1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職ガイド
  4. 転職データ集
  5. 40・50代医師の転職、満足度を左右するのは?
転職データ集

40・50代医師の転職、満足度を左右するのは?

2020年4月25日

豊富な臨床スキル・経験を有し、医師としてキャリアの絶頂期を迎える40~50代。一方で、体力低下や子どもの進学、介護といったライフイベントをふまえて今後の働き方を見つめ直すターニングポイントでもあるようです。同年代の医師たちは、転職活動の際、医師人生の後半を見据え、転職時にはどのような点を重視しているのでしょうか。アンケート調査の結果をもとに見ていきます。

負担軽減や年収アップなど、“ゆとり”を求める声が多数

エムスリーが30~50代医師を対象に実施したアンケート調査によると、回答のあった359人全員が、「40・50代以降を見据え転職活動を行った経験がある(もしくは現在行っている)」という結果になりました。転職活動を始めた動機は以下のとおりです。

表1:転職理由ランキング(複数回答、30~50代の医師359人が回答)

キャリアの折り返し地点を迎え、健康面や家庭などプライベートを重視できる働き方へシフトしたい、という声が特に多く見られました。また、子どもの進学や老後の資金、開業準備などのために年収アップをはかる傾向も強いようです。 キャリアチェンジの理由について、30~50代医師のリアルな声をアンケート(※)から一部抜粋してご紹介します。

  1. 現在地域の中核病院で子育てをしながら働いているが、ほとんど子育てのサポートなく働いているため、どうしても自分の仕事を制限せざるを得ず、結果として収入が大幅に減っている状態。自分のペースでキャリアを築きつつ、落ち着いた環境で子育てをする、自分と主人の両親の世話もいずれできるように自分と主人の両親の傍での開業を考え行動している。(30代後半、女性、小児科)

  2. 自分自身の健康管理も考慮し、長期間継続して勤務ができるように、経営が安定しているとともに落ち着いた勤務ができる医療機関を念頭に転職を行ないました。また、落ち着いた勤務とは言っても、60代以降には至っていないので、亜急性期程度で自分自身が飽きないように留意もしました。(40代前半、男性、循環器内科)

  3. 勤続年数が長くなっていることから、職場の雰囲気に対する閉塞感が増している。子どもが幼く、これから教育費などの増加が想定されるため、年収upを希望している。老後の心配もあり、退職金に魅力を感じる。すぐにではないが開業も考えていないことはないため、その準備を進めたい。(40代後半、男性、精神科)

  4. 外科医師です。週1回の当直とその後の外来や手術、手術後の周術期管理、夜間の呼び出しや電話対応に徐々に体力と気力が追いつかなくなってきました。大きな事故やこちらが体調崩す前に、日勤で、現在の年収を維持もしくはUpしたいなと考えました。また、どうせ転職するなら、今までしたことないことも経験したく転職しました。(50代前半、男性、消化器外科)

転職先の環境・待遇に対する満足度は?

アンケートでは転職先への満足度についても調査したところ、半数近くが「転職活動中である」と回答。転職活動を終えた医師は、程度の違いこそあれ転職先の環境・待遇に「満足している」傾向が強いことがわかりました。

表2:転職先への満足度(単一回答、30~50代の医師359人が回答)

一方で、「大変満足している」と回答したのは9%に留まっていることから、全ての希望を満たす職場を見つけるのは難しいようです。キャリアチェンジを検討する際は、長期的な視点で職場に求める条件の優先順位を整理しておくことが大切でしょう。 転職先に満足している点と不満な点、それぞれコメントをアンケート(※)から一部抜粋してご紹介します。

満足

  1. 役職を得て、診療時間を短く設定できたため、プライベートを犠牲にせずに、夫や育児との両立が可能になった。(40代後半、女性、小児科)
  2. 専門医資格が十分活かせること、また打てば響くコメディカルと、風通しの良い医局(50代後半、男性、整形外科)
  3. 臨床医として活躍でき、なおかつ収入が大幅にアップしやりがいがある。休みもしっかりとれるようになり家族との時間が取れるようなった。一方経営に携わるようになり労務の難しさを痛感している。(50代後半、男性、内科)

不満

  1. 組織がきちんと構成されておらず、その構築や体制を整えるのに時間がかかっていることが不満です。これは私が管理職や経営のことを理解しないまま転職したことが原因を考え、現在勉強中です。(40代後半、男性、一般内科)
  2. 転職の結果、報酬は大幅に増えたが、過重労働の状態は改善されなかった。(50代前半、男性、循環器内科)

※「医師人生後半に向けたキャリア形成」をテーマに、エムスリーが2020年4月に実施。

エムスリーキャリアで転職した医師の約90%が「非公開求人」を利用!

全国の医療機関と太いパイプのあるエムスリーキャリアは、非公開求人による紹介が強みの一つ。

医療界の動向に精通したコンサルタントが医療機関と交渉し、医師の希望に合った非公開求人を作り出します。

M3キャリアで転職した医師の約90%は、非公開求人でマッチングしています。「病院内に研究機関をつくりたい」「チームで転籍したい」などといった難しい条件を実現した実績もあります。

この記事の関連記事

  • 転職データ集

    コロナ禍で冷え込んだ医師転職市場、回復の兆しも?

    コロナ禍の混乱が始まって約半年。2020年7~9月は感染がピークアウトし、徐々に日常生活を取り戻してきました。しかし、医師の転職市場はそう元通りとはいかず、地域や診療科によって異なる様相を示しています。今回編集部では、m3.comCAREERに寄せられたデータをもとに都道府県と各科の求人倍率と想定下限年収を集計。データから転職市場の冷え込み具合を可視化しました。また、コンサルタントには最新動向も聞き、冷え込みから回復の兆しが見えてことも分かりました。

  • 転職データ集

    コロナ禍で年収相場が上がった科・下がった科

    新型コロナウイルス感染症が全国的に流行した2020年4~6月。医療機関の運営も大きな打撃を受けていますが、医師の給与への影響はどうなのでしょうか。編集部では、エムスリーキャリアに寄せられた1万6千件以上の求人データをもとに各診療科の想定年収(下限)を集計。1~3月のデータと比較し、想定年収のアップダウンをまとめました。コロナ禍においても年収のボトムラインが上がった診療科とは?

  • 転職データ集

    最新データでわかる年収・求人倍率の高い街―求人天気予報2020年1-3月期

    地域によっても大きく異なると言われる、医師の年収や求人倍率。その実態はどのようになっているのでしょうか。編集部では、m3.comCAREERに寄せられたデータをもとに各都道府県の有効求人倍率と想定年収を集計。年収は全国的に横ばいあるいは下降傾向にある一方、特に西寄りのエリアでは求人倍率の上昇が目立ちました。直近3カ月の最新データから、年収がアップしているエリアをご紹介します。

  • 転職データ集

    最新データでわかる年収・求人倍率の高い街─求人天気予報2019年10-12月期

    地域によっても大きく異なると言われる、医師の年収。その実態はどのようになっているのでしょうか。今回編集部では、m3.comCAREERに寄せられたデータをもとに各都道府県の有効求人倍率と想定年収を集計。中には想定年収と求人倍率、両方が上昇している都道府県もありました。直近3カ月の最新データから、年収がアップしているエリアをご紹介します。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【関東編(3)】

    国内最大の転職マーケットである関東エリアでは、時流に沿った新たな職場や働き方など、幅広い選択肢が用意されています。一方、求職者の数も多いため、希望の条件を満たす職場が見つかったとしても、応募者が多数集まってしまい、すぐに募集が締め切られてしまうこともあります。転職時期に希望がある場合には、情報収集や転職サイトへの登録を早めに行うことが大切でしょう。ここでは、最近増えている求人の動向やトレンド、求人応募にあたり注意するべきことなどを医師紹介コンサルタントに聞きました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【関東編(2)】

    大きな転職マーケットである関東では、職場も働き方も、幅広い選択肢が用意されているのが特徴です。一方で、転職希望者の数も多いため、採用担当者の判断も自然と厳しくなる傾向にあります。また、民間病院によっては、病院全体もしくは一部を大学医局からの医師派遣に頼っており、求人数に影響が出てきます。<br /> 本稿では、関東における大学医局の影響力や転職する際に注意するべきことなどを、医師紹介コンサルタントに聞いてみました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【関東編(1)】

    医師の転職市場のうち、最も求人数が多いと言われる関東地方。1都3県は職場の選択肢が広く、さまざまな働き方が可能になる一方で、転職希望者同士の競争が激しいという特徴もあります。また、地域による医師の偏在があるため、待遇面での大きな違いがあります。具体的にどのような職場が用意されており、どういった働き方が可能なのか、医師専門の転職支援コンサルタントに聞いてみました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【中国・四国・九州・沖縄編(2)】

    中国・四国・九州・沖縄地方は10万人あたりの医師数・病院数ともに全国でもトップクラスで、民間病院の数も多く、中には大規模な病棟を有する法人もあります。当地域での医局・民間病院の強さや最近の求人のトレンドについて、医師の求人コンサルタントに聞きました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【中国・四国・九州・沖縄編(1)】

    医師の数は西高東低と言われる通り、中国・四国・九州・沖縄地方は、10万人あたりの医師数・病院数ともに多い傾向があります。一方、エリア内での偏在があり、年収相場や待遇には大きな開きがあります。勤務地の選択肢を広げれば、希望のキャリアを築ける可能性は高くなります。当地域の求人のトレンドについて、医師の求人コンサルタントに聞きました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【関西・東海編(2)】

    医療資源の豊富な大都市を抱える一方、慢性的な医師不足にあえぐ地域もあるなど偏在が顕著な関西・東海地方。同じ県内でも、地域によって医局の影響は大きく異なります。他県からでも転職先を見つけやすいエリアや注意すべきポイント、希望に応じたおすすめエリアなどを医師の転職支援コンサルタントに聞いてみました。

  • 人気記事ランキング