1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. 調査
  5. 「看護師の勘に従え!」 20代~40代医師の座右の銘─医師に聞く座右の銘(中編)
調査

「看護師の勘に従え!」 20代~40代医師の座右の銘─医師に聞く座右の銘(中編)

2020年9月12日

m3会員を対象に座右の銘、大事にしている言葉について聞く本シリーズ。中編では、20代~40代医師から寄せられた言葉と、大切にしている理由をご紹介します。

[目次]非表示
  1. 20代
  2. 30代
  3. 40代

20代

この世の不利益は全て当人の努力不足で説明がつく

・頻繁に看護師さんから電話がかかってくることがあるが、それらのほとんどが自分のオーダーミスや指示入力忘れ。自分の睡眠時間を確保したいのなら、ミスのないような指示・予測・検査を行えばよい、と常々思ってはいるが、まだまだ自分は未熟な存在。看護師さんは貴重なお時間を割いて自分に連絡してくれているので、感謝こそすれ非難や愚痴はお門違い。(呼吸器科)

感謝

・自分は一人だけでなく、誰かによって活かされている。よってこの言葉は必然的に持ち続けている。(消化器科)

努力するものは精が出る 怠けているものは不満が出る

・高校時代の剣道場にあった言葉です。当時受験勉強が思い通りにいかず、不平不満ばかり言っていましたが、その言葉を見て本当にその通りだなと思いました。以来その言葉を思い出し、勉強に励み、大学受験を乗り越えました。(科目不詳)

30代

守破離

・私のメンターである最も尊敬する上級医、私を指導する時に「守破離」の精神を説いてくださいました。(脳神経外科)

我は包帯し、神が癒し給う

・500年前のフランスの外科医であるアンブロワーズ・パレの言葉ですが、医師は神でもなんでもなく、最終的には患者さんが自分自身の治癒力で快方に向かうこと、医療従事者はその手助けをしているにすぎないということの普遍性を思い知らされます。この言葉を知ったとき、ちょうどドクターコトー診療所で、コトー先生が同じようなことを言っていたのがすごく印象的で、今でも自分自身は謙虚な姿勢で医療をするべきだと肝に銘じています。(小児科)

我以外皆我師

・プライベートでも仕事でも、人と接する時はいつも意識しています。(小児科)

天地神明にさからうことなかれ おごるべからず 生き死にはものの常なり 医の道はよそにありと知るべし

・当時はそれほど深いと感じませんでしたが、僻地に近いような病院での在宅診療や在宅看取りを経験するにつれて、この言葉の重さが分かるようになってきました。(小児科)

40代

あおいくま

・あせるな おこるな いばるな くさるな まけるな(脳神経内科)

ケ・セラ・セラ

・学会で本を出版することになったとき、とても難航しました。「なぜ早く出版しないのか」「もうこの企画は中止にしよう」などいろいろな意見が出て、まとめ役だった自分はそれなりに辛い思いをしました。その時、巻頭言を担当してくださった先輩が、「ケ・セラ・セラ」だよって教えてくださいました。(小児科)

なかま

・医局の話し合いで揉め事が起きた時、教授が言った一言「みんな仲間なんやから」。僕も医局やめようかと考えていたが、なぜかその「なかま」という言葉が気に入った。(麻酔科)

やらないとできない

・私が通っていた中学校は3分の2が付属小学校からの内部進学生で、3分の1が中学受験をして入る外部生でした。外部生だった私は、受験をせずに上がってきた内部生なんかには負けないという変な自信を持っており、自信過剰なあまり、多少テストの点数が悪くてもいつかできると思い込んでいました。しかし、みるみる成績は落ち、1年生の2学期、中間テストだったと思いますが、ついに総合で平均を下回り、かなりショックを受けた記憶があります。それをきっかけに「やればできる」なんて甘い言葉は私には合わないと思い、「やらないとできない」と考えるようになりました。おかげでその後は順調に上り調子で、高校に内部生として進学しても外部生に負けるかという気持ちで過ごすことができ、国公立医学部に現役で入るに至りました。大学生のときには弟にこの言葉で偉そうに説教をしてしまったことを覚えています。自作の「やらないとできない」は今でも私の座右の銘です。(外科)

一人きり泣けても一人きり笑うことはできない

・単身赴任になった時に、独身時代には楽しめていた事が一人でやっても全然楽しくなくなっていた。結婚して子供ができ、家族と一緒でないと楽しいと思えなくなっており、その後の進路を考えるときにも、まずは家族の事を第一に考えるようになった。(泌尿器科)

看護師の勘に従え

・当直中、看護師から病棟に呼ばれ、「〇号室の何とかさん様子がおかしいです」と言われた。一通り診察して、自分からするとあまり変わったところはなさそうだったので「様子がおかしいって言われても・・」と思い、しばらく見ていてと伝え、部屋にもどった。その30分後、構語障害。早期の脳梗塞でした。事なきを得ました。いつも患者に接している看護師の勘は侮れないと思い、それ以降大事にしています。(整形外科)

人間が生き物の生き死にを自由にしようなんておこがましいとは思わんかね

・医療を行う上で、傲慢にならずに謙虚に取り組むことを忘れてはならないことを肝に銘じるようにしています。(脳神経内科)

無知は患者を殺す。だから常に勉強をして来るべき時に備えるように。

・研修医になったすぐ、指導医に教えてもらいました。患者から見たら、「白衣を着ていれば研修医も10年目も変わらない。同じ医者なんだ。だから言い訳はできない。常に勉強して知識という武器を身に着けておくように」と上記の言葉とともに仰っていました。(小児科)

爛柯

・高校時代に囲碁部でした。「囲碁に夢中になって時のたつのを忘れること。転じて、遊びに夢中になって時のたつのを忘れること」という意味です。ウルトラマラソンで長時間走り続けて完走した時の喜びは、筆舌に尽くしがたいものがあります。また遊びとは言いませんが、自分で疑問に思ったことを研究することに、時間がたつのを忘れるくらい夢中になっている自分が好きです。様々な興味のあることに、時がたつのを忘れて熱中できることって幸せだと思っています。(整形外科)

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. 調査
【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • 調査

    医師の通勤手当で明暗?送迎やタクシー可も!

    医師は勤務先を選ぶとき、通勤時間をどれくらい重視しているのでしょうか?また、通勤に関する手当はどんなものを求めているのでしょう?医師851人が回答したアンケートから勤務先の施設別、年代別に紹介します。

  • 調査

    通勤「有効活用できている」医師の過ごし方は?

    医師は通勤時間をどのように過ごしているのでしょうか?アンケートで医師851人に、通勤時間の過ごし方や、通勤時間を有意義に過ごせているのかを聞きました。

  • 調査

    私の通勤、長すぎかも?医師の半数は30分未満

    先生は通勤にどれくらいの時間をかけていますか?医師851人が回答したアンケートから、通勤時間の理想と現実をご紹介します。

  • 調査

    カメラ目線、手短に発言…医師のウェブ会議トレンド

    医師にウェブ会議ツールの利用実態を聞く本シリーズ。後編では利用しているツールやシーン、利用にあたって注意していることをご紹介します。

  • 調査

    6割が満足!医師のウェブ会議事情

    コロナ禍を受けて、zoomに代表されるウェブ会議ツールの利用が増えてきました。医師の間でも急速に利用され始めていますが、どのような点が評価され、どのような課題があるのか――。医師508名の回答を得たアンケート結果から、前後編に分けて見ていきます。前編では医師の利用実態と満足度をお伝えします。

  • 調査

    患者になって実感「誰もが大病を患う可能性がある」

    m3会員を対象に、医師の病とキャリアについて聞く本シリーズ。後編では、医師357人の医師が回答したアンケート結果に基づき、働き方を変更するにあたり相談した相手、病になってからの仕事観・人生観の変化についてご紹介します。

  • 調査

    医師の本音「ありえないドラマは見たくない」

    m3会員を対象に、医療ドラマについて聞く本シリーズ。後編では、医師455人の医師が回答したアンケート(※)結果に基づき、医療ドラマが現在の職業・仕事観に影響を与えたか、どんな医療ドラマを観てみたいかについてご紹介します。

  • 調査

    通院必要で「働き方変えた」は少数。どう変えた?

    定期的な通院・検査が必要な疾患を抱えていても、働き方を変えた人は少数──。医師の病とキャリアについてm3会員を対象にしたアンケート(※)結果から、上記のことがわかりました。働き方を変えた医師はどのようなワークスタイルにシフトしたのでしょうか。中編では、その具体的な内容についてご紹介します。

  • 調査

    医師の脳裏に焼き付く医療ドラマ、その理由とは

    m3会員を対象に、医療ドラマについて聞く本シリーズ。中編では、医師455人の医師が回答したアンケート結果に基づき、印象的だった医療ドラマとそれを選んだ理由、ドラマにまつわるエピソードについてご紹介します。

  • 調査

    高血圧、喉の渇き、血尿…今思えば「病の予兆」

    日々、患者さんの病と向き合っている医師。しかしながら、医師自身が病を発症する可能性も大いにあります。今回は、m3.com会員の医師を対象に、病とキャリアについてのアンケートを行ったところ、357人の医師から回答を得ました。前編では疾患、それに伴う予兆の有無、具体的な予兆についてご紹介します。

  • 人気記事ランキング