1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. 調査
  5. 医学部教育に対する医学生の満足度は?-医学生4129人が考えるキャリアVol.3
調査

医学部教育に対する医学生の満足度は?-医学生4129人が考えるキャリアVol.3

2017年7月10日

全日本医学生自治会連合が70大学4129人に対して行った「目指す医師・医学者像についての意識調査」をもとに、医学生のキャリア意識を探る本シリーズ。3回目は、医学教育に対する医学生の考えを紹介します(グラフは医学連提供データをもとにエムスリーキャリア編集部にて再編集)。

「今の医学教育で、目指す医師に近づける」6割

「今の医学教育によって、あなたが目指す医師・医学者像に近づけると思いますか」という項目の結果は以下の通り。約6割の医学生が「とても近づける」「近づける」と回答しました。

「とても近づける」「近づける」と考える理由として挙がったのは、「チュートリアル教育でディスカッションの機会があるため、医師として必要なコミュニケーション能力は育めていると思う」(3年生)、「実習で近づけている」(5年生)など。
一方、「まったく近づけない」「近づけない」と答えた約4割の医学生からは「具体的に何を身につけたらいいか見えてこない」(4年生)「ロールモデルの提示、考える時間の提供を求めます」(5年生)、「テストに受かるための勉強しかしていない」(3年生)、「教育よりも自学実習の方が近づけると思う」(5年生)などの声が上がりました。

約6割が「医学教育でモチベーション上がった」

医学教育によって、医師・医学者を目指すモチベーションが変化したかどうかを問う次の質問では、全体の約6割が「上がった」「どちらかというと上がった」と回答。主な理由としては「実際に患者に接する機会が増えたため」(4年生)「知識が深まるとモチベーションも高まる」(3年生)、「知らないことを多く学ぶことが出来るから」(1年生)、「臨床の面白さを体験するとモチベーションが上がる」(6年生)、「学年が上がるにつれて教授から話を聞く機会が増えたから」(3年生)、「目指すべき女医の講義があるから」(4年生)などが挙がっています。

一方、「下がった」「どちらかというと下がった」と回答したのは35.4%。「実習などで一時的に上がることはあっても、試験等で頭がいっぱいになりモチベーションも何も考えずに日々をこなしているため」(5年生)、「教育内容は十分だが全体に蔓延する空気がモチベーションを削る」(2年生)、「留年率が高く、基礎科目に必死なのでそれどころではない」(2年生)、「一般教養科目の時間が少なくてもったいなかった」(3年生)などの理由が挙がっています。

医学教育に求めることは「技術・技能の取得」

アンケートではこのほか、「目指す医師・医学者像について考え、近づくために医学教育に求めるものは何ですか」と複数回答で質問。「技術・技能の修練」(66.2%)、「医療現場での実践的訓練」(46.0%)、「職業としての多様な働き方の提示」(39.5%)の順に高い割合となっているほか、「国家資格取得のための授業」(32.8%)ばかりでなく、「医師になるモチベーション醸成」(35.5%)、「医師として求められる人格の涵養」(31.7%)など、医師としてのマインドを育むような機会を求めている声も根強く見られました。

 

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. 調査

この記事の関連記事

  • 調査

    専門医取得して良かった?医師たちのホンネ

    医師がキャリアを歩む上で、第一目標に置かれている「専門医」。多くの医師が専門医取得を選ぶ一方で、取得後のメリットを感じられない医師も少なくないようです。vol.1では専門医の取得実態、そして取得理由をご紹介します。

  • 調査

    子育て世代が苦悩…医師のワークライフバランス

    医師のキャリアと家事育児について、医師たちの現状を聞く本シリーズ。後編では医師438人が回答したアンケートから、仕事のキャリア形成と家庭の両立について考えます。

  • 調査

    夫0%の家庭も。医師家庭の家事分担

    いくら仕事が多忙でも、生活すれば家事は生まれます。今回は医師438人が回答したアンケートから、医師家庭の家事分担や家事のこだわり、負担軽減策をご紹介します。

  • 調査

    根性論、閉鎖性…パワハラの原因と対策

    医師のパワーハラスメントについて考える本シリーズ。vol.5では医師499人が回答したアンケートから、医療業界で起こるパワハラの原因と対策について考えます。最後に、医療業界のパワハラについての自由意見も収集しました。

  • 調査

    「時間がない」働く医師の家事事情

    日々忙しい医師の仕事。家庭の家事育児をどうやりくりしていますか。今回は医師を取り巻く家事育児の実態を徹底調査し、438人の医師から回答を得ました。前編ではパートナーの就業状況、労働時間と家事時間のバランスについてご紹介します。

  • 調査

    医師6割、パワハラ防止法「知らない」

    医師のパワーハラスメントについて考える本シリーズ。vol.4では医師499人が回答したアンケートから、パワハラ防止法の理解度や医療業界のパワハラ対策についてご紹介します。

  • 調査

    仕事より健康?医師が抱く2021年の抱負

    m3会員を対象に、2020年の振り返りと2021年の抱負について聞く本シリーズ。後編では医師388人が回答したアンケートに基づき、2021年の抱負をお伝えします。

  • 調査

    コロナ危機の中で医師が達成したこと

    仕事・プライベートともに新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に翻弄された2020年。コロナ対応の有無に関わらず、医師生活には大きな変化があったのではないでしょうか。今回は医師388人が回答したアンケートから、2020年の仕事について振り返ります。

  • 調査

    コロナ禍での“プライベート忘・新年会”どうする?

    COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の流行により、忘・新年会の開催を自粛する職場が多いようです。医師たちは今シーズン、プライベートでは忘・新年会をするのでしょうか?医師1037人が回答したアンケート結果をご紹介します。

  • 調査

    「後世に残る戦い」医師が振り返るコロナ禍

    先生にとって2020年はどのような1年でしたか。2020年は何と言っても新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の話題が尽きず、私たちの生活が一変する1年となりました。今回は医師388人が回答したアンケートから、2020年の満足度と抱負の実現度をご紹介します。

  • 人気記事ランキング