1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職ガイド
  4. 転職データ集
  5. エリア別医師の求人トレンド【関東編(3)】
転職データ集

エリア別医師の求人トレンド【関東編(3)】

2019年11月22日

国内最大の転職マーケットである関東エリアでは、時流に沿った新たな職場や働き方など、幅広い選択肢が用意されています。一方、求職者の数も多いため、希望の条件を満たす職場が見つかったとしても、応募者が多数集まってしまい、すぐに募集が締め切られてしまうこともあります。転職時期に希望がある場合には、情報収集や転職サイトへの登録を早めに行うことが大切でしょう。ここでは、最近増えている求人の動向やトレンド、求人応募にあたり注意するべきことなどを医師紹介コンサルタントに聞きました。

関東地方で増えている在宅医療

団塊の世代が全て75歳以上となる2025年に向けて、長期入院を防いで自宅での療養を増やす「施設から在宅へ」という国の方針もあり、在宅医療に注目が集まっています。2016年から施行された厚生労働省による診療報酬の改定の影響もあって、診療効率の良い東京や周辺都市部に在宅医療専門のクリニックを作る医療法人が増えています。それに伴い、求人数も増えてきている状況です。今後ますます需要が高まっていくことが予想される、いわゆる医療経営のブルーオーシャンと呼ばれる領域となっています。現在は、求人に対して応募者の少ない売り手市場となっています。

在宅医療に応募時の注意点は?

診療にあたっては病院とは違い、環境患者の自宅あるいは介護施設などで、基本的には1人で患者と向き合わなければいけません。高度な検査機器なども身近にないなかで、患者の私的な部分も含めて、さまざまな対応ができるジェネラリストとしての役割が求められます。

訪問にはドライバーや看護師などのスタッフが付く場合もありますが、法人によっては運転も含めて全て1人で行うケースや、診療補助のみを行う無資格のスタッフと2人で行うケースもあります。
オンコール体制についても、看護師がはじめに対応してから医師にパスするような2段階対応をしているところもあれば、基本的には医師が24時間365日オンコール待機、といったところもあります。看取りについても、法人によって方針が異なり、患者が求めたときには必ず行うように指示する法人もあります。
訪問診療ならではの勤務実態については、転職活動の際にきちんと把握しておく必要があるでしょう。

年収水準は高く、一般のクリニックが年収1200万~1400万円なのに対し、訪問診療では年収1800万円以上となっています。また、夜間対応等が多ければ2100万円程度まで上がることもあります。在宅医療に興味がある、あるいは年収をアップさせて開業に向けた資金を貯めたい等の医師におすすめです。
在宅診療のクリニックはさまざまな場所に建てられているため、自宅近くで勤務したいという場合には、病院での勤務よりも希望が叶いやすいでしょう。

東京ではゆるやかな働き方を実現しやすいクリニックに人気が集中

子育てをしながら働きたい、家庭と両立できるゆるやかな働き方をしたいといった希望や、年齢的な不安から無理のない勤務をしたいといった場合に選択肢に入ってくるのがクリニック。当直がないところや、希望する勤務日数を実現しやすいなど、プライベートの時間を調整しやすいのが特徴です。また、人間関係に左右されず、患者と向き合う診療に注力したいといった理由から、クリニックへの転職を選ぶ医師もいます。東京では今、こうしたクリニックが求職者に人気で、求人が出ると比較的早くに募集が終わる状況となっています。

地方では開業医1人で運営しているクリニックが多い中、都内で医師募集をしているクリニックは複数名体制の法人が多く、数人で協力しながら診療を行っているケースもしばしばあるため、ゆるやかな働き方が叶えられる傾向にあります。ただし、勤務条件については院長の方針に左右されることが多いので、転職エージェントを経由するか、あるいは面接時に直接、確認する必要があるでしょう。また、クリニックは内定通知が出てから勤務開始までの期間が短く設定されることが多いのが特徴です。退局時期を見越した転職活動が必要になるでしょう。

東京以外の地域ではクリニックの数自体があまり多くなく、求人数も少ない傾向にあります。そのため病院での採用がメインとなります。

定年前後の医師に人気の老健

定年後は負担を抑えてゆったりと働きたい、という医師に人気なのが老健(介護老人保健施設)の施設長です。入所者の在宅復帰に向けた健康管理や、看護師や理学療法士など他スタッフへの療養・治療の指示出しなどを行うのが主な仕事で、場合によっては看取りを行うこともあります。
9時から17時など決まった時間内での勤務に収まることが多く、当直がなかったり、オンコール体制がなかったりと体力的な負担が少ないのが特徴です。年収は1200万~1400万円と、医師の平均的な年収と比べて決して高額ではありませんが、負担の軽さからセカンドキャリアとしてゆくゆくは施設長に……、と考えている医師も多いようです。

しかし、前述したように、老健の施設長は転職市場においてとても人気が高く、ポストに空きが出ればすぐに埋まってしまう状態です。さらに、転職スパンが比較的短い急性期病院と違い、自身の健康への不安等がなければ長く勤務したいという医師も多いため、ポストの空きはあまり出てきません。また、人気の高まりとともに、できるだけ若手の医師を採用しようと考える施設も増えてきています。老健への転職を考えている場合は、早めに判断して動くことがおすすめです。

転職をお考えの先生へ

もしも先生が転職をお考えでしたら、エムスリーキャリアにお任せください。
先生が、最善の意思決定をできるようサポートしています。

転職活動はさまざまな事務作業が伴い、情報収集や、面接等のスケジュール調整、条件交渉などを個人で担うと負担が重くなります。これらはすべて、エムスリーキャリアのコンサルタントにお任せいただけます。

また、条件交渉では、先生から直接は言いにくいことをコンサルタントが代わりに伝えるため、精神的な負担も少なく済むかと思います。

転職をご検討中でしたら、ぜひご連絡ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. 転職ガイド
  2. 転職データ集

この記事の関連記事

  • 転職データ集

    最新データでわかる年収・求人倍率の高い街─求人天気予報2019年10-12月期

    地域によっても大きく異なると言われる、医師の年収。その実態はどのようになっているのでしょうか。今回編集部では、m3.comCAREERに寄せられたデータをもとに各都道府県の有効求人倍率と想定年収を集計。中には想定年収と求人倍率、両方が上昇している都道府県もありました。直近3カ月の最新データから、年収がアップしているエリアをご紹介します。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【関東編(2)】

    大きな転職マーケットである関東では、職場も働き方も、幅広い選択肢が用意されているのが特徴です。一方で、転職希望者の数も多いため、採用担当者の判断も自然と厳しくなる傾向にあります。また、民間病院によっては、病院全体もしくは一部を大学医局からの医師派遣に頼っており、求人数に影響が出てきます。<br /> 本稿では、関東における大学医局の影響力や転職する際に注意するべきことなどを、医師紹介コンサルタントに聞いてみました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【関東編(1)】

    医師の転職市場のうち、最も求人数が多いと言われる関東地方。1都3県は職場の選択肢が広く、さまざまな働き方が可能になる一方で、転職希望者同士の競争が激しいという特徴もあります。また、地域による医師の偏在があるため、待遇面での大きな違いがあります。具体的にどのような職場が用意されており、どういった働き方が可能なのか、医師専門の転職支援コンサルタントに聞いてみました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【中国・四国・九州・沖縄編(2)】

    中国・四国・九州・沖縄地方は10万人あたりの医師数・病院数ともに全国でもトップクラスで、民間病院の数も多く、中には大規模な病棟を有する法人もあります。当地域での医局・民間病院の強さや最近の求人のトレンドについて、医師の求人コンサルタントに聞きました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【中国・四国・九州・沖縄編(1)】

    医師の数は西高東低と言われる通り、中国・四国・九州・沖縄地方は、10万人あたりの医師数・病院数ともに多い傾向があります。一方、エリア内での偏在があり、年収相場や待遇には大きな開きがあります。勤務地の選択肢を広げれば、希望のキャリアを築ける可能性は高くなります。当地域の求人のトレンドについて、医師の求人コンサルタントに聞きました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【関西・東海編(2)】

    医療資源の豊富な大都市を抱える一方、慢性的な医師不足にあえぐ地域もあるなど偏在が顕著な関西・東海地方。同じ県内でも、地域によって医局の影響は大きく異なります。他県からでも転職先を見つけやすいエリアや注意すべきポイント、希望に応じたおすすめエリアなどを医師の転職支援コンサルタントに聞いてみました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【関西・東海編(1)】

    大阪・愛知など、医療資源が豊富な大都市を抱える一方で、静岡などでは慢性的な医師不足が起こるなど、医師の偏在がみられる関西・東海地方。地域によって待遇が大きく異なるため、希望するキャリアに応じて働く地域の選択肢を広げることが、転職活動のポイントの1つになりそうです。地域ごとにどういった特徴があるのか、医師の転職支援コンサルタントに聞きました。

  • 転職データ集

    医師の転職、静岡県の年収相場や求人動向は?

    東海地方にあり、日本のほぼ中央に位置する静岡県。10万人あたり病院数・医師数ともに、全国水準と比較して少ないエリアである。今回は、そんな静岡県で医師が転職する際に押さえておきたいポイントを解説する。

  • 転職データ集

    医師の転職、兵庫県の年収相場や求人動向は?

    関西地方にあり、大阪府と京都府の西に位置する兵庫県。全国水準と比較して病院数は多いものの、医師数はほぼ同数となっている。今回は、このような特色を持つ兵庫県で医師が転職する際に知っておきたいポイントを解説する。

  • 転職データ集

    医師の転職、宮城県の年収相場や求人動向は?

    政令指定都市である仙台市を有し、東北地方の中心地といえる宮城県。全国水準と比べると10万人あたりの医師数はほぼ同数、病院数はやや多めであるものの、いずれも偏在しているといえる。今回は、そんな宮城県で医師が転職する際に知っておきたいポイントを解説する。

  • 人気記事ランキング