1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. 調査
  5. 10代の“出会い”は永遠? 医師が胸に刻む言葉―医師に聞く座右の銘(前編)
調査

10代の“出会い”は永遠? 医師が胸に刻む言葉―医師に聞く座右の銘(前編)

2020年9月10日

仕事に、人生に思い悩んだとき、「言葉」が支えになることがあります。今回はm3会員を対象に座右の銘などについてアンケートを行い、293人の医師から回答を得ました。前編では、全世代で回答が多かった言葉についてご紹介します。

「書籍」は名言の宝庫

アンケートは「座右の銘、大切にしている言葉」(以下、座右の銘)をテーマに2020年7月11~18日、m3.com会員の医師を対象にエムスリーキャリアが実施。

座右の銘を知ったきっかけは、以下のような結果となりました。その他(フリーコメント)の内容には、学生時代の恩師の言葉、受験勉強中に知った漢文、慣用句・ことわざ、テレビアニメのセリフ、自分自身で考えたなど、多岐にわたりました。

座右の銘を知った時期は、10代以下が半数近くにのぼり、「学生時代の恩師の言葉」「受験勉強中に知った」など多感な時期に影響を受けることが分かりました。

主に中編、後編で触れていきますが、教授や指導医、看護師、患者さんからの言葉が座右の銘になったというケースも多くありました。

一期一会、人間万事塞翁が馬… 医師の胸に刻まれる言葉たち

続いて、多く挙げられた座右の銘と、挙げた理由を紹介していきます。

一期一会

・医師になって、患者さんとの出会い、よい研究テーマに巡り会うかなどそのときそのときを大事にしないといけないと感じたから。(50代・小児科)

・6歳から茶道を習っています。10歳の頃、茶席の軸に「一期一会」とあり、井伊直弼の言葉である事や直弼の記した「一会集」に記載されている事、利休の弟子である山上宗二の記した「宗二記」に同じ意味の内容がある事、単に茶会だけでなく日々の生活においても通用する言葉であることをお茶の先生から習いました。医師になっても「一期一会」の言葉を忘れず、患者さんと接する時、同僚の医療従事者と接する時も、その時、その瞬間を大切にしていきたいと思っています。(50代・血液内科)

・医師になって、患者さんとの出会い、よい研究テーマに巡り会うかなどそのときそのときを大事にしないといけないと感じたから。(50代・小児科)

・転勤し、今後の子供とのかかわり方を考えたとき、その時できる最善をと思った。(60代・小児科)

臥薪嘗胆

・我慢は美徳(60代・内科)

・不遇な転勤の末、辞職したとき、次への巻き返しを期して選んだ。(60代・小児外科)

・人生すべて、耐えて勝ちです。負けても、達成できなくても、繰り返し次々と挑戦してきました。いくつかは達成できて今日があります。もう人生も終わりなので エネルギーが切れてきましたが、最後まで頑張ってみたいです。(60代・眼科)

鬼手仏心

・常に冷静に手を動かし、心は人を思う気持ちを忘れずに。そういう医師との出会いがあった。(40代・泌尿器科)

・教育棟大講義室にあった額。当時の産婦人科教授から、その意味を教えてもらった。術前説明でよくその言葉を思い出す。初めてこの言葉を使い、家族に納得してもらったのは、虫垂炎術後の局所膿瘍(10代)から左卵巣に瘤膿腫を形成してしまい、左卵巣切除を余儀なくされた時。辛かった。でも卵巣摘出後その子に生理がきて、家族から報告をもらい、右卵巣が機能しているとわかった時は嬉しかった。(40代・肝胆膵外科)

・この言葉を座右の銘にしておられる先輩の助手として手術に入ったとき、その言葉とはあまりにかけ離れた腰の引けた手術手技を見てしまい、自分こそはその言葉を座右の銘にできる術者になろうと決心した。(50代・脳神経外科)

継続は力なり

・中学の時にこの言葉を知ってから、ずっと使っています。(50代・小児科)

・途中で運動部を辞めたくなった時に聞いた言葉。(50代・内科)

人事を尽くして天命を待つ

・亡き父から、医師、を目指す旨を、伝えた時に聞いた。(50代・内科)

・受験の時、努力することの大切さを身にしみて感じた。(50代・小児循環器科)

・何事に対しても通じることだと思います。(50代・外科)

人間万事塞翁が馬

・故事成語として知ったこの言葉であるが、若い時分には理解できなかった言葉が年を重ねるごとに重みをましてきた。(30代・脳神経内科)

・目の前のことが不幸だと思っていたら、それが幸福につながることが多い(40代・内科)

・人生なにが起こるかわからないので(60代・科目不詳)

・高校の漢文の教科書で知った。人生うまくいかないとき、この言葉をよく思い出した。実際、この言葉の通り、人生が幸せになると、次に不幸になる繰り返しであった。(60代・麻酔科)

・高校の漢文の教科書により知った言葉である。人間のあり様は何が良くて何が悪いかは単縦には判断できない。その時々を大事に、他人に迷惑をかけずに生きること。と思った。(70代・内科)

和を以て貴しとなす

・昔から争いごとが嫌いです。以前は、単に「争いを避ける」という意味の消極的な感じであったが、最近は、「争いことを避けるにはどうしたら良いか」と考えたり、「前向きな争いは最終的に和に到達するための手段である」というような考え方に変わってきている。(50代・呼吸器外科)

・大学生のころから長い間(医師として仕事をするようになっても、15年から20年くらい)、自分の考えを押し通してきました。その結果、「科として決定したと勝手に考えていたこと」が上司(病院長)にあっさりひっくりかえされてしまいました。中学生のころから十七条憲法の中のこの一文を少し意識していましたが、40歳をすぎて改めてその意味を考えて行動するように思っています。(60代・整形外科)

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. 調査
【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • 調査

    医師の通勤手当で明暗?送迎やタクシー可も!

    医師は勤務先を選ぶとき、通勤時間をどれくらい重視しているのでしょうか?また、通勤に関する手当はどんなものを求めているのでしょう?医師851人が回答したアンケートから勤務先の施設別、年代別に紹介します。

  • 調査

    通勤「有効活用できている」医師の過ごし方は?

    医師は通勤時間をどのように過ごしているのでしょうか?アンケートで医師851人に、通勤時間の過ごし方や、通勤時間を有意義に過ごせているのかを聞きました。

  • 調査

    私の通勤、長すぎかも?医師の半数は30分未満

    先生は通勤にどれくらいの時間をかけていますか?医師851人が回答したアンケートから、通勤時間の理想と現実をご紹介します。

  • 調査

    カメラ目線、手短に発言…医師のウェブ会議トレンド

    医師にウェブ会議ツールの利用実態を聞く本シリーズ。後編では利用しているツールやシーン、利用にあたって注意していることをご紹介します。

  • 調査

    6割が満足!医師のウェブ会議事情

    コロナ禍を受けて、zoomに代表されるウェブ会議ツールの利用が増えてきました。医師の間でも急速に利用され始めていますが、どのような点が評価され、どのような課題があるのか――。医師508名の回答を得たアンケート結果から、前後編に分けて見ていきます。前編では医師の利用実態と満足度をお伝えします。

  • 調査

    患者になって実感「誰もが大病を患う可能性がある」

    m3会員を対象に、医師の病とキャリアについて聞く本シリーズ。後編では、医師357人の医師が回答したアンケート結果に基づき、働き方を変更するにあたり相談した相手、病になってからの仕事観・人生観の変化についてご紹介します。

  • 調査

    医師の本音「ありえないドラマは見たくない」

    m3会員を対象に、医療ドラマについて聞く本シリーズ。後編では、医師455人の医師が回答したアンケート(※)結果に基づき、医療ドラマが現在の職業・仕事観に影響を与えたか、どんな医療ドラマを観てみたいかについてご紹介します。

  • 調査

    通院必要で「働き方変えた」は少数。どう変えた?

    定期的な通院・検査が必要な疾患を抱えていても、働き方を変えた人は少数──。医師の病とキャリアについてm3会員を対象にしたアンケート(※)結果から、上記のことがわかりました。働き方を変えた医師はどのようなワークスタイルにシフトしたのでしょうか。中編では、その具体的な内容についてご紹介します。

  • 調査

    医師の脳裏に焼き付く医療ドラマ、その理由とは

    m3会員を対象に、医療ドラマについて聞く本シリーズ。中編では、医師455人の医師が回答したアンケート結果に基づき、印象的だった医療ドラマとそれを選んだ理由、ドラマにまつわるエピソードについてご紹介します。

  • 調査

    高血圧、喉の渇き、血尿…今思えば「病の予兆」

    日々、患者さんの病と向き合っている医師。しかしながら、医師自身が病を発症する可能性も大いにあります。今回は、m3.com会員の医師を対象に、病とキャリアについてのアンケートを行ったところ、357人の医師から回答を得ました。前編では疾患、それに伴う予兆の有無、具体的な予兆についてご紹介します。

  • 人気記事ランキング