1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職ガイド
  4. 転職データ集
  5. 医師の転職市場シーズン別の傾向とは
転職データ集

医師の転職市場シーズン別の傾向とは

2018年5月1日

いくら医師が「売り手市場」とはいえども、転職市場も時期によって様相が変化します。「良い求人が出やすい時期」「ほかの求職者が増える時期」など、トレンドを押さえながら求人など情報収集を進め、希望にマッチする勤務先を効率的に選びましょう。

医師の転職は、常に売り手市場

厚生労働省によると、医師を含む医療従事者の2017年度の有効求人倍率は以下の通り。「売り手市場」と言っても、時期によって変動が生じていることが分かります。

厚生労働省『一般職業紹介状況について』より作成

有効求人倍率は、ハローワークに登録されている「求人数」を「求職者数」で割ったもの。一般的にはこれが高い時ほど、医療機関は採用に苦労しており、求職者優位でことが運びやすいとされています。上記の有効求人倍率は医師だけでなく歯科医師や薬剤師等のデータも含んだものである点に注意が必要ですが、最も有効求人倍率が低い9月でも6.21(求職者1人に6.21件の求人がある状態)となっており、同期間の全職業の平均値である1.31と比べても、圧倒的な売り手市場となっていることが分かります。

このように、一年を通じて求人自体は豊富に存在する医師ですが、シーズンによって募集背景などが微妙に異なります。また、好条件の求人から充足していくため、油断してしまうと、知らぬ間にほかの求職者で枠が充足してしまう事態も否定できません。以下に、各月の求人動向について解説します。

市場が少しずつ動き出す4月~6月 思わぬ好条件求人が出ることも

新年度がスタートしたばかりの4~6月。3月で前年度の採用を終えた医療機関も多いため、ほかの月に比べれば転職市場は少し落ち着きますが、それでも求人倍率は高い水準にあります。

求人数はやや落ち込む傾向にあるこの時期ですが、「本当は3月までに採用したかったが決まらなかった」「急な欠員が生じてしまった」といった理由で、条件を引き上げる医療機関もあり、思わぬ好条件求人に出会えることは珍しくありません。7月以降はボーナス支給後に転職活動を始める医師が徐々に増え始めるため、満足できそうな求人があれば、先んじて選考を進めておくのも手です。

求人が増加しはじめる7月~9月

ボーナス支給後の退職が生じるのが6月後半から7月以降。求人・求職者共に増加傾向となります。早期採用のために好条件を提示する急募・欠員求人が多くなってくる半面、条件だけにとらわれず、入職後のミスマッチを避けるためにも急募・欠員の背景等はよく確認しておきましょう。

なお、夏休み等を活用して面接等の日程を組み、転職活動を進展させやすいのもこの時期ならでは。多忙な医師にとって、じっくりと検討期間を設けられるのは大きなメリットなので、「転職すべきか迷っている」と言う場合も、この機会を有効活用して求人探しなど情報収集をはじめても良いかもしれません。

転職市場が活性化する10月~12月

転職市場がピークに向かうのは10月以降。秋口の退職者も多い上、次年度の人員計画を受けた採用活動が本格化しはじめ、求人が多くなってきます。

次年度の人員体制が固まりはじめるこの時期は、現職の方向性にギャップを感じて水面下で転職活動を始める医師が増加する傾向。また、転職活動には一般的3~6カ月程度の期間が掛るため、年明けや翌年4月から新天地での勤務を検討しているのであれば、この時期から動いておくことが肝心です。

このように求人の幅が広がる半面、ライバルも多く、転職市場が最も活発化している10~12月。売り手市場とはいえ、好条件の求人は早期に充足してしまう可能性があるので、早め早めの行動が大切だと言えるでしょう。

1月~3月以降も依然として求人は多く 4月入職を目指すのであれば効率的に

一つのピークを越えたとはいえ、1月以降も依然として求人倍率は高い水準を保っています。新年度に向けた体制の最終調整が行われるほか、4月に転職する医師が退職届を提出するのもこの時期とあって、欠員が生じやすくなるためです。

医療機関側としても4月までに医師を確保しておきたいという思いは強く、年明け以降からは年収アップや当直免除など、交渉を受け入れてもらえる可能性も高まります。希望する求人が見つからなかった場合も、紹介会社にかけあえば条件交渉を通じて希望に近付けるかもしれません。4月入職を検討するのであればやや急ぎ足になってしれませんが、こうしたサービスも利用しながら、効率的に進めていきましょう。

大局感を持って転職活動を

冒頭に述べたように、医師の転職市場は常に売り手市場。その気になれば、どの時期であっても転職自体は実現させやすい状況と言えるでしょう。ただ、だからと言って転職を急いでしまうと、ミスマッチに陥る可能性も否定できません。今回ご紹介したような例年の傾向も頭の片隅に置きながら情報収集を行い、求人一つひとつにどう向き合うかを考えていけると良いでしょう。

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. 転職ガイド
  2. 転職データ集
【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • 転職データ集

    コロナ禍で冷え込んだ医師転職市場、回復の兆しも?

    コロナ禍の混乱が始まって約半年。2020年7~9月は感染がピークアウトし、徐々に日常生活を取り戻してきました。しかし、医師の転職市場はそう元通りとはいかず、地域や診療科によって異なる様相を示しています。今回編集部では、m3.comCAREERに寄せられたデータをもとに都道府県と各科の求人倍率と想定下限年収を集計。データから転職市場の冷え込み具合を可視化しました。また、コンサルタントには最新動向も聞き、冷え込みから回復の兆しが見えてことも分かりました。

  • 転職データ集

    コロナ禍で年収相場が上がった科・下がった科

    新型コロナウイルス感染症が全国的に流行した2020年4~6月。医療機関の運営も大きな打撃を受けていますが、医師の給与への影響はどうなのでしょうか。編集部では、エムスリーキャリアに寄せられた1万6千件以上の求人データをもとに各診療科の想定年収(下限)を集計。1~3月のデータと比較し、想定年収のアップダウンをまとめました。コロナ禍においても年収のボトムラインが上がった診療科とは?

  • 転職データ集

    40・50代医師の転職、満足度を左右するのは?

    豊富な臨床スキル・経験を有し、医師としてキャリアの絶頂期を迎える40~50代。一方で、体力低下や子どもの進学、介護といったライフイベントをふまえて今後の働き方を見つめ直すターニングポイントでもあるようです。転職時にはどのような点を重視しているのかアンケート調査の結果をもとに見ていきます。

  • 転職データ集

    最新データでわかる年収・求人倍率の高い街―求人天気予報2020年1-3月期

    地域によっても大きく異なると言われる、医師の年収や求人倍率。その実態はどのようになっているのでしょうか。編集部では、m3.comCAREERに寄せられたデータをもとに各都道府県の有効求人倍率と想定年収を集計。年収は全国的に横ばいあるいは下降傾向にある一方、特に西寄りのエリアでは求人倍率の上昇が目立ちました。直近3カ月の最新データから、年収がアップしているエリアをご紹介します。

  • 転職データ集

    最新データでわかる年収・求人倍率の高い街─求人天気予報2019年10-12月期

    地域によっても大きく異なると言われる、医師の年収。その実態はどのようになっているのでしょうか。今回編集部では、m3.comCAREERに寄せられたデータをもとに各都道府県の有効求人倍率と想定年収を集計。中には想定年収と求人倍率、両方が上昇している都道府県もありました。直近3カ月の最新データから、年収がアップしているエリアをご紹介します。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【関東編(3)】

    国内最大の転職マーケットである関東エリアでは、時流に沿った新たな職場や働き方など、幅広い選択肢が用意されています。一方、求職者の数も多いため、希望の条件を満たす職場が見つかったとしても、応募者が多数集まってしまい、すぐに募集が締め切られてしまうこともあります。転職時期に希望がある場合には、情報収集や転職サイトへの登録を早めに行うことが大切でしょう。ここでは、最近増えている求人の動向やトレンド、求人応募にあたり注意するべきことなどを医師紹介コンサルタントに聞きました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【関東編(2)】

    大きな転職マーケットである関東では、職場も働き方も、幅広い選択肢が用意されているのが特徴です。一方で、転職希望者の数も多いため、採用担当者の判断も自然と厳しくなる傾向にあります。また、民間病院によっては、病院全体もしくは一部を大学医局からの医師派遣に頼っており、求人数に影響が出てきます。<br /> 本稿では、関東における大学医局の影響力や転職する際に注意するべきことなどを、医師紹介コンサルタントに聞いてみました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【関東編(1)】

    医師の転職市場のうち、最も求人数が多いと言われる関東地方。1都3県は職場の選択肢が広く、さまざまな働き方が可能になる一方で、転職希望者同士の競争が激しいという特徴もあります。また、地域による医師の偏在があるため、待遇面での大きな違いがあります。具体的にどのような職場が用意されており、どういった働き方が可能なのか、医師専門の転職支援コンサルタントに聞いてみました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【中国・四国・九州・沖縄編(2)】

    中国・四国・九州・沖縄地方は10万人あたりの医師数・病院数ともに全国でもトップクラスで、民間病院の数も多く、中には大規模な病棟を有する法人もあります。当地域での医局・民間病院の強さや最近の求人のトレンドについて、医師の求人コンサルタントに聞きました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【中国・四国・九州・沖縄編(1)】

    医師の数は西高東低と言われる通り、中国・四国・九州・沖縄地方は、10万人あたりの医師数・病院数ともに多い傾向があります。一方、エリア内での偏在があり、年収相場や待遇には大きな開きがあります。勤務地の選択肢を広げれば、希望のキャリアを築ける可能性は高くなります。当地域の求人のトレンドについて、医師の求人コンサルタントに聞きました。

  • 人気記事ランキング