1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職ガイド
  4. 転職データ集
  5. 医師の転職、京都府の年収相場や求人動向は?
転職データ集

医師の転職、京都府の年収相場や求人動向は?

2017年12月26日

 

かつての首都でもあり、数多くの歴史ある寺院、神社、庭園、伝統的な木造家屋などで知られている京都府。医師数を10万人あたりに換算すると314.9人(全国2位)と医療機能も充実している。一方、都市部以外のエリアでは、医師や医療機関が偏在しているという課題もある。今回は、そんな京都府で医師が転職する際に押さえておきたいポイントを解説する。

京都府の病院・クリニックの特徴

京都府の医療提供体制の特徴は、医師数・病院数とも全国水準を上回っているものの、医師・病院ともに偏在していること。

京都府には6つの医療圏があり、170施設の病院(全国15位)と2471施設のクリニック(全国12位)が位置している。10万人あたり病院数で換算すると6.5施設となっており、全国平均とほぼ同数ながらも、65%の医療機関が京都・乙訓医療圏に集中しており、地域差が生じている。中でも南丹医療圏では急速に高齢化が進んでおり、それに伴い、訪問診療や往診を行う医療機関の不足が目立ってきている。全体的な医療資源が不足している山城南医療圏は、山城北医療圏、奈良県、三重県と接し、交通網も整備されている。そのため、多くの患者が他圏域の医療機関を受療しており、山城北医療圏や奈良県の病院に大きく依存している傾向にある。圏域西部地域では、近年の宅地開発に伴う人口増加により診療所の開設が盛んで、今後とも医療機関の量的整備は進むことが予想される。一方、人口減少と高齢化が進んでいる圏域東部地域は、診療所・医療従事者数も極めて少ない状況である。

2016年『医師・歯科医師・薬剤師調査』(厚生労働省)によると、医師数は8,723人で10万人あたりに換算すると314.9人(全国2位)であり、府域全体として増加傾向にある。京都市の医師数は6,604人であり、京都府の医師数の約75%にあたることから、京都・乙訓医療圏には医師が集中していると言える。2013年3月に発表された京都府保険計画では、府北部に位置する丹後医療圏と中丹医療圏では減少傾向にあることを課題視し、府内における医師の偏在を医療課題として挙げている。このような現状をふまえ、京都府立医科大学では、国の「緊急医師確保対策」等に基づき推薦入試を実施しており、その入学者は、府北部地域など医師確保困難地域における地域医療を担う人材としての活躍が期待されている。このほか、京都府内で医学部を持つのは、京都大学である。

なお、日本医師会の『病院における必要医師数調査結果』(2015年)によると、京都府の医療機関のうち大学医局から派遣を受けている病院の割合は85.7%と、全国平均(75.5%)と比べるとかなり高い結果となっている。

京都府の医師の待遇

エムスリーキャリアの過去転職者のデータによると、京都府に勤務している医師の平均年収は1393万円。全国平均である1496万円と比べて低い水準となっている。『京都府の病院・クリニックの特徴』でも触れたように、京都府は10万人あたりの医師数が全国2位。居住地としても人気が高く、医学部を持つ大学が2つ位置していることから、京都市内に医師が集中している。そのため、医師が充足傾向にあり、相場よりも年収は低いとされている。一方、丹後医療圏、中丹医療圏は医師が減少・不足しているため、京都・乙訓医療圏と比較すると、年収が高い傾向にある。

京都府の医師にとっての暮らしやすさは?

近畿地方に位置し、福井県、滋賀県、三重県、奈良県、兵庫県、大阪府と隣接する京都府。山間部に豪雪地帯を有する府北部は日本海側気候、府南部は瀬戸内海式気候、舞鶴・綾部および丹後は海洋性気候、それ以外は内陸性気候となっている。
多くの観光資源を持つ京都府は、交通網も発達している。京都縦貫自動車道が名神高速道路に接続・全線開通により、府内南北の距離がさらに近くなったほか、小浜から敦賀まで延伸され、日本海側の東西交通が飛躍的に向上。空港はないものの、近隣の大阪府、兵庫県に伊丹空港・関西空港・神戸空港があり、交通面での利便性は高いといえる。

教育体制も整っており、京都府内では洛南高校、洛星高校、堀川高校、京都教育大附高校などが医学部進学実績を持っている。

京都府の医療機関で働く医師の口コミ

  • 東海地区から、実家のある京都へ転勤しました。土地が高くても北山などの生活層の良いところか、東海道沿線なら高槻・長岡京・大津など、少し離れた場所に住むのもありだと思います(30代、小児科)
  • 居住地として排他的かと思えばそうでもなかった。勤務地としてもあまり深刻なクレーマーも少ない。居住地としても勤務地としてもよいところであると思いますが都心部よりも周辺部の方が良いように考えます。(50代、消化器外科)
  • 暑さに堪えきれず、愛知県から転居した。寒さに弱い人にはお勧めできませんが、雪にはすぐに慣れます。食べ物が新鮮で美味しくて安いのが魅力です。(40代、循環器科)
  • 色々なタイプの働き場所があると思う。(30代、神経内科)
  • 医師過剰地域であるが、診療レベルは高いので。(50代、消化器内科)
  • 便利で設備が整っている。(50代、一般内科)

京都府の医師求人情報

京都府常勤医師求人情報を検索する

    【参考資料】

  • 2016年『医療施設(動態)調査・病院報告の概況』(厚生労働省)
  • 2016年『医師・歯科医師・薬剤師調査』(厚生労働省)
  • 2015年『病院における必要医師数調査結果』(日本医師会総合政策研究機構)

転職をお考えの先生へ

もしも先生が転職をお考えでしたら、エムスリーキャリアにお任せください。
先生が、最善の意思決定をできるようサポートしています。

転職活動はさまざまな事務作業が伴い、情報収集や、面接等のスケジュール調整、条件交渉などを個人で担うと負担が重くなります。これらはすべて、エムスリーキャリアのコンサルタントにお任せいただけます。

また、条件交渉では、先生から直接は言いにくいことをコンサルタントが代わりに伝えるため、精神的な負担も少なく済むかと思います。

転職をご検討中でしたら、ぜひご連絡ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. 転職ガイド
  2. 転職データ集
【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • 転職データ集

    最新データでわかる年収・求人倍率の高い街─求人天気予報2019年10-12月期

    地域によっても大きく異なると言われる、医師の年収。その実態はどのようになっているのでしょうか。今回編集部では、m3.comCAREERに寄せられたデータをもとに各都道府県の有効求人倍率と想定年収を集計。中には想定年収と求人倍率、両方が上昇している都道府県もありました。直近3カ月の最新データから、年収がアップしているエリアをご紹介します。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【関東編(3)】

    国内最大の転職マーケットである関東エリアでは、時流に沿った新たな職場や働き方など、幅広い選択肢が用意されています。一方、求職者の数も多いため、希望の条件を満たす職場が見つかったとしても、応募者が多数集まってしまい、すぐに募集が締め切られてしまうこともあります。転職時期に希望がある場合には、情報収集や転職サイトへの登録を早めに行うことが大切でしょう。ここでは、最近増えている求人の動向やトレンド、求人応募にあたり注意するべきことなどを医師紹介コンサルタントに聞きました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【関東編(2)】

    大きな転職マーケットである関東では、職場も働き方も、幅広い選択肢が用意されているのが特徴です。一方で、転職希望者の数も多いため、採用担当者の判断も自然と厳しくなる傾向にあります。また、民間病院によっては、病院全体もしくは一部を大学医局からの医師派遣に頼っており、求人数に影響が出てきます。<br /> 本稿では、関東における大学医局の影響力や転職する際に注意するべきことなどを、医師紹介コンサルタントに聞いてみました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【関東編(1)】

    医師の転職市場のうち、最も求人数が多いと言われる関東地方。1都3県は職場の選択肢が広く、さまざまな働き方が可能になる一方で、転職希望者同士の競争が激しいという特徴もあります。また、地域による医師の偏在があるため、待遇面での大きな違いがあります。具体的にどのような職場が用意されており、どういった働き方が可能なのか、医師専門の転職支援コンサルタントに聞いてみました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【中国・四国・九州・沖縄編(2)】

    中国・四国・九州・沖縄地方は10万人あたりの医師数・病院数ともに全国でもトップクラスで、民間病院の数も多く、中には大規模な病棟を有する法人もあります。当地域での医局・民間病院の強さや最近の求人のトレンドについて、医師の求人コンサルタントに聞きました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【中国・四国・九州・沖縄編(1)】

    医師の数は西高東低と言われる通り、中国・四国・九州・沖縄地方は、10万人あたりの医師数・病院数ともに多い傾向があります。一方、エリア内での偏在があり、年収相場や待遇には大きな開きがあります。勤務地の選択肢を広げれば、希望のキャリアを築ける可能性は高くなります。当地域の求人のトレンドについて、医師の求人コンサルタントに聞きました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【関西・東海編(2)】

    医療資源の豊富な大都市を抱える一方、慢性的な医師不足にあえぐ地域もあるなど偏在が顕著な関西・東海地方。同じ県内でも、地域によって医局の影響は大きく異なります。他県からでも転職先を見つけやすいエリアや注意すべきポイント、希望に応じたおすすめエリアなどを医師の転職支援コンサルタントに聞いてみました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【関西・東海編(1)】

    大阪・愛知など、医療資源が豊富な大都市を抱える一方で、静岡などでは慢性的な医師不足が起こるなど、医師の偏在がみられる関西・東海地方。地域によって待遇が大きく異なるため、希望するキャリアに応じて働く地域の選択肢を広げることが、転職活動のポイントの1つになりそうです。地域ごとにどういった特徴があるのか、医師の転職支援コンサルタントに聞きました。

  • 転職データ集

    医師の転職、静岡県の年収相場や求人動向は?

    東海地方にあり、日本のほぼ中央に位置する静岡県。10万人あたり病院数・医師数ともに、全国水準と比較して少ないエリアである。今回は、そんな静岡県で医師が転職する際に押さえておきたいポイントを解説する。

  • 転職データ集

    医師の転職、兵庫県の年収相場や求人動向は?

    関西地方にあり、大阪府と京都府の西に位置する兵庫県。全国水準と比較して病院数は多いものの、医師数はほぼ同数となっている。今回は、このような特色を持つ兵庫県で医師が転職する際に知っておきたいポイントを解説する。

  • 人気記事ランキング