1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. ピアニストに治療されたい患者はいない―医師と2足のわらじvol.4(後編)
事例

ピアニストに治療されたい患者はいない―医師と2足のわらじvol.4(後編)

2018年12月17日

精神科医とピアニストという2つの顔をもつ神田周輔氏。一度は音楽の道を諦めた同氏が、医師とピアニストの2足のわらじを履くようになった背景には、医学生時代のある出来事が影響しているそうです。兼業だからこそ注意していることや、医療と音楽の相互作用についても聞きました。(取材日:2018年11月17日)(前編はこちら

医学部でピアノを再開し、オーケストラを設立

──秋田大学の医学部に入学し医師への道を歩み始めたわけですが、ピアノを再開されたきっかけはなんだったのでしょうか。

医学部に入って2年目くらいのとき、全学のピアノサークルの発表会に参加しました。その時、自分が思ったような演奏をしていないと強く感じたんです。加えて、サークルの先輩に、音楽をすごく愛し、真面目に向き合っている人がいて。

テクニックやメカニック的には自分の方が弾けるけど、その先輩はなんだかとても魅力的な演奏をしていたんです。「ああいう気持ちでピアノに接しなければ」と、単なるたしなみのような感じで音楽に向き合っている自分に強烈な違和感を覚えました。医者はともかく、ピアノはちゃんとやろうと思いましたね。変な話ですが。

ピアノを再開しだんだん勘が戻ってきた頃に、医学部の室内合奏団でバイオリンを弾いていた学生と知り合い、ピアノ協奏曲を弾いてみたいという話で意気投合しました。室内合奏団や秋田市内の音楽関係者に協力を仰ぎ、最終的に80~90人くらいの奏者を集めて、2007年にラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を演奏したんです。TVの取材も受けたので、お客さんは500人以上集まりました。

そこから「なまはげオーケストラ」という市民オーケストラを立ち上げ、演奏会を継続していくことになります。卒業までは僕が団長を務め、年1回の演奏会でピアノ協奏曲を弾いていました。

──大学生が大勢の人をまとめて、動かしていくのは大変だったと思います。モチベーションはどこにあったのでしょうか。

当初は、「自分が協奏曲を弾きたい!」というのが一番のモチベーションでした。今考えると若さ故の完全なエゴですが、大勢でアンサンブルをしたり、県外からの参加者と地元の奏者の交流が生まれたりとつながっていくことが、徐々に楽しくなっていきました。

また、地域に根ざした活動を大切にする一方で、音楽業界の第一線で活躍するような演奏家の方を秋田にお呼びしてそこから学ぶことが、自分にも地元の方々にも非常に重要だと思いました。東京フィルハーモニー交響楽団首席奏者の藤村政芳先生(写真)になまはげオーケストラの指導をしていただいたことも。新しい知見に溢れていたし、それを皆でシェアでき、人の輪が広がっていく風通しの良さがありました。非常に刺激的な環境でしたね。活動にのめりこむと共に、「ピアノを一生弾いていきたい」と思うようになったんです。

東京フィルハーモニー交響楽団首席奏者・藤村政芳氏との演奏会「Beethoven +α Zyklus vol.4」にて

ピアニストに治療してもらいたい人はいない

──最初から、精神科を志望されていたのでしょうか。

医学部に入った当時は「医者=外科」というイメージがありました。でも、ピアノも諦めたくないとなると、拘束時間が読めない科は難しい。精神科は、人の内面に迫っていく科目だと認識していたので、音楽と相互にいい影響があるかもしれない、という不確かな期待をもっていました。先輩の誘いもあって、研修医2年目のときに精神科に進もうと決めたんです。

仕方のないことですが、研修医時代はほとんどピアノに触れませんでした。3年目くらいからようやく練習時間を確保できるようになって、自主企画で室内楽の演奏会を始めました。ここ1~2年で、ようやくソロにも目を向けられる余裕が出てきたかなというところです。

──二足のわらじを履く上で気をつけていることは?

医師兼ピアニストと言うと、ピアノは付加価値のように受けとめられます。皆さんがそこを評価してくださることは、もちろん嬉しいです。でも、逆にピアニストに精神科の治療をしてほしい患者さんがいるかと考えると、たぶんいない。ピアニストにとって、医師という仕事は付加価値にはなりえないということです。プロを名乗る以上、ピアノを専業としている人と同等のクオリティを追及すべきだし、「ピアノも弾ける医師」という立ち位置に甘んじてはいけないと思っています。そこは一番気をつけているところです。

もうひとつは、「タダで弾いてください」「タダで曲を書いてください」「ドクターだからギャラは要りませんよね」といった依頼に、どう向き合うか。医者に「タダで手術して」と言う人はいませんよね。提供するものは違えど、高度な内容が求められるのはどちらの仕事でも同じことです。音楽も医療も、良質なものを提供するにはお金がかかるものです。自分がそうした依頼を受容することで、めぐりめぐって音楽を専業とする人に迷惑をかけるんじゃないか、という点は常に注意しています。

医療と音楽の共通点

──医師とピアニスト、2つの職業が相互的に影響をもたらすこともあるのでしょうか。

片方のことをやっているときに、もう片方が頭をよぎる時はあります。たとえば、ピアノを弾いていて「あぁ、学会での発表のスライドがまだ……」と思ったり、入院患者さんが気になったり。同様に、病院にいるときに演奏会が近ければ「あぁ、曲の完成度が……」と思うこともあります。しかし、これは非常にミクロな視点です。

もう少し視野を広げてみると、人をどう理解するか、どう表現するか、人に対して他者がどう介入するか、というテーマ自体は、音楽も医学も同じ。アプローチが異なるだけです。切り口を2つ持っている自分は幸せだと思っています。なぜなら、それぞれの分野を客観視できるから。つまり、偏りがちな考え方に対して自分でブレーキをかけられたり、逆にアクセルを踏めたりするということです。多様性や、客観視を忘れないというのは“2足のわらじ”の最大のメリットかもしれませんね。

──最後に、今後の展望について聞かせてください。

精神科医として、これまでは統合失調症や気分障害に多く接してきました。今後は老年期の疾患についてもより学んでいきたいと思っています。ピアノに関しては、もう少しソロの演奏活動を増やしたいですね。両方とも、きちんとしたものを淡々とアウトプットしていきたいです。

私にとって、派手であることや目立つことは二の次ですし、どちらかと言えば苦手です。もちろん、有名になれば次の活動の可能性を開くこともあります。しかし、私にとってこうした働き方を選んだ目的は、自分の中で人生の“答え”を見出すことです。人生観の核を作る作業とも言えるかもしれません。それが何なのかを人には言いませんが、死ぬ間際に「私の人生ではこういうことが起きて、こういうことが楽しくて、こういうことが分かったな」と思えたら良い。そのために2足のわらじを履いて活動しています。 (前編はこちら

神田 周輔
かんだ・しゅうすけ
精神科医・ピアニスト

1982年、札幌市生まれ。3才よりピアノを始め、全日本学生音楽コンクール北海道大会第1位、STV青少年音楽コンクールSTV賞など、数々のコンクールに入賞。秋田大学医学部在学中に「秋田なまはげオーケストラ」を設立、同オーケストラの演奏会において団長・ソリストを務める。現在は、千葉県の市中病院で精神科医として勤務する傍ら、首都圏を中心にソロ・室内楽などの演奏活動を行っている。
ホームページ https://shusukekanda.com/

従来の価値観に とらわれない働き方をしたい先生へ

先生の「やりたい」を叶えるためには、従来の働き方のままでは難しいとお悩みではありませんか。

  • 医師業と、自分のやりたいことを兼業したい
  • 病院・クリニック以外で医師免許を生かして働きたい

もし上記のようなお考えをお持ちでしたら、エムスリーキャリアのコンサルタントにご相談ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    オリンピック出場を目指す研修医の思い―医師と2足のわらじvol.19(後編)

    初期研修医と世界クラスの山岳ランナーという二つの顔を持つ髙村貴子先生。今シーズンからは山岳スキーも始め、年間を通じて山を駆ける髙村先生は、将来にどんなビジョンを描いているのでしょうか。医師として、山岳ランナーとして目指している場所を伺いました。

  • 事例

    研修病院決定の決め手は「そこに山があったから」―医師と2足のわらじvol.19(中編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    国試の前は地獄…山岳ランナーと医学生の両立―医師と2足のわらじvol.19(前編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    エンジニア、研究者を経て“ゴール志向じゃない自分“を肯定―医師と2足のわらじvol.18(後編)

    医学部を卒業後、ゲノム研究者とエンジニアを両立する日々を送っていた鈴木晋氏。「臨床がわからないと研究も深まらない」と考え、スキップしていた初期臨床研修を受けようと決意しました。その後、大学院でのプログラミングを用いた医学研究を経て、「治療アプリ」を研究・開発する株式会社CureAppの創業メンバーに。現在は、臨床を続けながら、同社の最高開発責任者(CDO)として開発全般を指揮しています。実は少し前まで、“ゴール志向”でない自身のキャリア観を肯定できずにいたとか。CDOとして働く現在は、どのように捉えているのでしょうか。

  • 事例

    保険適用アプリ開発までに模索した、医師兼エンジニアの道―医師と2足のわらじvol.18(前編)

    病気を治療するアプリ”の保険適用に向け、日本で治験が進められていることをご存知ですか?「治療アプリ」の研究開発を行う株式会社CureAppで、最高開発責任者(CDO)としてアプリ開発を牽引するのは、現在も臨床を続ける医師であり、エンジニアでもある鈴木晋氏です。独学でプログラミングを始めたのは、医学部在学中。その後、エンジニアとしての腕を磨きつつ、ゲノム研究者としての道を歩み始めました。鈴木氏はそのユニークなキャリアをどのように模索し、治療アプリの開発にたどり着いたのでしょうか?

  • 事例

    「外科医に未練なし」バーテン医師の決意―医師と2足のわらじvol.17(後編)

    外科医兼バーテンダーの江原悠先生。医師としてのキャリア観に加えて、お店に来るお客さん、診療する患者さんに向き合う際に気を配っていることについても伺いました。

  • 事例

    30代で常勤医から離脱 バーテンダーの道へ―医師と2足のわらじvol.17(前編)

    東京都杉並区に2019年5月、「BAR Hoya」というお店がオープンしました。オーナー兼バーテンダーは、外科医でもある江原悠先生。30代で常勤医のキャリアから離れ、自分のバーを始めた経緯や、現在のワークスタイルについて伺いました。

  • 事例

    「アニサキス」も曲に メタル女医の徹底ぶり ―医師と2足のわらじvol.16(後編)

    形成外科医と医療系メタルバンドのボーカルという二足の草鞋を履くババロア先生によると、医学部とメタルには、意外な親和性があるそうです。医師とバンドマン、双方のプロとして多忙な毎日を送る先生に、今後の展望を伺いました。

  • 事例

    メタルバンド女医「人一倍頑張ってきた」―医師と2足のわらじvol.16(前編)

    形成外科医であるババロア先生のもう一つの顔は、医療系メタルバンド「Anatomy」のボーカリスト。3月にリリースしたミニアルバムが、発売週にディスクユニオンヘヴィメタルチャートで1位を獲得するなど、バンドの注目度も上がっています。医師兼バンドマンというユニークなキャリアを歩み始めたババロア先生に、医師を志したきっかけやバンド活動への思いを伺いました。

  • 事例

    視点の“ズレ”はむしろアドバンテージ―医師と二足のわらじvol.15(後編)

    産業医・スポーツドクターとして活動する傍ら、テニスプレーヤーとしてもトップを目指し研鑽を重ねている岩井勇策先生。先生が自分自身に実践している“整形外科的集学的治療”とは、一体どのようなものなのでしょうか。医療とテニス、どちらにも全力で向き合う原動力を教えてくれました。

  • 人気記事ランキング