1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. 調査
  5. 医師1427人が考える、理想の引退時期
調査

医師1427人が考える、理想の引退時期

2017年6月2日

体力とスキルさえあれば、高齢になっても働き続けられる医師という職業。しかし、老後の生活を想像してみたり、自身の気力・体力と向き合ったりする中で、「引退」の二文字が脳裏をよぎることもあるのではないでしょうか。生涯現役として活躍し続けるか、ある時期を境に退くか――。編集部では、医師を対象に「理想の引退時期」についてアンケート調査を行いました。

約7割の医師は75歳以前に「引退したい」

アンケートは、2017年5月13日~17日にかけてm3.com医師会員1427人を対象に実施。何歳まで医師を続けたいかを聞いたところ、以下のような回答結果となりました。

それぞれ僅差ではありますが、多く票を集めた順から、71~75歳、65~70歳、81歳以上、76~80歳、64歳以下という結果に。7割近くの医師は、75歳以前までに「引退したい」と考えていることが明らかになりました。

なお、回答結果を内科・外科系に分けたところ、以下のようなデータが得られました。64歳以下の早期引退を考える医師の割合も、76歳以降まで現役を希望する医師の割合も、内科系が外科系を上回るという結果に。外科系は、眼の衰えや集中力など、身体的・体力的な限界を考慮して65~75歳を引退時期と考えている医師が59%に及ぶ結果となりました。

※内科系科目には、一般内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、腎臓内科、内分泌内科、小児科、精神科等を含む。外科系科目には、一般外科、呼吸器外科、産婦人科、消化器外科、整形外科、脳神経外科、眼科等を含む。

以降の段落では、年代別の理由を一部抜粋してまとめています。

64歳以下

・夫が退職したら自分も退職する(腎臓内科/40代)
・元気なうちにのんびり好きなことをしたい(整形外科/50代)
・外科系であるため。65歳以上になっても集中力を維持できるか自信がない(脳神経外科/50代)
・几帳面な性分なので、医師になってから現在まで休日でも頭から診療の事が完全に消えることがない。休日にしか出来ない雑用も然り。勤務医時代も労働基準法など医師には全くない。開業しても休日以外休むにしても1カ月以上前から患者には張り紙で知らさなければならない。心身共に良く保っていると思う。風邪も20年は罹っていない。病気さえ出来ない。子供達も現在心配ないこともあるでしょう(消化器内科/60代)
・利用者は最新の医学を求めているから(一般内科/80代)
・現在89歳で、自分の体験から臨床医としては65歳が限界、産業医としては85歳がギリギリ可能でした(消化器内科/80代)

65~70歳

・このくらいの年のDrだと診察を受けてもいいかな?と自分が思っている年齢だから(循環器内科科/40代)
・一般のサラリーマンでは65歳までの定年延長が一般的であり、この程度が妥当と思う(循環器内科/40代)
・定年を過ぎても自分が必要とされるのであれば、その能力を使用し伝えていきたいが、70歳ぐらいまでが限界かと考えている(麻酔科/40代)
・60歳までに自宅のローンを払い終わり、70歳までに貯蓄ができれば妻の老後も安泰かと・・・(一般内科/50代)
・老害とならないように引退。70歳以降は、自分と家族と社会のために使いたい(泌尿器科/50代)
・外科医です。視力を含む体力が衰えたまま診療(手術)を続けることは、即患者さんにとっての不幸になります。従って私は満70歳を迎えた年度末で退職しました(一般外科/70代)

71~75歳

・年金がアテにならない。特に趣味もなく仕事をすることにより生き甲斐を感じるから。本当は元気ならもっと働きたいが勤務医のため、雇ってもらえるのは75歳くらいまでが限界かなと…(科目不明/40代)
・子供の教育費が掛かるため。老後の生活が不安なため(消化器内科/50代)
・生活のため、社会活動のため、認知症予防のため(神経内科/60代)
・可能なら生涯現役でいたい。暇な、曜日感覚のない、しなければいけないことがない、義務のない生活のほうがつらいかもしれないし、人の役にたっているかもしれない、と思える生活が一番だと思うからです。しかし、いくら元気でも、70歳代前半までが、社会的責任上、限界かもしれない、と思うからです(脳神経外科/60代)
・次男が勤務医から診療所を承継すると思われる年齢(小児内科/70代)
・大学勤務でたいした蓄財もなく、また、年金も僅少であるために退職後も働かざるを得ません。(科目不明/70代)

76~80歳

・せっかく資格をとったので、細くても長く働いていきたい。ただ、資格更新や学会参加など定期的なブラッシュアップは必須だし、加齢に伴う自分の能力低下に対しては謙虚に向き合うべきだと思う(呼吸器内科/30代)
・ぼけ防止。必要とされている限り頑張りたい。老害と言われないような言動は必要だが(放射線科/50代)
・父が88歳まで働いたから、せめて77歳までは頑張りたい(内分泌内科/60代)
・やめてしまうと地域に医者がいなくなるし、今のところ診療に支障があるほどの物忘れなど体力気力の衰えもない(一般内科/60代)
・既に74歳であり、80歳くらいまで働けたらいいなと考えている。趣味に生きる気もないから(精神科/70代)
・医師不足であるといわれており、元気なうちは地域医療に尽くしたい(一般内科/70代)

81歳以上

・医師として能力を発揮できるうちは、引退はないと考えている。もちろん仕事量は、ぐっと減ると思う(麻酔科/年代不明)
・年齢での期限は考えておらず、体力が続けばできる仕事を選び、何らかの役に立っていきたいです。ただ、体力的な無理はできないし、することは考えられません(一般内科/50代)
・生涯現役。自分の限度を知ったら、自らメスを置く(消化器外科/50代)
・実際に80歳以上まで働いている医師を見ると生き生きしているから(心臓血管外科/50代)
・認知症にならない限り、その年齢でできる医療を続けたい。ボランティアの性格は強くなるだろうが、決して患者に迷惑なことにはならない存在でありたい(老人内科/70代)
・医師不足です。医師として自分自身役立てると思ったら、終世現役で困ってる人々の役に立つべきです(科目不明/80代)

定年後のキャリアをお考えの先生へ

定年後はどのように働きたいとお考えですか。

先生のご懸念やご事情を伺った上で、地方の実情や待遇、サポート体制など正直にお伝えし、前向きな気持ちで次のキャリアに踏み出せるように最大限のご支援をしたいと考えております

●地域医療に貢献したい
●若手医師の育成をしたい
●体力的に無理のない範囲で働きたい

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携し、先生のご希望に沿った働き方をご提案いたします。

そして専任のコンサルタントが情報収集やスケジュール調整、条件交渉などを代行いたしますので、時間的・心理的負担を軽減できます。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. 調査

この記事の関連記事

  • 調査

    新型コロナの混乱、医師の人生観に影響も

    年明け早々、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に翻弄された2020年前半。社会が大きく変わるタイミングで、自身の生活を振り返り、優先順位を見直した人もいるのではないでしょうか。後編では、アンケート結果のうち、今後の働き方や2020年後半の抱負について取り上げます。

  • 調査

    新型コロナ禍、仕事とプライベートの満足度は?

    気付けば2020年も折り返し地点。今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、医療業界はもちろん、社会全体が大きな影響を受けた半年だったのではないでしょうか。医師の皆さんは2020年前半(1~6月)をどう受け止めたのか、アンケート調査の結果をもとに見ていきます。

  • 調査

    医師6割、職場のコロナ対応「勤続意欲に影響」

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が流行し、医療機関ではさまざまな対応を求められています。勤務先の対応を、医師たちはどのように評価しているのでしょうか。医師689人が回答したアンケート調査の概要をお伝えします。

  • 調査

    勤務先のコロナ対応、4割が「満足」

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が流行し、医療機関ではさまざまな対応を求められています。勤務先の対応を、医師たちはどのように評価しているのでしょうか。医師689人が回答したアンケート調査の概要をお伝えします。

  • 調査

    参加必須 芸を披露…医局の親睦会あるある―医局に関するアンケート調査Vol. 5

    いよいよやってくる忘年会のシーズン。宴会芸や幹事経験をした先生も多いのではないでしょうか。医師1000人にご自身の医局について聞いたアンケートをまとめた本シリーズ。最終回は、忘年会をはじめとする医局での親睦会のルールについてご紹介します。

  • 調査

    うちの医局だけ?休暇取得の独自ルール―医局に関するアンケート調査Vol. 4

    m3.comの医師会員1000人に、医局に対する考えを聞く本シリーズ。第4回目となる今回は、休暇のルールや医局外の人に驚かれた慣習についてご紹介します。

  • 調査

    医局人事、出世できる医師の条件は?―医局に関するアンケート調査Vol. 3

    12月から特に活発化していく、医局人事の発表。では実際のところ、どんな条件を満たした医師が異動や昇進、昇格の対象になっているのでしょうか。m3.comの医師会員1000人を対象に実施した調査の概要をお知らせします。

  • 調査

    医局人事確定のピーク 地域によって差―医局に関するアンケート調査Vol. 2

    医師のキャリアにも大きな影響を与えうる、関連病院への異動や教授選。各地の大学医局ではどのようなルールで、こうした医局人事を運用・決定しているのでしょうか。医局に所属した経験を持つ医師1000人に聞いたアンケートを紹介します。

  • 調査

    「上司との相性が勤続に影響」7割 医師が職場に求めること─上司・部下の人間関係に関する意識調査vol.5

    入職や退職に影響するものとして挙げられがちなのが年収や当直・オンコール有無などですが、上司や部下との人間関係も大きな要素になります。m3.com会員の皆様は、直属の上司との相性が離職にどれほど影響すると考えているのでしょうか。

  • 調査

    上司に関する自慢・愚痴、誰に話す?─上司・部下の人間関係に関する意識調査vol.4

    上司・部下の人間関係に関する意識調査vol.1では、m3.com会員の皆様に、直属の上司に続投してほしいかどうかについて回答いただいた結果を紹介しました。今回は、上司に関する自慢や愚痴といった評価を誰に話しているか、調べました。

  • 人気記事ランキング