1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 小説が医療にもたらす思わぬメリットとは―医師と2足のわらじvol.7(後編)
事例

小説が医療にもたらす思わぬメリットとは―医師と2足のわらじvol.7(後編)

2019年1月5日

2003年に小説『廃用身』で作家としてデビューされた久坂部羊先生。外科、麻酔科、外務医務官、高齢者医療など多岐にわたる現場を経験してきたそうです。現在も医療小説を執筆する傍ら、医師として健診業務に携わっている久坂部先生。二足のわらじ生活は、意外な効果をもたらしていると語ります。医師兼作家というワークスタイルや、そのメリットについて聞きました。(取材日:2018年11月27日)

医療の進歩に伴い医療小説にも変化が

――現在は、どのようなスケジュールで医師と作家のお仕事をされているのですか?

医師としての仕事は、週に1回、午前中だけ健診センターでの勤務があります。その日の午後は、大阪人間科学大学の研究室に出勤。その他にも2日講義をしていて、残りの4日間は執筆、というのが1週間のスケジュールですね。

大学では、医学概論や精神保健学の講義をしています。医師ではなく、社会福祉士・介護福祉士・ケアマネージャーなどを目指す学生が多いので、医療の専門用語を並べても理解してもらえません。ですから、興味を持って学んでもらえるように、話し方などにも気をつけています。医学についてわかりやすく面白く話す練習というか、修行の場でもありますね。だって、面白くない話をしたら学生は寝ちゃいますもん(笑)。

――1週間の半分以上は執筆にあてているんですね。ずっと机に向かっているのでしょうか。

執筆の日は、朝から晩までずっと考えています。実は、書いている時間よりも考える時間の方が圧倒的に長いです。私の場合、ジョギングをしながら考えることが多いですね。走りながら登場人物になりきったり、あるいは読者の立場になってみたり。アイデアが浮かぶと熱中してしまって、どうやって帰ってきたのかも記憶に残らないほどです。一方、いざ執筆を始めると、ついお菓子を食べたり、マンガを読んだり、パソコンでゲームをしたり、ゴロゴロしたり…… (笑)。集中力が弱いのですが、持続力はあるので一日中机に向かってはいます。

私が書くのは主に医療小説と呼ばれるジャンルですが、医療の変化に伴い、小説で扱う内容も昔とは変わってきていますね。以前は、難病の患者さんをスーパードクターが救うとか、『白い巨塔』のような、業界内での人間関係や権力争いといった内容が多かったように感じます。一方最近では、医療が発展したが故の矛盾や葛藤を描く作品が増えています。たとえば、臓器移植、延命治療、安楽死、遺伝子操作、IPS…。技術の進歩がもたらす葛藤や負の側面が、題材の中心になっています。

医師たちよ、外の世界に飛び出そう

――“二足のわらじ”というワークスタイルは、医師の仕事や作家業に影響を与えていますか?

医師として現場の空気を感じることは、医療小説を書く上でもとても重要です。たとえば健診でも、すごく健康を気にする人や、無頓着で体に悪いことばかりしている人など、健康に関する捉え方は人それぞれです。検査の値の受けとめ方一つとっても人によって反応が全然違う。日常的にそうした反応に触れることが、小説のリアリティーを高めてくれると感じますね。

一方で、医療小説を書き始めてからは、診療でも患者さんにわかりやすく伝えるのが得意になりました。たとえば治療法について説明するとき、医師は患者さんがわからないような専門用語をつい使いがちです。でも、小説は一般の読者にも理解してもらえるように書かなければならない。誰でもわかるようにするにはどう言えばいいか、を無意識に考えるようになりました。

また、編集者や書店員、読者といった医療以外の業界の方と話すと、我々医師の感覚は独特なんだなと実感させられます。もちろん、患者さんと話す機会はありますが、医師・患者という関係性ではなく、同じ立場で話すことで、学ぶものも多かったですね。結果的にはそれが患者さんとの接し方にもプラスに作用します。医師はどうしても狭いコミュニティで価値観が固定されがちなので、外の世界を見ることでいろんな気づきがあると思います。

小説を通じて医療の問題をあぶりだす

――“二足のわらじ”生活はメリットだらけということでしょうか。

私にとってはメリットが大きいです。ただ、私は現在創作や教育に軸足を置いた生活をしていますが、医師は多忙かつ責任重大な仕事です。実際は、他の楽しみを持ったり“二足のわらじ”を履いたりする余裕のない方がほとんどなのではないでしょうか。医師の他にやりたいことがあるとして、両方ともプロになるには努力と才能、それに運が必要ですね。私の場合は、諦めずに続けたことで運が向いてきました。芽の出ない時期は、外務医務官の経験がエッセイの刊行、ひいては作家デビューにつながるなんて、思ってもみなかった。本当にやりたいことがあるなら、諦めの悪さが大事、とも言えるのかもしれません (笑)。

――今後の展望を教えてください。

実は、医師兼作家という働き方はそんなに珍しくありません。たとえば『チーム・バチスタ」シリーズの海堂尊先生や、若手では知念実希人先生も人気ですよね。古くは斎藤茂吉、森鴎外も医師でした。インターネットの発展によって本が売れない時代になってきましたが、医師兼作家としては、医療小説を通して医療や、医療が抱える問題について一般の方に広く知ってほしいという想いがあります。そのためには、持ち味をしっかり出して読者を広げることも大切だなと感じています。アイデアが枯渇してしまうまでは、書き続けていきたいですね。

久坂部 羊
くさかべ・よう

1955年大阪府堺市生まれ。医師家系で育ち、1981年に大阪大学医学部を卒業。大阪大学付属病院第2外科、同麻酔科、神戸掖済会病院外科などの勤務を経て、1988年に外務省に入省。外務医務官として、サウジアラビアなどの日本大使館に勤務。1997年に外務省を退職し、以後、在宅医療などの老人医療に従事する。同人誌「VIKING」での活動を経て、2003年『廃用身』(幻冬舎)でデビュー。2014年に小説『悪医』(朝日新聞出版)で第3回日本医療小説大賞受賞。『院長選挙』(幻冬舎)、『嗤う名医』(集英社)、『カネと共に去りぬ』(新潮社)など数々の医療小説を発表し、『大学病院のウラは墓場』『人間の死に方─医者だった父の、多くを望まない最期』(共に幻冬舎)などの新書も手掛ける。2016年から大阪大学医学部招へい教授。

従来の価値観に とらわれない働き方をしたい先生へ

先生の「やりたい」を叶えるためには、従来の働き方のままでは難しいとお悩みではありませんか。

  • 医師業と、自分のやりたいことを兼業したい
  • 病院・クリニック以外で医師免許を生かして働きたい

もし上記のようなお考えをお持ちでしたら、エムスリーキャリアのコンサルタントにご相談ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例
【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • 事例

    犬猫の脳腫瘍は、一度私に診せてほしい

    医師・獣医師の安部欣博(あべ・よしひろ)先生は、ヒトと動物の脳神経外科医として、両方の臨床を並行して行っています。どちらの臨床も行っているからこそ感じる双方の特徴、相違点や刺激について伺いました。

  • 事例

    医師と獣医師の世界「常識が違う」

    ヒトと動物の脳神経外科医として、オンリーワンのキャリアを構築している安部欣博(あべ・よしひろ)先生。医局時代、脳神経外科専門医を取得後、動物の脳外科手術も並行して行うようになった現在のワークスタイルのお話に加え、医師・獣医師、どちらの世界も知っている先生が抱いている問題意識について伺いました。

  • 事例

    獣医師、動物の脳外科を学ぶために医学部に入学

    脳神経外科医の安部欣博(あべ・よしひろ)先生は、医師免許のみならず獣医師免許も所持しており、動物の脳神経外科医としても働いています。そのキャリアの原点は、獣医学部時代に知った“ある現実”をどうにかしたいという強い思いでした。

  • 事例

    オリンピック出場を目指す研修医の思い―医師と2足のわらじvol.19(後編)

    初期研修医と世界クラスの山岳ランナーという二つの顔を持つ髙村貴子先生。今シーズンからは山岳スキーも始め、年間を通じて山を駆ける髙村先生は、将来にどんなビジョンを描いているのでしょうか。医師として、山岳ランナーとして目指している場所を伺いました。

  • 事例

    研修病院決定の決め手は「そこに山があったから」―医師と2足のわらじvol.19(中編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    国試の前は地獄…山岳ランナーと医学生の両立―医師と2足のわらじvol.19(前編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    エンジニア、研究者を経て“ゴール志向じゃない自分“を肯定―医師と2足のわらじvol.18(後編)

    医学部を卒業後、ゲノム研究者とエンジニアを両立する日々を送っていた鈴木晋氏。「臨床がわからないと研究も深まらない」と考え、スキップしていた初期臨床研修を受けようと決意しました。その後、大学院でのプログラミングを用いた医学研究を経て、「治療アプリ」を研究・開発する株式会社CureAppの創業メンバーに。現在は、臨床を続けながら、同社の最高開発責任者(CDO)として開発全般を指揮しています。実は少し前まで、“ゴール志向”でない自身のキャリア観を肯定できずにいたとか。CDOとして働く現在は、どのように捉えているのでしょうか。

  • 事例

    保険適用アプリ開発までに模索した、医師兼エンジニアの道―医師と2足のわらじvol.18(前編)

    病気を治療するアプリ”の保険適用に向け、日本で治験が進められていることをご存知ですか?「治療アプリ」の研究開発を行う株式会社CureAppで、最高開発責任者(CDO)としてアプリ開発を牽引するのは、現在も臨床を続ける医師であり、エンジニアでもある鈴木晋氏です。独学でプログラミングを始めたのは、医学部在学中。その後、エンジニアとしての腕を磨きつつ、ゲノム研究者としての道を歩み始めました。鈴木氏はそのユニークなキャリアをどのように模索し、治療アプリの開発にたどり着いたのでしょうか?

  • 事例

    「外科医に未練なし」バーテン医師の決意―医師と2足のわらじvol.17(後編)

    外科医兼バーテンダーの江原悠先生。医師としてのキャリア観に加えて、お店に来るお客さん、診療する患者さんに向き合う際に気を配っていることについても伺いました。

  • 事例

    30代で常勤医から離脱 バーテンダーの道へ―医師と2足のわらじvol.17(前編)

    東京都杉並区に2019年5月、「BAR Hoya」というお店がオープンしました。オーナー兼バーテンダーは、外科医でもある江原悠先生。30代で常勤医のキャリアから離れ、自分のバーを始めた経緯や、現在のワークスタイルについて伺いました。

  • 人気記事ランキング