馴染めるようにどんなことに気を付けますか?医師283人が回答したアンケートから、医師たちの意見を紹介します。

  • 人気記事ランキング