1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. 調査
  5. 「僕にはこの人を救えない」―医師人生を変えた言葉たち
調査

「僕にはこの人を救えない」―医師人生を変えた言葉たち

2017年7月7日

思い悩んだとき、周囲の人のふとした一言で考えが変わることもあるのではないでしょうか。編集部では、医師を対象に「キャリアに影響を与えた言葉」についてアンケート調査を行いました。

医師の約65%が「キャリアに影響を与えた言葉がある」と回答

アンケートは、2017年6月10日~13日にかけてm3.com医師会員93人を対象に実施。このうち62人が「キャリアに影響を与えた言葉がある」と回答。影響を与えた言葉の発言者は、教授、先輩、患者、家族、友人、著名人などさまざまですが、教授や先輩などと答えた人が多く、日頃接する機会が多い目上の人の影響力が強いことが明らかになりました=下記参照=。

言葉をかけられた状況としては、ポリクリや診察中、同僚との飲み会のような日常的な場面から、診療科の選択、医局派遣、開業医になるといった人生の重大な局面を迎えた時など千差万別。以降の段落では、キャリアに影響を与えた言葉とその背景を内容別に一部抜粋してまとめています。

仕事の姿勢

「医者はサービス業だ」
ポリクリ中、医者とはどうあるべきかという話になり、忙しい産婦人科の先生がそう仰っていた。(小児科/50代)

「人が死ぬ(診療)科に勤めよ」
数年上の先輩から、入局を決める頃に言われました。(一般内科/50代)

「病気を診るのではなく、病気をもった病人を診なさい」
卒業後に入局した教授の教えです。全人的医療の重要性を強調された言葉です。(消化器内科/60代)

「手術に携わる外科系の医師は、大胆な臆病者であれ」
先輩とのお酒の席で言われました。(産婦人科/60代)

「僕にはこの人を救えない」
当直中の上級医から、重症外傷を目の前にした状況で言われた言葉。では誰なら救えるのか知りたくなり、東京の救命救急で働く道を探り始めた。現在、救急常勤になって20年経ちます。「仕組みさえ作れば救える、でも仕組みの違う中で救えるかどうか瀬戸際の外傷患者は、1000人に一人。それを救えるかどうかのために仕組みを作る」毎日でした。悔いはありません。(救急医療科/50代)

「内科医は薬の量を調節するのが仕事だろ?」
救急部研修中にオーベンから言われた言葉。常用量で安易に薬を処方せずに、ちゃんと患者一人一人のことを考えて処方しろという戒めでした。そのせいか、ARB+Ca拮抗剤の合剤がなかなか受け入れられない体質になりました。(一般内科/40代)

「透析はできるだけ長い時間、しかも毎日するのが良い」
どの先生から透析を学ぼうか考えていた時、ご自身が透析患者である先生が一番透析のことを知っているだろうと思い、その先生の病院へ行って聞いた。たった1回話を聞いただけだったが、今までもこれがすべてと思っている。(一般内科/60代)

「一生懸命もいいけど、一所で懸命に働くのもいいよ」
四方が海に開けた半島の先端で頑張っている先生に言われて、実際見に行って実感がわいた。(泌尿器科/30代)

「今までのキャリアもプライドも捨てなさい」
医局人事から外れて開業医になる際に、先輩開業医から言われた。(呼吸器科/50代)

人生教訓

「若い頃の1、2年はすぐに取り戻せる」
浪人することになった時に父から言われました。母は反対で、すべり止めの大学に行くことを勧めてきました。この言葉がなければ、全く別の道に進んでいたことでしょう。医者になったのは父のおかげです。(一般内科/60代)

「今やりたいことをやって、将来のことはその時に考えればいいよ」
ポリクリ先の外科の先生から言われました。女性として結婚、妊娠、出産を考えたときに外科でやっていけるかを相談した時です。その先生は男性でしたが、その言葉で消化器外科へ進むことを決定しました。(消化器外科/30代)

「楽あれば苦あり、苦あれば楽あり」
きつく、厳しい研修病院に派遣される際、医局長よりお声かけ頂きました。(リハビリテーション科/50代)

「一つの分野で、とりあえず10年やってみなさい」
仕事の方向転換を考える時は、ひとまず10年やってみていいことも悪いことも経験してから、判断しなさいと助言されました。(その他科目/40代)

その他

「こんなに話を聞いてくれた先生、初めてです」
不定愁訴で来院された初診の患者様。不安いっぱいの顔でした。(眼科/50代)

「私は人を叱る時は、3日間待ちます」
尊敬していた外科医のお教えです。いつも全くきついことを言われない先生でしたので、「先生は頭にくることはないのでしょうか?」と聞いた時のお返事でした。(麻酔科/60代)

「キャリア形成は自分自身の問題。医局任せにしてはダメ」
言われたわけではなく、自分の状況からそう判断した。医局任せの人事は、個人のキャリア形成を全く無視して行われている状況からそう判断した。(消化器外科/40代)

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. 調査

この記事の関連記事

  • 調査

    医師の4割が都道府県またぐ転居に前向き

    医師は、ホワイトカラーに比べると勤務地の候補が多く、住む地域も選びやすい職種です。医師455人から回答を得たアンケートから、他都道府県への転居に対する意識と、勤務先として人気の都道府県を紹介します。

  • 調査

    地方に住みたい!医師が都会を離れる理由

    COVID-19流行をきっかけに、ホワイトカラーではテレワークの普及に伴い、社会全体で地方移住への関心が高まりつつあります。それでは、医師の地方志向はどうでしょうか。医師455人から回答を得たアンケートから、医師の地方転居や移住への興味、検討する上での条件を探ります。

  • 調査

    医師7割弱「補助ある」…研鑽=労働には賛否

    「医師の働き方改革」では、自己研鑽が労働時間に含まれるか否かなどが議論されてきました。2019年7月には厚生労働省から、上司の指示の有無によって労働時間に含まれるかどうかを判断する旨の通知が出ましたが、現場の医師たちはどう受け止めているのでしょうか。

  • 調査

    50歳過ぎても医師が研鑽を続ける理由

    キャリア形成や子育てがひと段落し、第二の人生も考え始める50代以降。いつ医師を引退するかは個人差があり、年齢を重ねても自己研鑽を続ける人は多くいます。今回は自己研鑽をテーマにしたアンケートから50~70代の医師421名の回答を抜き出し、ベテラン医師の自己研鑽の実態をお伝えします。

  • 調査

    人生100年時代に備える!40代に必要な学び

    知識・経験ともに臨床スキルが高まり、チームマネジメントや若手の教育を担う40代。働き盛りにあたる40代の中堅医師は、どのような自己研鑽を行っているのでしょうか。自己研鑽をテーマにしたアンケートから40代医師114名の回答を基に、実態をお伝えします。

  • 調査

    週10時間が当たり前?若手医師の研鑽事情

    一人前の医師になるため、さまざまなことを学び、吸収していく20~30代。医師人生の中でも、最も集中的な自己研鑽が求められる世代と言えそうですが、その実態はどうでしょうか。

  • 調査

    実力?運?医師の出世に必要なこと

    医師の出世や役職について考察する本シリーズ。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、医師が出世するために必要なことや、最終的に就きたい役職、そこへ向けての出世の進捗についてご紹介します。

  • 調査

    「感謝どころか文句」4割の医師が出世に後ろ向き

    価値観が多様化し、出世して役職を得ることにこだわらない人も珍しくありません。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、医師が「出世したいと思わない」理由や、出世して困ったエピソードをご紹介します。

  • 調査

    医師の出世、目的を実現できる割合は?

    実力はもちろん、時に運やタイミングにも左右される出世。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、医師が出世したいと思う理由や、出世して良かったことをご紹介します。

  • 調査

    40代が分かれ目?医師が出世する意義

    キャリアアップの一つの指標に、出世して役職を得ることが挙げられます。働き方の価値観が多様化する中、医師の出世や役職へのこだわりはどうなっているのでしょうか。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、現在の役職やそのやりがい、出世への意向についてお伝えします。

  • 人気記事ランキング

    この記事を見た方におすすめの求人

    常勤求人をもっと見る