1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職ガイド
  4. 転職データ集
  5. 安定期に入った転職市場、コロナ第4波の影響は?―求人天気予報2021年1-3月期
転職データ集

安定期に入った転職市場、コロナ第4波の影響は?―求人天気予報2021年1-3月期

2021年4月23日

コロナ禍の影響が医師の転職市場を直撃した2020年度の上半期から、徐々に復調しつつあった2020年10~12月。多くの地域で求人倍率・想定年収(下限)が上昇するなど、回復傾向が見られました。
2021年に入ってからの市場動向はどうなっているのでしょうか。編集部では2021年1~3月にかけて、m3.comCAREERに寄せられたデータをもとに都道府県と各科の求人倍率と想定下限年収を集計。その動向と、コンサルタントによる今後の見通しをお伝えします。

2021年1~3月の年収相場は“西高東低”

図1:2021年1~3月におけるエリアごとの求人倍率と想定年収(下限)の平均額

2020年の10~12月と2021年1~3月で比較した、エリアごとの動向は上図の通りです。求人倍率は求職者1人あたりの求人数のため、高ければ高いほど、転職先の選択肢が豊富ということを示しています。また、想定年収の下限額の平均値(以下、想定年収)は、医療機関から提示されている最低年収の平均です。実際は、経験やインセンティブによって金額がアップします。

2020年10~12月には想定年収(下限)が増加傾向にあった東日本側は、関東を除き、2021年1~3月にはやや下降傾向に転じました。これに対し、中国、四国、九州・沖縄など、近畿を除く西日本側では想定年収(下限)が増加。いわば“西高東低”の様相を呈しています。なお、想定年収(下限)が下降傾向にあるエリアでも、北海道や中部①②、近畿の下げ幅は数万円となっており、コロナ禍の影響が顕著にみられた2020年度上半期に比べると小さい影響と言えます。医師の転職市場は2020年10月以降、変わらず復調傾向にあると言えます。

大半の都道府県で求人倍率・想定年収が上昇

続けて、都道府県ごとの傾向を見ていきましょう。

図2:2021年1~3月における都道府県ごとの求人倍率と想定年収(下限)の平均額
※赤字:前回(2020年10~12月)から上昇した項目

一覧からは、求人倍率・想定年収(下限)いずれも、半数以上の都道府県で上昇していることがわかります。

2020年10~12月よりも求人倍率が上昇したのは24自治体、想定年収(下限)が上昇したのは25自治体と、引き続き医師の転職市場は活発化しているようです。10~12月と異なる傾向としては、想定年収(下限)の上げ幅・下げ幅が小さくなっている点が挙げられます。10~12月には上げ幅が最大で約119万円、下げ幅が最大で24万円だったのに対し、1~3月は上げ幅の最大値が43万円、下げ幅の最大値は80万円となっています。2020年度上半期には多くの都道府県で想定年収(下限)が落ち込みましたが、下半期に入って徐々に回復し、1~3月には安定期に入ったと考えられます。

※1 求人倍率・想定年収(下限)ともに上昇した地域
岩手県、宮城県、富山県、三重県、京都府、兵庫県、鳥取県、島根県、香川県、高知県、宮崎県、沖縄県

※2 求人倍率・想定年収(下限)ともに下降した地域
北海道、秋田県、新潟県、山梨県、静岡県、滋賀県、大阪府、奈良県、和歌山県、熊本県

5領域で想定年収上昇も、診療科によっては再び冷え込み

都道府県別では想定年収(下限)に大きな変動がありませんでしたが、診療科別では大きく変化しています。

図3:2021年1~3月における診療科ごとの求人倍率と想定年収(下限)の平均額
※赤字:前回(2020年10~12月)から上昇した項目

想定年収(下限)の上げ幅は最大でも皮膚科系の12万円と、全体的に上昇幅が小さかったものの、大きく下げる診療科が見られました。特に2020年10~12月の上げ幅が1・2位だった外科系(一般外科)・産婦人科は、一時的な高騰の反動なのか、今期では大きく下げる結果になりました。

内科系(一般内科など)も同様の傾向にあり、急募をしていた医療機関が、年度末を前に充足したことで、提示条件の高騰が収まったことが一因かもしれません。ただし、外科系・内科系ともに求人倍率は大幅に上昇しており、転職先の選択肢は増えていると言えます。

4月以降、コロナ第4波が転職市場に与える影響は?

ここまでデータで見てきた医師・医療機関を取り巻く転職市場動向について、エムスリーキャリアで医師の転職支援にあたるコンサルタントに聞きました。

求職者の動向

「例年1~3月は、転職活動中の先生方が4月からの勤務に向けて、入職の意思決定をする傾向にあります。また、2021年1~3月に紹介会社に登録された先生は『いますぐ転職したい』というよりも『納得のいく転職先をじっくり探したい』というご意向の方が多く、2021年度内の転職に向け、情報収集を始める先生が増えている印象です」(医師転職支援コンサルタント)

医療機関の動向

「求職者同様、4月入職を目指して採用活動を行う医療機関が多いため、病院・クリニックともに、求人の条件緩和を行うなどラストスパートをかけていました。

また、引き続きコロナ禍が医療機関の経営状況に影を落としています。たとえば外来患者数が減少した影響で、外来メインのクリニックは募集を停止したり、新規開設を取りやめたりというケースが依然として多いです。

一方で、訪問診療クリニックなどはニーズが変わらず集患が好調なため、積極的な採用を続けています。感染リスクを避けるために在宅医療を希望する医師も増えており、2020年度の入職者数は2019年度に対し134%に伸びています」(前出のコンサルタント)

診療科別の動向

「新しくお預かりする求人数の推移を見ると、10月以降、眼科や耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、小児科、外科系などは減少傾向にあります。特にリハビリテーション科は10~12月の59%にとどまり、大きく減少しています。

これはあくまで推測ですが、新型コロナウイルス感染患者が増加した影響で、急性期病院の稼働率が下がり、リハビリを担当する医療機関への紹介患者数が少なくなっているのかもしれません。結果的に、そうした回復期の医療機関における採用ニーズが低下している可能性があります」(前出のコンサルタント)

2021年4月以降の見通し

「2020年度下半期の転職市場は、それまでコロナ禍で冷え込んでいた状態から一転し、復調傾向にありました。

しかし、2021年4月以降はコロナ第4波が既に広がりつつあるため、医療機関の採用活動は再び消極的になり、一部の急性期病院や外来クリニックでは採用控えが予想されます。2020年度上半期よりも厳しい冷え込みになるでしょう。東京都とその周辺県、大阪府、宮城県のような都市部では、採用基準を引き上げるなど“買い手市場”に移行する医療機関が増え、コロナ禍の影響が少ない地域では、引き続き医師の“売り手市場”が続くと思われます」(前出のコンサルタント)

復調傾向にあるように見えた医師の転職市場ですが、第4波の広がりやワクチン接種の遅れなどにより、再び地域・診療科によっては冷え込みが予想されます。転職を考える上では、こうした転職市場の動向をいち早くキャッチし、最適なタイミング・条件を見極めることが大切です。

転職を少しでも検討している場合は、切迫度に関わらず、こまめに求人をチェックするなど早めに情報収集を始めてみてはいかがでしょうか。

【調査概要】
2020年10月~2021年3月にm3.comCAREERおよびエムスリーキャリアエージェントに掲載されていた求人約15,000件の情報のほか、エムスリーキャリアの人材紹介サービスに登録している求職者の情報を統計処理

転職をお考えの先生へ

もしも先生が転職をお考えでしたら、エムスリーキャリアにお任せください。
先生が、最善の意思決定をできるようサポートしています。

転職活動はさまざまな事務作業が伴い、情報収集や、面接等のスケジュール調整、条件交渉などを個人で担うと負担が重くなります。これらはすべて、エムスリーキャリアのコンサルタントにお任せいただけます。

また、条件交渉では、先生から直接は言いにくいことをコンサルタントが代わりに伝えるため、精神的な負担も少なく済むかと思います。

転職をご検討中でしたら、ぜひご連絡ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. 転職ガイド
  2. 転職データ集

この記事の関連記事

  • 転職データ集

    持ち直した医師転職市場、2021年は競争激化?―求人天気予報2020年10-12月期

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、2020年4~9月頃まで冷え込んでいた医師の転職市場。直近3カ月の市場動向と、コンサルタントによる今後の見通しをお伝えします。

  • 転職データ集

    コロナ禍で冷え込んだ医師転職市場、回復の兆しも?―求人天気予報2020年7-9月期

    コロナ禍の混乱が始まって約半年。2020年7~9月は感染がピークアウトし、徐々に日常生活を取り戻してきました。しかし、医師の転職市場はそう元通りとはいかず、地域や診療科によって異なる様相を示しています。

  • 転職データ集

    コロナ禍で年収相場が上がった科・下がった科―求人天気予報2020年4-6月期

    新型コロナウイルス感染症が全国的に流行した2020年4~6月。医療機関の運営も大きな打撃を受けていますが、医師の給与への影響はどうなのでしょうか。編集部では、エムスリーキャリアに寄せられた1万6千件以上の求人データをもとに各診療科の想定年収(下限)を集計。1~3月のデータと比較し、想定年収のアップダウンをまとめました。コロナ禍においても年収のボトムラインが上がった診療科とは?

  • 転職データ集

    40・50代医師の転職、満足度を左右するのは?

    豊富な臨床スキル・経験を有し、医師としてキャリアの絶頂期を迎える40~50代。一方で、体力低下や子どもの進学、介護といったライフイベントをふまえて今後の働き方を見つめ直すターニングポイントでもあるようです。転職時にはどのような点を重視しているのかアンケート調査の結果をもとに見ていきます。

  • 転職データ集

    最新データでわかる年収・求人倍率の高い街―求人天気予報2020年1-3月期

    地域によっても大きく異なると言われる、医師の年収や求人倍率。その実態はどのようになっているのでしょうか。編集部では、m3.comCAREERに寄せられたデータをもとに各都道府県の有効求人倍率と想定年収を集計。年収は全国的に横ばいあるいは下降傾向にある一方、特に西寄りのエリアでは求人倍率の上昇が目立ちました。直近3カ月の最新データから、年収がアップしているエリアをご紹介します。

  • 転職データ集

    最新データでわかる年収・求人倍率の高い街―求人天気予報2019年10-12月期

    地域によっても大きく異なると言われる、医師の年収。その実態はどのようになっているのでしょうか。今回編集部では、m3.comCAREERに寄せられたデータをもとに各都道府県の有効求人倍率と想定年収を集計。中には想定年収と求人倍率、両方が上昇している都道府県もありました。直近3カ月の最新データから、年収がアップしているエリアをご紹介します。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【関東編(3)】

    国内最大の転職マーケットである関東エリアでは、時流に沿った新たな職場や働き方など、幅広い選択肢が用意されています。一方、求職者の数も多いため、希望の条件を満たす職場が見つかったとしても、応募者が多数集まってしまい、すぐに募集が締め切られてしまうこともあります。転職時期に希望がある場合には、情報収集や転職サイトへの登録を早めに行うことが大切でしょう。ここでは、最近増えている求人の動向やトレンド、求人応募にあたり注意するべきことなどを医師紹介コンサルタントに聞きました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【関東編(2)】

    大きな転職マーケットである関東では、職場も働き方も、幅広い選択肢が用意されているのが特徴です。一方で、転職希望者の数も多いため、採用担当者の判断も自然と厳しくなる傾向にあります。また、民間病院によっては、病院全体もしくは一部を大学医局からの医師派遣に頼っており、求人数に影響が出てきます。本稿では、関東における大学医局の影響力や転職する際に注意するべきことなどを、医師紹介コンサルタントに聞いてみました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【関東編(1)】

    医師の転職市場のうち、最も求人数が多いと言われる関東地方。1都3県は職場の選択肢が広く、さまざまな働き方が可能になる一方で、転職希望者同士の競争が激しいという特徴もあります。また、地域による医師の偏在があるため、待遇面での大きな違いがあります。具体的にどのような職場が用意されており、どういった働き方が可能なのか、医師専門の転職支援コンサルタントに聞いてみました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【中国・四国・九州・沖縄編(2)】

    中国・四国・九州・沖縄地方は10万人あたりの医師数・病院数ともに全国でもトップクラスで、民間病院の数も多く、中には大規模な病棟を有する法人もあります。当地域での医局・民間病院の強さや最近の求人のトレンドについて、医師の求人コンサルタントに聞きました。

  • 人気記事ランキング