1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. 調査
  5. 専門医取得して良かった?医師たちのホンネ―専門医アンケートvol.1
調査

専門医取得して良かった?医師たちのホンネ―専門医アンケートvol.1

2021年1月22日

医師がキャリアを歩む上で、第一目標に置かれている「専門医」。多くの医師が専門医取得を選ぶ一方で、取得後のメリットを感じられない医師も少なくないようです。今回実施した「専門医」のアンケート(※)では、m3.comの医師会員1024名から回答を得ました。vol.1では専門医の取得実態、そして取得理由をご紹介します。

※2020年11月14~23日、m3.com会員の医師を対象にエムスリーキャリアが実施

少数派ながら積極的に取得しない医師も

はじめに、専門医資格を持っているかどうかを尋ねたところ、83.9%の医師が「専門医がある」と回答しました。「以前は専門医資格があったが、現在はない」(4.7%)、「現在、専門医資格はないが、これから取得予定」(5.1%)の医師と合わせると、90%以上の医師が専門医をひとつのキャリアパスにしているとわかりました。

図1:現在、何らかの専門医資格をお持ちですか(20~70代の医師1024人が回答)

なお、専門医資格の保持数は平均2.04件で、中には10以上の専門医を持つ医師も数名いました。

年代別で見ると30代から取得者が増え始め、40代で、ほとんどの医師が専門医を持つことには違和感がないと思います。その後、50代以降は専門医の更新を辞める医師が徐々に増えていきます。

図2:専門医の有無(年代別)(20~70代の医師1024人が回答)

「これまで専門医資格がなく、これからも取得予定はない」医師は20代でゼロだったものの、他の世代では少数派ながら数%いました。

専門医取得にこだわらない理由として、タイミングを逃してしまったという消極的なものもあれば、働く上で必要性を感じなかったという積極的なケースも見られます。

これまで専門医資格がなく、これからも取得予定はない理由

  • 専門医取得の年代に大学医局と縁を切ったため取得できなかった(50代男性/内科)
  • 当初から開業志向だったので、必要性を感じなかった(50代男性/糖尿病科)
  • ちょうど専門医制度が始まった時期に研修を行った世代。今まで医師免許を持っていた人には無条件で資格を与えることに疑問を感じた。また、地方にいるのでレアな症例を集めるのは困難。1つのサマリーを名前だけ変えて提出しているのを見て嫌になった(50代男性/内科)
  • 学士入学で30歳を超えて入学したので、実臨床に出るのが先だったし、そういう中でいろいろな専門科を習得し、総合診療ができているので専門医資格は今でも必要ないと思う(60代男性/内科)
  • 研究や留学で資格を取る時機を逸した(60代男性/脳神経内科)

一方で、専門医資格がないことで困ったという意見も寄せられました。

  • アルバイト先の選択がやや減る(40代男性/小児科)
  • 専門医資格がないと治療や処方薬剤に制限がかかる場合がある(40代男性/外科)
  • 出世が遅れた(60代男性/腎臓内科)
  • 自己紹介の時に箔がつかない(60代男性/精神科)
  • 所属医療機関が研修認定施設になれないので研修医にアピールできない(60代男性/脳神経内科)

日常診療では専門医がないことで、特段デメリットを感じていない人も多くいました。上記のように、専門医保持者に比べれば選択肢がやや狭まりますが、現時点では「まったく仕事にならない」など、致命的に不利になることはないようです。

専門医取得は自身と後輩のため

多数派を占める専門医保持者は、それぞれどのような理由で専門医を取得したのでしょうか。

以下、グラフでは「自身の知識・スキルの向上のため」が最も多い51.5%で、次に「後輩医師の指導や研修認定施設に必要なため」(27.1%)、「上司や同僚など周りの医師が取得していたため」(17.3%)と続きます。

多くの医師が専門医資格をひとつの区切りとして、勉強をしたり、研鑽を積んだりするきっかけにしているようです。また、指導医・専門医は教育施設の認定にも関わるため、取得・維持が欠かせないようです。

図3:専門医資格の取得理由(20~70代の医師1024人が回答、専門医がない医師は除外)

いざ取得をしようと思っても、日常診療と試験準備の両立には多くの医師が苦心したようです。

試験勉強

  • 簡単なはずなのに筆記試験に5回落ちた。さすがに口頭試問と実技は一発合格でしたが(50代男性/麻酔科)
  • 取得する頃、忙しい病院で働いていた。しかも受験する専門医試験とは別分野に流れ始めていたので、試験勉強の時間がなかった。一応勉強して問題集も解いてみたが、分野によっては医局でそうはしないようにと教育されたことが正解になっていた(50代女性/循環器内科)
  • 40代になって専門医を取得したので、若い時と比べると暗記力も落ち大変だった(40代男性/外科)

症例集め

  • 血液専門医は、筆記試験前の申請時に15症例のサマリー(考察含む)の提出が必要なので、日常診療を終えてから、文献を漁りながらサマリーと考察を書くのが大変だった(40代男性/血液内科)
  • 症例に規定の期間があり、3人の産休・育休中に消失してしまいそうだったこと。赤ちゃんがいる時に、専門病院に通うのが大変だったこと(50代女性/糖尿病科)

受験手続き

  • 移行期間のため、周りの医師が書類審査だけで専門医を取得しているのに、自分は留学などの関係で書類審査に間に合わず、通常通り試験を受けて専門医資格を取得しました。合格したので良い思い出ですが、当時はやるせない感がありました(40代男性/脳神経内科)
  • 学会や大学関連施設に一定期間の在籍が必要で、指導医のサインが必要だったこと。こんなことよりも、もっと本人のスキルや、知識を臨床に応用できる力などを評価できると良いのにと思いました(50代男性/消化器科)
  • 昔、喧嘩した部長に頭を下げて印鑑を押してもらいに行ったことが一番つらかった(50代男性/小児科)

取ったものの、メリットは…?

晴れて専門医を取得した後のメリットは、取得理由の上位にあった「自身の知識・スキルの向上」(28.2%)、「後輩医師の指導や研修施設認定に活用」(22.7%)が同様に上位に入りました。しかし、いずれも30%以下にとどまり、最多を占めるのは「メリットは感じていない」で33.9%となりました。

図4:専門医資格の取得メリット(20~70代の医師1024人が回答、専門医がない医師は除外)

なお、デメリットとして、以下のような回答が得られました。

  • 受験料、更新料、学会参加の旅費などで費用がかかる
  • 学会参加やポイント集めなど、時間的な負担がかかる
  • 受験、更新の手続きが煩雑
  • 給与に反映されない

日常的にメリットが感じられないにも関わらず、取得・更新ともに時間的・経済的負担がかかることをマイナスにとらえる医師が多くいました。中にはメリットよりもデメリットが上回ると訴える医師もおり、今後の改善が求められそうです。

vol.2では専門医取得・維持にかかる費用と、その費用対効果についてご紹介します。

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. 調査

この記事の関連記事

  • 調査

    医師の4割が都道府県またぐ転居に前向き

    医師は、ホワイトカラーに比べると勤務地の候補が多く、住む地域も選びやすい職種です。医師455人から回答を得たアンケートから、他都道府県への転居に対する意識と、勤務先として人気の都道府県を紹介します。

  • 調査

    地方に住みたい!医師が都会を離れる理由

    COVID-19流行をきっかけに、ホワイトカラーではテレワークの普及に伴い、社会全体で地方移住への関心が高まりつつあります。それでは、医師の地方志向はどうでしょうか。医師455人から回答を得たアンケートから、医師の地方転居や移住への興味、検討する上での条件を探ります。

  • 調査

    医師7割弱「補助ある」…研鑽=労働には賛否

    「医師の働き方改革」では、自己研鑽が労働時間に含まれるか否かなどが議論されてきました。2019年7月には厚生労働省から、上司の指示の有無によって労働時間に含まれるかどうかを判断する旨の通知が出ましたが、現場の医師たちはどう受け止めているのでしょうか。

  • 調査

    50歳過ぎても医師が研鑽を続ける理由

    キャリア形成や子育てがひと段落し、第二の人生も考え始める50代以降。いつ医師を引退するかは個人差があり、年齢を重ねても自己研鑽を続ける人は多くいます。今回は自己研鑽をテーマにしたアンケートから50~70代の医師421名の回答を抜き出し、ベテラン医師の自己研鑽の実態をお伝えします。

  • 調査

    人生100年時代に備える!40代に必要な学び

    知識・経験ともに臨床スキルが高まり、チームマネジメントや若手の教育を担う40代。働き盛りにあたる40代の中堅医師は、どのような自己研鑽を行っているのでしょうか。自己研鑽をテーマにしたアンケートから40代医師114名の回答を基に、実態をお伝えします。

  • 調査

    週10時間が当たり前?若手医師の研鑽事情

    一人前の医師になるため、さまざまなことを学び、吸収していく20~30代。医師人生の中でも、最も集中的な自己研鑽が求められる世代と言えそうですが、その実態はどうでしょうか。

  • 調査

    実力?運?医師の出世に必要なこと

    医師の出世や役職について考察する本シリーズ。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、医師が出世するために必要なことや、最終的に就きたい役職、そこへ向けての出世の進捗についてご紹介します。

  • 調査

    「感謝どころか文句」4割の医師が出世に後ろ向き

    価値観が多様化し、出世して役職を得ることにこだわらない人も珍しくありません。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、医師が「出世したいと思わない」理由や、出世して困ったエピソードをご紹介します。

  • 調査

    医師の出世、目的を実現できる割合は?

    実力はもちろん、時に運やタイミングにも左右される出世。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、医師が出世したいと思う理由や、出世して良かったことをご紹介します。

  • 調査

    40代が分かれ目?医師が出世する意義

    キャリアアップの一つの指標に、出世して役職を得ることが挙げられます。働き方の価値観が多様化する中、医師の出世や役職へのこだわりはどうなっているのでしょうか。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、現在の役職やそのやりがい、出世への意向についてお伝えします。

  • 人気記事ランキング

    この記事を見た方におすすめの求人

    常勤求人をもっと見る