1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. コラム
  5. 初めて転職する医師が知っておきたい、病院探しのコツ―女医のつれづれ手帖(14)
コラム

初めて転職する医師が知っておきたい、病院探しのコツ―女医のつれづれ手帖(14)

2018年2月15日


Yu(ゆう)
キャリアを考えるうえで、時に選択肢となり得る「転職」。しかし、転職経験がない場合は、何をどのように進めていいかわからないのではないでしょうか。今回は、わたしが転職をするにあたり、どのように転職候補先を探したかについてお話ししたいと思います。

減る常勤医、増える残業に限界を感じるように

わたしはかつて、中小規模の病院で麻酔科の常勤医をしていました。そこでの勤務条件は、当直・オンコールなし、週4~4.5日勤務。入職後1年くらいはとても働きやすかったのですが、徐々に執刀医の数、手術件数が増えていき、それに伴い残業も増えていきました。

大学病院時代は当直もあり、急変、急患対応も当たり前な環境だったので、なんとかなるかな?と気楽に構えていました。しかし、麻酔科医は増えるどころか減ってしまった状態での勤務が続きーー頼ってもらえる状況をやり甲斐に感じる人もいるでしょうが、わたしにはそれがだんだん大きなストレスとなってしまったのです。オペ室から出られないため術前・術後の患者さんを見ることができなくなり、仕事上でのコミュニケーションは患者さんとではなく、オペ室を使いたい各科との交渉になってしまいました。また、家庭もあったので毎日帰宅時間が読めないというのも辛く感じるようになっていったのです。

紹介会社を利用するときは、わがままでも何でも希望条件をしっかり伝えること

このような状況から、「もう少し時間に余裕を持ちながら、患者さんともっとお話ができる仕事をしたい」と思うようになりました。加えて、倦怠感、異常な眠気、イライラなど、年齢を追うごとに体調不良がひどくなっていき、栄養学や美容内科にも興味を持つようになったのです。
いろいろ調べた結果、「副腎疲労」や「栄養学」といった言葉にたどり着き、栄養学に基づく診療をしているクリニックで治療と栄養指導を受けたところ、それまでの症状が驚くほど改善。それ以来、「いずれは栄養や美容内科、予防医学を臨床現場で積極的に経験できるところがあったらいいな」と考えながら、さまざまな勉強会などにも参加していました。

転職先を探すにあたり、まずは当時の勤務先を紹介してくれた人材紹介会社(以下、紹介会社)に、麻酔科医としての働き口を相談することに。当時の勤務条件と同じ「できれば自宅から行きやすい」「当直、オンコールなし」「週4~4.5日勤務」に、「オペの入れ方に余裕を持ち、患者さんを術後も十分にケアできるところ」という希望も加えて探していただきました。かなりわがままな条件というのは承知の上で、です。わたしは、紹介会社に依頼する際は、わがままでも何でもいいので、希望条件をしっかり伝えたほうが良いと思っています。探してもらった結果、希望するような転職先はないかもしれないし、あるかもしれないし、それは未知です。「こんなうまい条件のところなんてあるわけない!」と思っていたら、ぴったりのところが見つかることも意外にあるもの。全ての条件を満たさなくても、紹介会社の方は1つでも当てはまる候補先をあれこれ紹介してくれるので、選択肢も増え、より吟味できるというわけです。

こちらの紹介会社からは、いくつか病院を紹介していただきましたが、残念ながらピンと来る案件には出会えず、諦めかけていました。そんな矢先に、かねてから興味があった栄養学や美容内科分野もできる外来勤務募集の話が舞い込んで来たのです。この求人は、大学時代の同期から紹介されて登録していた別の紹介会社で、時々スポットのアルバイトを紹介していただいていたところでもあります。紹介いただいた病院には、非常勤勤務経験があったので院内の雰囲気もおおよそわかっていましたし、麻酔業務ではなくても興味ある分野にチャレンジすることは自分にとって有益なことだと判断し、転職を決意。さまざまなご縁とタイミングが重なり、転職を機に美容内科に転科する運びとなったのです。

紹介会社の選び方 わたしの持論

紹介会社の選び方に迷われる方もいらっしゃるかもしれません。個人的にはどこでも良いと思いますが、友人の紹介で登録した紹介会社のほうが、ゼロから探すより安心感も信頼感もあります。友人が利用している紹介会社に登録している医師は周りに多いように感じますし、わたし自身もそうです。

また、つてのある紹介会社には、できるだけ転職相談をして探してもらったほうが、より多くの案件を得られると思います。数は少ないですが、知り得る紹介会社に全て転職相談をしたのが今回のわたしの結果です。紹介会社によっても、つながりのある病院が異なりますし、交渉力にも差があるように感じます。

一方で、こちらがあまり気乗りしない病院にもかかわらず、やたらとその病院の良いところだけを主張して推し進めてくるところには要注意。紹介会社側の利益追求が、求職医師の希望と将来よりも勝ってしまっている可能性があるためです。転職先となる病院側も人手がないばかりに、マイナス面をあえて伝えないまま話を進めて入職に持っていこうとする場合もあります。

自分の生活と将来がかかっている、大事な転職。紹介会社や転職候補の病院が言うことは参考までに留めておき、自分の目と肌でよく確かめてから転職先を決めるのが良いと思います。あまりにも納得できる候補先がなければ、今は転職時期ではないのかも?と捉えて、無理に転職の話を進めずに様子をみることも必要かもしれませんね。

Yu
ゆう
麻酔科医・内科医

医学部卒業後、某医局で麻酔科認定医取得。 30代で国際結婚、1児の母。現在は麻酔科・内科医として働きながら、 自身の経験を活かした執筆活動も行う。

仕事とプライベートを両立しながら働きたい女性医師の方へ

結婚・出産・育児・介護などを考えると、今の勤務先は続けにくいとお悩みではありませんか。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携し、以下のような希望を叶えられる求人もお預かりしています。
●オンコール・当直・時間外勤務なし
●複数体制で急な休みが取りやすい
●院内保育園完備、保育所までの送迎あり

ご希望であれば女性のコンサルタントが担当いたしますので、お気軽にご相談ください。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. コラム

この記事の関連記事

  • コラム

    コロナ禍だから振り返りたい「扶氏医戒之略」―わたしの女医ライフ

    ドクターと医学生の交流を目的とし、将来の選択肢を増やすためのイベント「Doctors’ Style」の代表を務める正木稔子先生が、「女性医師だからできない」ことではなく、「女性医師だからできる」ことについて語ります。

  • コラム

    女医を悩ます「2人目の子」のタイミング―女医の「2人目」問題 vol.2

    当然のことながら、子どもを授かるということはそう簡単なテーマではありません。2人目に限らず、「いつ子どもを出産するか」は、働く女性にとっての永遠のテーマとも言えます。難しい問題ではある一方で、「いつ出産したら、どんなリスクがあるのか」を意識しておくことで、出産・育児がスムーズになる側面もあるでしょう。2人目の出産を悩んだ女医の一人として、2人目の子どもをいつ出産すべきか、読者の皆さんと一緒に考えたいと思います。

  • コラム

    女医に立ち塞がる「2人目の子」の壁―女医の「2人目」問題 Vol.1

    私の親しい女医仲間や女医に限らずとも、仕事を持つ女友達の間では、「2人目どうする?」という話題が顔を合わせるたびに出てきます。自分の身の回りだけでもこれだけありふれているのだから、全国的にみたらかなりの割合で「2人目」について悩んだり考えたりしている女性がいるということではないでしょうか。私自身も1人の子どもを持ち、今すぐではないにしろ、近しい将来2人目も考えている当事者ですので、自分の考えや、周囲の声も織り交ぜながら、読者の皆様と一緒に「2人目問題」についての事柄を整理していければ幸いです。

  • コラム

    どう築く?産後のキャリア─女医のつれづれ手帖(22)

    子供が生まれたことで、医師としての目標と母としての理想の狭間で揺れる方も多いでしょう。復職するのか否か、働き方はどうするのかなど、悩む内容も人それぞれ。今回は、私なりの産後のキャリアプランの描き方についてお話したいと思います。

  • コラム

    不測の事態、どう対応する?職場で子育てを応援してもらうには─女医のつれづれ手帖(21)

    産休・育休明けは、生活リズムの変化や久々の職場復帰など自分自身の負担も大きくなる時期。不測の事態に対応するためにも、家庭や職場からバックアップしてもらえるよう働きかけていく必要があります。今回は、私がどのように育児と仕事の両立をしているか、周囲との関係づくりのポイントも含めお話したいと思います。

  • コラム

    実録! 1歳3カ月の子どもを持つ、女医ママのタイムスケジュール―女医のつれづれ手帖(20)

    ただでさえ多忙な医師が、仕事をしながら子育てをするのは想像がつかない―。そのように考える女性医師は少なからずいるのではないかと思います。実際に働きながら育児をしてみると、工夫次第で何とかなるものです。今回は、1歳3カ月の子どもを持つわたしが、どのようなスケジュールで過ごし、何を重視して仕事と育児に取り組んでいるかをお伝えできればと思います。

  • コラム

    「復職先に求めるもの」、整理できていますか?―女医のつれづれ手帖(19)

    Yu(ゆう)先生インタビュー。復職先に求めるもの=働きやすい環境、この一言に尽きると思います。それを具体的に洗い出し、優先順位を付け、勤務先に伝えられるかどうかが、復職後の働き方を左右するのではないでしょうか。今回は、わたしが復職先に求めたいもの、それをどのように活かして働いているかをお話ししたいと思います。

  • コラム

    女医ママの復職先、探し方のポイント―女医のつれづれ手帖(18)

    「今の勤務先で出産後も働き続けるか」「今の勤務先を辞めて、出産後は違う勤務先で働くか」―。子どもを授かった女医にとって、出産後にどう働くかは悩ましい問題ではないでしょうか。わたしはフリーランスという立場ですが、仕事と育児のバランスをとるために、産休前と復職後で働き方や勤務先を変えました。今回は、復職にあたり、わたしがどのように職場を探したかについてお話したいと思います。

  • コラム

    甘え上手は仕事復帰しやすい?!―女医のつれづれ手帖(17)

    Yu(ゆう)先生インタビュー:産休・育休中から仕事復帰をする場合、さまざまな関門が待ち構えています。それをクリアするためには、周囲の協力が必要不可欠。今回は、仕事復帰にあたり「いかに支えてもらうか」を実現させるために、わたしが実践したことをお伝えしたいと思います。

  • コラム

    あえて理由は告げずに退職。悔いない転職のために、わたしが考えたこと―女医のつれづれ手帖(16)

    Yu(ゆう)先生コラム:現職との退職交渉は、医師の転職活動における最難関と言っても過言ではありません。タイミングや伝え方次第で、新しい職場へのスムーズな入職が難しくなってしまうことも少なからずあるようです。今回は、わたしがどのように退職意向を伝えたか、入職日までどう過ごしたかも併せてお話ししたいと思います。

  • 人気記事ランキング