1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職ガイド
  4. 転職データ集
  5. 医師の転職、愛知県の年収相場や動向は?
転職データ集

医師の転職、愛知県の年収相場や動向は?

2017年12月6日

日本列島の中央部に位置する愛知県。名古屋市を中心に都市機能、医療機能が充実している一方、一部では医師の偏在が問題視されており、同じ県内であっても医療需要はさまざまだ。今回はそんな愛知県で医師が転職する際に知っておきたいポイントを解説する。

愛知県の病院・クリニックの特徴

愛知県の医療提供体制の特徴は、名古屋市を中心に医療資源が集中していること。

愛知県には11つの医療圏があり323施設の病院(全国8位)と5298施設のクリニック(全国4位)が位置しているが、全体のおよそ4割の病院が名古屋医療圏に集中しており、ついで岡崎医療圏、豊橋医療圏に1割程度ずつ医療機関が位置している。各医療圏に急性期の医療機関があることから地域完結型の医療体制が整っているが、愛知県の医療計画では、愛知県内の医師偏在を問題視しており、とりわけ離島、東三河北部並びに西三河北部医療圏がその代表的地域としているほか、東三河南部や知多半島医療圏などの一部にも医師が足りていない状況だとしている。

先述の通り病院数の面では全国上位となっているが、医師数は1万6410人で人口10万人あたりに換算すると207.7人(全国38位)と少ない。岐阜県や三重県からも患者は訪れることから、医師一人当たりの症例は多く、幅広いとも言われる。

なお愛知県内で医学部を持つのは名古屋大学、名古屋市立大学、愛知医科大学、藤田保健衛生大学。日本医師会の『病院における必要医師数調査結果』(2015年)によると、愛知県の医療機関のうち大学医局から派遣を受けている病院の割合は84.9%と、全国平均(75.5%)と比べると高い結果となっている。

愛知県の医師の年収や待遇

エムスリーキャリアの過去転職者のデータによると、愛知県に勤務している医師の平均年収は1,490万円。全国平均(1,496万円)とおおむね同水準となっている。

前述の通り、離島、東三河北部並びに西三河北部医療圏は医師不足が顕著なほか、東三河南部や知多半島医療圏などの一部にも医師が足りていない状況。科目による受給バランスの相違はあれ、これらの地域では年収が高くなる可能性はある。

愛知県で働く医師の年収

愛知県の医師にとっての暮らしやすさは?

愛知県は大きく分けて名古屋がある都市機能の拠点と言える「尾張」、トヨタグループの本社があり工場なども多く存在する西三河、静岡県浜松市に隣接している東三河の3つに分けられる。名古屋市内は地下鉄が発達しているが、県全体を見回すと車社会であり、自動車保有件数は東京都をおさえて全国1位となっている。

なお、東海高校、滝高校、南山高校など、医学部進学者実績を持つ高校も豊富。旭丘高校や、岡崎高校など、公立高校の進学実績も強く、教育体制は整っていると言える。

愛知県の医療機関で働く医師の口コミ

愛知県で働く医師に、「愛知県で働こうと思った理由」と「勤務地としての愛知県の魅力」について聞いた結果は以下の通り。

  • 豊田市の近くでトヨタ関連の患者さんが多い。リハ医としての勤務なので復職に向けたリハも行っている。しっかりした事業所が多く、やりやすい。また勤務病院が医者の雑務を減らす事を積極的にやっており働きやすい。車があれば居住地としても住みやすい。しっかりした企業が多そうで患者さんの診療もやりやすい。ただ保険診療業務が細かくそれはそれで長短あり。しかしメディカルクラークがいれば全然問題とならない。お勧めです。(30代、腎臓内科(人工透析))
  • 比較的便利でストレスが少ない。融通の効く職場。愛知県は住みやすいとは思いますが、道路事情は良くなく、交通事故に気をつけたいと思っています。(40代、腎臓内科)
  • 地方の市民病院で二次救急対応であるが医師不足で待機、緊急呼出し等からこの先もずっと逃れられないため。(40代、一般内科)
  • 住めば都。慣れんと仕方がないね。文化の違いはある程度時間で解決できる。(30代、口腔外科)
  • アクセスがよいことと物価がそれほど高くない。人が東京ほど多くない。(30代、一般内科)
  • 都会のお給料は田舎よりも安いですが、故郷なので満足してます。(40代、泌尿器科)
  • 将来の地震のリスクは高いが、気候、環境から満足している。(30代、全科)

愛知県の医師求人情報

愛知県常勤医師求人情報を検索する

    【参考資料】

  • 2016年『医療施設(動態)調査・病院報告の概況』(厚生労働省)
  • 2016年『医師・歯科医師・薬剤師調査』(厚生労働省)
  • 2015年『病院における必要医師数調査結果』(日本医師会総合政策研究機構)

転職をお考えの先生へ

もしも先生が転職をお考えでしたら、エムスリーキャリアにお任せください。
先生が、最善の意思決定をできるようサポートしています。

転職活動はさまざまな事務作業が伴い、情報収集や、面接等のスケジュール調整、条件交渉などを個人で担うと負担が重くなります。これらはすべて、エムスリーキャリアのコンサルタントにお任せいただけます。

また、条件交渉では、先生から直接は言いにくいことをコンサルタントが代わりに伝えるため、精神的な負担も少なく済むかと思います。

転職をご検討中でしたら、ぜひご連絡ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. 転職ガイド
  2. 転職データ集
【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • 転職データ集

    最新データでわかる年収・求人倍率の高い街─求人天気予報2019年10-12月期

    地域によっても大きく異なると言われる、医師の年収。その実態はどのようになっているのでしょうか。今回編集部では、m3.comCAREERに寄せられたデータをもとに各都道府県の有効求人倍率と想定年収を集計。中には想定年収と求人倍率、両方が上昇している都道府県もありました。直近3カ月の最新データから、年収がアップしているエリアをご紹介します。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【関東編(3)】

    国内最大の転職マーケットである関東エリアでは、時流に沿った新たな職場や働き方など、幅広い選択肢が用意されています。一方、求職者の数も多いため、希望の条件を満たす職場が見つかったとしても、応募者が多数集まってしまい、すぐに募集が締め切られてしまうこともあります。転職時期に希望がある場合には、情報収集や転職サイトへの登録を早めに行うことが大切でしょう。ここでは、最近増えている求人の動向やトレンド、求人応募にあたり注意するべきことなどを医師紹介コンサルタントに聞きました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【関東編(2)】

    大きな転職マーケットである関東では、職場も働き方も、幅広い選択肢が用意されているのが特徴です。一方で、転職希望者の数も多いため、採用担当者の判断も自然と厳しくなる傾向にあります。また、民間病院によっては、病院全体もしくは一部を大学医局からの医師派遣に頼っており、求人数に影響が出てきます。<br /> 本稿では、関東における大学医局の影響力や転職する際に注意するべきことなどを、医師紹介コンサルタントに聞いてみました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【関東編(1)】

    医師の転職市場のうち、最も求人数が多いと言われる関東地方。1都3県は職場の選択肢が広く、さまざまな働き方が可能になる一方で、転職希望者同士の競争が激しいという特徴もあります。また、地域による医師の偏在があるため、待遇面での大きな違いがあります。具体的にどのような職場が用意されており、どういった働き方が可能なのか、医師専門の転職支援コンサルタントに聞いてみました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【中国・四国・九州・沖縄編(2)】

    中国・四国・九州・沖縄地方は10万人あたりの医師数・病院数ともに全国でもトップクラスで、民間病院の数も多く、中には大規模な病棟を有する法人もあります。当地域での医局・民間病院の強さや最近の求人のトレンドについて、医師の求人コンサルタントに聞きました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【中国・四国・九州・沖縄編(1)】

    医師の数は西高東低と言われる通り、中国・四国・九州・沖縄地方は、10万人あたりの医師数・病院数ともに多い傾向があります。一方、エリア内での偏在があり、年収相場や待遇には大きな開きがあります。勤務地の選択肢を広げれば、希望のキャリアを築ける可能性は高くなります。当地域の求人のトレンドについて、医師の求人コンサルタントに聞きました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【関西・東海編(2)】

    医療資源の豊富な大都市を抱える一方、慢性的な医師不足にあえぐ地域もあるなど偏在が顕著な関西・東海地方。同じ県内でも、地域によって医局の影響は大きく異なります。他県からでも転職先を見つけやすいエリアや注意すべきポイント、希望に応じたおすすめエリアなどを医師の転職支援コンサルタントに聞いてみました。

  • 転職データ集

    エリア別医師の求人トレンド【関西・東海編(1)】

    大阪・愛知など、医療資源が豊富な大都市を抱える一方で、静岡などでは慢性的な医師不足が起こるなど、医師の偏在がみられる関西・東海地方。地域によって待遇が大きく異なるため、希望するキャリアに応じて働く地域の選択肢を広げることが、転職活動のポイントの1つになりそうです。地域ごとにどういった特徴があるのか、医師の転職支援コンサルタントに聞きました。

  • 転職データ集

    医師の転職、静岡県の年収相場や求人動向は?

    東海地方にあり、日本のほぼ中央に位置する静岡県。10万人あたり病院数・医師数ともに、全国水準と比較して少ないエリアである。今回は、そんな静岡県で医師が転職する際に押さえておきたいポイントを解説する。

  • 転職データ集

    医師の転職、兵庫県の年収相場や求人動向は?

    関西地方にあり、大阪府と京都府の西に位置する兵庫県。全国水準と比較して病院数は多いものの、医師数はほぼ同数となっている。今回は、このような特色を持つ兵庫県で医師が転職する際に知っておきたいポイントを解説する。

  • 人気記事ランキング