1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職ガイド
  4. 転職データ集
  5. コロナ禍で冷え込んだ医師転職市場、回復の兆しも?―求人天気予報2020年7-9月期
転職データ集

コロナ禍で冷え込んだ医師転職市場、回復の兆しも?―求人天気予報2020年7-9月期

2020年10月16日

コロナ禍の混乱が始まって約半年。2020年7~9月は感染がピークアウトし、徐々に日常生活を取り戻してきました。しかし、医師の転職市場はそう元通りとはいかず、地域や診療科によって異なる様相を示しています。今回編集部では、m3.comCAREERに寄せられたデータをもとに都道府県と各科の求人倍率と想定下限年収を集計。データから転職市場の冷え込み具合を可視化しました。また、コンサルタントには最新動向も聞き、冷え込みから回復の兆しが見えてきたことも分かりました。

2020年7~9月の医師転職市場はやや冷え込み

図1:2020年7~9月におけるエリアごとの求人倍率と想定年収の年収額(下限)

2020年4~6月と2020年7~9月で比較したところ、エリアごとの動向は上図のようになりました。求人倍率は求職者1人あたりの求人数のため、高ければ高いほど、転職先の選択肢が豊富ということを示しています。また、下限年収の平均額は、医療機関から提示されている想定年収の下限値を平均した数字であり、年収のボトムラインの参考となります。

2020年4~6月に比べて、2020年7~9月は多くのエリアで想定年収がダウンしていますが、都道府県や診療科によっては徐々に回復が見られます。

好調なのは7府県、28都道府県でマイナス傾向

はじめに、都道府県ごとの傾向を見てみましょう。

図2:2020年7~9月における都道府県ごとの求人倍率と下限年収(平均値)
※前回(2020年4~6月)から上昇している場合は赤字

まず、求人倍率が上昇したのは岩手県、山形県、栃木県、福井県、滋賀県、京都府、島根県、山口県、徳島県、香川県の10府県です。中でも岩手県、徳島県は求職者数が減ったことで、求人倍率の上昇幅が10ポイントを超え、求職者1人あたりの選択肢が増えています。

また、下限年収(平均値)が上昇したのは岩手県、山形県、茨城県、群馬県、新潟県、福井県、愛知県、滋賀県、京都府、島根県、徳島県、高知県、大分県、宮崎県の14府県です。ただし、2020年4~6月と比べて微増のところがほとんどで、最大値は高知県の+14万円でした。

そして、求人倍率・下限年収(平均値)ともに上昇したのは岩手県、山形県、福井県、滋賀県、京都府、島根県、徳島県の7府県にとどまりました。2020年4月以降、中部、中国・四国エリアは転職市場の活況が続いています。

一方、求人倍率・下限年収(平均値)ともに下降している地域は28都道府県でした。中でも東北、関東、近畿、九州エリアは下限年収が10~30万円ほどダウンする医療機関のほか、求人自体を取り下げる医療機関が多く、コロナ禍による経営悪化の影響が予想されます。

6科で年収2桁減、コロナの影響か?

次に、診療科別の傾向を見ていきます。

図3:2020年7~9月における診療科ごとの求人倍率と下限年収(平均値)
年収増減値は2020年4~6月との比較

診療科別で求人倍率・下限年収(平均値)ともに上昇したのは腎泌尿器系のみでした。また下限年収が上昇したのは腎泌尿器系、産婦人科系、糖尿病系、放射線系、脳神経系の5科にとどまっており、上げ幅も大きくないようです。

一方、精神科系、眼科、耳鼻咽喉科、麻酔科、小児科、皮膚科系は、2020年4~6月と比べて下限年収の下げ幅がマイナス10万円以上となっています。2020年4~5月に緊急事態宣言が発出されたことによる受診控えや緊急性のない手術の延期といった影響が、2020年7~9月にかけても尾を引き続けているとみられます。

緊急事態宣言解除以降、転職市場は徐々に回復中

このほか、医師・医療機関を取り巻く転職市場の変化について、エムスリーキャリアで医師の転職支援にあたるコンサルタントに聞きました。

求職者の変化

「2020年4~6月と比べて求職者数は増えており、1年以内など、短期で転職希望の医師も増えています。また例年に比べ、急性期で疲弊して退局するケースが増えているのも今期の特徴です。

緊急事態宣言中は他院訪問を禁止する医療機関もありましたが、宣言が解除された6月以降は緩和され、アルバイトをする医師、転職活動の面接に行く医師も増えています」(医師転職支援コンサルタント)

医療機関の変化

「2020年4~6月の急性期病院では、採用活動は止めないものの、当直必須にするなど条件を厳格化するケースが増加。そのため、応募できない状況や、面接しても内定が出ない状況にありましたが、2020年7~9月は条件緩和が進み、徐々に内定も出るようになってきました。

一方クリニックは、2020年4~6月は外来患者数の減少により、採用活動の取り止めも多く見られましたが、2020年7~9月にかけて外来患者数が戻ってくると採用活動を再開しています。また2020年4~6月は感染リスクが低いこと、収入が安定していることなどから自由診療を希望する医師が増え、内定が出づらい状況でしたが、2020年7~9月にかけては徐々に落ち着いてきています」(前出のコンサルタント)

診療科別の変化

「自由診療の美容系クリニックや小児科、耳鼻咽喉科といった外来中心のマイナー科は、徐々に求人募集を再開し、内定が出やすくなるなど変化が出ています。メジャー科は2020年4~6月と変わらず採用を進めているので大きな変化は感じていません。」(前出のコンサルタント)

全体としてはコロナ禍で混乱していた春先に比べ、転職市場は求職者数・求人数ともに回復し、勤務条件も緩和されるなど、転職市場は徐々に活気が戻ってきたようです。とはいえ、転職市場は刻々と変化しています。転職時期を迷っているのであれば、医師人材紹介会社なども上手に活用し、最新情報を得ながら考えてみてはいかがでしょうか。

【調査概要】
2020年4~9月にm3.comCAREERおよびエムスリーキャリアエージェントに掲載されていた求人約14,000件の情報およびエムスリーキャリアの人材紹介サービスに登録している求職者の情報を統計処理

転職をお考えの先生へ

もしも先生が転職をお考えでしたら、エムスリーキャリアにお任せください。
先生が、最善の意思決定をできるようサポートしています。

転職活動はさまざまな事務作業が伴い、情報収集や、面接等のスケジュール調整、条件交渉などを個人で担うと負担が重くなります。これらはすべて、エムスリーキャリアのコンサルタントにお任せいただけます。

また、条件交渉では、先生から直接は言いにくいことをコンサルタントが代わりに伝えるため、精神的な負担も少なく済むかと思います。

転職をご検討中でしたら、ぜひご連絡ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. 転職ガイド
  2. 転職データ集
【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • 転職データ集

    コロナ禍で年収相場が上がった科・下がった科

    新型コロナウイルス感染症が全国的に流行した2020年4~6月。医療機関の運営も大きな打撃を受けていますが、医師の給与への影響はどうなのでしょうか。編集部では、エムスリーキャリアに寄せられた1万6千件以上の求人データをもとに各診療科の想定年収(下限)を集計。1~3月のデータと比較し、想定年収のアップダウンをまとめました。コロナ禍においても年収のボトムラインが上がった診療科とは?

  • 転職データ集

    40・50代医師の転職、満足度を左右するのは?

    豊富な臨床スキル・経験を有し、医師としてキャリアの絶頂期を迎える40~50代。一方で、体力低下や子どもの進学、介護といったライフイベントをふまえて今後の働き方を見つめ直すターニングポイントでもあるようです。転職時にはどのような点を重視しているのかアンケート調査の結果をもとに見ていきます。

  • 転職データ集

    最新データでわかる年収・求人倍率の高い街―求人天気予報2020年1-3月期

    地域によっても大きく異なると言われる、医師の年収や求人倍率。その実態はどのようになっているのでしょうか。編集部では、m3.comCAREERに寄せられたデータをもとに各都道府県の有効求人倍率と想定年収を集計。年収は全国的に横ばいあるいは下降傾向にある一方、特に西寄りのエリアでは求人倍率の上昇が目立ちました。直近3カ月の最新データから、年収がアップしているエリアをご紹介します。

  • 転職データ集

    最新データでわかる年収・求人倍率の高い街─求人天気予報2019年10-12月期

    地域によっても大きく異なると言われる、医師の年収。その実態はどのようになっているのでしょうか。今回編集部では、m3.comCAREERに寄せられたデータをもとに各都道府県の有効求人倍率と想定年収を集計。中には想定年収と求人倍率、両方が上昇している都道府県もありました。直近3カ月の最新データから、年収がアップしているエリアをご紹介します。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【関東編(3)】

    国内最大の転職マーケットである関東エリアでは、時流に沿った新たな職場や働き方など、幅広い選択肢が用意されています。一方、求職者の数も多いため、希望の条件を満たす職場が見つかったとしても、応募者が多数集まってしまい、すぐに募集が締め切られてしまうこともあります。転職時期に希望がある場合には、情報収集や転職サイトへの登録を早めに行うことが大切でしょう。ここでは、最近増えている求人の動向やトレンド、求人応募にあたり注意するべきことなどを医師紹介コンサルタントに聞きました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【関東編(2)】

    大きな転職マーケットである関東では、職場も働き方も、幅広い選択肢が用意されているのが特徴です。一方で、転職希望者の数も多いため、採用担当者の判断も自然と厳しくなる傾向にあります。また、民間病院によっては、病院全体もしくは一部を大学医局からの医師派遣に頼っており、求人数に影響が出てきます。<br /> 本稿では、関東における大学医局の影響力や転職する際に注意するべきことなどを、医師紹介コンサルタントに聞いてみました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【関東編(1)】

    医師の転職市場のうち、最も求人数が多いと言われる関東地方。1都3県は職場の選択肢が広く、さまざまな働き方が可能になる一方で、転職希望者同士の競争が激しいという特徴もあります。また、地域による医師の偏在があるため、待遇面での大きな違いがあります。具体的にどのような職場が用意されており、どういった働き方が可能なのか、医師専門の転職支援コンサルタントに聞いてみました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【中国・四国・九州・沖縄編(2)】

    中国・四国・九州・沖縄地方は10万人あたりの医師数・病院数ともに全国でもトップクラスで、民間病院の数も多く、中には大規模な病棟を有する法人もあります。当地域での医局・民間病院の強さや最近の求人のトレンドについて、医師の求人コンサルタントに聞きました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【中国・四国・九州・沖縄編(1)】

    医師の数は西高東低と言われる通り、中国・四国・九州・沖縄地方は、10万人あたりの医師数・病院数ともに多い傾向があります。一方、エリア内での偏在があり、年収相場や待遇には大きな開きがあります。勤務地の選択肢を広げれば、希望のキャリアを築ける可能性は高くなります。当地域の求人のトレンドについて、医師の求人コンサルタントに聞きました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【関西・東海編(2)】

    医療資源の豊富な大都市を抱える一方、慢性的な医師不足にあえぐ地域もあるなど偏在が顕著な関西・東海地方。同じ県内でも、地域によって医局の影響は大きく異なります。他県からでも転職先を見つけやすいエリアや注意すべきポイント、希望に応じたおすすめエリアなどを医師の転職支援コンサルタントに聞いてみました。

  • 人気記事ランキング