1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. コラム
  5. 女医ママが考える、ママ友付き合い―女医のつれづれ手帖(11)
コラム

女医ママが考える、ママ友付き合い―女医のつれづれ手帖(11)

2017年11月2日

Yu(ゆう)
結婚すると親戚付き合い、親になると親同士―いわゆる「ママ友」との付き合いが発生します。これまでの人間関係は、自分自身で取捨選択したものがほとんどでしたが、家族が増えるとそうもいきません。今回は、医師という立場から「ママ友付き合い」について考えていきたいと思います。

子ども同士の付き合いと、ママ友の付き合いは比例する!?

子どもがまだ0歳のため、ママ友とそこまで深く関わっていないのが実情ですが、母を見ていると「ママ友」にあまりマイナスな印象はありません。というのも、母は、わたしが通っていた高校で役員を引き受けて以来、当時の役員仲間と今も定期的に食事に行っているのです!本当に親しくなると、子どもが巣立ってからも良い友達でいられる例を身近に見ているので、子どもを通じて新しい関係を築けることは素敵だなと感じています。

わたしはというと、恵まれていることに、近所に女医ママ友がいたり、仕事先に子どもの歳が近い看護師ママ友もいたりするので、困ったときにすぐ相談・会うことができる環境。そのおかげで、子育てと仕事の両立といった情報もいろいろ聞くことができて、とても助かっているんです。それに、保育園はほとんどのママが仕事持ちのようなので、今のところあまり気兼ねすることもありません。先輩女医ママに聞いたところ、子どもが大きくなってきて、仲の良い子ができたりしてくると関わりを持たざるを得ないとか…。いずれにしても、お互いに仕事があるわけですから、お迎え時間などもまちまち。そこまで踏み込んだ仲にはならなそうだとも考えています。

小学校に進学したら、様子が変わってしまうことは想像しています。困ったときは、女子校で培ってきた「技」を惜しみなく発揮する“予定”です!(笑)。ちなみに、わたしの通った女子校がどうだったかと言うと、ご想像通り、ボスの子が各クラス1~2人くらいいて、それを取り巻く5~6人のメンバーがいて、ブイブイ言わせていました(笑)。そして、その子達からいつも攻撃の対象になってしまう子達がいたのも事実。わたしは常に、どちらにも属すことはありませんでした。何らかの実習や班分けでボスグループメンバーと一緒になった時は、正直面倒だなあと思ったりしていましたが、意外にグループでいる時より単身で向き合う方が、優しい印象で話しやすかった思い出があります。一人ひとりは「あれ?案外普通じゃん」と思えたんですよね。女性は集団になると負が出やすいのでしょうか? ちなみに、ボスだった子たちは卒業する頃には徐々に取り巻きがいなくなり、気付けば目立たない存在になっていったという結末を迎えています。

ママの職業も、子どもの立場も関係ない

雑誌やテレビなどでもよく「ママ友特集」を見かけます。意見が違うのを真っ向から対立したり、役員などをいつも仕事を理由に逃げ回ったりすると、陰口の原因になりやすいのだとか。ボスママに怯えすぎて言いなりになってしんどくなるパターンも聞きますね。多少性格はあろうとも、根からの悪人はいないと思うので、誠意を持って対応すれば、だいたいの人とはトラブルなく付き合うことができると信じたいのですが…。

確かに女医ママとなると、他のママからはなんだか特殊に映ることもあるのでしょうが、医師だからどうとか、パートだからこうとか、ママの職業なんて本来はどうでも良いこと。結局は人と人の付き合い、ということを忘れずに接していけば良いのではないでしょうか。子どもの立場を気にして萎縮せず、正しくないと思うことには立ち向かって行きたいものです。仮に、あまりにも理不尽な事を言われたり、嫌がらせを受けたりするようなことがあっても、そういう人はいずれ淘汰されていくもの。一時的なものと捉えて、相手にしないようにするしかないですね。…なんて言ってはいますが、実際はどうなることやら(笑)。そんなにうまく行くはずないだろうということは念頭に置いておきます。できることなら、余計なことを考えずに付き合っていくことが理想です。

ところで、最近では「パパ友」という言葉もあるようです。わたしが見る限りでも、現在子どもが通っている保育園の送迎の半分はママですが、パパもよく見かけます。もう何年かしたら、「パパ友」とはどう付き合う!?なんてテーマが話題になっているかもしれませんね(笑)。

Yu
ゆう
麻酔科・内科医

医学部卒業後、某医局で麻酔科認定医取得。 30代で国際結婚、1児の母。
現在は麻酔科・内科医として働きながら、 自身の経験を活かした執筆活動も行う。

仕事とプライベートを両立しながら働きたい女性医師の方へ

結婚・出産・育児・介護などを考えると、今の勤務先は続けにくいとお悩みではありませんか。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携し、以下のような希望を叶えられる求人もお預かりしています。
●オンコール・当直・時間外勤務なし
●複数体制で急な休みが取りやすい
●院内保育園完備、保育所までの送迎あり

ご希望であれば女性のコンサルタントが担当いたしますので、お気軽にご相談ください。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. コラム
【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • コラム

    「K君死んじゃうの?!」旧友が教えてくれたこと ―わたしの女医ライフ

    ドクターと医学生の交流を目的とし、将来の選択肢を増やすためのイベント「Doctors’ Style」の代表を務める正木稔子先生が、「女性医師だからできない」ことではなく、「女性医師だからできる」ことについて語ります。

  • コラム

    コロナ禍だから振り返りたい「扶氏医戒之略」―わたしの女医ライフ

    ドクターと医学生の交流を目的とし、将来の選択肢を増やすためのイベント「Doctors’ Style」の代表を務める正木稔子先生が、「女性医師だからできない」ことではなく、「女性医師だからできる」ことについて語ります。

  • コラム

    女医を悩ます「2人目の子」のタイミング―女医の「2人目」問題 vol.2

    当然のことながら、子どもを授かるということはそう簡単なテーマではありません。2人目に限らず、「いつ子どもを出産するか」は、働く女性にとっての永遠のテーマとも言えます。難しい問題ではある一方で、「いつ出産したら、どんなリスクがあるのか」を意識しておくことで、出産・育児がスムーズになる側面もあるでしょう。2人目の出産を悩んだ女医の一人として、2人目の子どもをいつ出産すべきか、読者の皆さんと一緒に考えたいと思います。

  • コラム

    女医に立ち塞がる「2人目の子」の壁―女医の「2人目」問題 Vol.1

    私の親しい女医仲間や女医に限らずとも、仕事を持つ女友達の間では、「2人目どうする?」という話題が顔を合わせるたびに出てきます。自分の身の回りだけでもこれだけありふれているのだから、全国的にみたらかなりの割合で「2人目」について悩んだり考えたりしている女性がいるということではないでしょうか。私自身も1人の子どもを持ち、今すぐではないにしろ、近しい将来2人目も考えている当事者ですので、自分の考えや、周囲の声も織り交ぜながら、読者の皆様と一緒に「2人目問題」についての事柄を整理していければ幸いです。

  • コラム

    どう築く?産後のキャリア─女医のつれづれ手帖(22)

    子供が生まれたことで、医師としての目標と母としての理想の狭間で揺れる方も多いでしょう。復職するのか否か、働き方はどうするのかなど、悩む内容も人それぞれ。今回は、私なりの産後のキャリアプランの描き方についてお話したいと思います。

  • コラム

    不測の事態、どう対応する?職場で子育てを応援してもらうには─女医のつれづれ手帖(21)

    産休・育休明けは、生活リズムの変化や久々の職場復帰など自分自身の負担も大きくなる時期。不測の事態に対応するためにも、家庭や職場からバックアップしてもらえるよう働きかけていく必要があります。今回は、私がどのように育児と仕事の両立をしているか、周囲との関係づくりのポイントも含めお話したいと思います。

  • コラム

    実録! 1歳3カ月の子どもを持つ、女医ママのタイムスケジュール―女医のつれづれ手帖(20)

    ただでさえ多忙な医師が、仕事をしながら子育てをするのは想像がつかない―。そのように考える女性医師は少なからずいるのではないかと思います。実際に働きながら育児をしてみると、工夫次第で何とかなるものです。今回は、1歳3カ月の子どもを持つわたしが、どのようなスケジュールで過ごし、何を重視して仕事と育児に取り組んでいるかをお伝えできればと思います。

  • コラム

    「復職先に求めるもの」、整理できていますか?―女医のつれづれ手帖(19)

    Yu(ゆう)先生インタビュー。復職先に求めるもの=働きやすい環境、この一言に尽きると思います。それを具体的に洗い出し、優先順位を付け、勤務先に伝えられるかどうかが、復職後の働き方を左右するのではないでしょうか。今回は、わたしが復職先に求めたいもの、それをどのように活かして働いているかをお話ししたいと思います。

  • コラム

    女医ママの復職先、探し方のポイント―女医のつれづれ手帖(18)

    「今の勤務先で出産後も働き続けるか」「今の勤務先を辞めて、出産後は違う勤務先で働くか」―。子どもを授かった女医にとって、出産後にどう働くかは悩ましい問題ではないでしょうか。わたしはフリーランスという立場ですが、仕事と育児のバランスをとるために、産休前と復職後で働き方や勤務先を変えました。今回は、復職にあたり、わたしがどのように職場を探したかについてお話したいと思います。

  • コラム

    甘え上手は仕事復帰しやすい?!―女医のつれづれ手帖(17)

    Yu(ゆう)先生インタビュー:産休・育休中から仕事復帰をする場合、さまざまな関門が待ち構えています。それをクリアするためには、周囲の協力が必要不可欠。今回は、仕事復帰にあたり「いかに支えてもらうか」を実現させるために、わたしが実践したことをお伝えしたいと思います。

  • 人気記事ランキング