1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 医師で果物農家!「半農半医」で得た発想―医師と2足のわらじvol.12(後編)
事例

医師で果物農家!「半農半医」で得た発想―医師と2足のわらじvol.12(後編)

2019年2月28日

耳鼻咽喉科の開業医として忙しい日々を過ごされていた豊田先生。心身ともに体調を崩した時にたどり着いたのは、医師として栄養の大切さについて伝えること、農家として口に入れても安心な食材を提供することでした。先生が考える「病気を未然に防ぐ生き方」からは新たな試みも生まれているようです。(取材日:2019年1月7日) (前編はこちら

「半農半医」のワークスタイルとは

――開業医を辞められてしばらく経ちますが、現在のワークスタイルを教えてください。

月・火・金は朝畑に行ってから出勤し、終日医師として仕事をしています。水・木は夕方から勤務し、それ以外の時間は農業にあてていますね。土日も、ほとんど一日中農家の仕事があります。スケジュールだけみると激務のように感じますが、医師と農家、それぞれ自分のペースで楽しくやっていますよ。医師としては、より患者さんの生活に即した形で一人ひとりに寄り添えるよう、訪問診療などに目を向けるようになりました。現在は耳鼻科に加え、訪問診療や精神科でも非常勤で働いています。疾患を診るというより、全人的に患者さんと関わるため、耳鼻科医だけでは知ることのなかった社会の現状などを見つめる機会にもなっていますね。

特に訪問診療の現場に行くと感じることなのですが、ご高齢の患者さんの中には、「若い頃の元気な身体に戻りたい」と思う方も少なくありません。そういう方ほどお薬や処置を求める傾向があります。しかし、どんなに薬を服用したところで、若い頃のような体力が戻るわけじゃないんですよね。むしろ、過度な多剤併用は有害事象のリスクを高め、本来体に備わっているはずの治ろうとする力を阻害することにもつながりかねません。“老い”を受け入れることで、薬の量も減り、結果的に年相応の健康状態を得ることができるのではと感じることはあります。農業も同じで、農薬や肥料を使えばいい作物が育つわけではない。どちらもバランスが大切だと思っています。

自然栽培を始めて見えた、医療のゴール

――先生はなるべく農薬や肥料を使わない自然栽培を実践されているんですよね。

祖父母の代では、農協から農薬や決まった時期に肥料が送られてくるので、うちに割り当てられた農薬や肥料をそのまま撒いていました。それがルーティンになっていたわけですが、僕はこれを減らしたらどうなるんだろう、とずっと思っていました。消費者にとって、残留農薬はなるべく少ないほうがいいことは言うまでもありません。また、いくら防護服を着ているとはいえ農薬散布時には経皮吸収や気道吸収が避けられないので、農家である私たち自身の健康にとっても使わないに越したことはないんです。たとえば桃の場合、収穫までに10~15回も農薬をかけますから、これを減らすことができれば体によいだけでなく、農家の金銭的な負担も減ります。いいことづくめなので、とにかくやってみようと思い、始めました。

――実際に農薬や肥料を使わない農業をされてみて、医療との共通点を感じることがあるそうですね。

近年、アレルギーや副鼻腔炎、中耳炎などを何度も繰り返す患者さんが増えていると感じます。個人的には、それって抗生剤の使い過ぎで、耐性菌が出てきてしまっているからではないか、もしくは人の免疫システムがおかしくなっているのではないかと思っています。農業も同じで、農薬を使用しすぎると耐性ができて、効かなくなってしまうんです。医療も農業も、必要な時はもちろん薬を使いますが、なるべく自然な力を活かすのが望ましいのではないかと思うようになりました。

生涯医師であり続ける必要はあるのか

――現在は半医半農だけではなく、食育にも力を入れていらっしゃるそうですね。

私は医師になった当時、「治療をして病気の人を減らしたい」と願っていたのですが、それはなかなか難しいとわかって一度挫折しました。しかし、農業に携わったことで「それなら病気になる人を減らせばいいんだ」と考えが変わった。そこで、健康な体づくりや自然栽培の担い手を増やすために、有志を募って「自然の郷 きのくに」を立ち上げました。主な活動は勉強会や「自然農業塾」での取り組みです。「自然農業塾」とは昨年から始めた活動で、一般の方に一年を通して実際に農業体験をしてもらい、無農薬野菜の普及につなげようというもの。食育という観点では、市民講座や健康セミナーなどを定期的に開催して、医師と農家、2つの立場から講演活動を行っています。

――これからの先生の活動についてお聞かせください。

実は2月から自然予防医学推進協会というものを立ち上げまして、食を通しての予防医学、栄養についての普及活動を行う予定です。血液データを見て、必要な栄養のアドバイスなどができるのは医師ならではの活動じゃないかな。例えば、妊活をしている人や、鉄欠乏性貧血で悩んでいる女性も多いと思うんですけど、そうした方に食生活のアドバイスなどをするとか。病気になる人を少しでも減らすことに力を注ぎたいです。

――最後に、医師以外にもやりたいことがある、という読者へアドバイスをお願いします。

人生は一度きり!やりたいこと、興味があることにはチャレンジしてみて、上手くいかなかった時は軌道修正すればいいのではないでしょうか。医師になったからといって、生涯医師であり続ける必要はないんだと思います。別の仕事をしてみることでまた違った視点が得られると考えます。私は今のスタイルが気に入っているので、同じように自分に合った環境や働き方を見つけられる医師が増えるといいなと思います。

従来の価値観に とらわれない働き方をしたい先生へ

先生の「やりたい」を叶えるためには、従来の働き方のままでは難しいとお悩みではありませんか。

  • 医師業と、自分のやりたいことを兼業したい
  • 病院・クリニック以外で医師免許を生かして働きたい

もし上記のようなお考えをお持ちでしたら、エムスリーキャリアのコンサルタントにご相談ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    オリンピック出場を目指す研修医の思い―医師と2足のわらじvol.19(後編)

    初期研修医と世界クラスの山岳ランナーという二つの顔を持つ髙村貴子先生。今シーズンからは山岳スキーも始め、年間を通じて山を駆ける髙村先生は、将来にどんなビジョンを描いているのでしょうか。医師として、山岳ランナーとして目指している場所を伺いました。

  • 事例

    研修病院決定の決め手は「そこに山があったから」―医師と2足のわらじvol.19(中編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    国試の前は地獄…山岳ランナーと医学生の両立―医師と2足のわらじvol.19(前編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    エンジニア、研究者を経て“ゴール志向じゃない自分“を肯定―医師と2足のわらじvol.18(後編)

    医学部を卒業後、ゲノム研究者とエンジニアを両立する日々を送っていた鈴木晋氏。「臨床がわからないと研究も深まらない」と考え、スキップしていた初期臨床研修を受けようと決意しました。その後、大学院でのプログラミングを用いた医学研究を経て、「治療アプリ」を研究・開発する株式会社CureAppの創業メンバーに。現在は、臨床を続けながら、同社の最高開発責任者(CDO)として開発全般を指揮しています。実は少し前まで、“ゴール志向”でない自身のキャリア観を肯定できずにいたとか。CDOとして働く現在は、どのように捉えているのでしょうか。

  • 事例

    保険適用アプリ開発までに模索した、医師兼エンジニアの道―医師と2足のわらじvol.18(前編)

    病気を治療するアプリ”の保険適用に向け、日本で治験が進められていることをご存知ですか?「治療アプリ」の研究開発を行う株式会社CureAppで、最高開発責任者(CDO)としてアプリ開発を牽引するのは、現在も臨床を続ける医師であり、エンジニアでもある鈴木晋氏です。独学でプログラミングを始めたのは、医学部在学中。その後、エンジニアとしての腕を磨きつつ、ゲノム研究者としての道を歩み始めました。鈴木氏はそのユニークなキャリアをどのように模索し、治療アプリの開発にたどり着いたのでしょうか?

  • 事例

    「外科医に未練なし」バーテン医師の決意―医師と2足のわらじvol.17(後編)

    外科医兼バーテンダーの江原悠先生。医師としてのキャリア観に加えて、お店に来るお客さん、診療する患者さんに向き合う際に気を配っていることについても伺いました。

  • 事例

    30代で常勤医から離脱 バーテンダーの道へ―医師と2足のわらじvol.17(前編)

    東京都杉並区に2019年5月、「BAR Hoya」というお店がオープンしました。オーナー兼バーテンダーは、外科医でもある江原悠先生。30代で常勤医のキャリアから離れ、自分のバーを始めた経緯や、現在のワークスタイルについて伺いました。

  • 事例

    「アニサキス」も曲に メタル女医の徹底ぶり ―医師と2足のわらじvol.16(後編)

    形成外科医と医療系メタルバンドのボーカルという二足の草鞋を履くババロア先生によると、医学部とメタルには、意外な親和性があるそうです。医師とバンドマン、双方のプロとして多忙な毎日を送る先生に、今後の展望を伺いました。

  • 事例

    メタルバンド女医「人一倍頑張ってきた」―医師と2足のわらじvol.16(前編)

    形成外科医であるババロア先生のもう一つの顔は、医療系メタルバンド「Anatomy」のボーカリスト。3月にリリースしたミニアルバムが、発売週にディスクユニオンヘヴィメタルチャートで1位を獲得するなど、バンドの注目度も上がっています。医師兼バンドマンというユニークなキャリアを歩み始めたババロア先生に、医師を志したきっかけやバンド活動への思いを伺いました。

  • 事例

    視点の“ズレ”はむしろアドバンテージ―医師と二足のわらじvol.15(後編)

    産業医・スポーツドクターとして活動する傍ら、テニスプレーヤーとしてもトップを目指し研鑽を重ねている岩井勇策先生。先生が自分自身に実践している“整形外科的集学的治療”とは、一体どのようなものなのでしょうか。医療とテニス、どちらにも全力で向き合う原動力を教えてくれました。

  • 人気記事ランキング