1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職ガイド
  4. 在宅医療
  5. 在宅医療 診療報酬改定の動きをどう見るか ―新田國夫氏(全国在支診連絡会会長・新田クリニック院長)Vol.2
在宅医療

在宅医療 診療報酬改定の動きをどう見るか ―新田國夫氏(全国在支診連絡会会長・新田クリニック院長)Vol.2

2014年3月29日

診療報酬改定、介護保険制度の開始… 在宅医療の制度化の一方で課題も

―1990年代、新田クリニックのような地域の医療機関で、在宅の高齢患者を支えるための試行錯誤が行われた末に、2000年には介護保険制度が施行され、その後の診療報酬改定でも、在宅医療の担い手として在宅療養支援診療所(在支診)が創設されるなど、環境は大きく変わったかと思います。新田院長は、全国在宅療養支援診療所連絡会の会長として、在支診の運営者のまとめ役も務めていらっしゃいますが、在支診が在宅医療を展開する上で課題となっていることはありますか。

zaitakui-interview vol3現在、在支診は日本に1万3012か所あると言われています(2012年1月現在)。ただ、生活に根差した視点で医療を提供する在宅医療は、質の担保、評価が非常に難しい。そうした意味で、在支診同士の情報交流を促進させる連絡会が果たす役割は大きいと思っています。

ただ、地域の診療所で、24時間対応できる体制を整えるという在支診の要件を整えること自体、多くの診療所にとってはまだまだ難しいようです。実運営となると、現実的な話としてやはりここが一番苦労するところではないかと思います。

―2012年の診療報酬改定では、複数の医療機関の連携によって一定の基準を満たせば、機能強化型在支診として認められるようになりました。診療所同士の連携によって負担を軽減しつつ24時間対応を実現しようという方向が示されたかと思いますが、課題は残っていますか。

診療所同士の連携体制を構築しようという方向性自体は良いと思います。ただ、十分に連携を取れるようになるまでには、まだまだ時間が必要だと思います。

―どういうことでしょうか。

現状では、それぞれの診療所が受け持っている在宅患者数にバラつきがあります。在宅患者が数人というところもあれば、当院のように50~60人というところもある。そのため、診療所ごとの医療提供体制やスタッフ数も、一様ではありません。こうした状況で、数人の在宅患者の対応で手いっぱいな診療所に、数十人規模の患者を受け持つ診療所の緊急時の看取りへの応援を求めるのは酷です。それぞれの診療所同士が同じくらいの規模でないと、お互いにメリットのある連携は取りづらい。2014年度の診療報酬改定では、連携を取る診療所のそれぞれに一定の基準(年間の緊急往診実績4件以上、看取り実績2件以上)が求められるようになるなど、変化もあるようですが、診療所同士の連携によって在宅医療が展開される文化が全国に根付くには、もう少し時間が必要だと思います。

2014年度診療報酬改定をどう見る?-施設向け訪問診療に引き下げも

―2014年度の診療報酬改定でも、「在宅医療への注力」が掲げられた一方で、「同一建物」「同一日」の患者への在宅時医学総合管理料を約4分の1に大幅に減額することが打ち出されたことが話題になりました。この引き下げの背景には、高齢者集合住宅などの運営業者からの紹介で、複数患者の訪問診療を一度に行い、報酬の一定額をキャッシュバックする“患者紹介ビジネス”の影響も大きいとも言われていますが、こうした動きをどのように見ていらっしゃいますか。

施設で暮らす患者をどのように診ていくかは重要な問題だと思いますが、今回の報酬引き下げについては、これまでの診療報酬改定を振り返ると、ある意味“よくある光景の一つ”だととらえています。

限られた財源で支えられている医療の領域で、規模を拡大するために過度なビジネスモデル化がなされると、いずれメスが入る。医療業界全体の流れとして、機能分化が推し進められ、診療報酬の「適正化」が行われている状況において、在宅医療も決して聖域ではないのだということが、示されただけのように思いました。

zaitakui-interview vol4もちろん、多くの医師は、地道に在宅医療に取り組んでいます。良いか悪いかは別にして、一人開業体制の中で、真摯に患者を診ている医師も多い。しかし体力的にも経営的にも、それでは持続的ではないので、より効率的な運営体制のビジネスモデルを考えはじめる。ここまでは良いと思いますが、一方で懸念も生じます。人を雇ったり、ハードを充実させたりすると、より大きな需要を欲してしまうんです。
これまで病院でも、人員を確保したり、医療機器などのハードをリースや借金して揃えたりしたら、診療報酬の点数でそれを賄おうと、過剰医療に陥ってしまうケースが、残念ながらありました。経営者の道徳的・倫理的配慮や、バランス感覚が欠如した状態で過剰な大規模展開を目指すと、やがて失敗してしまうのではないでしょうか。

在宅医・訪問診療医としての勤務をご希望の先生へ

医師の転職支援サービスを展開するエムスリーキャリアには、在宅医療“専門”のコンサルタントが在籍しています。

直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん「数年後のキャリアチェンジを視野に情報収集をしたい」という先生からのご相談にも応じております。条件面だけでなく先生の叶えたいキャリアに合わせ、ベストな選択肢をご提案させていただきます。

詳しくは下記より、お気軽にご相談ください

この記事の関連キーワード

  1. 転職ガイド
  2. 在宅医療
【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • その他

    開業医に迫る「コロナ閉院」で勤務医へ

    新型コロナによる収入減は、医師も他人事ではありません。中でも開業医は建物・設備の固定費、スタッフの人件費に多大な費用がかかるため、コロナ禍の経営難を機に閉院し、勤務医に戻るという人が出てきています。閉院という開業医最後の大仕事を全うしつつ、転職活動を進めるにはどうしたらいいのか――。今回は医師人材紹介会社を活用して、開業医から勤務医に転職した事例をご紹介します。

  • アルバイト(非常勤・スポット)

    バイト先が決まらない!採用ハードルが急上昇

    COVID-19流行以降、医師の定期非常勤市場は大きく変化しています。以前はすぐに内定が出ていた医師でも、書類選考を通過しないことも……採用される医師・されない医師の違い、買い手市場で内定を得るためのコツをお伝えします。

  • 在宅医療

    これから在宅医療に携わる医師に求められるもの―新田國夫氏(全国在支診連絡会会長・新田クリニック院長)Vol.3

    地域の認知症ケア、在宅医療を取り巻く環境について数々のメディアで積極的に情報発信していることで知られる全国在宅療養支援診療所連絡会の会長で、医療法人社団つくし会・新田クリニック(東京都国立市)の新田國夫院長インタビューVol.3。

  • 在宅医療

    認知症ケアで気づいた在宅医療と病院医療の違い―新田國夫氏(全国在支診連絡会会長・新田クリニック院長)Vol.1

    地域の認知症ケア、在宅医療を取り巻く環境について数々のメディアで積極的に情報発信していることで知られるのが、全国在宅療養支援診療所連絡会の会長で、医療法人社団つくし会・新田クリニック(東京都国立市)の新田國夫院長です。在宅医としてのキャリアを選ぶ上でもカギとなる、在宅医療を取り巻く全体的な動向や、昨今の診療報酬改定への考え、これから在宅医療を展開していく上での考えについて、新田院長のこれまでを振り返りながら伺いました。

  • 在宅医療

    高齢者への予防医学、看取りのために必要なこと―佐々木淳氏(悠翔会理事長)Vol.2

    「在宅医療は、病院の医療とは畑が違います。大前提として、サービスを受ける患者さんは、必ずしも医療を求めていません。最終的な結果に対する安心感や、納得感を求めているということを、強く認識しなければなりません。患者さん自身、終末期の自分の状況を是として受け入れたいし、「自宅で見守られて死ぬことが、残された人生の中で一番幸せな選択肢なのだ」とご家族も信じたい。そのためのサポートをするのが在宅医の役割ではなのだと思います」

  • 在宅医療

    一都三県に訪問診療 持続的な「24時間対応」を目指して―佐々木淳氏(悠翔会理事長)Vol.1

    在宅医療において、質を担保しながら医師が無理なく働き続けられるように、現場ではどのような取り組みが行われているのでしょうか。今回は、一都三県にまたがる8つのクリニックを通じて在宅医療を提供している、医療法人社団悠翔会(本部=東京都港区)を取材しました。在宅療養支援診療所が制度化された2006年に設立され、急速に成長を遂げてきた同会。これまでの戦略や、訪問診療を繰り返す中で見えてきた「在宅医の役割」について、佐々木淳理事長に聞きました。

  • 在宅医療

    在宅医に求められる経験・スキルは?

    病院勤務と在宅医療では求められる役割が異なります。在宅医療の担い手となる医師には、どのような経験やスキルが必要なのでしょうか。

  • 在宅医療

    在宅医療 個人宅と施設で違いは?

    介護サービスが発達してきた今日、患者の「生活の場」もさまざまです。在宅医として、個人宅を訪問するケースもあれば、有料老人ホームなど、施設を訪問するケースもあります。今回は、個人宅と施設、それぞれを訪問する場合の違いを紹介します。

  • 在宅医療

    在宅医療に関わる政策動向 「24時間365日対応」は可能か

    厚生労働省によると、在宅医療のニーズは2012年の17万人から、2025年には29万人へと大きく増加が見込まれており、最近では診療報酬改定のたびに、在宅医療を担い手となる医療機関の評価体制が整備されています。今回はその動向を解説します。

  • 在宅医療

    在宅医療 高まるニーズの背景

    施設中心の医療から、患者が住み慣れた地域で受ける医療へと、医療提供体制の転換が訴えられています。外来・入院に次ぐ「第3の医療」とも言われる在宅医療。推進の背景をまとめます。

  • 人気記事ランキング